クレジットカード活用術
2019年6月29日 菊地祟仁

「ダイナースクラブカード」のお得度&利便性が向上!
Mastercardブランドの「TRUST CLUBカード」を無料
発行できて、付帯特典&海外での利用店舗数が急増!

 昨年、「SuMi TRUST CLUBリワードカード」と「ダイナースクラブ プレミアムカード」について解説しました。
【※「SuMi TRUST CLUBリワードカード」の関連記事はこちら!】
「SuMi TRUST CLUBリワードカード」は、プラチナ級の付帯特典がついて年会費3000円のコスパ最強カード! Mastercard「チタン」の豪華サービスを使い倒せ!

SuMi TRUST CLUB リワードカード
還元率 0.5~0.825%
「SuMi TRUST CLUB リワードカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Master
年会費(税抜) 3000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 「SuMi TRUST CLUBリワードカード」は、プラチナ級の付帯特典がついて年会費3000円のコスパ最強カード! Mastercard「チタン」の豪華サービスを使い倒せ!
「SuMi TRUST CLUB リワードカード」の公式サイトはこちら

【※「ダイナースクラブ プレミアムカード」の関連記事はこちら!】
「ダイナースクラブ プレミアムカード」の還元率の高さや豪華な付帯特典などのメリットを詳しく紹介! ダイナースクラブの最高峰カードの実力を徹底検証!

◆「ダイナースクラブ プレミアムカード」は招待制! 
 まずは「ダイナースクラブカード」に入会してインビテーションを待とう!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※年6000円(税抜)の「ダイナース グローバルマイレージ」に加入して、ポイントをマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
おすすめポイント 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2019年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

 2019年7月、「Sumi TRSUT CLUBカード」と「ダイナースクラブカード」が大きなリニューアルをすることになったので、今回はこの2枚のリニューアル内容について解説したいと思います。

「Mastercard」の最上位である「ワールドエリート」ランクの
「TRUST CLUBワールドエリートカード」が誕生!

 まず、大きめのニュースとしては、2019年7月23日(火)に「TRUST CLUBワールドエリートカード」というカードが発行されます。国際ブランド「Mastercard」のランクは「ワールドエリート」という最上位のランクとなります。

TRUST CLUB ワールドエリートカード
還元率 1.0%
「TRUST CLUB ワールドエリートカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Master
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA

 「Mastercard」には、一般、ゴールド、チタン、プラチナ、ワールド、ワールドエリートという6つのランクがあり、7月に誕生する「TRUST CLUBワールドエリートカード」は名前のとおり、最上位ランクのカードとなります。日本の国内で「Mastercard」の「ワールドエリート」ランクのカードというと、「ラグジュアリーカード」があるので、「TRUST CLUBワールドエリートカード」は国内で2例目の「ワールドエリート」のクレジットカードとなります。

 「TRUST CLUBワールドエリートカード」の気になる年会費は13万円(税抜)で、家族カードは無料です。この「年会費13万円(税抜)」というのは、「ダイナースクラブ プレミアムカード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」と同じ金額です。「TRUST CLUBワールドエリートカード」は、「Mastercard」最上位のカードとなり、「Mastercard」のコンシェルジュを利用できます。
【※関連記事はこちら!】
「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ

 また、「TRUST CLUBワールドエリートカード」を利用すると、100円につき4ポイントを獲得でき、年間利用金額に応じて最大1万ポイントのボーナスポイントがあります。「100円につき4ポイント」と聞くと非常に貯まりやすくてお得に感じますが、ポイントをキャッシュバックに利用する場合は「8000ポイント=2000円分」となるため、「1ポイント=0.25円」で、通常時の還元率は1%となります。「Sumi TRUST CLUB」の一般カードである「Sumi TRUST CLUBリワードカード」の通常時の還元率は0.5%なので、「TRUST CLUBワールドエリートカード」は一般カードの2倍の還元率となっています。ちなみに、ポイントの有効期限はありません。

 そして、国際線の空港ラウンジ特典として「ラウンジ・キー(LoungeKey)」が利用できます。「ラウンジ・キー」は「プライオリティ・パス」と違って、クレジットカード自体でラウンジに入室できるため、空港に着いてから「プライオリティ・パスを持ってくるのを忘れた!」という残念なことになりにくい空港ラウンジ特典です。
(※ただし、到着したクレジットカードをそのまま空港ラウンジで提示しても利用できず、事前に登録処理が必要になるので忘れないようにしましょう。登録後は空港ラウンジで「TRUST CLUBワールドエリートカード」を出すだけで利用が可能になります)

