IPO株の銘柄分析&予想

2021年6月の「IPO」22銘柄の中で株価上昇に期待の
2銘柄! 22銘柄中、最高レベルの「買い」評価がつい
た「Enjin」や、業績急伸中の「ベイシス」が狙い目!

2021年7月21日公開(2022年4月13日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

2021年6月に新規上場した「IPO株」の中で、アナリストが「買い」「強気」と診断する「Enjin(7370)」と「ベイシス(4068)」をチェック!

発売中のダイヤモンド・ザイ9月号は、連載「10倍株を探せ!【IPO株】研究所」を掲載!「IPO」とは、企業が上場して、市場に株式を公開すること。IPO株は公開価格と比較して、初値が大幅に上昇する場合が多いほか、上場してからも値動きがダイナミックで、短期間のうちに急騰することも少なくない。ただし、上場直後に盛り上がった後、すぐさま失速してしまう銘柄もあるため、“玉石混交”な側面もある。

この連載では、直近で新規上場したIPO株にスポットを当て、IPO株の専門家であるフィスコの小林大純さんが、今後の投資判断を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価。今回は2021年6月に新規上場したIPO株の中から、今後さらなる成長の可能性を秘めた注目の2銘柄をピックアップして解説する。「成長株」投資に興味がある人は、ぜひ参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけ表彰!

2021年6月に新規上場したのは全部で22銘柄!
初値は全般に伸び悩むも、今後の上昇に期待が持てる!

 2021年6月中に新規上場した株は22銘柄と、この時期としては異例の多さになった。特に22~30日には17社の上場が集中。フィスコの小林大純さんは「6~8月決算期の企業が目立ちます。ぎりぎりまで業績を見極めて上場する銘柄が多かった結果ではないでしょうか」と見る。

 また、2月頃から審査が厳しくなった影響で、上場がずれ込んだ企業もあったもようだ。活況の一方で、初値は全般に伸び悩み、今年初の公開価格割れスタートが4社も出る結果に。

 「IPOラッシュのときには投資家の資金が分散しがちなのですが、今回はその傾向が顕著に出ました。さらに、株式相場全体の上値が重かったため、株価の割安度が意識され、高PER銘柄を積極的に買う動きが限られたことも大きいと思います」(小林さん)
【※「IPO(新規公開株)」の最新情報はこちら!】
【IPO(新規公開株)スケジュール一覧(2021年)】IPOの申込日や幹事証券、注目度などの最新情報を随時更新中!

 半面で、初値が抑えられたぶん、今後の株価は上がりやすいといえる。たとえば、6月25日に上場した日本電解(5759)は、公開価格に対する初値の騰落率がゼロだったが、テレビで紹介されたことをきっかけに、その後5日間で75%の株価上昇を見せた。成長期待があらためて織込まれた形だ。

 足元のPERが高くても、次の期の業績の伸びを考慮すれば、割高ではない銘柄も散見される。こうした株は、さらなる上値が狙えそうだ。

2021年6月の【IPO株】22銘柄の投資判断は?

