クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2017年2月27日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

海外旅行の諸費用が格安になる節約術を伝授!
ホテルの宿泊費やWi-Fiルータのレンタル代などは、
クレジットカードの特典を使えば安く抑えられる!

海外旅行で便利なクレジットカードの特典・宿泊編

 前回の記事では、グアムに旅行する際の交通関連の準備について解説したが、今回は、宿泊関連の準備について解説しよう。具体的には、宿泊施設や現地の滞在で必要なサービス、レストランなどの予約についてだ。
(※関連記事はこちら!⇒海外旅行の“質”を格段にアップする裏ワザを解説!優先チェックインや航空会社の豪華ラウンジなど、クレジットカードの特典でVIP待遇を味わおう!

宿泊施設は、楽天やJCBのトラベルラウンジが近い
アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートに決定!

 宿泊施設は、立地の良さから「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」に決定した。「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」は、「楽天トラベルラウンジ」や「JCBプラザラウンジ」、「楽天ブラックカード(プレミアムカード含む)」のトラベルデスクなど、すべてにアクセスしやすく、空港からも近いというのが決め手となった。

 特に、「楽天トラベルラウンジ」では、子供が海で遊ぶためのグッズやベビーカーなどのレンタルができるため、水着だけ持っていけば、海で遊ぶことができる。

 さらに、「楽天トラベル」でホテル予約した場合は、空港からホテルまでの送迎を利用できる。筆者の子供は幼いため、ホテルに直接行けるように手配を行なった。また、「楽天トラベル」は、2016年9月から「海外ホテルの予約でポイント5倍」の特典を開始している。今回は、この特典も試したかったため「楽天トラベル」でホテル予約を行うことにした。
(※関連記事はこちら!⇒「最低価格保証」のホテル予約サイトに騙されるな!楽天トラベルvsじゃらんvsエクスペディアの中で一番お得に海外ホテルを予約できる旅行サイトを検証

 さらに、「楽天トラベル」は、「楽天ブラックカード」で決済した場合、通常獲得ポイントに加えて、1%分の楽天スーパーポイントを獲得できる。この「楽天トラベル」でのポイント2倍については、「楽天ブラックカード」だけでなく、「楽天プレミアムカード」で「トラベルコース」を選んでいる場合でも同じとなる。

 したがって、「楽天トラベル」で「楽天ブラックカード」または「楽天プレミアムカード(トラベルコース)」で海外ホテルの予約を行うと、合計7%分の楽天スーパーポイントを獲得できる
(※関連記事はこちら!⇒楽天カードの最上位「楽天ブラックカード」入手!あまり知られていない「楽天ブラックカード」のお得すぎる驚異的なサービス内容を一挙公開!

■「楽天トラベル」で海外のホテルを予約し、「楽天ブラックカード」または「楽天プレミアムカード(トラベルコース)」で決済した際の還元率
・1%(通常還元率)
・5%(海外ホテル予約)
・1%(楽天トラベル利用)
⇒合計7%

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

「ダイナースクラブカード」を保有すれば、
「JAL ABC」のWi-Fiルータを約20%オフでレンタル可能

 筆者としては、海外でもインターネットは必須のため、Wi-Fiルータをレンタルすることにした。本来、携帯電話のキャリアがそれぞれ提供しているサービスを使うのが一番簡単だが、どこのキャリアも1日定額で最大2980円かかる。今回は、4日間の旅行に行くため、4日間フルで使うと約1万2000円もかかってしまう。1日あたり約24.4MBまでしか使わない場合は、1日1980円となるが、それでも合計で約8000円(=1日1980円×4日間)かかるため、Wi-Fiルータをレンタルしたほうが安いだろう。

 現地でWi-Fiルータを調達することも考えたが、やはり子供を連れて行くなら、できるだけ日本国内で準備したほうがいい。ネットで検索すると、さまざまなWi-Fiルータのレンタルサービスがあるが、今回は「JAL ABC」でWi-Fiルータをレンタルすることにした。

 「JAL ABC」の割引特典があったのが「ダイナースクラブカード」だ。「ダイナースクラブカード」のWebサイトから「JAL ABC」のWebサイトにアクセスすると、「ダイナースクラブカード」の割引が適用された金額が表示される。通信料金は1日840円、別途追加した安心補償料は1日210円なので、合計4200円(=1日1050円×4日間)だ。

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税込) 2万4200円「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6600円)
家族カード(税込) あり(年会費5500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブカード」でもっとも得なのは、コスパ抜群の「銀座ダイナースクラブカード」! 高還元+サービス充実で、年会費2万円超の価値あり

「ダイナースクラブカード」は、「JAL ABC」の割引特典を使える「ダイナースクラブカード」は、「JAL ABC」の割引特典を使える。

 直接、「JAL ABC」のWebサイトから同じプランを申し込むと、通信料金は1日1125円で、安心補償料は1日210円なので、合計5340円(=1日1335円×4日間)だ。つまり、「ダイナースクラブカード」の特典を利用することで、20%程度の割引となるわけだ。

 筆者が確認したWi-Fiルータレンタルの中では、「楽天トラベル」のものが安かった。保険なしプランを4日間利用する場合は、合計30米ドル(約3500円)と安いが、17時までに「楽天トラベルラウンジ」で手続きして、Wi-Fiルータを受け取る必要がある。今回、グアムに着くのが15時で、入国手続きなどで時間がかかることを考慮すると、1日目に「楽天トラベルラウンジ」で手続きをするのが難しいため、国内でWi-Fiルータを借りることにした。もう少し早い便であれば、現地調達も可能だろう。

真冬に常夏の国へ行くなら、
コート無料預かりサービスを利用するのがおすすめ!

