節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「楽天カード」は新社会人や新大学生にもおすすめの
クレジットカード! 高校生やシニアに便利なデビット
カードなど、楽天グループの決済手段をまとめて紹介

2019年4月16日公開(2019年4月17日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

環境が変わるタイミングは決済手段を見直す好機だが、
変更が面倒なら「楽天」グループのサービスも有力候補に

 4月になり、2019年度が始まりました。就職や転職、進学、引っ越しなどで、環境が大きく変わった人も多いと思いますが、環境が変わるタイミングは、利用するクレジットカードや電子マネーなどの「決済手段」を見直す絶好の機会です。なぜなら、環境の変化に伴って、これまでと行動範囲が変わると、新たに便利な決済手段が使えるようになったり、それまでよりも得をする決済手段が加わったりして、最適な決済手段が変わることが多いからです

 とはいえ、たとえば鉄道会社のグループが発行するクレジットカードなどのように、限定されたエリアだけで使い勝手がいい決済手段だと、再び環境が変わったとき、また切り替えが必要になります。何度も切り替えるのが面倒なら、最初から使える場所をあまり選ばず、お得度も高い決済手段を選択しておくのがベターです。
【※クレジットカードの専門家2人が選んだ最強カードはこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

 使える場所が多く、お得度も高い決済手段はいろいろありますが、クレジットカードであれば、やはり「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」がその代表格でしょう。

 ネットショッピングでポイントが貯まりやすいのはもちろんのこと、つい先日もファミリーマートが2019年11月から「楽天スーパーポイント」を導入すると発表したように、街中でも全国のさまざまなショップでポイント還元率がアップするので、選んで間違いのないクレジットカードの一つと言えます。高校生を除く18歳以上から申し込みが可能。大学生や新社会人の方が持つファーストカードとしてもうってつけです。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
楽天カード公式サイトはこちら
楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら

 なお、楽天グループは「楽天カード」以外にも、デビットカードやプリペイドカード、コード決済と、多彩な決済手段を取り揃えており、これらを「楽天カード」や「楽天銀行」などと併用することで、よりポイントを貯めやすくなります。

◆口座開設と同時に「楽天銀行デビットカード」に申し込める!
楽天銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで無料
(以降200円)
月0~7回まで無料
(以降250円)
月0~7回まで無料
(以降200円)
 同行あて:無料
 他行あて:月0~3回まで無料
※1 、以降は152~238円(自分名義のゆうちょ銀行あては一律95円
【楽天銀行のメリット】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ! さらに「ハッピープログラム」に無料エントリーすると、ステージに応じてATM出金手数料が最大で月7回まで無料に! 楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設も簡単にできる。
※「ハッピープログラム」のステージにより決定。
【関連記事】
◆【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
楽天銀行の口座開設はこちら(公式サイト)楽天証券+楽天銀行の同時口座開設はこちら(公式サイト)

 ただ、楽天グループの決済手段は、近年多様化が進んでいるため、こうした情報に敏感な人以外にとっては、少々わかりづらい状況になっていると言えます。そこで、今回は改めて、楽天グループの決済手段とお得な使い方を整理するので、新たな決済手段を検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

生活のあらゆる場面で「楽天」のサービスを選択していくことで
「楽天スーパーポイント」が効率的に貯まっていく!

 「楽天カード」を発行している楽天グループは、インターネット総合ショッピングモールに加えて、クレジットカードや銀行、証券、保険といった金融事業でも成長しています。また、通信サービスや旅行サービスなど、数え上げるのが大変なほど多角的に業を展開しています。

 楽天グループのさまざまなサービスを利用すると、共通ポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まります。そのため、クレジットカードは「楽天カード」、銀行は「楽天銀行」、証券会社は「楽天証券」で揃え、買い物も「楽天市場」を利用するという人も多いはずです。

◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
売買手数料(1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株
10万円 20万円 50万円
90円 105円 250円 2672本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
1約定5万円までなら、売買手数料が50円と激安!「超割コース」は手数料の1〜2%をポイント還元! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事が無料で読める。さらに、投資信託数が2500本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
楽天証券の公式サイトはこちら

 楽天グループの共通IDでさまざまなサービスを利用して、ポイントを貯めたり使ったりできる――このようなシステムを「楽天経済圏」と呼ぶことがあります。楽天のサービスを利用すればするほど、ポイントが貯まってお得になる仕組みなので、気づけば「楽天経済圏」にどっぷり浸かっている人も多いと思います。

