「株」初心者向け!株式投資のはじめ方
2017年4月11日 ザイ・オンライン編集部

「板情報」の見方を株初心者にわかりやすく解説!
特別気配やストップ高・安マークに注意しながら、
板情報を参考に「指値」「逆指値」で注文を出そう!

ゼロから始める株入門【第11回】

桐谷さんお墨付きの証券会社は?

株を買う際、買おうと思っている銘柄の「注文の入り具合」を知るのに役立つのが「板情報(いたじょうほう)」です。「板情報」はネット証券の株の注文画面で見ることができますが、一体どのように使いこなせばよいのでしょうか?

そこで今回は「板情報」の見方を、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門』より抜粋してわかりやすく解説します!

【目次】ゼロから始める株入門


◆基本編◆
「株」とは?「株式投資」の基礎知識
「儲かる株」の探し方(1)
「儲かる株」の探し方(2)
「株で儲ける」3つの方法

 株式投資でやってはいけないいつの「禁じ手」

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
ネット証券の注文画面で「株を買う方法」
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

基本の指標「PER」をサクッと学ぶ
基本の指標「PBR」をサクッと学ぶ
「会社の業績」の読み方
「危ない銘柄」の見抜き方


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の基本的な読み方(1)
「株価チャート」の基本的な読み方(2)
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
「トレンドライン」の見方
「ダブルボトム」「ダブルトップ」とは?
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」とは?
「三角保ち合い」とは?
「出来高」の読み方


◆株の買い方・売り方編◆

 損を小さくする「株の買い方」「株の売り方


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「高配当株」の失敗しない選び方
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
 株式投資にかかる「税金」は?
 株で「損」したときの税金対策
 税金がかからない「NISA」「つみたてNISA」とは?

「板情報」って何? 見方をわかりやすく解説!

 ネット証券の株の注文画面では、「板情報」(「気配情報」ともいう)を見ることができます。これを見れば、どの価格にどれくらいの注文が入っているのかが一目でわかります

 図のAを見てください。

 真ん中に株価を挟んで、売数量と買数量が並んでいますね。このAからは、「今、1000円での売り注文が30株、1010円での売り注文が40株出ていて、一方、990円での買い注文が10株、980円での買い注文が20株出ている」ことがわかります。

 ここで、あなたが990円で1株の買い注文を出せば、板は図のBのように変わります。

 990円での買い注文が1株増えて11株になりました。この11株目の注文はあなたが出した注文なのです。

板は「指値」を決めるのにめちゃくちゃ役に立つ!

 この状況では、990円で売ってくれる人が現れない限り、あなたはこの株を買うことはできません。しかも、あなたより先に990円で出された買い注文が10株分もあるのです。

 株は、同じ価格なら先に注文を出した人から売買を成立させる、というルールがあります。注文が成立するか、取り消されると、その注文は板から消えていきますから、注文を出したのが11番目のあなたはドキドキしながら、前に並んだ10株分の注文が消えていく(成立するか、取り消される)様を見ていることになります。

 ほとんどのネット証券では注文画面に板が表示されます。板を見れば、いくらで注文すれば約定しそうなのか、いくらで注文したら何株待ちなのか……などの状況がわかるので、指値を決めるのに役立ちます。

買いたい人、売りたい人のどっちが多いのか
「板情報」を見れば一目瞭然!

 基本的には、板には「買い」と「売り」、それぞれ8つ程度の株価しか表示されません。その上下の価格帯にも注文は出ていますが、とりあえず8つ程度の価格と株数がわかれば、その株が目先、どう動くのかを予想することができます。

 「買いたい人が多ければ株価は上がり、売りたい人が多ければ株価は下がる」という値動きの基本があります。ですから、板を見て買い手が多いなら、目先では「この株は上がりそうだ」ということがわかります

 板は買い手と売り手の“今”の対戦状況を如実に表しています。買い手と売り手のどっちが優勢かを見てとれれば、値動きの次が読めるのです。

板には「成行」の注文は出てこない!

