節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

消費税が8%⇒10%になると、世の中はどう変わる?
消費税の増税の前に買うべきもの、急いで買う必要が
ないものを整理して、お金を浪費しないように注意!

【第56回】 2019年1月22日公開(2022年3月29日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

消費税は2019年10月に8%⇒10%に増税される!
2%増税されることで消費者が注意しておくべきこととは?

 みなさんもご存じのとおり、2019年の10月1日から、消費税が8%⇒10%に増税される予定です。

 過去には、2014年11月と2016年6月の2回にわたって、消費税の増税が先送りにされた経緯があります。景気の状況などを踏まえて慎重に判断されることもありますが、現時点では、2019年10月1日をイメージしておくことになるでしょう。

 国家の財政のことを考えると、消費税の増税は不可避のように思われますが、一消費者としては、できれば増税してほしくないのが本音です。日本では、1997年を境に平均年収が下落の一途をたどっていますが、税金や社会保険料はじわじわ値上がりしています。消費税の増税によって、収入は減るのに出費が増える状況に拍車がかかってしまうので、危機感を抱く人は多いかもしれません。

 それでは、来たる消費税の増税にどう対応すればいいのでしょう。そのヒントをつかむために、過去の2回の消費税増税が与えた消費行動への影響をご紹介していきましょう。

2014年4月に消費税が5%⇒8%に増税された際には、
消費が冷え込んでGDP成長率が大幅なマイナスに!

 そもそも、消費税が導入されたのは1989年のこと。当初は3%で始まり、1997年に5%に引き上げられました。現状の8%に引き上げられたのは2014年4月のことです。このときの首相は現在の安倍首相なので、安倍首相は2度の消費税増税を実施する初めての首相になる見通しです。

 2014年4月に消費税が増税された後、同年8月に発表された2014年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比年率でマイナス6.8%となりました。さらに7-9月期の実質GDP成長率もマイナスに。当初は、2015年10月に消費税を10%まで引き上げることが予定されていたのですが、GDP成長率の動向を考慮し、このときの安倍政権は増税の延期を決めています。

 増税直後にGDP成長率が落ち込んだのは、急速に消費が冷え込んだからです。日本のGDPの約6割は「家計最終消費費出(個人消費)」だと言われています。そのため、多くの国民があまりお金を使わなくなれば、原則としてGDP成長率は低下することになります。

 消費税の増税後に消費が落ち込んだ一方、増税前には一時的に消費が大きく膨らんでいます。これは、増税する前に買い物をしておこう、という「駆け込み需要」が盛り上がったからです。駆け込み需要が大きかったからこそ、増税後の反動減も大きかったと言うことができるでしょう。

消費税の増税と一緒に「保育・幼児教育の無償化」の導入や、
キャッシュレス決済時のポイント還元も予定されている

 2013年から2014年にかけての駆け込み需要の対象となったのは、保存のきく日用品(トイレットペーパーや洗剤など)や、缶詰などの食品、家電、自動車、住宅と、多岐にわたります。

 そこで気になるのは、前回同様に「消費税増税前の駆け込み需要」が2019年も起こるのか、という点。それから駆け込みで買っていいもの、買わなくていいものは何か? という点ではないでしょうか。

 まず、駆け込み需要の有無についてですが、やはりある程度は増税前に消費が盛り上がる可能性が高いのではないか、と見ています。

 とはいえ、今回は「軽減税率」の導入が検討されていますし、増税と同じタイミング(2019年10月1日)で、「保育・幼児教育の無償化」や、「キャッシュレス決済時のポイント還元」などの実施も予定されています。

 「軽減税率」とは、特定の商品の税率を低く設定すること。まだまだ制度内容が固まっていない状況ですが、2018年12月時点では、主要な食料品などの生活必需品などが、現行の税率8%のまま据え置かれる見通しとなっています。

 続いて「保育・幼児教育の無償化」とは、幼稚園や保育園などに通う子どもの保育料が無償になったり、補助金が出たりする制度です。

 子どもの年齢や利用する施設、共働き世帯か専業主婦(主夫)世帯か、などによって適用条件は変わるものの、シングルや共働き世帯の場合、所得にかかわらず3歳から5歳までの子どもの幼稚園、保育所、認定こども園の費用が原則無償になります(※一部例外あり)。また、0歳~2歳児に関しては、住民税非課税世帯であれば無償になります。

 当初、この「保育・幼児教育の無償化」は時間をかけて段階的に実施される予定でしたが、前倒しでスタートすることになったのは、もちろん消費税の増税インパクトを薄める狙いもあるでしょう。

キャッシュレス決済時のポイント還元率は5%に?
消費税の増税後はキャッシュレス決済がマスト!

