配当【増配・減配】最新ニュース!
2021年6月28日 ザイ・オンライン編集部

「7月に権利が確定する株」の配当利回りランキング!
増配予想で利回り3.7%の「積水ハウス」、利回り2.9%
の「クロスプラス」など、おすすめの高配当株を紹介!

2021年7月に権利が確定する銘柄の
「配当利回りランキング」を公開!

 約3800社ある上場企業のうち、2021年7月に「配当」の権利が確定するのは「7月決算会社(期末配当)」か「1月決算会社(中間配当)」のいずれかで、該当する企業は約100社も存在する。これでは配当の権利が確定する銘柄や、その銘柄の配当金、配当利回りなどを調べて、どの銘柄に投資するのがお得なのかを把握しておくのは非常に困難だ。

 そこで、ザイ・オンラインでは2021年7月に配当の権利が確定する銘柄について、年間配当額や配当利回り、増配の有無などを調査し、「配当利回り」の高さでランキングを作成! その中で、調査時点の配当利回りが2021年5月の東証1部の平均利回り(1.86%、配当実施企業のみ)を上回る「高配当株」上位15銘柄を紹介していく(なお、配当利回りや最低投資額などのデータは2021年6月23日の終値で算出)。
【※関連記事はこちら!】
【7月の株主優待の内容と利回りを調査(2021年版)】ラーメンの丸千代山岡家、稲葉製作所など人気銘柄のほか、新設される優待、高利回りの記念優待も紹介!

 ただし、何らかの要因で株価が急落して「高配当」になっている銘柄などもある可能性には要注意。念のため、今回のランキングでは「配当額>純利益」で「配当性向が100%」を超えていたり、「純利益がマイナス(赤字)」となっていたりする銘柄は除外しているが、「配当利回りの高さ」だけでなく、直近の業績予想や開示情報にも目を通すようにしよう。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 なお、このランキング表のあとに「前期比『増配予想』株の配当利回りランキング!」も掲載しているのでお見逃しなく!
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト20![2021年最新版]31期連続増配の「花王」、22期連続増配で利回り4%超の「三菱HCキャピタル」など、おすすめ増配銘柄を紹介
配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

■7月に権利が確定する高配当株ランキング! ベスト15
 (2021年6月23日時点)

  配当利回り
(予想)
1株あたり
年額(予想)配当金

(7月確定額)
増減配
(予想、前期比)
株主優待 権利付き
最終日
最低投資額
1位  積水ハウス(東1/名1・1928)
3.77% 86円(43円) 増配 7/28 22万7650円
【※関連記事はこちら!】
積水ハウス(1928)、10期連続の「増配」を発表し、配当利回り4.17%に! 配当額は10年で4.3倍に増加、2022年1月期は前期比2円増の「1株あたり86円」に!
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
2位  クロスプラス(東2/名2・3320)
2.97% 30円(15円) 増配 7/28 10万800円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
3位  丹青社(東1・9743)
2.97% 26円(13円) 減配 7/28 8万7400円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
4位  日本駐車場開発(東1・2353)
2.95% 4.75円(4.75円) 増配 7/28 1万6100円
【※関連記事はこちら!】
日本駐車場開発(2353)、11期連続「増配」を発表し、配当利回り3.5%に! 配当額は11年で4.7倍に増加、2021年7月期は前期比0.25円増の「1株あたり4.75円」
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
5位  ウエスコホールディングス(東2・6091)
2.91% 14円(14円) 減配 7/28 4万8100円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
6位  ティーライフ(東1・3172)
2.85% 44円(29円) 増配 7/28 15万4000円
【※関連記事はこちら!】
ティーライフ(3172)、2期連続の「増配」を発表し、配当利回り3.5%に! 年間配当は2年で2.2倍に増加、2021年7月期は前期比14円増の「1株あたり44円」に!
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
7位  ゼネラルパッカー(JQ/名2・6267)
2.71% 60円(35円) 横ばい 7/28 22万1200円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
8位  プラネット(JQ・2391)
2.70% 41.5円(21円) 増配 7/28 15万3600円
【※関連記事はこちら!】
プラネット(2391)、17期連続の「増配」を発表し、配当利回り2.8%に! 配当額は17年で6.6倍に増加、2021年7月期は前期比0.5円増の「1株あたり41.5円」
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
9位  アルトナー(東1・2163)
2.64% 23円(11.5円) 横ばい 7/28 8万6800円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
10位  アルデプロ(東2・8925)
2.63% 1.5円(1.5円) 増配 7/28 5700円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
  配当利回り
(予想)
1株あたり
年額(予想)配当金

(7月確定額)
増減配
(予想、前期比)
株主優待 権利付き
最終日
最低投資額
11位  スバル興業(東1・9632)
2.53% 200円(100円) 減配 7/28 79万円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
12位  シーイーシー(東1・9692)
2.52% 40円(20円) 横ばい 7/28 15万8200円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
13位  総合商研(JQ・7850)
2.52% 20円(10円) 横ばい 7/28 7万9300円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
14位  不二電機工業(東1・6654)
2.50% 32円(16円) 横ばい 7/28 12万7900円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
15位  内田洋行(東1・8057)
2.50% 120円(120円) 横ばい 7/16 48万円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
※株価などのデータは2021年6月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 「7月に権利が確定する株」の中で、配当利回りが2021年5月の東証1部の平均利回り(1.86%、配当実施企業のみ)を上回る上位15銘柄の「高配当株」は上記の通りだ。ただし、今回のランキングでは配当性向での足切りこそしているものの、「高配当株」は「将来の減配」といったリスクが比較的高めであるのもまた事実。