上場日 公開価格 初値
(騰落率)
株価
(7/2)
予想PER
(PBR)
今後1年の
高値予想
(安値予想)
投資判断
2日  メイホーホールディングス(7369・東M)
2080円 4630円
(+123%)
2778円 17.0倍
(4.40倍)
3500円
(2000円)
中立
【分析コメント】建設コンサル事業が主力。需要は底堅く、22年6月期の業績も堅調となりそうだが、株価はある程度織込み済み。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
10日  テンダ(4198・東J)
3250円 6500円
(+100%)
4120円 46.0倍
(9.28倍)
5000円
(3500円)
中立
【分析コメント】業務改革ツールなど。企業のIT投資増で業績は堅調も、株価は織込み済みの水準。投入予定の新ソフトが寄与するか注目。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
10日  ワンダープラネット(4199・東M)
2560円 4115円
(+61%)
3880円 8.3倍
(5.49倍)
4500円
(3000円)
中立
【分析コメント】スマホゲーム「クラッシュフィーバー」「ジャンプチ ヒーローズ」が牽引。開発中の新タイトルが次の柱になるかを注視。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
16日  全研本社(7371・東M)
1350円 1506円
(+12%)
1248円 17.0倍
(1.54倍)
1500円
(1100円)
中立
【分析コメント】ウェブマーケティングが主力。地方への展開など業績は上積み余地あり。コロナ禍の収束後は海外IT人材事業も本格化。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
18
 Enjin(7370・東M)
1380円 2150円
(+56%)
2526円 54.6倍
(16.37倍)
4500円
(2000円)
買い
【分析コメント】大手が強いPR支援業において、中小・中堅企業や医療機関向けの潜在市場を開拓。成長期待が高く、上値の余地は大きい。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22
 ペイロール(4489・東M)
1380円 1290円
(-7%)
1291円 21.2倍
(2.13倍)
2000円
(1100円)
強気
【分析コメント】給与計算などのアウトソーシング。初値は公開価格割れも、ニーズは高く業績も堅調。株価の見直し余地は大きそうだ。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22
 ペルセウスプロテオミクス(4882・東M)
870円 1005円
(+16%)
804円 ー倍
(6.24倍)
900円
(650円)
中立
【分析コメント】抗体技術が基盤。赤字の創薬ベンチャーは評価が難しく、株価上昇は血液がん向けなど、開発薬の進捗を確認後になりそう。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22日  デコルテ・ホールディングス(7372・東M)
1720円 1582円
(-8%)
1223円 13.3倍
(1.97倍)
1500円
(1100円)
中立
【分析コメント】ファンドの売出しが大きく、公開価格割れ。主軸のフォトウェディングは、コロナ禍で良し悪し両面の影響。実力を見極めたい。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
23日  アイ・パートナーズフィナンシャル(7345・東M)
3120円 9880円
(+217%)
7570円 39.9倍
(12.12倍)
7500円
(4000円)
弱気
【分析コメント】IFA(独立した立場で顧客に金融商品・サービスの提案を行うアドバイザー)による金融サービス。初値は3倍超を付けたが、需給主導で過熱感が残る。事業環境は良好で、調整一巡後に期待。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
23日  アイドマ・ホールディングス(7373・東M)
1930円 3430円
(+78.0%)
4185円 64.3倍
(37.69倍)
5500円
(3000円)
強気
【分析コメント】中小企業向けの営業支援で急成長中。在宅ワーク特化の求人サイトも伸びる。今後の業績拡大も考慮すれば、上値余地あり。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
23日  ドリームベッド(7791・東2)
1460円 1350円
(-8%)
1200円 10.3倍
(2.26倍)
1600円
(1000円)
中立
【分析コメント】ベッドやソファなど。株価は割安も、上昇の糸口をつかみにくい。ホテル向けの回復、提携ブランド「サータ」拡大に期待。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
上場日 公開価格 初値
(騰落率)
株価
(7/2)
予想PER
(PBR)
今後1年の
高値予想
(安値予想)
投資判断
24日  HCSホールディングス(4200・東J)
1800円 2210円
(+23%)
1869円 20.4倍
(1.61倍)
2300円
(1500円)
中立
【分析コメント】業務ソフトの開発・運用やシステム導入支援。DXで事業は順調だが、新味がなく注目を集めにくい。株価は妥当な水準。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
24日  アルマード(4932・東J)
880円 861円
(-2%)
911円 17.0倍
(3.94倍)
1200円
(750円)
強気
【分析コメント】卵殻膜関連の特許を多数持ち、食品・化粧品を手掛ける。業績は回復へ。需給の悪さで抑えられた株価は割安感がある。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
24日  セレンディップ・ホールディングス(7318・東M)
1130円 1656円
(+47%)
1507円 36.4倍
(2.18倍)
1600円
(900円)
中立
【分析コメント】中小企業のM&Aや経営を支援。事業承継のニーズが強い。ただ柱は傘下の自動車部品・FA装置会社で評価が分かれる。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
24日  ベイシス(4068・東M)
2040円 5200円
(+155%)
6500円 57.4倍
(13.49倍)
8000円
(4700円)
強気
【分析コメント】初値2.5倍でその後の株価も堅調に推移。公開価格が保守的だった面も。業績は急進中で、高PERも十分許容されそう。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
25日  日本電解(5759・東M)
1900円 1900円
(+0%)
3435円 28.5倍
(5.04倍)
4500円
(2400円)
中立
【分析コメント】車載電池用や回路基板用の銅箔の製造販売。公開価格下ブレで初値は不調も、その後人気化。成長期待を実現できるか注視。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
25日  ステムセル研究所(7096・東M)
2800円 4830円
(+73%)
5100円 192.1倍
(18.77倍)
6000円
(3500円)
強気
【分析コメント】再生医療に用いる「さい帯血」の保管事業。黒字バイオベンチャー特有の高PERだが、再生医療の認知度向上が追い風に。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
28日  コンフィデンス(7374・東M)
1760円 2911円
(+65%)
3420円 31.3倍
(24.48倍)
4000円
(2500円)
中立
【分析コメント】ゲーム業界向け人材派遣が主力で、同業界特化を強調。巣ごもり需要は追い風も、株価は妥当な水準。大型案件獲得に期待。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
29日  BlueMeme(4069・東M)
2820円 2850円
(+1%)
3055円 66.1倍
(18.69倍)
3600円
(2300円)
中立
【分析コメント】最新技術を活用した低コスト・短期間のシステム開発が強み。業績の成長率も十分だが、公開価格段階で割高感があった。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
29日  Waqoo(4937・東M)
1920円 2362円
(+23%)
2220円 44.8倍
(26.72倍)
2500円
(1500円)
中立
【分析コメント】「HADA NATURE」など、化粧品を企画開発、ECで直販。販売好調だが、株価は相応に高水準。販促策の効果を注視。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
29日  オムニ・プラス・システム(7699・東M)
960円 1510円
(+57%)
1280円 ー倍
(ー倍)
1800円
(1000円)
中立
【分析コメント】高機能プラスチックが軸のシンガポール企業。初値上昇の後、株価は調整中。情報通信機器や、EV向けの需要拡大に期待。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
30日  プラスアルファ・コンサルティング(4071・東M)
2300円 2720円
(+18%)
2744円 92.3倍
(27.15倍)
3600円
(2000円)
中立
【分析コメント】クラウド型のデータ分析ツール。株価水準は成長期待に相応。伸びが大きい人事管理ツールが成長加速につながるか注目。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけ表彰!

