クレジットカード活用術
2017年5月24日 菊地祟仁

クレジットカードの「ショッピング保険」を比較!
補償期間や自己負担の有無など補償内容を比べると、
ショッピング保険が最も手厚いのは「イオンカード」

 今回はクレジットカードの「ショッピング保険」について、です。

 筆者自身、クレジットカードには詳しいつもりなので、「クレジットカードのショッピング保険については、それなりに知っている」と思っていたんですが、いざ「ショッピング保険」を使う立場になると、意外と知らないことだらけで驚きました。

 筆者の体験をもとに、クレジットカードの「ショッピング保険」の使い方を解説していきたいと思います。

スマートフォンは「ショッピング保険」の対象外!?
購入後、すぐに落とした「iPhone 7」の補償の行方は……

 ソフトバンクオンラインショップで「iPhone 7」の(PRODUCT)REDを買ったのが1週間ほど前。そう、この買ったばかりの「iPhone 7」を落としてしまったのです。

 「Amazon.co.jp」で保護フィルムや保護ケースも購入していましたが、それらを受け取る前に落としてしまったため、無防備な状態での自由落下。

 当然、「iPhone 7」の画面は割れてしまいました。

買ったばかりの「iPhone 7」を落としてしまい、液晶画面にヒビ割れが……

 保護フィルムや保護ケースを付ける予定でしたので、オンラインショップで選択できるキャリアの保証プランは未加入です。

 ということで、クレジットカードのショッピング保険について、詳しく調べることになりました。

 クレジットカードで商品を購入すると保険が付く場合があります。「P-oneカード<Standard>」や「ルミネカード」「エポスカード」など、ショッピング保険が対象外のクレジットカードもありますので、付帯しているかどうかについてはご自身のクレジットカードを調べてみてください。

 補償を受けるにはクレジットカードで商品を購入しただけでなく、購入後90日以内の商品、故障や破損後から30日以内に連絡、自己負担の有無などの条件はありますが、高額な商品であればクレジットカードで買うとポイントだけでなく補償も受けられます。

 補償額は一般カードよりもゴールドカード、プラチナカードのほうが高く設定されている場合が多く、最大50万~500万円程度となります。

 このショッピング保険は、購入したすべてのものが対象になるかというとそうではありません

 調べてみると、以下のものは対象外となるようです。
・自転車、自動車、船舶、サーフボードなど
・食品
・動植物
・義歯、コンタクトレンズ
・切手や乗車券など
・設計書、図案など

 このほかにも対象外の商品が明記されているものがあります。使っていると傷が付きやすいものや毎日使うもの、生き物、価値を判断できないものが対象外となる場合が多いようです。

 この対象外項目に追加されているのが「スマートフォン」です

 「三井住友カード」の場合は「移動電話、ポケットベルなどの携帯式通信機器およびこれらの付属品」、「JCB」の場合は「自動車電話・携帯電話およびこれらの付属品」、「Yahoo! JAPANカード」の場合は「移動電話・ポケットベル等の携帯式通信機器、ノート型パソコン・ワープロ等の携帯式電子事務機器およびこれらの付属品」が対象外となっています。

 つまり、スマートフォンは毎日使い、筆者のように落とすなどで壊れやすいために補償の対象外となるのでしょう。

スマートフォンも補償されるクレジットカードは?
「ダイナース」「アメックス」は手厚い補償が受けられる!

 今回、筆者が購入時に利用したクレジットカードは「ダイナースクラブカード」です。
(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブカード」でもっとも得なのは、コスパ抜群の「銀座ダイナースクラブカード」! 高還元+サービス充実で、年会費2万円超の価値あり

ダイナースクラブカード
還元率  0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
おすすめクレジットカード!ダイナースクラブカード
 発行元  三井トラストクラブ
 国際ブランド  Diners
 年会費(税抜)  2万2000円
「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年会費5000円)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ICOCA
ダイナースクラブカードの公式サイトはこちら!

 この「ダイナースクラブカード」のショッピング保険の規約を確認したところ、特にスマートフォンや携帯電話に関する項目が見当たりません。

 保険会社に今回のケースが補償されるのかを確認すると、「ダイナースクラブカードではスマートフォンの画面割れも補償の対象ということがわかりました。

 商品購入から90日以内であることという条件を満たす必要がありますが、自己負担額が1万円で、それ以上の修理代金がかかった場合は、1万円を超える部分がショッピング保険で賄われることになります。

 実際に「Apple Store」で修理依頼をしたところ、見積もりが1万4800円(税抜)でした。画面交換をして、四隅にあるセンサーに異常がある場合は、本体交換となり、3万5800円(税抜)となります。ガラス面だけの交換の場合は自己負担額の1万円を引いた5984円(税込)、本体交換の場合は2万6664円(税込)がショッピング保険で支払われるということです。

