成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

1900年に100年後に1万倍になることが保証されていた
「100年定期預金」はいい投資になったのか?
インフレに負けない個人投資家の投資戦略とは?

2023年3月30日公開(2023年3月30日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

全体のわずか0.83%に当たるベスト20の週を逃しただけで、S&P500指数のリターンは2151%から383%まで減る。マーケット・タイミングをとるのは難しい

 1970年から2016年まで2400週あまりの期間に、S&P500指数は2151%のリターンを見せてくれました。もし、一番リターンがいい週を逃したら、このリターンは1873%になります。一番いい10個の週を逃したら、リターンは820%です。もしもベスト20の週を逃したら──これは長さとしては全体のわずか0.83%に過ぎませんが、リターンは383%まで減ってしまいます。

S&P500指数 月足S&P500指数チャート/月足・10年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

 何が言いたいかというと、マーケット・タイミングをうまくとるのは非常に難しいということです。

 フィデリティの創業者、ネッド・ジョンソン氏は昔、私たちに「市場は女性の心みたいに神秘的なものだ」と呟いたことがありました。

[ネッド・ジョンソン氏が登場する参考記事]
私の歩んできた道(4)中国株には素人とプロの間に情報格差がかなりある。中国株はガバナンスに注意! 怪しい会社も多い!

 ジョンソン氏は運用の達人で、ファンドマネジャー時代、有名なピーター・リンチに匹敵するすばらしい成績を残しました。しかし、その彼でさえ、マーケット・タイミングをはかることは難しいと言っています。それぐらい市場全体の転換点を見抜くことは非常に難しいのです。

 運用のプロだったら、それでもなお、そこにチャレンジする価値があるかもしれませんが、投資をフルタイムの仕事とはしていない、一般の方には勧めづらいです。

 これに加えて、人間の心理は、相場が下がった時、危ないと感じた時、不景気と感じた時、投資したくないように働きます。しかし、これはすべきことの真逆です。

 投資はある意味、他の人を相手にしているものなので、他の人がしていない、気づいていないことをしないと、なかなか儲けられないのです。誰かがパニックになって、怖がって、安く売ってくれないと、儲ける機会は少なくなります。

欧米の一部の銀行が危うい状況に。だから、株を買わずに様子見? それは危険なことです!

 以上の考え方に加えて、金融経済における基本的な傾向で、お伝えしたいことがあります。それは長期だと、必ずインフレになるということです。

 長期で現金を持つと損します。債券は現金よりは少しマシですが、本当の長期になると債券も損します。

 2021年の年末からFRB(米連邦準備制度理事会)はインフレを抑え込む方針を示し、2022年春から利上げを続けてきました。アメリカではかなり急速な利上げが行われ、その影響により、直近ではアメリカの地銀、そして、クレディ・スイスなどのグローバルな銀行も危うい状況となりました。

 このような状況の中、S&P500指数は2022年7月からレンジ相場となっており、大まかに言えば、横ばいの動きをしています。一般的な投資家はリスクを感じ、現金を増やし、株から離れがちだと思います。

 しかし、マーケットがいつ反転するのか、リターンが大きく取れる週はいつなのか、判断することは難しいです。市場参加者が心配だらけの今の時期は、期間限定セールの真っ最中かもしれません。

 しかし、セールの真っ最中であっても、自分がセールだと気づけないかもしれないのです。株はまだまだずっと下がるものだと思い込み、まだ買わなくていいやと様子見を決め込むことで、なんとなく安心してしまう人も少なくないことでしょう。

 けれど、それは逆に危険です。

1円が100年後に1万円になることが保証されていた「100年定期預金」はいい投資になったのか?

 歴史上、金融危機の問題は、インフレによって解決されてきました。インフレとは、お金の価値が物の価値と比べて下がることです。

 「100年定期預金」の話はご存じでしょうか?

 「100年定期預金」の証書は、明治33年(1900年)に1円の価額で発行され、100年後には1万円になることが保証されていました。年利9.75%の計算になります。かなり高そうな数字ですね。

 明治33年は警察官の初任給が9円、新聞の月間購読料が45銭という時代ですから、1万円と言えば、当時は莫大な金額でした。何を尺度にするかにもよるのですが、当時の1円はおおよそ今の5000円程度に相当するようです。もしもインフレがなければ、当時の1万円は今の5000万円に相当することになります。みんな、いい投資になると思っていました。

 しかし、第2次大戦などを挟む20年間ほどで消費者物価指数は約300倍にも上昇。そのあとも高度経済成長期、オイルショックなどで、インフレが進みました。「100年定期預金」が満期を迎え、1万円が戻ってきたとしても、それで買えるのは1万円のものだけです。5000万円のものは当然、買えません。インフレによって、お金の価値が大きく目減りしてしまったことがよくわかります。

インフレにやられずに資産価値を保つ、個人投資家ができるやり方とは?

 歴史はまた再び、この道を歩んでいると思います。

 金融危機になると、お金が増やされ、それによってインフレになります。そしてインフレになりすぎると、金利を上げて少し引き締めますが、コントロールできなくなることもよくあります。インフレは必然的なことと考えるべきです。

ここまでの話のポイント:

●マーケット・タイミングをとることは難しいです。

●インフレには必ずなります。

●インフレになるため、債券の長期保有では、資産の価値を保てない可能性が高いです。短期か中期の債券保有ならありだと思いますが。

 では、個人投資家はどうすればいいでしょうか?

 答えはドルコスト平均法で株を買っていくことです。相場の上げ下げに関わらず、少しずつ、定期的に株を買っていくのです。株を買うということは、その企業の価値を買うということです。そして、いい企業であれば、企業価値は上がり続けます。いい企業は働いて、進化していきますから。

 相場が横ばいだったり、新聞を読むと心配するニュースばかりのときでも買うことをやめないようにしましょう。もう少し踏み込んでやりたければ、いい会社を安く買って、そして中長期的に保有することです。少しずつポジションを作るのもいいでしょう。

 買うタイミングを分散することと、保有する期間を長期にすることで、リスクは減らせます。そうすると、冒頭で述べた「わずか数週間しかない、いいリターン」を取れます。

 せっかくがんばって稼いだお金です。インフレになっても、その価値は減らさないようにしたいものです。以上のようにすれば、インフレにやられずに済むと思います。

 

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガを配信中。

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


「はじめてのNISA」は、野村アセットが“低コスト”を 追求した投資信託! 信託報酬率に加え、総経費率でも 業界トップクラスの低コストを期待できる理由とは!?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報