 「キャッシュレス決済時のポイント還元」とは、文字どおりですが、キャッシュレス決済(クレジットカードや電子マネー、スマホのコード決済など、現金以外の決済)を行った消費者に、ポイントを還元する措置です。

 これもまだ計画段階であり、当初は増税幅分の2%を還元するとされていましたが、2018年11月には「5%還元で調整する」との報道も出ており、最終的にどうなるかは不透明です。また、これは恒久的な措置ではなく、2019年10月から数カ月間適用される見通しですが、期間についても決定されておらず、現段階では東京オリンピックまでの9カ月間とする案が出ています。

 いずれにせよ、キャッシュレス決済で何らかの恩恵を受けられることはほぼ確実でしょう。「保育・幼児教育の無償化」とは異なり、キャッシュレス決済のポイント還元は誰もが得できるのがメリット。これまでは現金決済派だった人も、キャッシュレス決済への移行を真剣に考えてみたほうが良さそうです。
【※お得なクレジットカードの最新記事はこちら!】
⇒【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

軽減税率の対象商品や増税後に安くなりそうな商品を
焦って買わないように要注意! 住宅の購入も慎重に!

 こうした数々の施策がどの程度の効果を発揮するかはわかりませんが、前回と比べれば、駆け込み需要後の消費の落ち込みを多少なりとも食い止めることになるかもしれません。特に、生活必需品(酒・外食以外の食料品や新聞)は、軽減税率の適用で価格が変化しないことになりそうなので、たとえ保存がきくものであっても、焦って買い込まなくていいでしょう。

 ちなみに、過去の駆け込み需要で多くの人が買っていた缶詰やトイレットペーパーなどの日用品ですが、増税とは関係なく、普段から値動きの変動が大きい傾向にあります。店によっては頻繁に安売りもしていますし、増税後に消費税還元セールが行われる可能性もあるため、増税前にあえて買っておく意味はあまりないと言えます。

 それでは、住宅や自動車、家電といった大きな買い物はどうでしょうか。まずは住宅ですが、2019年3月31日以前に建築・工事などの請負契約を行っている場合、「経過措置」があるため、引き渡しが増税後(2019年10月1日)以降になったとしても、消費税は8%が適用されます。

 高額な買い物だけに、消費税の増税前に買ったほうがいいのでは、と焦るかもしれませんが、過去の増税前は、駆け込み需要で不動産価格が上昇し、増税後に下落するという現象も一部で見られました。つまり、増税後に買ったほうがむしろ安上がりだったケースも見られたということです。

 ローンを利用しての住宅購入時には、「住宅ローン減税」も適用されますが、2019年度税制改正大綱では、住宅ローン減税の控除期間の3年間延長が決定されています。このため、増税後に新しい住宅ローン減税を活用したほうが、支払総額を抑えられることもあるでしょう。

 とはいえ、増税前に気に入った物件に巡り合う可能性ももちろんあるでしょうから、住宅に関しては税金を理由に買わないことが重要だと言えます。

消費税の増税と同じタイミングで自動車の税金が改正!
増税前に購入するなら、価格が変動しにくい高級品を

 続いて自動車ですが、2019年10月から税制が変わり、従来の「自動車取得税」が廃止されて、「環境性能割」が導入される予定です。タイミングからもわかるように、こちらも消費税の増税に合わせてスタートするものです。

 「環境性能割」とは、自動車の燃費に合わせて税金が決まる制度で、電気自動車やプラグインハイブリッド車、平成32年度の燃費基準値+10%達成車などは非課税となります。もっとも、こうした基準を満たさない車は課税対象であり、以前より高額になる場合もあります。

