節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「キャッシュレス決済」初心者には“コード決済”より
“国際ブランド付きプリペイドカード”がおすすめ!
9種類の決済手段のメリット、活用方法を詳しく解説

【第58回】 2019年3月19日公開(2019年7月31日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

消費税の増税に伴って「キャッシュレス決済」が優遇され、
将来的に「現金払い」はますます損をする時代に!

 今回は「キャッシュレス決済」を始めるときの心得や、どの「キャッシュレス決済」がおすすめなのか、それぞれの「キャッシュレス決済」をどう活用すればいいのか、などを紹介します。

 2019年10月1日から予定されている消費税の増税に伴って、政府は「キャッシュレス決済時のポイント還元」という施策を打ち出し、大いに話題になっています。
【※関連記事はこちら!】
⇒消費税が8%⇒10%になると、世の中はどう変わる? 消費税の増税の前に買うべきもの、急いで買う必要がないものを整理して、お金を浪費しないように注意!

 「キャッシュレス決済時のポイント還元」とは、2019年10月から2020年7月の東京オリンピック前まで、約9カ月間にわたって、キャッシュレス決済で買い物をした際、2%もしくは5%のポイント還元が受けられるというもの。政府はこの施策によって、消費税増税による国民の負担感を軽減し、なおかつキャッシュレス決済のさらなる普及を目指しているものと見られます。

 実際、ここ数年でキャッシュレス決済という言葉を見聞きする頻度は増えました。復習しておくと、キャッシュレス決済とは、買い物をするときにクレジットカードや電子マネー、デビットカード、コード決済(QRコード決済、バーコード決済など)など、現金以外の手段で決済することを指します。

 今の時代、少なくとも1種類くらいは、現金以外の決済手段を有している人がほとんどでしょう。ですが、私の実感では「クレジットカードや電子マネーは持っているけど、普段の買い物や固定費の支払いは、ほとんど現金(もしくは口座引き落とし)」という人も、いまだに多いようです。

 しかしながら、今後も現金決済にこだわり続けることは、あまり得策ではありません。なぜなら、キャッシュレス決済のほうが「ポイント還元」される分、実質的に安く買い物できるからです。クレジットカードや電子マネーは、いまでも利用時にポイントが貯まるのが一般的ですが、前述のとおり、2019年10月からはさらなるポイント還元も受けられるようになります。そんな中で、わざわざ現金決済を選択するのは、ちょっともったいないですよね。

キャッシュレス決済は多様化が進んでおり、
ざっくり分けると9パターンもある!

 現金主義の人の言い分としてよく聞くのは、「クレジットカードは便利だけど、使いすぎてしまいそうでイヤ」というもの。たしかに、使った瞬間は手元の現金が減らないクレジットカードには、使い過ぎを助長する側面もあります。

 ですが、「キャッシュレス決済=クレジットカード」ではありません。今はキャッシュレス決済の選択肢が多様化しているので、使い過ぎが怖い人は、クレジットカード(や後払い式の電子マネー)以外の手段を選ぶといいと思います。自分にどんなキャッシュレス決済が適しているかを考えるために、まずは以下の図をチェックしてみてください。

■キャッシュレス決済は決済方法&支払い方法で9種類に分けられる!
  前払い
(プリペイド)
即時払い 後払い
(ポストペイ)
接触型 ●プリペイドカード
 (QUOカードなど)
●国際ブランド付き
 プリペイドカード
●デビットカード
 (J-Debit)
●国際ブランド付き
 デビットカード
●クレジットカード
非接触型 ●電子マネー
 (Suica、WAON、
  nanacoなど)
●国際ブランド付き
 デビットカード

 (コンタクトレス決済
 対応のもの)
●Apple Pay
●電子マネー

 (iD、QUICPayなど)
●クレジットカード
(コンタクトレス決済
 対応のもの)
コード決済 ●LINE Pay
●Pay Pay
●Origami Pay ●楽天ペイ
●d払い
※2019年3月11日時点。サービスによっては複数の手段を提供する場合もあり、連携対象次第で区分けが変わることもある。上の表は一例を紹介したもの。

 キャッシュレス決済は、使ってからお金が出ていくタイミング(前払い・即時払い・後払い)と、支払い形態(接触型・非接触型・コード決済)によって、大きく9種類に分けられます。

 たとえば、クレジットカードは決済後に利用金額が銀行から引き落とされる「後払い式」で、利用時は専用の読み取り機に“接触”させる必要があることから、「接触型」に分類しています。電子マネーのようにカードやスマホをどこにも接触させず、読み取り機にかざすだけで決済を完了できるタイプは「非接触型」。同じく非接触型でも、コードを活用してスマホで決済するものについては、「コード決済」として区別しました。
【※関連記事はこちら!】
「楽天ペイ」と「LINE Pay」ではどちらがお得か? スマホを使った「コード決済」のメリットや特徴を、2つのサービスを比較しながらわかりやすく解説!