 なお、「ラウンジ・キー」は最近のプラチナカードに付帯することが多く、「Orico Card THA PLATINUM」や「ジャックスカードプラチナ」にも付帯しています。ただし、年6回までは無料で利用できますが、7回目以降は1回あたり27米ドルが必要となります。また、同伴者も1回27米ドルです。しかし、「TRUST CLUBワールドエリートカード」の場合は、年間の利用回数に制限がなく、7回でも10回でも無料で利用することができます。さらに、同伴者も1名まで無料。もちろん、家族カード会員も利用できるため、4人家族でも国際線の空港ラウンジを利用できるということです。

 また、「TRUST CLUBワールドエリートカード」は、「Mastercard」のゴールドカード以上に付帯する特典「Taste of Premium」の「ワールドエリート」特典も利用することができます。対象レストランで2名以上のコース料理を頼むと1名分が無料となる「ダイニング by 招待日和」や、国際線の空港まで手荷物を3つまで無料で宅配できる「国際線手荷物無料宅配」サービスも利用できます。

 ただし、一番利用するであろう「コンシェルジュデスク」は、「Mastercardコンシェルジュ」となり、こちらはあまり期待できません。他社のクレジットカードで、何度か「Mastercardコンシェルジュ」を利用したことがありますが、コンシェルジュサービスとしてのクオリティはそれほど高くなかった印象です。

 「TRUST CLUBワールドエリートカード」の年会費13万円(税抜)は「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「ダイナースクラブ プレミアムカード」と同じですが、自社のオリジナル特典を数多く用意している「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「ダイナースクラブ プレミアムカード」と比較すると、「TRUST CLUBワールドエリートカード」はオリジナルの特典はほとんどなく、「Mastercard」の特典があるだけです。しかも、コンシェルジュサービスが使いにくいので、同じ年会費の「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「ダイナースクラブ プレミアムカード」と比べてどうしても見劣りしてしまいます。

 しかし、本来は年会費13万円(税込)の「TRUST CLUBワールドエリートカード」を年会費無料で無料する方法があるなら話は別です。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」に
「TRUST CLUBワールドエリートカード」が自動付帯!

 これまで解説してきたように、13万円(税抜)の年会費を払ってまで、「TRUST CLUBワールドエリートカード」を保有するのはおすすめできません。しかし、なんと「TRUST CLUBワールドエリートカード」を無料で取得する方法があります

 実は「ダイナースクラブ プレミアムカード」会員になると、「TRUST CLUBワールドエリートカード」が自動付帯する「コンパニオンカード」というサービスが2019年7月23日から始まるのです。

 つまり、ダイナースクラブ プレミアムカード」の年会費13万円(税抜)を支払うだけで、「TRUST CLUBワールドエリートカード」が無料で付いてくるのです。

◆「ダイナースクラブ プレミアムカード」は招待制! 
 まずは「ダイナースクラブカード」に入会してインビテーションを待とう!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※年6000円(税抜)の「ダイナース グローバルマイレージ」に加入して、ポイントをマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
おすすめポイント 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2019年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

 「ダイナースクラブ」を発行する「三井住友トラストクラブ」は、「ダイナースクラブ」が海外で利用できる加盟店が少ないことを自分たちでよくわかっていて、自社サイト内の「海外でのクレジットカードのご利用について」というページで、「他の国際ブランド(VisaやMastercard)のクレジットカードも含めた代替の決済手段を携帯いただくことをおすすめしています」と書いてあります。

 しかし、新しく始める「コンパニオンカード」のサービスによって、「ダイナースクラブ プレミアムカード」に「Mastercard」ブランドの「TRUST CLUBワールドエリートカード」が自動付帯するため、海外で使いにくいという問題は解消されます。さらに、従来からの「ダイナースクラブ プレミアムカード」の特典に加えて、「TRUST CLUBワールドエリートカード」の特典も利用できるようになるので、かなり使い勝手がよくなります。

 つまり、ダイナースクラブ プレミアムカード」を保有すると、年会費は従来の13万円(税抜)で、「ダイナースクラブ」と「Mastercard」の2つの国際ブランドの最上位カードを保有できるというメリットが生まれるのです。

 なお、「ダイナースクラブ プレミアムカード」の前回の記事では、ポイントプログラムの内容を「100円につき2ポイント」が貯まると紹介しましたが、残念ながら2019年9月16日以降は通常時で国内は「100円につき1.5ポイント」、海外は「100円につき2ポイント」に変更になります。ただし、海外利用分については2022年3月15日まで「100円につき2.5ポイント」に期間限定でポイントアップします。そして、「ダイナースクラブ プレミアムカード」に付帯する「コンパニオンカード」の「TRUST CLUBワールドエリートカード」を利用した場合は「100円につき1ポイント」の「ダイナースクラブ リワードポイント」が貯まります。

