IPO株の銘柄分析&予想
2018年2月20日 ザイ・オンライン編集部

「RPAホールディングス」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の事務作業代行ソフトウェア販売・アフィリエイトサービス企業との比較や予想まで解説!

[2018年3月30日 情報更新]

会社名 RPAホールディングス
市場・コード/業種 東証マザーズ・6572/サービス業
上場日 3月27日
申込期間(BB期間) 3月8日~3月14日
おすすめ証券会社 SBI証券大和証券SMBC日興証券マネックス証券岩井コスモ証券岡三オンライン証券ライブスター証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 1万4280円(+300.00%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

RPAホールディングスのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 3月6日
ブックビルディング(抽選申込)期間 3月8日~3月14日
公開価格決定 3月15日
購入申込期間 3月19日~3月23日
払込日 3月26日
上場日 3月27日

RPAホールディングスのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2018年3月17日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SBI証券(主幹事証券)
[最短翌日に取引可能]
85.0
公式サイトはこちら!
大和証券
[最短翌日に取引可能]
6.0
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券
[最短3日で取引可能]
4.0
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短2日後に取引可能]
1.0
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日で取引可能]
0.5
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
ライブスター証券
[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
エース証券 1.5  
岡三証券 0.5%  
極東証券 0.5%  
藍澤證券 0.5%  
東洋証券 0.5%  

RPAホールディングスのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定売出価格(※1) 3200円
仮条件
[予想PER(※2)
3370~3570円
64.8倍~68.6倍]
公募価格 3570円
初値 1万4280円
初値騰落率 +300.00%
予想トレーディングレンジ(※3) 3000円~15000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2018年3月5日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 39.7倍
コムチュア<3844> 40.0倍(連)
エル・ティー・エス<6560> 55.8倍(連)
シーイーシー<9692> 23.3倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割高と判断できる。

RPAホールディングスの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 517万株(予定)
公開株式数 公募5万株  売出55万株
想定公開規模(※1) 19.2億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

RPAホールディングスはRPA関連のマザーズ上場案件

「RPAホールディングス」の公式サイトより

 事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等を展開する。RPAサービス「BizRobo!」については全国で約400社、1万ロボットが稼働しており、大手企業の導入実績もある。

 RPAや人工知能は「第4次産業革命」「働き方改革」に沿った投資テーマとして市場の関心を集めている。ソフトバンクが出資し、業務提携していることもあり、人気化する可能性が高い。公開規模がマザーズ上場案件としてはやや大きいが、テーマ性の高さを考えれば十分に吸収可能だろう。

 公開規模については20億円前後となる見込み。既存株主の売り圧力も想定されるが、3/27に同時上場する企業はなく、前述のとおり積極的な初値買いが向かいそうだ。

◆「RPAホールディングス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

RPAホールディングスの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/9 729
(―)
11
(―)
8
(―)
2015/9 657
(-9.9%)
▲ 22
(―)
▲ 29
(―)
2016/2 90
(―)
4
(―)
2
(―)
2017/2 419
(―)
83
(―)
30
(―)
2018/2予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2016/2 807
(―)
29
(―)
21
(―)
2017/2 2,644
(227.4%)
158
(439.8%)
155
(642.6%)
2018/2予 4,031
(52.4%)
403
(154.5%)
269
(72.5%)
2017/11 3Q 2,920
(―)
337
(―)
225
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:52.03円/-円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

RPAホールディングスの業績コメント

 2018年2月期の業績は、売上高が前期比52.4%増の40.3億円、経常利益が同154.5%増の4.0億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元では、同社グループのロボットアウトソーシング事業の属するRPA業界においては、新聞、雑誌、WEB媒体での掲載が増えるなど注目度は高く、市場環境は依然良好な状況が続いている。こうした環境のなかで、同社グループは既存顧客案件の継続・追加及び新規案件の獲得を推し進めた。

 また、RPA・人工知能関連の情報提供に特化した会員制メディア「RPA BANK」においてはオリジナルコンテンツの配信を通じて会員ユーザー数が順調に増加、RPAに関する定期セミナー、RPAツールを体感するワークショップの開催や「RPA SUMMIT 2017」を大阪で開催等、RPAに関する情報配信、啓蒙活動等に積極的な取り組みを行ってきた。

 ロボットアウトソーシング事業においては、各種マーケティング活動が奏功し、既存顧客による「BizRobo!」の追加導入、及び直接販売、パートナー販売による新規顧客への「BizRobo!」の新規導入により、同社の主力商品である「BizRobo!」の導入企業数が増加した。

 なお、通期計画に対する第3四半期末時点における進捗率は、売上高29.2億円で72.4%、経常利益3.3億円で83.6%となっている。

RPAホールディングスの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都港区赤坂一丁目12番32号
代表者名(生年月日) 代表取締役 高橋 知道(昭和45年6月9日生)
設立 平成12年4月3日
資本金 5億3055万円(平成30年2月20日現在)
従業員数 新規上場会社7人 連結会社74人(平成30年1月31日現在)
事業内容 事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等
■売上高構成比率(2017/2期 実績)
品目 金額 比率
ロボットアウトソーシング事業 622 百万円 23.5%
アドネットワーク事業 1,453 百万円 55.0%
セールスアウトソーシング事業 358 百万円 13.6%
コンサルティング事業 209 百万円 7.9%
合計 2,644 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 高橋 知道 247万株 47.87%
2 GMCM VCP 1 PTE.LTD. 70万株 13.57%
3 大角 暢之 53万株 10.27%
4 山根 大 31万株 6.01%
5 ソフトバンク株式会社 23万株 4.46
6 西木 隆 20万株 3.88%
7 石井 岳之 16万5000株 3.20%
8 FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 14万株 2.71%
9 西江 肇司 12万5000株 2.42%
10 松井 哲史 5万株 0.97%
10 羽入 敏祐 5万株 0.97%
合計   497万株 96.32%
■その他情報
手取金の使途 ロボットアウトソーシング事業の拡大に伴う人材確保のための人材採用費、人件費及びRPAソフトウェアの導入業務、運用・保守サポート業務を行うエンジニアリング業務に関する外注費として充当する予定
関係会社 RPAテクノロジーズ株式会社 (連結子会社) ロボットアウトソーシング事業
株式会社セグメント (連結子会社) アドネットワーク事業
リーグル株式会社 (連結子会社) セールスアウトソーシング事業
他、連結子会社2社
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2017年10月13日
割当先 ソフトバンク株式会社 他3社・2組合
発行価格 2,130円 ※株式分割を考慮済み
◆「RPAホールディングス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

RPAホールディングスの銘柄紹介

 同社グループは、純粋持株会社である同社と、事業を担う連結子会社5社で構成されている。同社は持株会社として同社グループ全体の戦略策定のほか、各関係会社に対し、業務受託契約に基づく経営管理業務を行っている。RPAテクノロジーズ株式会社とRPAエンジニアリング株式会社がロボットアウトソーシング事業、株式会社セグメントがアドネットワーク事業、リーグル株式会社がセールスアウトソーシング事業、オープンアソシエイツ株式会社がコンサルティング事業を展開している。

・ロボットアウトソーシング事業

 ロボットアウトソーシングとは、人間が行うデータの入力、データ連携などの処理行動を学習し、作業工程を記録することで定型作業を人間に代わって業務を代行・代替する取り組みである。この取り組みは、ルールエンジン、人工知能及び機械学習等を含む認知技術を活用し、人事、経理財務、調達及び営業事務などの業務領域で、これまで人間のみが対応可能とされていた業務を代行・代替する取り組みで、RPA(Robotic ProcessAutomation)と呼ばれている。

 RPAは人間の補完として業務を遂行できることから、新しい労働力を創出する仕組み、または仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。

 同社グループのロボットアウトソーシング事業では、RPAテクノロジーズ株式会社がRPAに関する企画・開発・提供を行い、RPAエンジニアリング株式会社がRPAの導入を支援するRPAエンジニアリング事業を行っている。

・アドネットワーク事業

 株式会社セグメントが営むアドネットワーク事業は、成果報酬型広告サービス「PRESCO(プレスコ)」とBtoBマーケティングサービスを展開している。

 成果報酬型広告は「アフィリエイト」とも呼ばれ、広告掲載を希望する企業(広告主)が、広告掲載メディア(パートナー)のウェブサイト上に広告を掲載し、閲覧者(ユーザー)が広告掲載メディアから商品やサービス等の申込みや購入・見積り・会員獲得・資料請求等を行い、広告主により正式な申込みや購入、見積依頼、資料請求であると承認された場合に成果報酬を受領する仕組みの広告形態である。

・セールスアウトソーシング事業

 リーグル株式会社が営むセールスアウトソーシング事業は、ソフトウェア開発企業などIT企業の営業活動におけるニーズ調査、アポイントの獲得のための電話を代行するセールスアウトソーシングサービスを提供している。

・コンサルティング事業

 オープンアソシエイツ株式会社が営むコンサルティング事業では、企業における研究開発分野における要素技術の用途仮説等の仮説検証活動、海外事業分野における市場調査、現地企業調査、オペレーション構築、マーケティング等の事業開発活動等を支援するコンサルティングサービスを提供している。

RPAホールディングスの投資のポイント

 RPA(Robotic Process Automation)や人工知能(AI)は「第4次産業革命」「働き方改革」に沿った投資テーマとして市場の関心を集めている。ソフトバンクが出資し、業務提携していることもあり、人気化する可能性が高い。

 公開規模がマザーズ上場案件としてはやや大きいが、テーマ性の高さを考えれば十分に吸収可能だろう。昨年のIPOで公開規模が15億円以上25億円未満だった9社の公開価格に対する初値上昇率は平均+90.4%と全体平均+112.4%を下回っている。しかし、ERPパッケージソフトウェア開発のオロ<3983>など3社は公開価格の2倍を超える初値を付けた。AI関連では9月にマザーズへ上場したPKSHA Technology<3993>が公開規模57.2億円の大型案件ながら+128.3%という好パフォーマンスだった。

 同社グループはロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業、セールスアウトソーシング事業、コンサルティング事業を展開する。前期実績で売上高の23.5%を占めるロボットアウトソーシング事業では、インターネット上の情報、社内データ、エクセルなどの保存データから、必要な情報を収集・加工・集計・報告などの多種多様な定型作業の代行を行うDigital Laborを作成するプラットフォーム「BizRobo!」を開発・提供するほか、スキャナ・複合機・FAX・スマートフォンカメラから読み取ったデータ等、非定型帳票に関する処理の代行を行う「ScanRobo」を開発・提供している。

 「BizRobo!」の案内サイトによれば、全国で約400社、1万ロボットが稼働し、大手企業の導入実績もある。同55.0%を占めるアドネットワーク事業では、成果報酬型広告サービス「PRESCO(プレスコ)」とBtoBマーケティングサービスを展開している。

 業績面について、2018年2月期は売上高が前期比52.4%増の40.3億円、経常利益が同154.5%増の4.0億円と増収増益の見込みとなっている。ロボットアウトソーシング事業が同140.4%増収と急伸し、アドネットワーク事業も同45.2%増収を見込む。

 想定仮条件水準の予想PERは58~65倍程度となる。割安感は乏しいが、既に始まった2019年2月期も業績の高い伸びが見込まれているものと推察される。また、株式市場でRPA関連として注目される企業のなかには、昨年12月に上場したエル・ティー・エス<6560>のように高バリュエーションの銘柄も散見される。

 公開規模については20億円前後となる見込み。ベンチャーキャピタルとみられる株主が2社16万株(上場時発行済株数の3.1%)確認されるほか、一部の売出人についても上場後の追加売却の可能性が意識されるだろう。ただ、3/27に同時上場する企業はなく、前述のとおり積極的な初値買いが向かいそうだ。

◆「RPAホールディングス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