クレジットカード活用術
2018年8月1日 菊地祟仁

クレジットカードで節約するなら、ポイントが自動で
キャッシュバックされる年会費無料カードを使おう!
貯めたポイントで無駄なく節約&増やす時代が到来!

 この連載ではクレジットカードの還元率に注目することが多いのですが、実は「クレジットカードのポイントは3~5割ほどは失効している」というデータがあります。もし、還元率が1.0%のクレジットカードを使っていたとしても、実際にはポイント交換を忘れたまま有効期限が過ぎていたりして、還元率が0.5~0.7%程度になってしまっていると考えられるのです。

 いくら還元率が高いクレジットカードを使っていても、有効にポイントを利用できなければ意味がありません。

 しかし、もしも「自動的に」キャッシュバックを受けられる高還元なクレジットカードを利用した場合、「理論的な還元率」ではなく「実際に得をする還元率」となるので、確実に得をすることになります。

 今回は、そんな「自動的に」キャッシュバックが受けられて、使っていれば絶対に得するクレジットカードを紹介していきます。

「P-oneカード<Standard>」は、何を買っても
自動的に請求額が1.0%OFFになるキャッシュバックカード!

P-oneカード<Standard>

 キャッシュバックカードの代表格とも言えるのが「P-oneカード<Standard>」です。年会費は無料で、国際ブランドは「Mastercard」「Visa」「JCB」から選択できます。

 「P-oneカード<Standard>」で決済すると、請求時に自動で1.0%OFFとなります。例えば、100円の買い物をして「P-oneカード<Standard>」で支払った場合は99円しか請求されません。どんな商品を買っても、何を食べても1.0%OFF、税金の支払いをしても請求額は1.0%OFFになります。

 「P-oneカード<Standard>」の注意点は、家族カードやETCカードを申し込む場合です。家族カードの年会費は無料ですが、家族カードの「管理費」として1枚につき200円(税抜)が必要となります。せっかく年会費が無料のクレジットカードなのに、家族カードが有料になってしまっては意味がありません。

 また、ETCカードは新規発行時に1000円(税抜)、有効期限の更新時に1000円(税抜)が必要になります。ETCカードは他のクレジットカードで申し込んだほうがいいでしょう。

三菱UFJ銀行利用者なら、還元率は0.4%でも
ATM利用手数料が無料になる「MUFGカード スマート」もお得!

 「MUFGカード スマート」は年会費が初年度無料、2年目以降は1000円(税抜)となります。ただし、年会費請求月時点で23歳以下の場合や、前年度の年間ショッピング利用金額が10万円以上だった場合などは2年目以降も年会費は無料となります。

MUFGカード スマート
還元率 0.4~0.8%
MUFGカード スマートの公式サイトはこちら!
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1000円
(ただし、本会員の年齢が23歳以下、前年度の年間利用額10万円以上などの場合には、2年目以降も年会費無料に)
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「MUFGカード スマート」は利用金額の0.4%が自動的に現金還元、ATM手数料が無料になるなど、ローコストで機能充実の新登場クレジットカード!
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら

 国際ブランドは「Mastercard」「Visa」「JCB」に加え、「American Express」が選べるのも特徴でしょう。「American Express」ブランドの場合に限り、海外利用分はポイントが2倍になります。

MUFGカード スマート」は月額利用料金1000円につき4ポイント貯まり、1ポイント=1円で自動的にキャッシュバックされます。ただし、「P-oneカード<Standard>」のように毎月の請求額が割引になるわけではなく、入会日から1年ごとに、1年間の利用分がまとめてキャッシュバックされる形になります。

MUFGカード スマート」の還元率は0.4%なので、「P-oneカード<Standard>」のほうが単純に考えればメリットは大きいですが、「MUFGカード スマート」は三菱UFJ銀行との提携があります。

 「MUFGカード スマート」の引き落とし口座として三菱UFJ銀行の「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」を指定した場合、三菱UFJ銀行のATM利用手数料が何度でも無料となるのです。また、三菱UFJ銀行の提携先コンビニATM(セブン銀行、ローソンATM、E-net)のATM利用手数料も1カ月あたり2回まで無料になります。
【※関連記事はこちら!】
「MUFGカード スマート」は利用金額の0.4%が自動的に現金還元、ATM手数料が無料になるなど、ローコストで機能充実の新登場クレジットカード!

 ちなみに、同じ三菱UFJニコスから発行されている「VIASOカード」も自動的にキャッシュバックされるクレジットカードです。年会費は無料、還元率は0.5%と、「MUFGカード スマート」よりも還元率が0.1%高くなっています。前述の三菱UFJ銀行のATM利用手数料無料特典が必要ない人は、「VIASOカード」も検討してみるといいでしょう。
【※関連記事はこちら!】
【VIASOカード(ビアソカード)】面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が自動的に銀行口座に振り込まれる現金還元型!