クレジットカードは「固定費」の支払いに限定すれば、
日々の買い物や外食などで使いすぎる心配なし!

 9種類もあるとなると、どれを利用すればいいのか悩んでしまいそうですが、現時点でほとんど現金しか利用していない人は、ポイントが付きやすいクレジットカードか、自分がよく利用する場所で使える電子マネーなどを持つところから始めてみるといいでしょう。

 後払い式だとお金の管理が不安になる人は、光熱費などの固定費だけをクレジットカード払いにするのがおすすめです。いまだに光熱費を銀行口座からの引き落としにしている方も多いかもしれませんが、そのままでは現金決済と同じでポイントを貯めることができず、毎月の支払いのたびに損をしていることになってしまいます。

 通常、毎月の固定費はそれほど変動しないので、クレジットカード払いにしたところで、使いすぎる恐れは少ないでしょう。それでいて、固定費は金額が大きいものも多く、クレジットカード払いにすればポイントが貯まりやすくなります。

日々の買い物は予算を決めてプリペイドカードを活用
注目は「国際ブランド付きプリペイドカード」!

 使いすぎが怖い支出は、固定費よりも流動的な費目(食費、被服費、交際費、レジャー費など)でしょう。「スーパーなどで買い物しすぎてしまうのが悩み」「外食をすると、ついお金を使いすぎてしまう」といった人は、これらの支出を前払い式の決済手段を使って管理することをおすすめします。

 前払い式(=プリペイド)の決算手段は、事前にチャージした金額しか使えない仕組みになっています。前払い式の決済手段の場合、以前はイオン系列のお店で利用できる、プリペイド型電子マネーの「WAON」など、利用できる場所が限定されているものが主流でした。

 もちろん、イオン系列店でしょっちゅう買い物をするなら、「WAON」に食費や日用品費の予算をチャージし、その範囲内でやりくりすればOKです。しかし、最近はもっと利用範囲が広い「国際ブランド付きプリペイドカード」も増えています。ここ数年で、「国際ブランド付きデビットカード」がかなりメジャーな存在になりましたが、「LINE Pay カード」を筆頭に「国際ブランド付きプリペイドカード」の人気も高まっているのです。

 国際ブランドとは「VISA」や「JCB」といった、クレジットカードのブランドを指します。たとえば「VISAブランド付きプリペイドカード」は、VISAのクレジットカードが使える全国の加盟店にて、ほとんどクレジットカードと同じような感覚で利用できるので(※一部例外あり)、「このカード、どこで使えるのかな?」などと悩む必要がありません。

 しかも、国際ブランドが付いているとはいえ、クレジットカードではなくあくまでプリペイドカードのため、一定の年齢以上であれば、審査もなく気軽に持てる点も魅力です(※12歳以上、15歳以上など、年齢制限はカードによって異なります)。

主要な「国際ブランド付きプリペイドカード」を紹介!
ゆうちょ銀行の「mijica」にはオートチャージ機能も!

 国際ブランド付きプリペイドカードは、まだなじみのない方も多いと思われるので、以下に代表的なものを挙げてみましょう。

・LINE Pay カード(JCB)
・Kyashリアルカード(VISA)
・dカードプリペイド(Mastercard)
・楽天プリペイドカード(JCB)
・mijica(ミヂカ)Visaデビットカード(プリペイド機能付き、VISA)

 この中で、私が特に注目しているのは「LINE Pay カード」と「Kyashリアルカード」です。どちらも自分で日常的に利用しています。

 「LINE Pay カード」は貯めたポイントを残高としてチャージできるほか、別の共通ポイントとの交換も可能。通常のポイント還元率は0.5%ですが、月10万円以上利用すると、翌月の還元率は2%にアップします。

 「Kyashリアルカード」は、クレジットカードでチャージすると、そのクレジットカードのポイントが貯まるのが特長。さらに、「Kyashリアルカード」で買い物すると、利用金額の2%がキャッシュバックされるので、ポイントの二重取りができます。「LINE Pay カード」はクレジットカードでチャージができないので、恒常的に得られる還元率は「Kyashリアルカード」のほうが高くなります。

