クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2018年4月6日 ポイ探ニュース

「楽天ブラックカード」の国際ブランドは、JCBと
Masterのどちらを選ぶべきか?「コンシェルジュ」や
「手荷物宅配サービス」などの付帯特典を比較検証!

楽天ブラックカード

 筆者が「楽天ブラックカード」を取得したときは、選択できる国際ブランドは「Mastercard」のみだった。しかし、2016年に、「楽天ブラックカード」の国際ブランドに「JCB」が追加されたので、筆者も、MastercardブランドからJCBブランドに変更することにした。
(※関連記事はこちら!⇒「楽天ブラックカード」がますますお得なカードに!国際ブランドにJCBを選べるようになった上に、便利なコンシェルジュサービスも利用可能になった!

 Mastercardブランドは加盟店が多いため、世界のどこに行っても使いやすい。しかし、あえてJCBブランドに変更する理由は、「コンシェルジュデスク」にある。

 「楽天ブラックカード」のMastercardブランドの場合、利用できるコンシェルジュデスクは「Mastercardコンシェルジュ」だが、JCBブランドの場合は、「JCBプラチナ・コンシェルジュデスク」となる。具体的な違いは、例えば、「Mastercardコンシェルジュ」ではJRチケットの手配ができないのに対して、「JCBプラチナ・コンシェルジュデスク」なら手配できるという点が挙げられる。

【※編集部 追記】
「Mastercardコンシェルジュ」でも新幹線チケットを手配できるようになりました。詳細は下記の記事をご覧ください。
Mastercardのプラチナカードで使える「コンシェルジュデスク」の利便性が大きくアップ! JCBなどと同様、新幹線のチケット手配などもできるように改善

 プラチナカードやブラックカードには、さまざまな特典が付帯する。例えば、海外旅行に行った際に、空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」や、手荷物を「空港⇔自宅」に無料で配送してくれる「手荷物宅配無料サービス」が付帯するが、おそらく、もっとも使う機会が多いのが「コンシェルジュデスク」ではないだろうか。したがって、コンシュルジュデスクの善し悪しが、プラチナカードやブラックカードの満足度を左右すると筆者は考える。

 もちろん、国際ブランドがMastercardであっても、「ラグジュアリーカード」のように、「Mastercardコンシェルジュデスク」を利用していないクレジットカードもある。「ラグジュアリーカード」の場合は、JRチケットなどの手配なども可能なので、プラチナカードやブラックカードを選ぶ際は、利用可能なコンシェルジュデスクを確認しておこう。
(※関連記事はこちら!⇒クレカのコンシェルジュをさらに便利に使う方法!「エポス」や「ダイナース」のプラチナカードなら、メールでもコンシェルジュデスクに問い合わせ可能!

【「ラグジュアリーカード」は、2020年の最優秀プラチナカード!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!【プラチナカード部門】

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!【プラチナカード部門】
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

 そのほかにも、「楽天ブラックカード(Mastercard)」と「楽天ブラックカード(JCB)」は、利用できる特典に違いがある。例えば、2名以上の利用で1名分のコース料理が無料となる「TASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和」は、Mastercardブランドにしか付帯しない
(※関連記事はこちら!⇒ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……

 「楽天ブラックカード(Mastercard)」と「楽天ブラックカード(JCB)」の主な違いをまとめると、下記の通りとなる。

■「楽天ブラックカード」のMastercardとJCBで、付帯特典を比較!
  楽天ブラックカード(Mastercard) 楽天ブラックカード(JCB) 
コンシェルジュデスク  Mastercardコンシェルジュデスク  プラチナ・コンシェルジュデスク
国際線手荷物
無料宅配サービス
2個まで JCBトラベルで5万円以上の旅行代金を支払った場合に1個まで 
レストラン特典  対象レストランで、2名以上のコース料理を申し込むと1名無料  対象レストランで予約・専用クーポンを提示すると、利用代金またはコース代金から30%OFF 
ホテル・旅館特典  ■海外ホテルの優待
■国内高級ホテル・高級旅館の予約 
■海外ホテルの部屋アップグレード・アーリーチェックイン
■高級ホテル・高級旅館の優待 
ラウンジ ■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ■JCB LOUNGE

 もし、「楽天ブラックカード」のMastercardブランドとJCBブランドのどちらに申し込むか迷っているのであれば、上記の特典とコンシェルジュデスクの違いを参考にしてみるといいだろう。

 以上、今回は、「楽天ブラックカード」の国際ブランド変更におけるメリットについて解説した。

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!【プラチナカード部門】
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!