 そこで、「7月に権利が確定する株」の中で、「前期比で増配予想」となっている銘柄の配当利回りランキングも作成! さきほどの「7月に権利が確定する高配当株ランキング」と比べて配当利回りは全体的に低くなるが、その分、リスクは抑えられていると考えていいだろう。

 また、表には年間の「配当回数」も記載した。「配当回数」が「年1回」の銘柄は、「7月の権利確定分」がそのまま「年間配当額」となるため、効率的に配当がもらえると言える。それではさっそく見ていこう!

■7月に権利が確定する、前期比「増配予想」株の
 配当利回りランキング! ベスト10

 (2021年6月23日時点)

  配当利回り
(予想)
1株あたり
年額(予想)配当金

(7月確定額)
配当回数
(予想、前期比)
株主優待 権利付き
最終日
最低投資額
1位  積水ハウス(東1/名1・1928)
3.77% 86円(43円) 年2回 7/28 22万7650円
【※関連記事はこちら!】
積水ハウス(1928)、10期連続の「増配」を発表し、配当利回り4.17%に! 配当額は10年で4.3倍に増加、2022年1月期は前期比2円増の「1株あたり86円」に!
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
2位  クロスプラス(東2/名2・3320)
2.97% 30円(15円) 年2回 7/28 10万800円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
3位  日本駐車場開発(東1・2353)
2.95% 4.75円(4.75円) 年1回 7/28 1万6100円
【※関連記事はこちら!】
日本駐車場開発(2353)、11期連続「増配」を発表し、配当利回り3.5%に! 配当額は11年で4.7倍に増加、2021年7月期は前期比0.25円増の「1株あたり4.75円」
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
4位  ティーライフ(東1・3172)
2.85% 44円(29円) 年2回 7/28 15万4000円
【※関連記事はこちら!】
ティーライフ(3172)、2期連続の「増配」を発表し、配当利回り3.5%に! 年間配当は2年で2.2倍に増加、2021年7月期は前期比14円増の「1株あたり44円」に!
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
5位  プラネット(JQ・2391)
2.70% 41.5円(21円) 年2回 7/28 15万3600円
【※関連記事はこちら!】
プラネット(2391)、17期連続の「増配」を発表し、配当利回り2.8%に! 配当額は17年で6.6倍に増加、2021年7月期は前期比0.5円増の「1株あたり41.5円」
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
6位  アルデプロ(東2・8925)
2.63% 1.5円(1.5円) 年1回 7/28 5700円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
7位  稲葉製作所(東1・3421)
2.13% 32円(19円) 年2回 7/28 14万9700円
【※関連記事はこちら!】
稲葉製作所(3421)、特別配当による「増配」を発表し、配当利回り2.1%に! 年間配当は1年で1.2倍に増加、2021年7月期は前期比6円増の「1株あたり32円」に!
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
8位  大和コンピューター(JQ・3816)
1.49% 16円(16円) 年1回 7/28 10万7000円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
9位  シーアールイー(東1・3458)
1.44% 23円(23円) 年1回 7/28 15万9600円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
10位  アルチザネットワークス(東2・6778)
1.09% 17円(17円) 年1回 7/28 15万4600円
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
※株価などのデータは2021年6月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 「前期比で増配予想」という条件を付け加えたことで配当利回りは全体的に低くなったが、よく見ると、3位の「日本駐車場開発」や6位の「アルデプロ」などは配当が年1回(7月のみ)となっている。そういった銘柄は年2回の配当を実施している銘柄よりも、「7月の権利確定分」の利回りが高い可能性もあるので注目しておきたい。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

2021年7月末が「権利確定日」の銘柄は
7月28日(水)の「権利付き最終日」に保有しておこう!

 最後に、2021年7月の「権利確定日」と「権利付き最終日」を忘れずに確認しておこう。「権利確定日」が2021年7月末の場合、「権利付き最終日」は2021年7月28日となるので、7月28日に株を保有しておくようにしよう。なお、7月20日が「権利確定日」の「内田洋行」は7月16日が「権利付き最終日」になるので要注意!

 ちなみに、高配当株には「『権利付き最終日』の翌日の『権利落ち日』に株価が下落」しやすい傾向もあるため、「権利付き最終日」直前に株を購入して配当の権利を得ても、「権利落ち日」に株価が下落して配当以上に損をする可能性もあるので注意しておこう。その傾向を逆手に取って、長期保有する前提であれば「権利落ち日」に購入することも検討してみよう。
【※関連記事はこちら!】
【7月の株主優待の内容と利回りを調査(2021年版)】ラーメンの丸千代山岡家、稲葉製作所など人気銘柄のほか、新設される優待、高利回りの記念優待も紹介!