 ただし、「Kyashリアルカード」には“1回の利用の上限額は3万円”など、ほかの「国際ブランド付きプリペイドカード」よりも細かな制約があります。また、クレジットカードによるチャージだと、結局お金が引き落とされるタイミングが後になってしまうため、お金の管理能力に自信がある人向けと言えそうです。

 また、ゆうちょ銀行が発行する「mijica(ミヂカ)Visaデビットカード(プリペイド機能付き)」は、指定した日に指定した金額を自動でチャージできる「指定日チャージ」機能がある点が魅力的です。お給料日などに決まった予算をチャージするように設定しておけば、毎月の予算管理に関する一手間も省けます。ポイントの還元は高くはありませんが、ゆうちょ銀行をメインバンクにしている人などは、検討してみてもいいかもしれません。

昨年から「コード決済」のキャンペーン競争が激化!
キャンペーンを活用できれば得するのは間違いなし!

 最後に、スマホを利用したコード決済についても触れておきます。コード決済とは、スマホに表示させたバーコードやQRコードをお店の端末に読み取ってもらったり、逆にお店側が提示したコードをスマホで読み込んだりすることで、決済を完了させる仕組みです。

 最も有名なのは、CMでもさかんに宣伝している「PayPay」で、キャッシュバックが受けられる大型キャンペーンが魅力です。「PayPay」のほかにもコード決済は種類が多く、前払い型も即時払い型も後払い型もあります。

 ちなみに、コード決済には「時代の最先端」というイメージがあるかもしれませんが、すでにApple Payやおサイフケータイを使っている人は、あえてコード決済を使わなくても問題はない、と個人的には考えます。
【※関連記事はこちら!】
⇒Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ!

 Apple Payやおサイフケータイのほうが、今のところコード決済よりも使える場所が多くなっています。コード決済のほうがキャンペーンの影響で還元率は高いですが、高い還元率がずっと続くとは限りません。よって、すでにApple Payやおサイフケータイを利用している人は、あえてコード決済をしなくてもいいと考えるわけです。

 とはいえ、Apple Payなどに非対応の端末を使っている人や、コード決済に関心がある人は、もちろん挑戦してみるといいでしょう。ただ、今はコード決済の黎明期であり、一概に「このコード決済がおすすめ」とは言いづらい状況でもあります。

 たとえば、「楽天スーパーポイント」を貯めている人なら、「楽天カード」でクレジットカード決済するよりも、「楽天カード」を登録した「楽天ペイ」で決済したほうが還元率が常時0.5%上乗せされるのでお得ですし、2019年5月末まで「最大20%キャッシュバックキャンペーン」を実施している「PayPay」を利用するのもお得です。

 また、国際ブランド付きプリペイドカードでも取り上げた「LINE Pay」にはコード決済もあり、2019年7月末まで、「LINE Payカード」のカード決済ではなくコード決済を利用すると、ポイントが3%上乗せされるキャンペーン(3月31日まではコードに限らずいろんな決済に20%還元を行う春の超Payトク祭)を実施中です。

 このように、いまはスマホアプリによる「コード決済」がさまざまなキャンペーンで普及に力を入れていますが、「ハードルが高い」と感じる人がまだまだ多いでしょう。まずは無理せず、クレジットカードやプリペイドカードの検討をするところから、「キャッシュレス生活」を始めてみてはいかがでしょうか。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

(取材/元山夏香)

FP・風呂内亜矢さんの新刊が発売中!(2018年6月15日発売)
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』

お金の管理に苦手意識があり、貯金できない人も多い今の時代。その一方で、マネー情報はあちこちに氾濫し、何から手をつければいいか、混乱している人も多いはず。そこで本書では「お金を貯めたい」と思った人がまず何をすべきか、ほったらかしでも貯まる仕組みはどうやったら作れるか、というマネー術を具体的に紹介。お金の初心者はもちろん、ちょっとステップアップしたい人にも適した内容で、「お金の参考書」として役立つはずだ。(主婦の友社)

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年9月2日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.05%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.15%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.025% 0.025% 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.02% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%(※1) 0.20% 0.50%(※2)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
※1 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。※2 新規に口座を開設した人向けの「ありがとうキャンペーン」適用時。キャンペーン期間は12月30日まで、総額300億円に達した場合は締め切る可能性あり。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年9月2日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報