世界投資へのパスポート

バフェットのコア銘柄、コカコーラが本気を出した!
海外ボトリング網の再編や本社の大幅リストラなど、
組織をシンプル化することで、業績回復を狙う!

2017年6月26日公開(2017年11月30日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

ウォーレン・バフェットのコア銘柄である
コカコーラに注目

 コカコーラ(ティッカーシンボル:KO)と言えばウォーレン・バフェットが長年ポートフォリオのコアに据えてきた銘柄です。3月末の時点でバフェットの投資会社バークシャー・ハサウェイは、コカコーラの発行済み株式の9.27%に相当する4億株を保有し、筆頭株主となっています。

 同社の年間売上高は420億ドル、200カ国以上で500種類の飲料を販売する世界最大の非アルコール飲料会社です。非アルコール飲料の市場は1千億ドルで、年間+4%で成長しています。

万年低迷が続いてきたが
経営改革としてボトリング網の再編を発表

 しかし近年のコカコーラの業績は、あまりパッとしませんでした。

 そのひとつの理由は、消費者が炭酸飲料離れしていることによります。加えて近年のドル高も、海外売上比率が大きいコカコーラにとって逆風でした。

 かつて優良企業、優れた経営という評価を受けていた同社は、いつの間にかバークシャー・ハサウェイのポートフォリオの中でお荷物的な存在に成り下がっていました。

 そこで同社は経営改革の一環として、海外ボトリング網の再編を発表しました。

 ボトリングとは、本社から届けられたコカコーラのシロップ(原液)を薄めて、炭酸を加えて出荷する作業を指します。この仕事は資本集約的であるばかりでなく、薄利なので、お世辞にも魅力あるビジネスとは言えません。

 いま新興国にコカコーラが初進出する場合、現地には必要なインフラストラクチャが整っていないですし、コカコーラというブランドが要求する品質、サービスなどを達成するのは困難です。社員教育や市場開拓も必要です。その場合、コカコーラはまず自社でボトリングを行い、販路を確立します。

 ひとたびそれが軌道に乗れば、ボトリングを別会社として切り離し、非連結化することで本体の収益性を落とさないようにします。

 コカコーラの収益性が高い秘密は、1)ブランド、2)原液の秘密、という二つの経営要素だけに集中しているからです。

 さて、今回の経営改革では、欧州、中国、日本、アフリカ、北米の各地域でボトリング網の再編を行います。このうち欧州と日本では、既にフランチャイズ再編が終了しています。中国のフランチャイズ再編は、現在実施中です。さらにアフリカとアメリカは今年中に再編を終了する見込みです。

ボトリング・フランチャイズ再編が
業績に与える影響とは?

 こうした一連の再編で、コカコーラ本体が扱うボトリング量は、全体の15%(2016年実績)から僅か3%へ減ると予想されます。

 今回再編の対象となるコカコーラ社員10万人のうち、6万1千人はボトリング会社が継承することになります。

 ボトリング網を切り離すと、その分、コカコーラ本体の売上高は目減りします。その関係で、同社の売上高は2015年から2016年にかけて減少しました。2017年も、2016年に比べて売上高は下がる見込みです。

 その反面、利幅は拡大が見込まれています。2016年のグロスマージンは60%でしたが、再編後は68%になると思われます。営業マージンも、同様に24%から33%へ拡大する見込みです。

 2017年の一時要因を除いた利益は、+7~+8%を見込んでいます。しかしボトリング網再編に絡む一時費用が-5~-6%足を引っ張り、さらに為替が-3~4%足を引っ張ると思われるため、EPSは-1~-4%を見込んでいます。

「最後の聖域」のコカコーラ本社でも
1200人のリストラを発表

 コカコーラは4月に、アトランタ本社で1200人をリストラすると発表しました。アトランタ本社の従業員数は7500人なので、その16%に相当します。

 コカコーラは、地元では「最も就職したい企業」であり、本社エグゼクティブ・フロアは絢爛(けんらん)さで知られています。

 今回、そのような貴族的な牙城にもリストラの大ナタが振るわれることは、同社が経営改革に本気を出していることを物語っています。

コカコーラの株価は
過去最高値の47ドルを目指す?

■コカコーラ(ティッカーシンボル:KO)チャート/週足・2年
コカコーラ(ティッカーシンボル:KO)チャート/週足・2年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 コカコーラ株は過去1年の高値45.23ドルと、ほぼ同じ水準で現在取引されています。ここを上に抜けると、次の目標は過去最高値の47ドルになります。これらの水準をもし超えることができれば、株価の動きが軽くなることが予想されます。

【今週のピックアップ記事!】
ウォーレン・バフェットが密かに買い集めている「デルタ・エアライン」を解説! 堅実な運行実績と最近の原油安から、今後の業績アップに期待したい!
年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!
【2019年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi(ザイ) 2019年 10月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報