VIASOカード
還元率 0.5%
「VIASOカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 無料
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 【VIASOカード(ビアソカード)】面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が自動的に銀行口座に振り込まれる現金還元型!
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら

「Booking.comカード」は還元率1.0~6.0%で、
海外旅行保険も充実しているキャッシュバック型カード!

 2017年4月に登場した「Booking.comカード」は、宿泊予約サイト「Booking.com」と三井住友カードが提携して誕生したクレジットカードです。年会費は無料、国際ブランドは「Visa」のみで、還元率は1.0%です。
【※関連記事はこちら!】
現金還元型カード「Booking.comカード」はお得?「nanaco」や「モバイルSuica」のチャージ分は、1%キャッシュバックの対象になるのか徹底検証!

Booking.comカード
還元率 1.0%
「Booking.comカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 無料
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー(2020年版)】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(年会費無料カード部門)
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら

 「Booking.comカード」という名前ですが、「Booking.com」のアカウントがなくても申し込みができ、毎月の利用金額合計100円(税込)につき1ポイント(=1円)が貯まります。貯まったポイント分は、引き落とされた翌月のカード請求額から自動的に割り引かれます。例えば、4月に1万円の利用があった場合、5月26日に4月利用分の1万円が請求されて引き落とされますが、その翌月の6月26日に引き落とされるはずの5月利用分の請求額から100円が割り引かれる仕組みです。もし、5月に「Booking.comカード」の利用がなかった場合は、引き落とし口座に100円が振り込まれます。つまり、使い続けていれば必ず1.0%還元になるということです

 さらに、「Booking.com」利用者の場合、専用サイトから宿泊予約を行うと「Booking.com」の利用金額100円につき5ポイントが付与されて還元率は5.0%になります。さらに、通常の1.0%分のポイントも貯まるので、合計で最大6.0%還元という高還元クレジットカードになります。

 また、Booking.comカード」に申し込んだ先着5万人には、さまざまな特典が受けられる「Booking. Genius」会員にアップグレードできる「シリアルコード」がプレゼントされます。「Booking.com」のアカウントで「シリアルコード」を登録すると、すぐにGenius会員にアップグレードができます。通常、Genius会員になるには「Booking.com」で5回以上の宿泊予約が必要ですが、一度も予約しなくてもGenius会員になれます。

 Genius会員で受けられる特典は、具体的には対象ホテルの料金の10%OFFやレイトチェックアウト、無料空港送迎サービス、ウェルカムドリンクなどです。ただし、Genius会員を維持するには、「Booking.comカード」と一緒に送られてくる「シリアルコード」を入力してから180日以内に「Booking.com」で宿泊予約をする必要があります(期間を過ぎると一般会員に戻ってしまうので要注意)。

Booking.comカード
還元率 1.0%
「Booking.comカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 無料
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー(2020年版)】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(年会費無料カード部門)
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら

 では、今回紹介したキャッシュバック型の3枚のクレジットカードを比較してみたいと思います。

■自動キャッシュバック型の3枚のクレジットカードを比較!
  P-oneカード
<Standard>
MUFGカード
スマート
Booking.com
カード
 年会費  本会員 無料 初年度無料、
2年目以降
1000円(税抜)
(年10万円以上を
利用すれば
2年目以降も無料)
無料
 家族会員 初年度無料、
2年目以降は
200円(税抜)
初年度無料、
2年目以降は
400円(税抜)
 ETCカード  新規・更新
 手数料
新規・更新時
1000円(税抜)
新規のみ
1000円(税抜)
無料
 年会費 無料 無料 初年度無料
2年目以降は
500円(税抜)
前年1回以上の
ETC利用が
あれば無料
 国際ブランド Mastercard、
Visa、
JCB
Mastercard、
Visa、
JCB、
American Express
Visa
 還元率 1.0% 0.4% 1.0%
 キャッシュバック方法 請求時 年1回 引き落とし月の
翌月
 独自の特典 三菱UFJ銀行を
引き落とし口座に
指定すると、
同行のATM手数料、
提携コンビニATMの
手数料が2回無料
「Booking.com」
5.0%還元
「Booking.com」
Genius会員コード
をプレゼント
 海外旅行
 傷害保険
 傷害による
 死亡・
 後遺障害
最高2000万円
(利用付帯)
最高2000万円
(うち300万円は
自動付帯)
 傷害による
 治療費用
 限度額
100万円 100万円
 疾病による
 治療費用
 限度額
100万円 100万円
 賠償責任
 限度額
2000万円 2500万円
 携行品損害
 限度額
(自己負担
 3000円)
20万円 20万円
 救援者費用
 限度額
100万円 150万円
 国内旅行
 傷害保険
 傷害死亡・
 後遺障害
最高2000万円
(利用付帯)
最高2000万円
(うち300万円は
自動付帯)
 入院保険金
(日額)
3000円
 手術保険金 3000円
×(10~40倍)
 通院保険金
(日額)
2000円
 ショッピング保険 年間100万円まで 年間100万円まで

