世界投資へのパスポート

脳梗塞を防ぐ画期的な手術TCARを実用化した「シルク
ロード・メディカル」に注目! 潜在的なニーズが
大きいうえ、米中貿易摩擦の影響を受けないのも魅力

2019年5月27日公開(2019年5月28日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

米国では脳梗塞予備軍が年間42.7万人増加し、
そのうち25.9万人は治療をせずに放置

 脳梗塞(のうこうそく)は、頚動脈(首の辺りの動脈)にプラーク(斑=はん)、つまりカスが溜まることによって引き起こされやすい病気です。脳梗塞で倒れると、言葉が上手く喋れなくなる、手足の自由が利かなくなるなど、深刻な状態になる場合があります。

 頸動脈にカスがたまっている状態、すなわち頚動脈狭窄(けいどうみゃくきょうさく)の患者数は全米で430万人いますが、彼らは脳梗塞予備軍と言えます。毎年、新たに42.7万人が頸動脈狭窄と診断されており、このうち16.8万人が治療を受けますが、残りの25.9万人は、とりあえず何もせず様子を見ています。

シルクロード・メディカルは、
脳梗塞予備軍を治療する画期的なデバイスを開発!

 脳梗塞が起きてしまうと体が不自由になるなどいろいろ重大な問題が起こるのに、なぜ頚動脈狭窄になりながら何もせず様子を見る患者が多いのか。それは、これまでの頸動脈狭窄を治療する手術が、大掛かりでリスキーだったからです

 頚動脈狭窄に対して、今までは65年も前に開発された「頚動脈内膜剥離術(CEA:Carotid endarterectomy)」という大掛かりな手術がなされてきました。この手術は、首を「ガバッ!」と切開し、いろいろな神経を避けながら動脈をキレイに掃除するという難手術であり、ひとつ間違えば大変なことになってしまいます。

 しかし、シルクロード・メディカル(ティッカーシンボル:SILK)は、頚動脈狭窄の患者に対して「経カテーテル頚動脈血行再建術(TCAR)」という手術を可能にする医療機器のセットを開発しました。これは、頸動脈をキレイに掃除することだけを目的に作られた専用デバイスで、すでに米国食品医薬品局(FDA)からも承認を獲得しています。

 TCARの手法を説明すると、まず鎖骨のあたりをちょっとメスで切り、そこから動脈にカテーテルを挿入。カテーテルからスッと血を抜いて、その血をろ過フィルターに通し、血に混ざっているカスをキレイに取り除きます。そして、最後にその血を太ももの辺りからもう一度人体にもどしてやるわけです。ある意味、「コロンブスの卵」的に簡単な発想の転換だと思います。

 シルクロード・メディカルの専用デバイス群は、「エンルート・ステント」、「エンルート・フローコントローラー」、「エンルート・フィルター」などから構成されており、手術を行うには一式を揃える必要があります。

 シルクロード・メディカルのデバイスを使ったTCARだと、従来の手術のように全身麻酔をする必要がなく、部分麻酔でオッケーです。また、手術時間が大幅に短縮できるうえに、手術後数時間で退院し、自分でクルマを運転して帰宅することができます。従来の手術では、回復まで一週間くらい病院に入院しなければいけなかったのとは大違いです。

シルクロード・メディカルの
マーケティング戦略とこれまでの業績

 これまでのTCARの治療実績は7千件で、マーケットシェアは3%です。

 シルクロード・メディカルは、まず前述の頸動脈狭窄の患者のうち、治療を受けると決断した16.8万人をターゲット市場と捉えており、その市場規模は6.65億ドルです。現在のシルクロード・メディカルの売上高は3500万ドルにすぎないので、当面、このターゲット市場に働きかけていくだけでも大きな売上増が見込めます

 すでに、医療保険の払い戻しのコードも確立しており、払い戻しの面での問題はありません。

 古いやり方である頚動脈内膜薄利術ができる外科医の数は2750人で、全米の750の病院で行われています。これは比較的少ない数なので、少人数のセールスマンにより啓蒙活動をしてゆくことが可能です。

 シルクロード・メディカルは、元ボストン・サイエンティフィックのメンバーが興した会社で、経営陣は経験豊かです。

 2018年の売上高は前年比+142%で成長し、手術数は+153%で成長しました。

IPO後の株価は順調に右肩上がりで推移!
決算発表も問題なくクリア

 シルクロード・メディカルはIPOしたばかりです。4月3日に20ドルで値決めされ、上場初日の4月4日にいきなり+80%の36ドルで引けました。その後も株価はじわじわと右肩上がりで推移しており、先週の金曜日、5月24日の引け値は45.06ドルでした。

 5月10日には、IPO後初の決算発表も無難にこなしています

 第1四半期決算はEPSが予想-32セントに対し-20.12ドル、売上高は予想1225万ドルに対し1280万ドル、売上高成長率は前年同期比+124.6%でした。EPSが予想を大幅に下回った理由は、転換優先株のフェアバリューの値洗いにまつわり、1571万ドルのノンキャッシュチャージを計上したためです。これは本業とは何の関係もない“みなし損”ですので、無視しても良いでしょう。

 2019年度の売上高は、予想5983万ドルに対し新ガイダンス5900万~6100万ドルが提示されました。また、シルクロード・メディカルのデバイスを使った手術数を8000回、デバイスを採用する外科医の数を500人と見込んでいます。

【今週のまとめ】
シルクロード・メディカルはライバル企業がおらず、
米中貿易戦争の影響からも無縁

 脳梗塞の予備軍である頚動脈狭窄の患者数は、全米で430万人おり、これは大きなターゲット市場です。

 シルクロード・メディカルが開発したTCARを可能とするデバイスは大変使いやすく、手術のリスクを大きく軽減し、外科医や保険会社からの評判も上々です。ライバル企業は居ませんし、アプローチしなければいけない外科医の数は限られているため効率よく営業することが出来ます。

 医療機器メーカーの株は少し地味かも知れませんが、今、株式市場の懸念材料となっている米中貿易戦争とはまったく無縁のストーリーであり、かえって投資家の資金はこのような銘柄に向かうのではないかと思われます

■シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・2カ月
シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・2カ月シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・2カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
投資額5万円⇒資産1億円を達成した投資家が実践する「高配当株の売買術」を紹介! 49年もの時間をかけて“億り人”になった投資家の「3つの勝ちワザ」を紹介!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【2019年6月1日更新!】


「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上
個別株:4400銘柄以上
ETF:1400銘柄以上
ADR:約30銘柄
約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。中国株も約2000銘柄と多い。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報