投資信託おすすめ比較[2021年]
2018年11月2日 ザイ編集部

「Jリート」の6銘柄で、利回り4%超+毎月分配金が
もらえるベストな組み合わせを伝授! 投資額120万~
180万円で「Jリート」の毎月分配型ファンドを作ろう

「Jリート(不動産投資信託)」の6銘柄に分散投資をして、分配金を毎月受け取ることができるベストな組み合わせ方をアナリストが伝授!

ダイヤモンド・ザイは、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。

今回は、具体的にどんなJリートを、どんな組み合わせで買うのがおすすめか、アナリストのアドバイスを紹介。誌面では「最も少額で高利回り」「安定運用なのに4%台」「リスクを抑えつつ高利回り」「資金はいるが最も安定的」の4パターンで、おすすめJリートの組み合わせ方を挙げているが、ここでは「最も少額で高利回り」「リスクを抑えつつ高利回り」の2パターンを抜粋してみよう。

6つの「Jリート」に分散すれば“毎月分配型”ファンドがつくれる!
タイプ別のベストな組み合わせ方&注目の銘柄を紹介!

分散によって毎月分配金がもらえる!

 Jリートは、おおむね年に2回の決算に合わせて分配金を出す。分配金をもらうには、決算日の3営業日前までにJリートを買っておけばいい。そうすれば3カ月以内に分配金が支払われる。例えば、9月末に決算の銘柄なら12月中に分配金を受け取ることができる。

 1つの銘柄で年に2回の分配金がもらえるため、毎月分配金を受け取りたければ、決算期の異なる6銘柄を買えばよい。Jリートは1月・7月決算と、2月・8月決算の銘柄が多いが、最近は上場銘柄数が60を超え、決算期も分散できるようになっている。

 また、2000年代前半のJリート黎明期は、1口当たりの投資価格が50万~100万円と高額だったが、2014年にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)をきっかけに、投資口の分割が進み、今では10万~20万円台で買える銘柄も増えた。このため約120万円あれば6銘柄に分散投資が可能だ。
【※関連記事はコチラ!】
⇒NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較! NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!

「最も少額で高利回り」な組み合わせと、
「リスクを抑えつつ高利回り」な組み合わせとは?

 そこで、毎月分配金を受け取れるよう、アイビー総研の関大介さんとREITアナリストの山崎成人さんに、おすすめの6銘柄を組み合わせてもらった(ダイヤモンド・ザイ12月号では4パターン紹介しているが、ここでは2パターンを抜粋)。

 まずは、関さんがチョイスした「最も少額で高利回り」な組み合わせ。10万円台から買えて利回りが4%台半ばの銘柄が中心。投資額は6銘柄買っても120万円台で済み、合計利回り4.6%が狙える。

■「最も少額で高利回り」なJリートの組み合わせ
(必要資金122万8000円・年間の分配金5万6869円・合計利回り4.63%
タイプ 決算期 価格 今期分配金
(分配金利回り)
最新の株価
◆日本ロジスティクスファンド(8967)
物流 1月・7月 22万4600円 4660円
(4.11%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆森トラスト・ホテルリート(3478)
ホテル 2月・8月 14万300円 3150円
(4.49%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆森トラスト総合リート(8961)
総合型 3月・9月 16万2000円 3650円
(4.51%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆投資法人みらい(3476)
総合型 4月・10月 19万5300円 5600円
(5.73%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆阪急阪神リート(8977)
総合型 5月・11月 14万2300円 3000円
(4.25%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆日本リート(3296)
オフィス 6月・12月 36万3500円 8373円
(4.66%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
 ※株価や利回りは2018年10月2日時点。

 続いては、山崎さんチョイスの「リスクを抑えつつ高利回り」な組み合わせ。物流、商業、ホテルと多彩な顔ぶれで、年に4回1万円以上の分配金がもらえる。

■「リスクを抑えつつ高利回り」なJリートの組み合わせ
(必要資金177万6300円・年間の分配金7万6576円・合計利回り4.31%
タイプ 決算期 価格 今期分配金
(分配金利回り)
最新の株価
◆日本ロジスティクスファンド(8967)
物流 1月・7月 22万4600円 4660円
(4.11%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆大和ハウスリート(8984)
総合型 2月・8月 25万9700円 4950円
(4.04%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆グローバル・ワン不動産(8958)
オフィス 3月・9月 11万5800円 2080円
(3.61%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆星野リゾート・リート(3287)
ホテル 4月・10月 55万9000円 1万2778円
(4.59%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆ユナイテッド・アーバン(8960)
総合型 5月・11月 17万5700円 3420円
(3.97%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
◆フロンティア不動産(8964)
商業 6月・12月 44万1500円 1万180円
(4.61%)
最新の株価情報はこちら(SBI証券のページへ遷移します)
 ※株価や利回りは2018年10月2日時点。

 どちらの組み合わせ方でも、分配金を毎月受け取ることができ、あこがれの”毎月分配金ライフ”が楽しめる。通常の投資信託や株の配当などでは、ここまで高い利回りを享受しづらく、Jリートならではの魅力と言えるだろう。
【※関連記事はコチラ!】
⇒「Jリート」で注目すべきは「オフィス系リート」! 分配金利回りが6%前後と高めながら、オフィスの大量供給懸念の後退で、上昇トレンド継続中の2銘柄を公開