 板を見る上で注意したいことが2つあります。

 ひとつは、板から読み取れる値動きというのは、あくまで目先の動きだということです。取引時間外に表示されている板は、取引時間終了時点での情報になります。今日の取引が終わると、投資家たちはあらためて明日の作戦を立てるので、取引時間終了後の“止まっている板”から明日の値動きを読もうと思っても、なかなかうまくいきません

 もうひとつは、板には「成行(なりゆき)」注文の数は含まれないということです。値段を指定せず、とにかくすぐに買いたい(売りたい)という成行注文の場合、注文が板に表示される間もなく、売買が成立してしまうという感じです。したがって、板では買い手が多いと見えていても、大量の売りの成行注文が入って暴落してしまう……ということもありえます。取引時間内に売買をするなら、「歩み値(あゆみね)」という、約定した値段と株数が見られるサービスを併せて見るようにしましょう。

スカスカの板や「特」の文字に注意!
株初心者は「特」や「S」マークが出たら慎重に!

 板にはときどき、特別な表示が出ることがあります。たとえば、買い(売り)注文に対して売り(買い)注文が圧倒的に多いような場合は、「特別気配」となって、「特」マークが表示されます

 また、ストップ高(値幅制限いっぱいまで買われた)やストップ安(値幅制限いっぱいまで売られた)では、「S」マークが表示されます。こうしたマークが表示されたら、初心者のうちは慎重になった方がいいでしょう。

(※「値幅制限」とは、株価の異常な暴騰・暴落を防ぐために、株価が1日に変動できる上下の幅を制限するもの)

上昇し始めた株を狙える! 「損切り」にも威力を発揮!
条件付きの注文方法「逆指値」とは?

 指値注文では、たとえば「100円で買い(=100円以下に下がったら買いたい)」というように注文を出しますが、「株価が100円まで上昇したら、100円で買い」という注文方法もあります。この場合100円まで上昇すれば、「100円で買い」という注文が出されますが、「100円まで上昇しなかったら、注文は無効になる」という条件付きの注文で、「逆指値(ぎゃくさしね)」といいます。

 株というのは、いったん上昇を始めると、しばらくその傾向が続くことが多く、逆指値を使えば、上昇し始めた株を狙えます。

 また、「損切り(そんぎり)」にも逆指値が威力を発揮します。「損切り」とは、損をしている株を諦めて売ること。株価が下がるにつれて損はどんどん膨らみますので、ある程度まで下がったら諦めて売ってしまうのです。

 例えば、150円で買った株があって、今の株価は140円だとします。この株が100円まで下がったら諦めて売りたいとすると、「100円まで下がったら売り」という逆指値を出します。

 通常の指値では「100円で売り」と出しますが、これだと140円とか130円とか120円とかで、早々に売れてしまう可能性があります。指値で「100円で売り」というのは、正確には「100円以上で売り」ということだからです。逆指値の場合は、「100円まで下がる」まで、「100円で売り」という注文は出されません。条件を付けて、実際にそうなったら注文が出されるというわけです。

 今回説明した「指値」や「逆指値」を活用すれば、一日中株価を見ておく必要はなく、日中は仕事をしているサラリーマンでも株の注文を出すことが可能です。「指値」や「逆指値」を活用して、株式投資にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

【※おすすめのネット証券会社は?】
株初心者におすすめの「証券会社」を紹介! 人気ネット証券の売買手数料を比較&ネットで簡単にできる口座開設の手順も解説!
桐谷さんに聞いた!「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」
取引ツールで選ぶ!証券会社おすすめ比較!

【目次】ゼロから始める株入門


◆基本編◆
株」とは?「株式投資」の基礎知識
「儲かる株」の探し方(1)
「儲かる株」の探し方(2)
「株で儲ける」3つの方法

 株式投資でやってはいけないいつの「禁じ手」

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
ネット証券の注文画面で「株を買う方法」
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

基本の指標「PER」をサクッと学ぶ
基本の指標「PBR」をサクッと学ぶ
「会社の業績」の読み方
「危ない銘柄」の見抜き方


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の基本的な読み方(1)
「株価チャート」の基本的な読み方(2)
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
「トレンドライン」の見方
「ダブルボトム」「ダブルトップ」とは?
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」とは?
「三角保ち合い」とは?
「出来高」の読み方


◆株の買い方・売り方編◆

 損を小さくする「株の買い方」「株の売り方


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「高配当株」の失敗しない選び方
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
 株式投資にかかる「税金」は?
 株で「損」したときの税金対策
 税金がかからない「NISA」「つみたてNISA」とは?


『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』

 株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』がおすすめ! 全国の書店やアマゾン楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

◆『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)
 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)