世界投資へのパスポート

先週発表のアップル、アマゾン、テスラモーターズ、
アルファベット(グーグル)の決算内容を解説!
さらに、決算発表に対する米国株式市場の反応は?

2016年10月31日公開(2017年11月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週の米国株式市場は、
大統領選挙を前に神経質な動きに

 先週の米国株式市場は、大統領選挙を11月8日(火)に控え神経質な動きでした。

 週間ベースでは、ダウ工業株価平均指数が+0.09%、S&P500指数が-0.68%、ナスダック総合指数が-1.28%でした。

ダウ工業株価平均指数チャート(日足・6カ月)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより
拡大画像表示

 先週言及したアップル(ティッカーシンボル:AAPL)テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の各社が決算を発表しましたので、まずそれらを見てゆきましょう。

【アップルの決算発表】
決算内容はいまひとつ。先週発表されたMacの新モデルに期待

アップルの第4四半期(9月期)決算は、いまひとつの内容でした。

 EPSこそ予想1.66ドルに対し1.67ドルとかろうじて上回ったものの、売上高は予想469.9億ドルに対し468.5億ドルと未達でした。売上高成長率は、前年比-9.0%でした。

 グロスマージン(売上高総利益)は、去年の同期の39.9%からかなり下がった38.0%でした。

 注目されたiPhone販売台数は、予想4520万台に対し4550万台と、かろうじて面目を保ちました。しかしこれは、去年の実績4805万台に比べると-5%の数字です。

 その他、iPad販売台数は前年比-6%、Mac販売台数は前年比-14%でした。

 なおMacに関しては先週、新モデルが発表されました。これにより最近の売れ行き低迷に歯止めがかかることが期待されます。

 地域別では米州-7%、欧州+3%、中国-30%、日本+10%、アジア太平洋-1%でした。特に、中国市場が今回もダメだった点が目をひきました

 次の第1四半期(12月期)に関しては、予想753.3億ドルに対し、新ガイダンス760〜780億ドルが提示されました。これは強気なガイダンスと言えると思います。

【テスラ・モーターズの決算発表】
懸念されていた工場の建設も順調で、安心感が漂う

テスラ・モーターズの第3四半期決算は、予想より良い内容でした。

 EPSは予想2セントに対し71セント、売上高は予想23.2億ドルに対し23億ドルでした。なおテスラは、今回から会計基準がGAAP(=米国で一般に受け入れられている基準)に移行しました。上に書いたコンセンサス売上予想には古い基準に基づくアナリスト予想が含まれていると思われるので、売上高予想と結果を単純比較することはできません。

 第3四半期の納車は、前年比+114%の2万4821台で、予想を300台上回りました。内訳は、「モデルS」が1万6047台、「モデルX」が8774台でした。また、通関中の車両は5065台でした。

遅延が懸念されたギガファクトリーの建設は、スケジュール通りだそうです。「モデル3」の生産・納車開始に関しても、これまで通り2017年下半期を目指していると発表されました。スケジュールの遅延が、目下の投資家の最大の懸念だったので、投資家はホッとしたと思います。

【アルファベットの決算発表】
決算は無難な内容。コア事業も再加速へ

 グーグルの親会社であるアルファベットの第3四半期決算は、無難な内容でした。

 EPSは予想8.60ドルに対し9.06ドル、売上高は予想220.4億ドルに対し224.5億ドル、売上高成長率は前年比+20.2%でした。

アルファベットの売上の大半は、広告収入です。アルファベットは、広告クリック数全体を示す尺度として「アグリゲート・ペイド・クリック」という指標を使っています。これは、「自社運営のグーグル・ウェブサイトにおけるペイド・クリック(広告クリック数)」とアドセンス広告など「メンバー・サイトにおけるペイド・クリック」という2つの要素を足し上げ(アグリゲート)した独自の指標です。

 そのアグリゲート・ペイド・クリックは+33%で、予想の+26%を上回りました。因みに第2四半期は+29%、第1四半期は+29%でした。

 アグリゲート・ペイド・クリックが+33%も増えているのに、売上高が+20%しか増えてない理由は、広告単価が下がっているからです。それは「アグリゲート・コスト・パー・クリック」という指標で報告されており、-11%でした。

