ダイヤモンドZAi最新記事
2012年9月27日 ザイ編集部

第一四半期の業績が絶好調なのに、
まだ上方修正していない銘柄を狙え!

 2月、3月決算企業の第一四半期の業績が出揃った。よ~く調べてみると、業績がいいのにもかかわらず、上方修正を発表しなかった企業が結構あるのだ! これはオイシイかも。

 株式市場では、上方修正を発表した途端、株価が急騰!なんてことはよくある話。であれば、先取りで仕込んでおけば・・・。

 昨年度でいくと、ドラッグストアなどを展開している「薬王堂(3385)」という企業が好例だ。12年度の営業利益の通期予想は9億1000万円。第一四半期の営業利益は6億5900万円、通期予想のなんと69.7%にあたる進捗率だったのだ。ここから順調に利益を拡大していき、1年の間に3回もの上方修正を発表した。そのたびに株価は上昇し、1年で2倍になったのだ(下図参照)。

 ただし、「進捗率だけを見るのではなく、前年同期比や、前の四半期と比べることが大切」とフィスコの中村孝也氏は語る。そこで、前年同期よりも明らかに利益が増えているのであれば上方修正の可能性は高いとも。

中村さん注目の銘柄とは?

 では、どんな銘柄が注目なのか。中村さんに選んでもらった。

★がん治療の最先端を日夜研究している
テラ2191)→中間期進捗率162.5%!
がんワクチン療法の一つである樹状細胞ワクチン療法の研究開発が中心。病院に独自のがん」治療技術「アイマックスがん治療」の提供を行っている。このノウハウは一朝一夕では蓄積できないので、競合他社が少ないのが魅力。

★カット野菜の卸売業界第一位
デリカフーズ3392)→第一四半期進捗率26.6%
ファストフード向けにカット野菜などを卸している。17年までに物流拠点を国内で14か所まで増やす計画がある。これが成功すれば、北海道などにも物流の拠点が完成し、国内全エリアをカバーできる!

 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、このほかの推奨銘柄も掲載しています。上方修正する前の今がチャンス! お早めに、本誌でチェックしてください。