配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年4月9日 ザイ・オンライン編集部

クリーク・アンド・リバー社(4763)、増配を発表し、
年間配当は10年で16倍、配当利回りも2%にアップ!
2021年2月期は“10期連続増配”で「1株あたり16円」に

クリーク・アンド・リバー社は、2021年2月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年4月9日の15時10分に発表した。これにより、クリーク・アンド・リバー社「連続増配期間」は"9期"から"10期"に更新される見通しとなった。

クリーク・アンド・リバー社は、TV・映像、ゲーム、Web、広告・出版といった分野で、人材派遣や紹介、プロデュースなどを手掛ける会社。クリーク・アンド・リバー社は、TV・映像、ゲーム、Web、広告・出版といった分野で、人材派遣や紹介、プロデュースなどを手掛ける会社。
拡大画像表示

 クリーク・アンド・リバー社が発表した2020年2月期の決算短信によると、2021年2月期の予想配当は「1株あたり16円」となっている。なお、クリーク・アンド・リバー社は期末配当による年1回の配当を基本方針としている。

 クリーク・アンド・リバー社の2020年2月期の配当は「1株あたり15円」だったので、前期比で「1円」の増配となる。今回の増配発表によって、クリーク・アンド・リバー社の配当利回り(予想)は1.94%⇒2.07%にアップした。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 クリーク・アンド・リバー社の2021年2月期の業績予想は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を織り込んでいないという前提で「増収増益」の予想となっている。年間配当額は業績と必ずしも連動するわけではないが、業績が大きく下がると配当に影響する可能性も高いので、今後の開示情報には注意しておいたほうがいいだろう。

 また、本日の「決算短信」や「自己株式の取得」の発表を受けて、クリーク・アンド・リバー社の株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、当日の終値772円より147円も高い919円(+19.04%)を記録している。明日以降の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

クリーク・アンド・リバー社の過去12期の配当の推移は?

クリーク・アンド・リバー社(4763)の過去12期の配当の推移
年間配当額   年間配当額
2010/2 1円 2016/2 8円
2011/2 1円 2017/2 9円
2012/2 2円 2018/2 11円
2013/2 4円 2019/2 12円
2014/2 5円 2020/2 15円
2015/2 7円 2021/2 16円
(予想)

 クリーク・アンド・リバー社は2012年2月期から連続増配を継続している。そのため、2021年2月期の配当が予想通りに実施されれば”10期連続増配”を達成することになる
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト15![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、20期連続増配で利回り5%の「三菱UFJリース」など、おすすめの増配銘柄を紹介

 さらに、クリーク・アンド・リバー社の配当額の伸び具合にも注目しておきたい。連続増配が始まる直前の2011年2月期から2021年2月期までの10年間で、クリーク・アンド・リバー社の年間配当額は「1株あたり1円」から「1株あたり16円」まで、なんと16倍に増加している。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 しかも、配当が増えているということは業績が好調な証拠でもある。実際に、クリーク・アンド・リバー社の株価は2011年2月の終値149.5円から2020年1月に記録した年初来高値の1218円まで、8.1倍にまで上昇している。なお、「コロナ・ショック」で株価は下落しているものの、それでも本日(2020年4月9日)の終値は772円なので、2011年2月の終値から5.1倍に上昇した水準で推移している。

■クリーク・アンド・リバー社(4763)の株価チャート/月足・10年

クリーク・アンド・リバー社の配当利回りは?

 クリーク・アンド・リバー社の2020年4月9日時点の株価(終値)は772円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※クリーク・アンド・リバー社の配当利回り】
株価:772円
年間配当額:16円
配当利回り=16円÷772円×100=2.07%

 クリーク・アンド・リバー社の配当利回りは2.07%。2020年3月の東証1部の平均利回りは2.41%(配当実施企業のみ)なので、クリーク・アンド・リバー社の配当利回りは「低め」と言えるだろう。なお、クリーク・アンド・リバー社は株主優待を実施していない。

クリーク・アンド・リバー社は、TV・映像、ゲーム、Web、広告・出版といった分野で、人材派遣や紹介、プロデュースなどを手掛ける会社。医療分野や会計・法曹分野へも事業を展開中。2021年2月期(通期)の連結業績予想は、売上高21.4%増、営業利益24.8%増、経常利益23.6%増、当期利益17.7%増と好調(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト15![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、20期連続増配で利回り5%の「三菱UFJリース」など、おすすめの増配銘柄を紹介

クリーク・アンド・リバー社
業種 コード 市場 年間配当額
サービス業 4763 東証1部 16円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
772円 100株 7万7200円 2.07%
【※クリーク・アンド・リバー社の最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年4月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。