 また、ポイント付与率だけでなく、「ダイナースクラブ プレミアムカード」に付帯する「プライオリティ・パス」のサービスも変更となり、2019年10月1日から家族会員への付帯が終了します。かわりに同伴者1名まで無料となるサービスが付帯するため、利用できる人数に変わりはありません。しかし、「コンパニオンカード」として発行できる「TRUST CLUBワールドエリートカード」の場合は家族会員にも「ラウンジ・キー」が付帯するため、そちらを利用すれば、これまでとほぼ同様のサービスが受けられることになります。

 以上のように、「TRUST CLUBワールドエリートカード」は、単体で持つクレジットカードとして発行されたと言うよりは、「ダイナースクラブ プレミアムカード」会員のサービス拡充のために「コンパニオンカード」として発行されることが前提のカードと考えたほうがよさそうです。

◆「ダイナースクラブ プレミアムカード」は招待制! 
 まずは「ダイナースクラブカード」に入会してインビテーションを待とう!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※年6000円(税抜)の「ダイナース グローバルマイレージ」に加入して、ポイントをマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
おすすめポイント 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2019年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

「ダイナースクラブカード」には、コンパニオンカードとして
「TRUST CLUBプラチナマスターカード」が自動付帯することに

 「ダイナースクラブ プレミアムカード」には「TRUST CLUBワールドエリートカード」が自動付帯しますが、通常の「ダイナースクラブカード」に自動付帯するのは「TRUST CLUBプラチナマスターカード」になります。「TRUST CLUBプラチナマスターカード」は、以前の「SuMi TRUST CLUBリワードカード」の名称が変わったもので、基本的な特典は以前のままとなります。
【※関連記事はこちら!】
SuMi TRUST CLUBリワードカードは、プラチナ級の付帯特典がついて年会費3000円のコスパ最強カード! Mastercard「チタン」の豪華サービスを使い倒せ!

SuMi TRUST CLUB リワードカード
還元率 0.5~0.825%
「SuMi TRUST CLUB リワードカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Master
年会費(税抜) 3000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」がコスパ最強! Mastercardのステータスによって使える特典が異なる「Taste of Premium」を解説!
「SuMi TRUST CLUB リワードカード」の公式サイトはこちら

 「SuMi TRUST CLUBリワードカード」から「TRUST CLUBプラチナマスターカード」への名称変更とともに、「Mastercard」のランクは「チタン」から「プラチナ」相当に格上げとなっているようです。ただし、筆者が調べた限りでは「プラチナ」になってもサービス自体の変更はなさそうです。他社の「Mastercardプラチナ」で利用できる特典を利用できるわけではなく、「国際線手荷物宅配サービス」も帰国時に1個500円での宅配となっていて、従来の「Mastercardチタン」の特典から変わっていません(他社の「Mastercardプラチナ」に該当するカード、例えば「Orico Card THE PLATINUM」や「三井住友プラチナマスターカード」などの場合、「国際線手荷物宅配サービス」では2個まで無料の場合が多くなっています)。

 「TRUST CLUBプラチナマスターカード(旧SuMi TRUST CLUBリワードカード)」のスペックを復習すると、年会費は3000円(税抜)にもかかわらず、「Mastercard」の「Taste of Premium」特典を利用できるクレジットカードとなり、対象レストランで2名以上のコース料理を注文すると1名分が無料となる「ダイニング by 招待日和」を利用できます。「招待日和」のサービスが付帯するクレジットカードの年会費として「3000円(税抜)」というのは最安値でしょう。

 ただし、「ダイナースクラブカード」では同じようなサービスである「エグゼクティブダイニング」を利用できますので、やはり「ダイナース」ブランドに加えて「Mastercard」ブランドが利用できるようになり、クレジットカードを利用できる場所が増えるというのが最大のメリットとなります。

 なお、「ダイナースクラブカード」を利用した場合は通常「100円につき1ポイント」が貯まりますが、コンパニオンカードとして付帯する「TRUST CLUBプラチナマスターカード」を利用した場合は「200円につき1ポイント」のポイント付与となります。

「SuMi TRUST CLUB」の「リワードワールドカード」と
「ゴールドカード」は「TRUST CLUBワールドカード」に統一!