 私自身、たまに「楽天経済圏にどっぷり浸かってるけど大丈夫かな?」と不安になることもありますが(笑)、実際に「楽天経済圏」を上手に活用すれば、ポイントが効率よく貯まって得をするのは間違いないので、「長い物には巻かれよ」の精神で特に問題ないでしょう。

 そんな楽天グループのサービスの中でも、もっとも効率的に「楽天スーパーポイント」を稼ぐには、決済手段として「楽天カード」や「楽天Edy」などを利用するのが一番です。2019年4月時点の主な決済手段は以下のとおりです。

■楽天グループの主な決済手段の種類
名称 特徴
◆クレジットカード
楽天カード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード ほか
ポイント還元率は原則1%。街中のポイント加盟店で3%。楽天市場でポイントが3~5%。上位カードは空港ラウンジの利用など特典あり。
◆電子マネー
・楽天Edy プリペイド式。ポイント還元率は0.5%(楽天ポイントカード加盟店は1%、楽天Edy&楽天ポイントカード加盟店は1.5%)。貯まった「楽天スーパーポイント」をチャージすることも可能。
◆国際ブランド付きデビットカード
・楽天銀行デビットカード(JCB)
・楽天銀行デビットカード(Visa)
対象年齢は16歳以上。「JCB」と「Visa」のそれぞれの国際ブランド加盟店で利用でき(※一部例外あり)、利用金額は楽天口座から即時引き落とし。ポイント還元率は1%。
◆国際ブランド付きプリペイドカード
・楽天銀行プリペイドカード(JCB) 対象年齢は16歳以上。JCB加盟店で利用できる(※一部例外あり)。ポイント還元率はチャージ金額により異なり、最大1%。「楽天スーパーポイント」をチャージすることも可能。
◆バーチャルプリペイドカード
・楽天バーチャルプリペイドカード 楽天カード会員が購入できる「インターネットでの支払い」専用のプリペイドカード。購入時の金額までしか使えない「使い切り」型で、何枚でも購入して利用できる。
◆コード決済
・楽天ペイ 決済金額は、会員情報を登録する際に指定したクレジットカードから引き落とされる。クレジットカードのポイントに加えて、0.5%の還元率で「楽天スーパーポイント」が貯まる。「楽天スーパーポイント」で決済も可能

固定費の決済にはクレジットカードの「楽天カード」を
「楽天ペイ」アプリもスマホに入れておこう!

 このように、楽天グループの決済手段は多岐にわたっていますが、どれを利用しても「楽天スーパーポイント」が貯まるので、いくつかの手段を併用し、場面ごとに使い分けるといいでしょう。

 クレジットカードに抵抗がない人は、街中の買い物でもネットショッピングでも、基本的にクレジットカードの「楽天カード」を利用すればOK。ただし、ローソンやファミリーマートなど、コード決済の「楽天ペイ」が利用できる場所では、ポイント還元率が1.5%にアップする「楽天ペイ」を選択するのがおすすめです。

 クレジットカードだとどうしても「使いすぎ」が心配になる人は、電気・水道・ガスなどの水道光熱費、固定・携帯電話やネット回線などの通信費といった、毎月の支払い金額がほぼ一定の固定費だけを「楽天カード」で支払うといいでしょう。

 そのうえで、毎日の買い物では、即時払いの「楽天デビットカード」か、予算をあらかじめチャージできる「楽天銀行プリペイドカード」を利用すれば、現金と違ってポイントも貯まるのでお得。どちらもVisaやJCBといった国際ブランドが付いているので、日本国内はもちろん、海外でも「楽天カード」と同じように利用できるので便利です(国際ブランド加盟店でも一部、利用できない店舗やサービスがあります)。

 還元率を考えると、常時1%の「楽天銀行デビットカード」がベターですが、きっちり日常の生活費の予算を決めて、その範囲内でやりくりしたい人は、事前にチャージして使うプリペイドカードのほうがおすすめです。もっとも、場所によっては、同じくプリペイド式の電子マネー「楽天Edy」のほうが還元率は高くなるため、よく行く場所で使える決済手段を確認してみましょう。

 「楽天銀行プリペイドカード」は、チャージする金額によって還元率が変わり、最大で1%となっています。ただ、1%の還元率とするためには、一度に5万円をチャージする必要があるため、ややハードルが高いかもしれません。

学生やシニアにはデビットカードやプリペイドカードも◎
個人情報を守るためにはバーチャルプリカが使える!