 よって、いつ買うべきかを一概に定義するのは難しいのですが、環境性能基準が低い自動車を購入するなら、消費税の増税前がベター。そうでなければ、必ずしも増税前の購入が最適とは限らないので、環境性能割も考慮しつつ、購入のタイミングを考えたほうがいいでしょう。

 最後に、消費税が増税になる前に購入を積極的に検討したいものを紹介します。増税前に買うと得をするのは、価格が変動しにくい高級品です。たとえば、基本的に値引きがない新型のiPhone、ハイブランドの家具。あるいは宝石。お墓、仏壇、喪服。シャンプーや化粧品なども、百貨店のものやこだわりのブランドのものは、景気の変動は関係がないので、増税前に購入したいところ。また、定期券やアミューズメントパークのパスポートや入園券なども、増税前の購入がおすすめです。

 パソコンやテレビなどは、次々と速いサイクルで新製品が出て、旧モデルは安くなるので、あえて増税前に買わなくてもいいでしょう。一方、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などの白物家電は、新モデルが出るのが10月が多いことや、決算月が9月の店舗も多いため、元々8月や9月が旧モデル購入の狙い目。消費税の増税が10月と仮定すると、結果的に増税前の8月9月あたりの購入が有利になるケースが多そうです

 ここまで、消費税の増税に関するトピックをお届けしました。政府が消費の冷え込みを懸念し、様々な施策を用意していることを再確認できたのではないでしょうか。とはいえ、消費税の増税を理由にムダ遣いをすることがないよう、2019年はより一層気を引き締めて、お金の使い方を考えていく必要がありそうです。

(取材/元山夏香)

【※お得なクレジットカードの最新記事はこちら!】
⇒【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【※消費税の「軽減税率」に関する記事はこちら!】
⇒消費税の「軽減税率」のルールをわかりやすく解説!10%に増税後も8%の「軽減税率」が適用される範囲、ケンタッキーなど大手外食チェーンの対応方針も紹介

FP・風呂内亜矢さんの新刊が発売中!(2018年6月15日発売)
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』

お金の管理に苦手意識があり、貯金できない人も多い今の時代。その一方で、マネー情報はあちこちに氾濫し、何から手をつければいいか、混乱している人も多いはず。そこで本書では「お金を貯めたい」と思った人がまず何をすべきか、ほったらかしでも貯まる仕組みはどうやったら作れるか、というマネー術を具体的に紹介。お金の初心者はもちろん、ちょっとステップアップしたい人にも適した内容で、「お金の参考書」として役立つはずだ。(主婦の友社)

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2023年1月16日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.01% 0.01% 0.01%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に!「ゴールドステージ」になるには、イオン銀行スコアが100点必要なので、「イオンカードセレクト」の保有(+10点)、インターネットバンキングの登録(+30点)、最低1000円からの投信自動積立の口座振替(+30点)、最低500円からの外貨普通預金積立の口座振替(+30点)といった条件をクリアするのがおすすめ。さらに、「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆SBI新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.30%
(※1)
0.01% 0.03%
【SBI新生銀行のおすすめポイント】
新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」なら、3カ月もの定期預金の金利が1.00%、1年もの定期預金の金利が0.30%に大幅アップ! 短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用。「ステップアッププログラム」で「シルバー」以上になれば、提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日いつでも何回でも無料!
※1 新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利。
【関連記事】
【SBI新生銀行の金利・手数料・メリットは?】振込入金などでTポイントやdポイントが貯まる!新生ゴールド以上は出金手数料や振込手数料がお得に
新生銀行の口座開設はこちら!
【1年もの定期預金も「年利0.3%」のお得な金利に!】
新生銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(※1)
0.002% 0.002% 0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込や年金受取の口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(インターネット限定、50万円以上)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
※1
0.15%
(※2)
0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
※1「楽天証券」保有者の「マネーブリッジ」適用時。300万円を超えた分の普通預金は金利0.04%の適用。※2 2023年1月31日までの「円定期預金 冬のボーナスキャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.17%
(※1)
0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
※1 2023年2月28日までの「円定期特別金利」適用時の金利。 
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2023年1月16日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報