IPO株の銘柄分析&予想
2020年1月24日 ザイ・オンライン編集部

「Kids Smile Holdings(キッズスマイルホールディングス)」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の保育施設運営企業との比較や予想まで解説!

[2020年3月9日 情報更新]

会社名 Kids Smile Holdings(キッズスマイルホールディングス)
市場・コード/業種 東証マザーズ・7084/サービス業
上場日 3月4日
申込期間(BB期間) 2月14日~2月20日
おすすめ証券会社 野村證券岩井コスモ証券マネックス証券SBI証券東海東京証券岡三オンライン証券むさし証券DMM.com証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 2732円(+20.88%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

Kids Smile Holdingsが3月4日にIPO(新規上場)!

「Kids Smile Holdings」の公式サイトより

 Kids Smile Holdingsは、2020年1月24日、東京証券取引所に上場承認され、2020年3月4日にIPO(新規上場)することが決定した。

 Kids Smile Holdingsは2018年4月2日に設立された。保育園運営や幼児教育プログラムの開発を行っている。創業以来、幼児期の成長に必要なアクティブ・ラーニングに積極的に取り組んでいる。

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

Kids Smile HoldingsのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 2月12日
ブックビルディング(抽選申込)期間 2月14日~2月20日
公開価格決定 2月21日
購入申込期間 2月25日~2月28日
払込日 3月3日
上場日 3月4日

Kids Smile HoldingsのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2020年2月14日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
野村證券 10.4
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日で取引可能]
1.7
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短翌日に取引可能]
1.7%
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
0.9%
公式サイトはこちら!
東海東京証券 0.9%
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
DMM.com証券
※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
いちよし証券(主幹事証券) 78.3  
エース証券 1.7%  
極東証券 1.7%  
東洋証券 1.7%  
岡三証券 0.9  

Kids Smile HoldingsのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 2260
仮条件
[予想PER(※2)
2160~2260円
7.5倍~7.8倍]
公募価格 2260円
初値 2732円
初値騰落率 +20.88%
予想トレーディングレンジ(※3) 2000円~4000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2020年2月12日ザラバの株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 14.2倍
ライクキッズ<6065> 6.0倍(連)
グローキッズ<6189> 17.0倍(連)
テノ.<7037> 19.7倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

Kids Smile Holdingsの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 315万株(予定)
公開株式数 公募45万株  売出35万株
(オーバーアロットメントによる売出12万株)
想定公開規模(※1) 20.8億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

Kids Smile Holdingsは保育所運営のマザーズIPO

 東京都、神奈川県、愛知県における認可保育所及び認可外保育施設の運営、並びに幼児教育に関する事業を展開する。2019年12月末で首都圏を中心に、自治体より認可を受けた保育施設46施設、独自に運営しているプレスクール一体型保育所4施設のほか、幼児教室1施設を運営している。在籍園児数は認可保育所2,413人、認可外保育施設320人の計2,733人。

 保育士不足などがネックとなっているが、待機児童解消に向けた政策の追い風が期待され、保育所運営企業のIPOは根強い人気がある。今期減益予想となっている点はネガティブ視される可能性があるものの、2019年12月上場のglobal bridge HD<6557>並みに初値を伸ばす可能性はあるだろう。

 公開規模については20億円前後となる見込み。やや軽量感に乏しいがgbHDとほぼ同水準で、既存株主の売り圧力を警戒する必要はないだろう。

◆「Kids Smile Holdings」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
野村證券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

Kids Smile Holdingsの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2019/3 213
(―)
64
(―)
42
(―)
2020/3予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2019/3 5,326
(―)
1,965
(―)
1,272
(―)
2020/3予 7,049
(32.3%)
1,457
(-25.9%)
909
(-28.6%)
2019/9 2Q 3,438
(―)
1,770
(―)
1,111
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:288.57円/-円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

