成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

私の歩んできた道(4)
中国株には素人とプロの間に情報格差がかなりある。
中国株はガバナンスに注意! 怪しい会社も多い!

2023年1月26日公開(2023年1月26日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

米名門投信運用会社、フィデリティ投信の東京オフィスで、日本株、アジア株の株式調査部長、ファンドマネジャーとして活躍した後、40代でFIRE(早期リタイア)したポール・サイ氏。現在は、DFR(ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ)アナリストとして、FIREするためのポートフォリオ作りや銘柄分析、推奨銘柄、投信の見極め方などを有料メルマガなどを通じて発信している。

 このところ、投資にまつわることを中心として、私が幼い頃よりたどってきた道をご紹介しています。前回はフィデリティの日本株アナリスト時代に経験したことに基づき、海運株、化学株、銀行株のとらえ方について書きました。今回は中国株のことや私がFIREしてからのことについて書いてみたいと思います。

[参考記事]
●私の歩んできた道(1)ネットバブルに乗り、バブル崩壊前に株を売り切った! バブルを若いうちに実感できた方がいい理由とは?

●私の歩んできた道(2)9・11同時多発テロで株の暴落を経験し、株の絶好の買い時を学んだ。フィデリティ投信の入社試験でドン・キホーテを分析して合格!

●私の歩んできた道(3) アメリカの名門投信会社フィデリティで経験したシクリカル銘柄の見極め方。銀行株はもう追いかけない方がいい。その理由とは?

フィデリティ上海オフィスの立ち上げのため、上海へ赴任し、中国株調査部長に

 フィデリティで日本株アナリストを務めたあと、2011年、ちょうど東日本大震災があった年、中国の上海に赴任しました。フィデリティ上海オフィス立ち上げのためです。この時は香港にいる中国株アナリストを管理する中国株調査部長になりました。

 その時はちょうどフィデリティ・インターナショナルのアンソニー・ボルトンも香港に在籍していました。

 彼は欧州で一番有名で、成績のいいファンドマネジャーです。欧州ではスペシャル・シチュエーションズ・ファンドを運用していました。中国に移った理由は、中国版のスペシャル・シチュエーションズ・ファンドの立ち上げ・運用のためでした。

 私は中国にいる間、このアンソニー・ボルトンと密にいっしょに働きました。

(※編集部注:「スペシャル・シチュエーションズ」とは、かなりの業績不振銘柄、問題銘柄が何らかのイベントによって短期間に大きく上昇することを狙う運用戦略)

Fidelity in Asia and the Pacific公式サイトFidelity in Asia and the Pacific公式サイト

中国株には素人とプロの間に情報格差がかなりある

 中国株には先進国株と違って、情報格差がまだかなりあります。

 一方、米国株は情報開示のルールやさまざま規制が完備されていて、情報格差がかなり小さいと思います。なので、米国株は会社訪問などしなくても、英語さえできれば、他のプロの投資家と同じ土俵で投資できると思います。

 日本株はその中間です。素人とプロの間の情報格差はまだ結構あります。たとえば、決算説明会の議事録はそこまで完備されていないです。説明資料はすべての投資家に開示されているわけでもないです。会社訪問で、会社は機関投資家だけに向けた情報を流すこともよくあります。

 中国の場合、素人とプロの間の情報格差がもっとあります。

 ただ、中国のIR担当者は日本のIR担当者のように、すごく細かい情報まで把握して、大きなフォルダを持って機関投資家とのミーティングに臨むようなことはありません。彼らは結構アバウトで、そこまで情報を把握していないのです。だから、中国は日本より情報の格差はありますが、素人が絶対に勝てないほどの格差でもないと思います。

中国株はガバナンスに注意! 怪しい会社がたくさんある!

 ここで中国株投資をする時に注意するべき特徴的なポイントをいくつか紹介したいと思います。

(1)先ほど述べた情報格差の話ですが、中国の会社のガバナンスはかなりひどいです。アンソニー・ボルトンはある時、ガバナンスが怪しい会社を10社買いました。株価は全部安かったのです。彼は10社全部で不正があるわけでもなく、数社でも本当にいい会社があれば儲かるだろうと考えていました。しかし、なんとすべての会社が悪い会社だったのです。なので、中国株投資をするのに、ガバナンスや信用力はとても重要です。

(2)中国株は政策サイクルにすごく左右されます。中国株の直近の下落とリバウンドは政策サイクルに強く影響されています。

 中国にいる間、株式分析、会社訪問以外に、採用活動やオフィスのマネジメントも結構やりました。私は日本の採用プロセスにも関わっていましたので、はっきりと違いがあることがわかりました。

 フィデリティでは英語が公用語なので、英語と中国語、両方できる新卒の学生を採用したかったのです。日本では数十人の学生しか申し込んできせんでしたが、中国では1000人ほどの人たちが申し込んできました。国際競争がある中、就職についても日本の学生は負けてしまいます。

 しかし、そうは言っても日本は経済大国です。労働市場の環境が悪いわけではありません。学生のみなさんに言いたいのは、英語力をつけ、海外経験を積めば、他の学生に大きな差をつけられるということです。逆に中国では、英語を話せるだけでは差別化にはならないです。

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


「はじめてのNISA」は、野村アセットが“低コスト”を 追求した投資信託! 信託報酬率に加え、総経費率でも 業界トップクラスの低コストを期待できる理由とは!?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報