 そんなアグリゲート・ペイド・クリックの成長を支えているのが、グーグル・ウェブサイトにおけるペイド・クリックで、+42%でした。ちなみに第2四半期は+37%、第1四半期は+38%、去年の第4四半期は+40%でした。この部分がアルファベットの業績の牽引車の役割を果たしており、コア事業の再加速は投資家を安心させました

【アマゾンの決算発表】
落胆させられる決算内容。業績のカギを握るAWSの成長率も鈍化

アマゾンの第3四半期決算は落胆させられる内容でした。

 EPSは予想82セントに対し52セント、売上高は予想326.5億ドルに対し327.1億ドル、売上高成長率は+29.0%でした。

 北米売上高は、+16%の189億ドル、GAAP営業利益は+37%の2.55億ドルでした。また、海外売上高は+28%の106億ドル、GAAP営業利益は赤字の−5.41億ドルでした。

 また、アマゾンが提供するクラウドサービスで今後の業績の成長を牽引するだろうと期待される「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」ですが、その売上高は+54.5%の32億ドル、GAAP営業利益がは+101%の8.61億ドルでした。前期のAWSの売上高+58%、GAAP営業利益+126%と比較すると、今回、AWSは明らかに成長率が鈍化しました。投資家は主にこの部分を嫌気しています

 第4四半期は、売上高予想446.5億ドルに対し、新ガイダンス420〜455億ドルが提示されました。営業利益ガイダンスは、ブレークイーブン(損益分岐点)から12.5億ドルが提示されました。因みに去年の第4四半期の営業利益は11億ドルでした。

 では次に、今週決算発表するフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)について書きます。

【フェイスブックの決算発表】
ユーザー動画平均視聴時間の過大報告問題の影響に注目

フェイスブックは、11月2日(水)引け後に決算発表する予定です。

 コンセンサス予想は、EPSが96セント、売上高が69.1億ドルです。

 ちなみに、7月末に発表された同社の第2四半期決算では、EPSが予想82セントに対し97セント、売上高が予想60億ドルに対し64.4億ドル、売上高成長率は前年比+59.2%でした。

 DAU(日間アクティブユーザー数)は+17%の11.3億人、MAU(月間アクティブユーザー数)は+15%の17.1億人、広告収入に占めるモバイル比率は84%でした。

フェイスブックは、先日、ユーザーの動画平均視聴時間を誤って大幅に過大に報告していたことを認めました。今回の決算カンファレンスコールではそれが今後の同社の業績にどう影響してくるか、という点に注目したいと思います。

【スターバックスの決算発表】
前回ゼロ成長だったトランザクションの回復に期待

スターバックスは、11月3日(木)引け後に決算発表する予定です。

 コンセンサス予想はEPSが55セント、売上高が56.9億ドルです。

 ちなみに7月末に発表された同社の第3四半期(6月期)決算では、EPSが予想49セントに対し49セント。売上高が予想53.4億ドルに対し52.4億ドル、売上高成長率は前年比+7.3%でした。

 また、既存店売上比較は、予想+5.5%に対し+4%でした。

 今回の決算発表では、既存店売上比較、とりわけ前回ゼロ成長だったトランザクション(取引)がどれだけ反発できるかに注目が集まると思います

【今週のまとめ】
好業績でも反応が薄く、市場の決算発表を見る目は厳しい

 先週決算を発表した企業の週間ベースでのパフォーマンスを見ると、アップルは-2.5%、テスラ・モーターズは-0.06%、アルファベットは-0.55%、アマゾンは-5.26%でした。言い換えれば、テスラやアルファベットのように好決算を出した銘柄でも株価は反応薄であり、逆にアップルやアマゾンのように期待外れの決算を出した銘柄の場合、素直に売られたということです

 このように市場の「決算発表を見る目」は厳しくなっています

 したがって、今週のフェイスブックやスターバックスの決算発表も、気が抜けません。

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年4月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 最新号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報