Kids Smile Holdingsの業績コメント

 2020年3月期の業績は、売上高が前期比32.3%増の70.4億円、経常利益が同25.9%減の14.5億円と増収減益の見通しとなっている。

 女性の社会進出に対する意識の変化や政府による女性の活躍推進等を背景に保育需要は増加し、待機児童問題は引き続き深刻化している。

 政府はこうした保育需要増加に対応するため、保育士確保や保育所整備の施策を進めており、2020年度末までに32万人分の保育の受け皿を確保する方針「子育て安心プラン」を示している。また、2019年10月からの幼児教育・保育の無償化の実施により、保育所への入所希望者が増加することが想定される等、保育所の新設に対する需要は当面続く。

 このような状況のもと、同社グループは保育サービスの更なる向上に努めるとともに、認可保育所の開設を推進し、今第2四半期累計期間(2019年4-9月)において、東京都に13園、幼児教室を1園新規開設した。その結果、同第2四半期累計期間末における運営施設の数は、認可保育所45園、プレスクール一体型保育所4園、幼児教室1園の計50園となった。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高34.3億円で48.7%、経常利益17.7億円で121.4%となっている。

Kids Smile Holdingsの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都品川区西五反田一丁目3番8号
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 中西 正文(昭和45年9月6日生)
設立 平成30年4月2日
資本金 1億円(令和2年1月24日現在)
従業員数 新規上場会社2人 連結会社789人(令和1年12月31日現在)
事業内容 東京都、神奈川県、愛知県における認可保育所及び認可外保育施設の運営、ならびに幼児教育に関する事業
■売上高構成比率(2019/3期 実績)
品目 金額 比率
幼児教育事業 5,326 百万円 100.0%
合計 5,326 百万円 100.0%
■大株主上位2位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 株式会社エーエムカンパニー 150万株 55.56%
2 中西 正文 120万株 44.44%
合計   270万株 100.00%
■その他情報
手取金の使途 連結子会社である株式会社Kids Smile Projectへの投融資資金に充当する予定
関係会社 株式会社Kids Smile Project (連結子会社) 幼児教育事業
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 -年-月-日
割当先
発行価格
◆「Kids Smile Holdings」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
野村證券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

Kids Smile Holdingsの銘柄紹介

 同社グループは、子会社の経営管理を主な事業内容とする同社と認可保育所・プレスクール一体型保育所(認可外保育施設)の運営を主な事業とする連結子会社1社((株)Kids Smile Project)により構成されており、次世代を担う子どもたちを育成する保育と幼児教育を主な事業として営んでいる。

 同社グループの事業は「幼児教育事業」のみの単一セグメントとなっており、同社グループは、首都圏を中心に、自治体より認可を受けた保育施設46施設、同社グループが独自に運営しているプレスクール一体型保育所4施設のほか、幼児教室1施設を運営している。

 2015年4月より「子ども・子育て支援新制度」が本格施行され、当該制度のもと、公的に認可等を受けて運営される保育施設は、施設型給付費を受ける施設(認可保育所、認定こども園、幼稚園)と地域型保育給付を受ける施設(小規模保育、家庭的保育等)に区分されることとなった。同社グループが運営する認可保育所には、施設型給付を受ける認可保育所と、小規模保育所がある。

(1)認可保育所(46施設):児童福祉法に基づき、国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士等の職員数、給食設備、防災管理、衛生管理等)を満たし、都道府県知事等に認可された児童福祉施設。同社グループは、国及び自治体が負担する施設型給付費を委託費として交付を受ける認可保育所を43施設運営している。

 また、小規模保育所の3施設は、子ども・子育て支援新制度のもとで、市区町村の認可事業として新たに創出された保育制度(6~19名定員施設)であり、利用者(保護者)からの保育料及び自治体より地域型保育給付の交付を受け運営している。

(2)認可外保育施設(4施設):児童福祉法に基づき届け出を行っているが認可を受けていない、子どもを預かる施設。また、幼稚園以外で幼児教育を目的とする施設において、おおむね1日4時間以上、週5日、年間39週以上施設で親と離れることを常態としている場合も、認可外保育施設に含まれる。認可外保育施設は、利用者(保護者)からの利用料により運営している。

