ダイヤモンドZAi最新記事
2019年2月9日 ザイ編集部

株やFXなどで損した人、配当や分配金から自動的に
税金を徴収されている人は「確定申告」に挑戦を!
「確定申告」をすると得するパターンを2つ紹介!

ダイヤモンド・ザイ3月号
楽天ブックスで買う
お得な定期購読の詳細はコチラ!

株や投資信託、FXの取引をしている人が「確定申告」で得する2つのケースを紹介! また、「申告漏れのペナルティ」や「申告を間違った場合の対処法」など、確定申告の基礎知識も併せて解説!

発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、「ガラッと変更! 新画面に完全対応! 確定申告」を特集! いよいよ今年も確定申告シーズンが到来。面倒なイメージが強いかもしれないが、申告書は国税庁のサイトを使って作成すれば、計算も全自動で簡単だ。しかも、2019年から「e-Tax」がさらに便利に。スマホからの申告も解禁され、どんどんハードルは下がってきている。この特集では、そうした確定申告の最新情報から、実際に申告書を作成する手順までを詳しく、わかりやすく解説! 確定申告の初心者にも必見の内容となっている。

今回は特集内の「確定申告で得する7つの典型例」を一部抜粋し、2パターンの得する典型例を取り上げる。また、どんなときに「確定申告」をしなければならないか、という基本ルールと、申告しなかった場合や申告内容が誤っていた場合どうなるか、なども紹介するので、併せて参考に!

【確定申告で得する典型例1】
株・FXなどで相場に振り回されて大きな損を出した!

 2018年は、米中貿易摩擦など、先が読みにくい相場に振り回されて損を出した人も多いだろう。実は、損こそ節税のチャンス。複数口座で取引していて、利益が出ている口座があるなら「損益通算」を。また、損の「繰越申告」をすれば、翌年以降の利益と相殺することもできる。
【※関連記事はこちら!】
⇒株式投資で損をしたときに「税金」を取り戻す方法を株初心者にわかりやすく解説!「確定申告」で損を繰り越して、利益と相殺できれば節税になってお得!

【確定申告で得する典型例2】
株・投資信託などで配当や分配金を受け取った!

 株・投資信託の配当や分配金は、自動的に税が徴収されている。配当金の場合、給与年収1200万円以下なら、その税金の一部を取り戻せる可能性が高い。ポイントは所得税と住民税で別々の課税方式を選ぶこと。平成29年分から公認された裏ワザに挑戦してみよう。
【※平成29年分から公認された裏ワザの詳細はこちら!】
⇒平成29年分からの「確定申告」の変更点を一挙紹介! 給与所得控除の引き下げによる増税や、節税できる医療費控除の新制度、配当課税の裏ワザをチェック!

給与所得者の場合、給与・退職金意外の所得が20万円を超えたら
必ず「確定申告」をして納税する義務がある!

 ここからは、「確定申告」の基本的なルールを復習しておこう。

 そもそも「確定申告」の目的は、所得を正しく申告して、税金を正確に納めることだ。ただし、給与所得者は特例がある。給与と退職金以外の所得が20万円以下なら、その所得分の申告や納税をする必要はない。裏を返せば、株や投資信託などの売買で20万円超の利益が出た人は、必ず「確定申告」をして納税をする義務がある。

申告漏れがあると税金が増える可能性が!

 なお、税務署から儲けの申告漏れについて指摘を受けたら、重い税金を支払うことになる。例えば50万円以下の利益を申告し忘れた場合、納税額に加えて15%の無申告課税、さらに延滞税が課される可能性が。故意に申告・納税をしなかった場合は、より高額な重加算税が発生する。申告をしなくてもバレないだろうとタカを括らないこと!

 また、慣れない「確定申告」で、間違った内容の申告をしてしまうこともあるだろう。「確定申告」の期限内(平成30年分については、2019年3月15日まで)であれば、すでに提出したものがあってもやり直しが可能だ。申告内容の間違いに気づいたら、焦らずに提出し直そう。税金を多く払ってしまった場合は、申告期限から5年以内に更正の請求書を提出すれば還付してもらえる。

平成30年分の「確定申告」に必要な情報が満載!
「確定申告」について学ぶならダイヤモンド・ザイをチェック!

ダイヤモンド・ザイ3月号

 今回は、特集「ガラッと変更! 新画面に完全対応! 確定申告」から、「確定申告」で得する典型例を2例取り上げた。ダイヤモンド・ザイ3月号では、そのほかに5例の得する典型例を取り上げているほか、平成30年分の「確定申告」の変更点や、実際に申告書を作成する手順を解説。「確定申告」の準備中の人はもちろん、「もしかして自分は確定申告が必要かも?」と思っている人も、ぜひチェックしてみてほしい。

 なお、ダイヤモンド・ザイ3月号では、ほかにも「最強”日本株”番付 2019年初場所」「消費税増に打ち勝て! あと100万円をつくる節約&副業ワザ」「低迷のTOPIX、マザーズに大勝ち! 最強”日本株型投信”2019」「14人の億り人が語る2019年の勝ち戦略!」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として「2019年こそNISA&つみたてNISAで勝つ!」を用意! 掲載している「初級・中級・上級者別 8つのNISAワザ」は、長期でほったらかしたい人から短期で売買したい人まで必見の内容だ!

ダイヤモンド・ザイ3月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中!