 「ダイナースクラブカード」の場合は最大500万円までの補償ですから、高額な商品も対象となります。自動車や船舶などは対象外ですから、高額商品となると腕時計や宝飾品でしょうか。こちらも確認したところ、腕時計や指輪などは補償の対象となるようです。対象外となるのが、絵画や骨董品などの美術品です。

 「ダイナースクラブカード」といえば、ライバルは「アメリカン・エキスプレス・カード」でしょう。そこで「アメリカン・エキスプレス・カード」の規約も確認してみました。

 こちらも同じようにスマートフォンについては記述がありません。同じように問い合わせてみると、「アメリカン・エキスプレス・カードも今回のようなスマートフォンの破損は対象となるとのことです。自己負担額も「ダイナースクラブカード」と同じく1万円。

 「ダイナースクラブカード」も「アメリカン・エキスプレス・カード」も年会費がそれなりに高額で、自己負担額も高いのですが、スマートフォンやノートパソコンなどを買う場合は安心できるのではないでしょうか。
(※関連記事はこちら!⇒アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

一般カードで最強の補償内容は「イオンカード」!
補償期間は180日、自己負担なしでスマートフォンも補償対象!

 今回の「iPhone」などを購入するときにお得なクレジットカードとして、「イオンカード」があります。
(※関連記事はこちら!⇒イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!

 「イオンカード」のショッピング保険「ショッピングセーフティ保険」は、購入から180日と、ほかのクレジットカードよりも2倍近く補償期間が長いのが特徴です。さらに自己負担額も0円です

 ただ、スマートフォンが補償の対象かどうかが問題です。「イオンカード」の「ショッピングセーフティ保険」を検索してみましたが、ネットに掲載されている「イオンカード会員規約」には「ショッピングセーフティ保険」に関する記載がありません。筆者が保有している「イオンカードセレクト」の「イオンカード会員規約」にも特に「ショッピングセーフティ保険」については書かれていませんでした。

 「イオンカード」の「ショッピングセーフティ保険」の紹介ページには、一部補償対象外商品とあり、貴金属類・コンタクトレンズ・自転車等とありますがスマートフォンについては不明です。

 「イオンゴールドカード」の「ショッピングセーフティ保険」の場合、規約に明記されているため、そちらを確認するとスマートフォンは対象外となっていません

 一般カードとゴールドカードで「ショッピングセーフティ保険」の対象外の内容が違うのかを「イオン保険サービス」に電話で確認すると、一般カードとゴールドカードの違いは補償額だけで、それ以外は同じということを確認することができました。

 つまり、一般の「イオンカード」イオンカードセレクトで「iPhone 7」を購入した場合、保険の対象になるだけでなく、補償期間が180日間と長くなり、さらに自己負担は0円で済みます。従って、今回の「iPhone 7」を「イオンカード」で購入していてれば、自己負担額が0円で、修理代金がすべて「ショッピングセーフティ保険」で賄えたということです。

 「イオンカード」の「ショッピングセーフティ保険」が最強であるなら、高額商品は「イオンカード」で購入するのがいいということになりますが、「イオンカード」の「ショッピングセーフティ保険」は年間50万円(ゴールドカードは300万円)まで。さらに、貴金属は対象外ですので、結婚指輪などを買う場合は少し注意したほうがいいでしょう。

 結局、筆者の「iPhone 7」の修理代金は1万4800円(税抜)で済みました。後日、「ダイナースクラブカード」の「ショッピング保険」の請求をして、記事にできそうな内容でしたら紹介したいと思います。

 今回は、クレジットカードの「ショッピング保険」を詳しく調べることができたため、「iPhone 7」を落としてよかった、と思うことができました。ただ、できれば「海外・国内旅行傷害保険」だけは詳しく調べなくてもいいようにしたいと思います。


(※関連記事はこちら!⇒イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!

(※関連記事はこちら!⇒アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

ダイナースクラブカード
還元率  0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
おすすめクレジットカード!ダイナースクラブカード
 発行元  三井トラストクラブ
 国際ブランド  Diners
 年会費(税抜)  2万2000円
「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
 家族カード(税抜)  あり(年会費5000円)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ICOCA
ダイナースクラブカードの公式サイトはこちら!

(※関連記事はこちら!⇒「ダイナースクラブカード」でもっとも得なのは、コスパ抜群の「銀座ダイナースクラブカード」! 高還元+サービス充実で、年会費2万円超の価値あり