 真冬に常夏の国に行く場合、邪魔になるのがコートだ。プラチナカードには、そのような邪魔なコートを無料で預かってもらえるサービスが付帯する場合がある。

 筆者が保有しているクレジットカードの中で、コートの無料預かりサービスを提供しているのは、「ダイナースクラブ プレミアムカード」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「TRUST CLUB プラチナ Visaカード」の3枚だ。

 どのクレジットカードも、会員1人につき1着無料で預かってもらえるため、家族カードと合わせると、筆者と妻の分のコートは、それぞれ無料で預けることができる。

 こちらも、「JAL ABC」のカウンターで預けるため、スーツケース受取、Wi-Fiルータ受取、コート預かりサービスのそれぞれを同じカウンターで利用できるのは便利だ。
(※関連記事はこちら!⇒空港の「コート無料預かりサービス」の使い方は?冬に南国に行くときには、コートを無料で預けられる「MUFGカード・プラチナ・アメックス」が便利!

ダイナースクラブ プレミアムカード
還元率 0.4%~(非公表。データは編集部調べ)
「ダイナースクラブ プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税込) 14万3000円
家族カード(税込) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
「ダイナースクラブ プレミアムカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブ プレミアムカード」の保有で、宿泊料金3%オフなどの豪華特典が無条件で使える!「一休.com」の最上級会員になれる裏ワザを解説!

(※関連記事はこちら!⇒「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は年会費2万2000円と高額だが家族カードが1枚無料!付帯サービスも豊富でプラチナカード初心者に最適!

海外旅行に行く際には、
お得なクーポンも準備しよう

 グアムで使えるクーポンを調べると、3つほど確認できた。1つ目は、「楽天トラベル」で予約するともらえる「スマートパス」だ。このスマートパスは、「楽天グアムラウンジ」に行くと発行でき、オプショナルツアーやレストランなどで提示すると、割引などのサービスを受けられる。

 また、「JCB優待ガイド(グアム・サイパン)」という冊子も準備した。「JCB優待ガイド」に掲載されている店舗では、この冊子を提示した上で、「JCBカード」で決済すると優待サービスを受けられる。こちらは、JCBに問い合わせると1週間ほどで送付された。さらに、クーポンが使える上に、無料のWi-FiスポットMAPなども確認できる「JCBお得クーポン グアム」のアプリもインストールしておいた。

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1375円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降440円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

JCBから送付された「JCB優待ガイド(グアム・サイパン)」JCBから送付された「JCB優待ガイド(グアム・サイパン)」。

 優待ガイドには、三菱UFJニコスの「ふらっと・ぷらっと」もある。三菱UFJニコスのWebサイト「NEWS+PLUS」にログインし、資料請求すると郵送してもらうことが可能だ。ただし、VisaまたはMastercard限定の特典となるため、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」などでは、資料請求画面に「ふらっと・ぷらっと」が表示されないので注意が必要だ。

 なお、「ふらっと・ぷらっと」は、資料請求をしてから家に到着するまで10日ほどかかったため、早めに資料請求したほうがいいだろう。

三菱UFJニコスから送付された「ふらっと・ぷらっと」三菱UFJニコスから送付された「ふらっと・ぷらっと」。

 これで、グアム旅行に出発する前の交通関連・宿泊関連の準備はそれぞれ完了した。前回と今回の記事で、クレジットカードに付帯する、いくつかの特典を解説したが、実際の予約方法や利用については、それぞれ別途レポートしたい。

 以上、今回は、グアムに旅行する際の宿泊関連の準備について解説した。

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税込) 2万4200円「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6600円)
家族カード(税抜) あり(年会費5500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブカード」でもっとも得なのは、コスパ抜群の「銀座ダイナースクラブカード」! 高還元+サービス充実で、年会費2万円超の価値あり

ダイナースクラブ プレミアムカード
還元率 0.4%~(非公表。データは編集部調べ)
「ダイナースクラブ プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税込) 14万3000円
家族カード(税込) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
「ダイナースクラブ プレミアムカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブ プレミアムカード」の保有で、宿泊料金3%オフなどの豪華特典が無条件で使える!「一休.com」の最上級会員になれる裏ワザを解説!

(※関連記事はこちら!⇒「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は年会費2万2000円と高額だが家族カードが1枚無料!付帯サービスも豊富でプラチナカード初心者に最適!

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1375円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降440円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!