 なお、「楽天デビットカード」と「楽天プリペイドカード」は16歳以上であれば無審査で持つことができます。そのため、「楽天カード」が作れない18歳未満の人や高校生、クレジットカードの審査に通りにくい人(定年退職した方など)にもおすすめです。また、留学している人や予定がある人、あるいは頻繁に海外旅行をしている人は、楽天銀行の預金を海外ATMから現地通貨で引き出せるうえに、海外ATMでキャッシングもできる「楽天デビットカード」を持っておくと便利でしょう。

 最後に、ネットショッピングが好きな人で、「海外のショッピングサイトで買い物がしたいけど、何となくカード番号を入力するのが怖い」という人には、「楽天バーチャルプリペイドカード」が最適です。

 バーチャルプリペイドカードとは、ネットショッピングに利用できる使い切りのプリペイドカードのこと。購入時にチャージされた金額を使い終わると、そのカードの番号は無効になるため、データ漏洩で損害を被ったとしてもチャージ金額が上限となり、リスクを最小限にできます。「楽天カード」保有者なら購入手数料無料で即時発行してもらえるので、覚えておくといいでしょう。

 ここまで、楽天グループのさまざまな決済サービスの説明と、それらにどんな活用方法があるのかを解説してきました。もし、「楽天カード」では固定費だけを支払い、日々の流動的な出費を「楽天プリペイドカード」などで決済するとすれば、お財布に入れて持ち歩くのは「楽天プリペイドカード」1枚だけで済みます。

 私自身、普段はほとんど現金を使わないので、国際ブランド付きプリペイドカードと最低限のポイントカードだけを極小の財布に入れています(そのほか、iPhoneでApple Payを使用)。以前は長財布を愛用していたのですが、ここ数年はキャッシュレス生活なので、極小財布に切り替え、手荷物が軽くなりました。もちろん、財布が小さくなっても何の不便もありません。

 みなさんも、環境の変化を好機と捉えて、ぜひ決済手段の見直し(それに財布内の整理整頓)をしてみてくださいね。
【※クレジットカードの専門家2人が選んだ最強カードはこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

(取材/元山夏香)

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
楽天カード公式サイトはこちら
FP・風呂内亜矢さんの新刊が発売中!(2018年6月15日発売)
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』

お金の管理に苦手意識があり、貯金できない人も多い今の時代。その一方で、マネー情報はあちこちに氾濫し、何から手をつければいいか、混乱している人も多いはず。そこで本書では「お金を貯めたい」と思った人がまず何をすべきか、ほったらかしでも貯まる仕組みはどうやったら作れるか、というマネー術を具体的に紹介。お金の初心者はもちろん、ちょっとステップアップしたい人にも適した内容で、「お金の参考書」として役立つはずだ。(主婦の友社)

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年4月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.05%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.15%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは? 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%
(「100万円上限定期預金
<ミリオくん>」の場合)
0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.025% 0.025% 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年4月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! 「三井住友カード」の最大10,000円プレゼントキャンペーン! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

反撃の最強株95
日本株最新予想! 
人気の株主優待株

6月号4月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

 

底値で買うチャンス!反撃の最強株95銘柄】

日本株最新予想! プロ5人が日経平均を予想
・「秋までに2万4000円も」
底値買い儲けた個人投資家の(秘)テク! 
・メリハリの効いたリスク管理が重要!
・勝率よりも、伸び率で勝負!
反撃の95銘柄! 
・データで裏付け!
攻守に強い最強株
好業績株を楽々チャートで発掘 
上方修正常連
控えめ予想株
・国内で稼ぐ不景気でも強い株
・東証1部残留に賭ける崖っぷち株
10万円以下で買える連続増配株

人気の株主優待株100
・  買っていい × 買ってはダメ を辛口診断
優待株で儲ける方法&銘柄ベスト
値上がり益に的を絞る3週間勝負! 

読者の投信や運用をズバリ! 
投信のお悩み相談室

儲けている兼業トレーダーに聞く!
・毎月1万円FXで稼ぐ方法

【別冊付録・1】
実施全1495銘柄を完全収録!
 株主優待完全カタログ

オトクで楽しい優待ライフを始めよう!
初心者も安心の3ステップをチェック! 
3大ランキングでオトクな優待株を発掘!

【別冊付録・2】
・はたらくおかねの教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報