 ほかにも「SuMi TRUST CLUB」のカードには変更点があります。年会費12000円(税抜)の「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカード」と「SuMi TRUST CLUBゴールドカード(Mastercard)」は統一されて、「TRUST CLUBワールドカード」に切り替わります。

 「TRUST CLUBワールドカード」はMastercardのランクでは「ワールド」となるため、国際線の空港手荷物宅配サービスが2個まで無料で配送できたり、「ダイニング by 招待日和」を利用できたりします。また、家族カードの年会費も無料になるなど、年会費1万2000円(税抜)のクレジットカードとしては「TRUST CLUBワールドカード」は非常にコストパフォーマンスがいいカードと言えます。

TRUST CLUB ワールドカード
還元率 0.75%
「TRUST CLUB ワールドエリートカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Master
年会費(税抜) 1万2000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
「TRUST CLUB ワールドエリートカード」の公式サイトはこちら

 そして、国際線の「空港ラウンジ」のサービスも変更となります。従来、「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカード」と「SuMi TRUST CLUBゴールドカード(Mastercard)」では「プライオリティ・パス」が付帯していましたが、「TRUST CLUBワールドカード」に統一された後は「ラウンジ・キー」のサービスとなります。

 従来の「プライオリティ・パス」は最上位の「プレステージ会員」ではなく、1回ごとに32米ドルの支払いが必要な「スタンダード会員」でした。「ラウンジ・キー」に変更後も料金は必要になりますが、金額は1人当たり27米ドルと従来の「プライオリティ・パス」よりも安くなります。また、従来の「SuMi TRUST CLUBリワードワールドカード」と「SuMi TRUST CLUBゴールドカード(Mastercard)」では、家族会員には「プライオリティ・パス」が付帯しませんでしたが、「TRUST CLUBワールドカード」の「ラウンジ・キー」の場合は家族会員も登録は可能なので“サービス改善”となっています。

 なお、「三井住友トラストクラブ」が発行する「SuMi TRUST CLUB」のカードの今回のリニューアルは、ここまで説明してきた名称変更やカードの統合、ICチップの搭載、「Visa」ブランドでは「タッチ決済」の搭載など、さまざまな変更が行われています。そのリニューアル内容をまとめると以下のようになります。

■「SuMi TRUST CLUB」のリニューアル内容のまとめ
 国際ブランド  変更前  変更後  変更内容
 Master
 card
 ―  TRSUT CLUB
 ワールドエリート
 カード
・新規発行
 SuMi TRUST CLUB
 リワード ワールド
 カード
 TRUST CLUB
 ワールドカード

・カード統合
・名称変更
・ICチップ搭載
・リボ払い時の
 ボーナスポイント終了

 SuMi TRUST CLUB
 ゴールドカード
 SuMi TRUST CLUB
 リワードカード
 TRUST CLUB
 プラチナ
 マスターカード

・名称変更
・ICチップ搭載
・Mastercard プラチナに
 ランクアップ
・年間利用額による
 ボーナスポイント終了

 SuMi TRUST CLUB
 クリアカード
 TRUST CLUB
 クリア マスターカード
・名称変更
・ICチップ搭載
 Visa  SuMi TRUST CLUB
 プラチナカード
 TRUST CLUB
 プラチナ Visaカード
・名称変更
・ICチップ搭載
・Visaのタッチ決済搭載
・リボ払い時の
 ボーナスポイント終了
 (エリートカードは対象外)
・TRUST CLUB エリートカードは
 年間利用額による
 ボーナスポイント終了
 SuMi TRUST CLUB
 ゴールドカード
 TRUST CLUB
 ゴールドカード
 SuMi TRUST CLUB
 エリートカード
 TRUST CLUB
 エリートカード
 デルタ スカイマイル
 SuMi TRUST CLUB
 プラチナ VISAカード
 デルタ スカイマイル
 TRUST CLUB
 プラチナ VISAカード
 デルタ スカイマイル
 SuMi TRUST CLUB
 ゴールド VISAカード
 デルタ スカイマイル
 TRUST CLUB
 ゴールド VISAカード
 SuMi TRUST CLUB
 クリアカード
 TRUST CLUB
 クリア Visaカード

 上記のように、「SuMi TRUST CLUB」のカードには、実に多くの変更がありますが、実際の利用者にとってはそれほど大きな問題ではありません。もっとも大きなリニューアルは、同じ「三井住友トラストクラブ」が発行する「ダイナースクラブ」のカードに、「コンパニオンカード」として「TRUST CLUB(旧SuMi TRUST CLUB)」のカードが自動付帯するというものでしょう。

 コンパニオンカードのサービスを導入することによって、ダイナースクラブカード」や「ダイナースクラブ プレミアムカード」に「TRUST CLUB」のカードが自動付帯して、Mastercardの加盟店でも利用できるようにすると同時に、Matercardの付帯特典も利用できるようにすることで、「三井住友トラストクラブ」としては「ダイナースクラブ」のクレジットカードを中心にした成長戦略を考えていると感じました。

ダイナースクラブカード」の利便性&お得度がアップしたのは確実なので、興味がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

◆「ダイナースクラブ プレミアムカード」は招待制! 
 まずは「ダイナースクラブカード」に入会してインビテーションを待とう!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※年6000円(税抜)の「ダイナース グローバルマイレージ」に加入して、ポイントをマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
おすすめポイント 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2019年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら