コンサル流「格安セレブ術」

楽天ポイントがお得に貯まる「3つの習慣」を伝授!
楽天市場での買い物で常にポイント還元率を8%超に
キープしておくための基本的で簡単な方法を大公開!

2016年12月20日公開(2022年3月29日更新)
鈴木 貴博
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

【※楽天スーパーポイントが貯まる「楽天カード」の記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」の4券種の中で、もっとも得するカードを選ぶ方法をカード専門家が解説! ゴールド、プレミアム、ブラックの特典を比較して最適な券種を選ぼう


楽天大感謝祭のサイト画面最も効率よく楽天スーパーポイントを貯めるために必要な「7つぐらいの習慣」とは?

楽天スーパーポイントを効率よく貯めて、楽天市場でのポイント還元率を10%以上にすることは誰でも可能だ、という話を前回の記事でさせていただいた。誰でもポイント還元率を二ケタにするのは可能なのだが、そのためには私が「7つぐらいの習慣」と呼んでいるテクニックを使う必要がある。今回はその「7つぐらいの習慣」の中から、毎月実行すべき基礎となる「3つの習慣」を紹介しよう。
【※前回の記事はこちら!】
楽天市場のポイント還元率15%は今なら誰でも可能!「楽天VSヤフー」ポイント戦争勃発中の今がチャンス

 ちなみに「7つぐらいの習慣」と書いたのには2つの意味がある。ひとつは楽天市場のポイントルールが頻繁に変わるから。環境が変わるたびに習慣も変わる必要があるし、習慣の数も増えたり減ったりするわけだ。

 そしてもうひとつ。「ぐらい」という言葉を省いてしまうと、アメリカの怖い会社の商標権に触れてしまい、余計なお金がとられるという大人の事情があるのだが、それは読者のみなさんにとってはどうでもいい話かもしれない(笑)。

楽天市場のポイント還元率を二ケタにするには、
「コツコツ地道に8%」+「キャンペーンを攻略」

「楽天スーパーポイントアッププログラム」のサイト画面「毎日ポイント7倍」をうたう「楽天スーパーポイントアッププログラム」のサイト画面。様々な楽天のサービスやキャンペーンを組み合わせると、ポイントの倍数は加算されていく。
拡大画像表示

 さて楽天市場でのポイント還元率を二ケタに持って行くためには、いくつかのステップを踏む必要がある。最初の重要なステップが「いつでもポイント還元率が8%になる状況を作っておく」ことだ。

 還元率を二ケタにするためには楽天が提供するさまざまなキャンペーンを見比べて、一番いいタイミングでキャンペーンに乗っていくという、いわば積極的な姿勢が必要となる。一方で、今回紹介する「3つの習慣」は、愚直に毎月繰り返していくことで、コツコツと地道にポイントを稼ぎ、楽天市場のポイント還元率を常に8%の状態に持っていくもの。すなわち、ポイント還元率を二ケタに乗せるための土台となる習慣である。

 そこで今回は、その土台となる「3つの習慣」を詳しく解説していきたい。

【楽天スーパーポイントを貯める基本の習慣(1)】
「楽天カード」に入会する

 第1の習慣は、前回も書いた通り、まず「楽天カードで買い物をすることだ。

 2016年1月に始まって、現在も展開中の楽天市場のスーパーポイントアッププログラムのおかげで、ただ「楽天カードを使って楽天市場で商品を購入するだけで、通常ポイント(1%)に加えて3倍のポイントが加算される。つまりこの最初の習慣として、「楽天カードを使うだけで、獲得できるポイントの還元率が4%へとアップするわけだ。

【※編集部追記】
2018年3月1日に、SPUがリニューアルされました。詳細は下記の記事をご確認ください。
「SPU」の変更により、楽天市場や楽天ブックスでの「楽天カード」の還元率が「4%⇒3%」にダウン!楽天利用者なら「楽天ゴールドカード」がおすすめ!
楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

【楽天スーパーポイントを貯める基本の習慣(2)】
月1回、必ず「楽天市場のアプリ」で買い物をする

「楽天市場のアプリ」の画面「楽天市場のアプリ」の画面。これを使って買い物をするだけで楽天市場のポイントはプラス1倍アップする。
拡大画像表示

 第2の習慣は毎月一回だけで構わないので、必ず楽天市場のアプリで買い物をすること。「楽天市場のアプリ」をスマホにダウンロードして、そのアプリで買い物を一度だけすると、その月の買い物すべてプラス1倍ポイントがアップすることになる。つまり、「楽天カードを使い、さらに楽天市場のアプリを使うだけで、ポイント還元率は5%へと上昇する。

 いくらポイント還元率がアップするとはいえ、スマホの画面は小さくて商品を選ぶのに不便だという方もいるかもしれない。そんな方には、こんな方法がある。

 商品を検索したり比較したりという作業は、パソコンやタブレット端末で行う。そして、どの商品を買うかを決めたら、いったん買い物かごに入れてしまおう。

 そうしたところでスマホの「楽天市場のアプリ」を開けば、なんと買おうと思っていた商品が買い物かごに入った状態になっている。あとはそのままスマホをタップしながら購入まで済ませればいい。とにかく月一回、それをやることが重要なのだ。

 さて、楽天市場のスーパーポイントアッププログラムでは最大7倍のポイントが得られるとされているが、実はこの先、さらにポイント還元率をアップさせるのは決して楽なことではない。

 これ以上ポイント還元率を上げる1つの方法は、年会費2160円の楽天ゴールドカードか年会費1万800円の楽天プレミアムカードに入会すること。現在、スーパーポイントアッププログラムが展開されており、これらのカードを使えば、通常の「楽天カードよりもプラス1倍、余計にポイントが貯まる
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
(※ 2021年4月からは、楽天市場などでの還元率が「5.0%⇒3.0%」に変更)
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税込) 2200円
家族カード(税込) あり(年会費550円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天ゴールドカード」のSPU改悪後は、年会費無料の「楽天カード」に切り替えるのがおすすめ! 還元率も旅行保険も同じで、年会費分だけ「楽天カード」が得!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天ゴールドカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
楽天プレミアムカード
還元率 1.0~5.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
「楽天プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費(税込) 1万1000円
家族カード(税込) あり(年会費5500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!
「楽天プレミアムカード」の公式サイトはこちら
楽天プレミアムカードへの新規入会&利用で
ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!
楽天プレミアムカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

 もうひとつはスマホを「楽天モバイル」に切り替えること。どちらもそれなりにコストやエネルギーがかかるので、ここでは一旦、その行動は保留にしたまま、第3の習慣に移ることとしたい。
【※関連記事はこちら!】
楽天市場で還元率20%にできる“秘密兵器”を紹介!「楽天プレミアムカード」と「楽天モバイル」のコストを払ってもモトが取れる人、使い方を徹底解説

【楽天ポイントを貯める基本の習慣(3)】
「ポンカンキャンペーン」を攻略する

「ポン!カン!!キャンペーン」のエントリー画面「ポン!カン!!キャンペーン」のエントリー画面。楽天の6つのサービスを使えば最大ポイントの倍率を4倍に増やすことが可能。

 第3の習慣とは、毎月ポン!カン!!キャンペーンにエントリーして、「アガリ」の状態に持って行くことだ。

 「ポン!カン!!キャンペーン」とは、楽天が提供する6つのサービスを使えば使うほどポイント倍率がアップするという楽天の人気キャンペーンだ。これを活用すると、意外と簡単にポイントの倍率を増やすことができる。楽天が提供する6つのサービスとは、「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」「ケータイ版楽天市場(楽天市場のアプリ)」「楽天GORA」「楽天Kobo」のことを指す。このうち、どれだけ攻略したかで、獲得ポイントを最大4倍に増やすことができるのだ。

◆3つのサービスを1ヵ月以内に使えば「ポン!」⇒ポイント2倍

◆4つのサービスを1ヵ月以内に使えば「カン!」⇒ポイント3倍

◆5つ、6つのサービスを1ヵ月以内に使えば「アガリ!」⇒ポイント4倍

 では、「ポン!カン!!キャンペーン」によるポイント獲得までの道のりを順に説明していこう。

 まず、楽天市場の買い物を楽天市場の携帯アプリから行えば1サービス目。つぎに、パソコンやタブレット端末のブラウザから買い物をすれば、2サービス目クリアになる。つまり、さきほど第2の習慣「月1回、必ず楽天市場のアプリで買い物をする」で紹介したように、ポイント還元率を1%アップさせるために楽天市場の携帯アプリから買い物をした人は、次の買い物をパソコン画面から行うように習慣をつければこの段階で2サービス達成ということになる。

「楽天ブックス」のトップ画面楽天ブックスのトップ画面

 次に、「楽天ブックスで本を買う。これで3サービス目が達成となる。3サービスを達成すれば「ポン達成」(注:麻雀用語である。念のため)ということでポイントが1倍加わって、この月の合計のポイント還元率が月初から月末まで、ずーっと6%になる。

 本の購入というと、アマゾンで購入する人が多いかもしれない。アマゾンと楽天ブックスの大きな違いは届くスピードだ。住んでいる地域によって違うと思うが、都内の場合、アマゾンなら注文の翌日に商品が届く。一方で「楽天ブックス」は到着するのは注文の翌々日だ。

 この差が我慢できない急ぎの場合はアマゾンで注文するのがいいが、「楽天ブックス」ならポイント還元率が高い。だから一日待てる本ならば、できるだけ楽天ブックスで頼む習慣をつけたほうが、ポイントが貯まっていいだろう。

 つぎに電子書籍の楽天koboを利用しよう。これが4サービス目で「カン」達成となり、その月の累積のポイント還元率は7%になる。

 電子書籍は私の場合はkindleで利用し始めたが、現在は「楽天kobo」を利用している。あまりいろいろな会社のサービスを使うとどの本がどこにあるのかわからなくなってしまうのだが、「楽天kobo」にはkindleにない良い点がふたつある。

「楽天kobo」のサイト画面「楽天kobo」のサイトにアクセスすると、「ポイント20倍」のこんな画像が出てくる。

 ひとつは常にポイント還元率が20%だということ。実質2割引と同じである。もうひとつは頻繁に割引クーポンを送ってくれることだ。

 具体例で説明すると、私は今月、「楽天kobo」でベストセラーの文庫本『君の名は。』を購入した。書店では605円のこの本、電子書籍の価格も同じ605円なのだが、「楽天kobo」から送られてきた100円オフクーポンを使ったうえでポイントも120円分ついた。だから実質的には220円安い385円で『君の名は。』を買えたことになる。

 さて、「ポン!カン!!キャンペーンで「アガリ」を達成するにはあと1サービス、「楽天トラベルかゴルフ予約の楽天GORAを利用する必要がある。ここが一般の読者の方には難しいかもしれない。

 私の場合は頻繁に出張があるので、出張先のビジネスホテルの予約を楽天トラベルで行えば自動的に1サービス追加で「アガリ」となりポイント還元率合計は8%をキープできる。

 「楽天トラベル」を使わない人でもゴルフが好きな方であれば、「楽天GORA」で予約をしてゴルフをプレーすれば同様に「アガリ」となる。この最後の部分が習慣としてできない方は残念ながら、ベースとしての毎月のポイント還元率は1%足りなくなる。

楽天イーグルス、ヴィッセル神戸が
勝利した翌日の「ポイント2倍」を見逃すな!

2016年の「楽天イーグルスかヴィッセル神戸が買った翌日はポイント2倍」キャンペーンサイトの画面。

 そこで、旅行や出張の予定がなく、ゴルフもしないという人のためにもうひとつおまけの習慣を紹介しよう。それは、楽天が所有するプロ野球チーム「楽天ゴールデンイーグルス」か、Jリーグのヴィッセル神戸が勝利した翌日に買うという習慣だ。例年楽天市場では、Jリーグ開幕から日程終了までの間、楽天ゴールデンイーグルスかヴィッセル神戸が勝利した翌日はポイントが2倍になるキャンペーンを行っている。しかも両チームとも勝利した場合は、ポイントが3倍になる。

 2016年のキャンペーン期間は11月に終了した。2017年に同じキャンペーンをやるかどうかはまだ発表になっていないが、Jリーグが開幕する2月25日には同様のキャンペーンが発表される確率は高いだろう。そのときになったら買いたい商品を買い物かごにいれておいて、そのまま数日待つのだ。そしてどちらかのチームが勝った翌日に購入する。そのような習慣をつけることで出張がない読者でもベースとしての8%還元はキープできるはずなのだ。

 最後に、これは非常に重要なので絶対に覚えておこう。第3の習慣として紹介した「ポン!カン!!キャンペーン」も「楽天イーグルスかヴィッセル神戸が買った翌日はポイント2倍」のどちらも、購入する前にキャンペーンにエントリーしなければポイントは加算されない。楽天市場のポイント還元率10%以上を目指すなら、まずはキャンペーンにエントリーする習慣を身につけるようにしたい。
【※達人おすすめ! お得なクレジットカードはこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
(※ 2021年4月からは、楽天市場などでの還元率が「5.0%⇒3.0%」に変更)
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税込) 2200円
家族カード(税込) あり(年会費550円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天ゴールドカード」のSPU改悪後は、年会費無料の「楽天カード」に切り替えるのがおすすめ! 還元率も旅行保険も同じで、年会費分だけ「楽天カード」が得!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天ゴールドカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
楽天プレミアムカード
還元率 1.0~5.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
「楽天プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費(税込) 1万1000円
家族カード(税込) あり(年会費5500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!
「楽天プレミアムカード」の公式サイトはこちら
楽天プレミアムカードへの新規入会&利用で
ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!
楽天プレミアムカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2022年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2022年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEXを
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
(※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。)
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&マックで最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら
【Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
(※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能)
【関連記事】
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 2022年10月31日までの利用分が対象で、2022年11月1日以降の還元率は未定。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(ニューカマー部門)
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで3%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 SBI証券での積立投資など、一部の支払いは集計の対象外。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報