アナリストのイチオシは、人気も成長性も高い「Enjin」と、
”インフラテック”企業として注目を集める「ベイシス」!

 ここからは、2021年6月に新規上場した22銘柄の中で、小林さんが特に注目している2銘柄を詳しく紹介していこう。

 まずは、小林さんが唯一「買い」と診断したEnjin(7370)だ。

 Enjinは人気も成長性も高い「PRテック」企業。低コストと成功報酬型のサービスで需要を掘り起こし、顧客数や成約件数が順調に伸びている。成長の確度は高そうだ。株価は22年5月期の業績拡大を織込み切っておらず、過熱感はない。

 続いて紹介するのは、「強気」診断のベイシス(4068)だ。

 ベイシスは通信インフラやスマートメーターを手掛ける企業。携帯電話インフラ・ネットワーク構築は5G本格化などで好調。注力するIoT関連も、遠隔監視のニーズが拡大。現場監理システムの開発などハイテク色が強く、高成長が期待できる。
【※「IPO(新規公開株)」の最新情報はこちら!】
【IPO(新規公開株)スケジュール一覧(2021年)】IPOの申込日や幹事証券、注目度などの最新情報を随時更新中!

【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけ表彰!

日本・米国の「高配当株」や桐谷さんと始める「株入門」を特集!
ダイヤモンド・ザイ9月号をチェック!

ザイ9月号

 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の大特集は「攻めと守りの【高配当株】」!  この特集では、配当利回りが3.5%以上の高配当株や、長期にわたって連続増配を続ける株など、配当重視の投資家にぴったりな銘柄をピックアップ。多額の配当収入を得ている個人投資家のコメントや、米国株の高配当株も紹介しているので、これから高配当株に投資したい人なら参考になるはずだ。

 ダイヤモンド・ザイ9月号は、ほかにも注目の特集が満載! 新刊2冊同時発売を記念する特集「桐谷広人さんの日本&米国株入門」では、株の魅力や銘柄の探し方などを基本のキから解説。初心者向けの5万円台以下で買えるおすすめ銘柄も紹介しているので、これから株を始めたい人は必見だ!
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんの「株入門書」が2冊同時発売! 発売記念動画の第1弾では、極貧棋士から株主優待名人になるまでの桐谷さんの“人生逆転”エピソードを公開

 そのほか「【株主総会】突撃39社」「インデックス投信にだまされるな!」「金融緩和縮小で株はどうなる?」「コロナ鎮圧で上がる株」「脱レジ袋などSDGsって意味ある?」「【毎月分配型】投資信託100本の分配金速報データ」なども要チェック!

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2024年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2024年5月1日時点】


【2024年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
19社
52社
24社
47社
26社
80社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
341万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、例年、主幹事数・取り扱い銘柄数ともに全証券会社中でトップクラス! また、国内五大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねることも多い。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経テレコン」「会社四季報」が閲覧できる証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
21社
91社
13社
89社
21社
122社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
1169万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2023年は全96社中91社と約95%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、ほとんどのIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。また、スマートフォン専用サイトでIPOの申し込みや情報確認ができるのも便利。
※SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIOの口座数を含んだSBIグループ全体の口座数。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2023年12月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPOの主幹事数が業界トップクラスで
2022年には24社のIPOの主幹事を務める
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報