成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

S&P500に大差をつけた
「バーベル戦略」の片翼を担った石油株。
中期ではいいけれど、長期でなぜ持ってはいけない?

2023年3月9日公開(2023年3月7日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

元フィデリティ投信のアナリスト、ポール・サイ氏。彼がメルマガで配信した銘柄で組んだポートフォリオは約半年で、S&P500 ETFに対し為替込みだと約24%、為替を含まない米ドルベースだと約28%もの差をつけた。以下のパフォーマンスを示すグラフでは、赤のS&P500 ETFに対し、黄色のポール氏のポートフォリオが着実に差を広げてきたのがよくわかる。

ポール・サイ氏ポートフォリオとS&P500ETFのパフォーマンス推移

そんなポール氏の人物像と好パフォーマンスのヒミツに迫る本記事シリーズ、第3回は総悲観であっても買ってはいけない銘柄やポール氏がとる「バーベル戦略」の片翼を担った石油株について取り上げる。

[第1回の記事]
米国株なら何でも儲かると聞き2022年の下落で損した投資家必見! S&P500に28%もの差をつけたポール・サイ氏のポートフォリオ、好成績のヒミツとは?
[第2回の記事]
ネットフリックス(NFLX)やメタ(META)を総悲観の中で果敢に買いに出られたワケとは? S&P500に28%もの差をつけたヒミツに迫る!

大きく下落している株を何でも買えばいいわけではない。ビヨンド・ミートは買いに出ない選別眼

 本記事シリーズでは、ネットフリックス(ティッカー:NFLX)、メタ(ティッカー:META)と市場が悲観視していた銘柄をうまくポール氏がポートフォリオに組み入れてきたことについて紹介してきた。

 「悲観視されているところにこそチャンスはある」とポール氏は言う。じゃあ、大きく下落している株を何でも買えばいいかといえば、もちろん、そんなことはない。生半可な知識で中途半端にマネすれば、痛い目にあうこともある。これまでも紹介してきたように、その企業の強みが失われていないか確認することが大切だとポール氏は説く。

 ここで、強みが失われてしまったとポール氏が判断した例も挙げておこう。

 ビヨンド・ミート(ティッカー:BYND)である。代替肉を製造する食品テクノロジー企業として一時期、かなり話題になった企業だ。

 ポール氏はザイ・オンラインの連載記事で、買ってはいけない株としてこのビヨンド・ミートを取り上げたことがある。その時、ポール氏はこんなふうに書いていた。

 ビヨンド・ミートが成功するかどうかは、次の1つの仮説に集約することできます。

 仮説「ビヨンド・ミートの代替肉を好きで食べる人はたくさんいるか?」

 この仮説の正否によって、ビヨンド・ミートの将来の株価は決まります。

 結論から言うと、最初、消費者は興味本位で、ビヨンド・ミートの製品を試しました。でも、その目新しさが色褪せたら、消費者たちは買わなくなりました。それで株価は暴落しました。

 ビヨンド・ミートの代替肉を好きで食べる人がたくさんにならない限り、株価は二度と上がらないでしょう。

[参考記事]
話題のビヨンド・ミート(BYND)は買えるのか? ピーク時から94%も株価が下落! 植物性代替肉は投資家の夢をかなえてくれるのか?

 強みの失われてしまったビヨンド・ミートは株価が大きく下落していても、買いとは言えないわけである。

ビヨンドミート 週足ビヨンドミート 週足 出所:TradingView

 ポール氏のやり方では、投資家の悲観度合い、株価の下落度合い、それに対して、その会社の強みは揺らいでいないのかどうか、そのあたりの絶妙なバランスを推し測り、買いかどうかを判断する必要がある。

 ポール氏は株価が下がっているからといってアップルやマイクロソフトを漫然と購入することはなく、ネットフリックスやメタは果敢に買いに出て、ビヨンド・ミートには手を出さなかったのだ。

大学時代に株式投資を開始。低利の学生ローンを借りて、投資に回した

 台湾からアメリカへ移住し、小学校5年生から始まったポール氏のアメリカでの生活に話を戻そう。

 ポール氏は、高校生になる頃には、アジアとアメリカの架け橋になるのが自分にとって一番いいことだと考えるようになっていた。この時点で中国語はもちろん、英語も使えるようになっていたポール氏は、あとは日本語もマスターすれば、アジアの主要言語がすべて使えるようになると考え、日本語も学び始めた。

 大学はUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に入った。専攻は機械工学。アジアには製造業が多いというのが機械工学を選んだ理由の1つだった。アメリカで過ごしていたが、生まれた地域、アジアへ向ける視線をいつも持っていた。

UCLA公式サイトUCLA公式サイト

 日本語がある程度できたので、交換留学で東京大学工学部へ留学。その時はマイクロマシンの研究を行った。日本へ留学したことで、日本語はさらに上達した。

 大学時代には初めて株式投資にも足を踏み入れた。学生ローンを借りる必要はなかったが、学生ローンは低利なので、あえて借りて、その分を投資に回すのが良いと父から言われ、実践したのだ。ポール氏はネット証券のイー・トレードに口座を作り、経済紙、ウォール・ストリート・ジャーナルを読むようになった。

 大学を卒業してから、就職したのはモービル石油(現エクソン・モービル)だった。そこでエンジニアとして働いた。

[参考記事]
私の歩んできた道(1) ネットバブルに乗り、バブル崩壊前に株を売り切った! バブルを若いうちに実感できた方がいい理由とは?

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


ポール・サイ 米国株&世界の株に投資しよう!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!
>>
【重要】サーバーメンテナンスに伴うサービスの一時停止のお知らせ


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報