[認可保育所・認可外保育施設の事業モデル]

 認可保育所・認可外保育施設については、利用者(保護者)との契約関係が異なり、その結果保育料等の収受形態も異なっている。

(1)認可保育所

 利用者(保護者)との直接的な契約関係と、自治体との契約関係の2つに分かれる。利用者が支払う保育料は園児の年齢や保護者の所得水準等に応じ決定されており、自治体による法定代理収受により、自治体が徴収、同社に施設型給付として支払われる。

 一方、延長料金及び小規模保育所における保育料等については、利用者と直接利用契約を締結し、利用者からも徴収している。

(2)認可外保育施設

 利用者(保護者)との直接的な契約関係のみであり、自治体との契約関係はないため、利用者と直接利用契約を締結し、利用者から基本保育料、延長保育料や各種サービス利用料を徴収している。

Kids Smile Holdingsの投資のポイント

 保育士不足などがネックとなっているものの、待機児童解消に向けた政策の追い風が期待され、保育所運営企業のIPOは根強い人気がある。類似企業の初値結果を見ると、2018年3月上場で公開規模14.7億円のSERIO HD<6567>が公開価格比+130.3%、2018年12月上場で同7.7億円のテノ.HD<7037>が+25.0%(この時期のIPOは全般に初値不調だった)、2019年12月上場で同20.1億円のglobal bridge HD<6557>が+49.4%などとなっている。

 同社について見ると、公開規模はやや軽量感に乏しい水準だがgbHD並み。今期減益予想となっている点はネガティブ視される可能性があるものの、gbHD同様に公開価格の1.5倍近くまで初値を伸ばす可能性はあるだろう。

 同社グループは、2019年12月末で首都圏を中心に、自治体より認可を受けた保育施設46施設、独自に運営しているプレスクール一体型保育所4施設のほか、幼児教室1施設を運営している。都県別の認可保育所数は東京都39施設、神奈川県5施設、愛知県2施設。在籍園児数は認可保育所2,413人、認可外保育施設320人の計2,733人。

 創業以来、幼児期の成長に必要なアクティブ・ラーニングに積極的に取り組んでおり、同社オリジナル教育プログラム「KID'S PREP. PROGRAM」を全園で提供するとともに、モンテッソーリプログラムなど世界の様々な教育プログラムを積極的に取り入れている。英語やモンテッソーリ、体操、受験対策に力を入れた幼児教室の新展開や、就学児を対象とする学童・アフタースクールの展開など対象年齢層の拡大等を進めていく方針。

 業績面について、2020年3月期は売上高が前期比32.3%増の70.4億円、経常利益が同25.9%減の14.5億円と増収減益の見通しとなっている。認可保育所14園及び幼児教室1園の新規開設による在籍園児数及び補助金収入の増加を見込む。期末の施設数は認可保育所46、プレスクール一体型保育所4、幼児教室1となる。

 ただ、営業損益段階では5.8億円の赤字(前期は1.3億円の赤字)となる見通し。認可保育所は、開設時には3歳から5歳児等が必ずしも定員を満たさない場合があるため、開設初年度から数年間は営業赤字になる可能性があり、年々改善される傾向にあるという。

 想定仮条件水準の今期予想PERは8倍前後で、gbHDの2020年12月期予想ベースのものとほぼ同水準になる。

 公開規模については20億円前後となる見込み。中西正文社長とその資産管理会社が発行済株式の全てを保有しており、既存株主の売り圧力を警戒する必要はないだろう。また、3月はIPOラッシュの様相を呈しつつあるが、3/4に同時上場する企業はない。直前のIPOは3/2、国内初の「スピンオフ上場」として注目されるカーブスHD<7085>となる。その株価動向が同社の初値形成にも影響を及ぼす可能性はありそうだ。

◆「Kids Smile Holdings」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
野村證券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