「P-oneカード<Standard>」は旅行保険とショッピング保険の両方の保険が弱いというデメリットがあり、MUFGカード スマート」は還元率が0.4%と低い点と年間利用額が10万円未満の場合は年会費がかかることがデメリット。Booking.comカード」も家族カードが用意されていないというデメリットがあります。

 それでも、「MUFGカード スマート」は三菱UFJ銀行での特典があり、Booking.comカード」は充実した旅行保険が付帯したり、「Booking.com」のGenius特典を利用できたりするため、メリットのほうがデメリットを上回るはずです。

MUFGカード スマート
還元率 0.4~0.8%
MUFGカード スマートの公式サイトはこちら!
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1000円
(ただし、本会員の年齢が23歳以下、前年度の年間利用額10万円以上などの場合には、2年目以降も年会費無料に)
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「MUFGカード スマート」は利用金額の0.4%が自動的に現金還元、ATM手数料が無料になるなど、ローコストで機能充実の新登場クレジットカード!
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら
Booking.comカード
還元率 1.0%
「Booking.comカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 無料
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー(2020年版)】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(年会費無料カード部門)
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら

ポイントが自動的にキャッシュバックされるだけでなく、
自動的に“投資”される「インヴァストカード」を紹介!

 最後に、前述の3枚のクレジットカードの「自動的にキャッシュバック」から、さらに一歩進んだクレジットカードを紹介しておきましょう。

 それが、「Booking.comカード」と同じく2017年に誕生した「インヴァストカード」です。

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!【ニューカマー部門】
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、
元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、 元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!

 「インヴァストカード」は、インヴァスト証券に口座を保有していなければ保有できないクレジットカードですが、カード利用金額の1.0%を世界中のETFに「自動的に投資」してくれるクレジットカードとなります。
【※関連記事はこちら!】
「インヴァストカード」は、年会費「実質」無料で、利用額の1%で自動的に株(ETF)に積立投資できる!元手0円で投資ができるので、投資初心者におすすめ!

 年会費は初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)となっていますが、前年に1回でも利用していると2年目以降も無料となるので、インヴァストカード」は実質年会費無料と言えるでしょう。国際ブランドは「Visa」のみ。ETCカードも家族カードも年会費が無料ですが、海外旅行傷害保険は付帯しません。

 「インヴァストカード」を発行するには、インヴァスト証券の口座開設が必要だったり、あくまでも「投資」なのでポイントが運用によって減ってしまう可能性もあります。筆者は実際に「インヴァストカード」を利用しており、貯めたポイントによる積立金額は2万5756円ですが、運用成績は658円のマイナスとなっています(2018年5月30日時点)。つまり、せっかく貯めたポイントが投資によって3%弱のマイナスになっているわけです。とはいえ、冒頭に書いたとおり、通常のポイントでも3~5割が失効となっていることを考えると、今後は増える可能性もあるので3%弱のマイナスはそれほど気になる数字ではありません

 クレジットカードでマイルを貯めて、積極的に活用している人はともかく、クレジットカードで貯めたポイントを失効しがちな人はもちろん、ただ買い物するときの代金を1.0%安くするという使い方に満足していない人も多いでしょう。

インヴァストカード」は、将来に向けてポイントを「資産」にできるクレジットカードなので、これからクレジットカードの利用が増える新入社員や若いサラリーマンの方、また結婚や出産を控えて将来の子どものために少しでもお金を増やしたいという夫婦などには最適なクレジットカードと言えるでしょう。

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!【ニューカマー部門】
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、
元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、 元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!

 ポイントプログラムがどんどん複雑化している中、今回紹介したような自動キャッシュバック型のクレジットカードや「インヴァストカード」を選ぶのもおすすめです。ポイントに飽きてきた、もうどのポイントが得なのかわからない、どうせ1.0%しか得をしないなら「投資」をして増やしたいなどと感じている場合は、これらのクレジットカードを検討してみてはどうでしょうか。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードのポイントを投資で増やす時代に!還元率1.0%のインヴァストカードや楽天カードで貯めたポイントを運用して、還元率をアップさせよう


【※「インヴァストカード」と「Bookibg.comカード」の2枚は、[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]の「ニューカマーカード部門」を受賞!】
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!(ニューカマーカード部門)

インヴァストカード
還元率 1.0%
「インヴァストカード」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
家族カード(税抜) あり(年会費は初年度無料、2年目以降400円。ただし、年1回でも利用すれば、次年度も年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定!2018年版、クレジットカードのおすすめはコレだ!【ニューカマー部門】
「インヴァストカード」の公式サイトはこちら
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、
元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!
インヴァストカードなら年会費無料&高還元で、 元手ゼロ+自動的に資産運用が始められるのが大きなメリット!
Booking.comカード
還元率 1.0%
「Booking.comカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 無料
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー(2020年版)】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(年会費無料カード部門)
「Booking.comカード」の公式サイトはこちら