ダイヤモンドZAi最新記事
2014年11月29日 ザイ編集部

業績よりもニュースで株価が動く今、
損せず株で儲けるために重要なこととは?

金融緩和の発表や消費増税の延期など業績と言うよりはニュースで株価が大きく動いている今、株で儲けるために重要なのが「株価チャート」のサインを見て売買をすること。今回は株価チャートのベースとなるローソク足の見方を紹介しましょう。

チャートから株価の今後が見えてくる!
チャートのサインでの売買が儲ける近道

 株主優待ランキングの大特集が掲載されているダイヤモンド・ザイには、保存版の別冊付録「マンガとイラストでわかる!株価チャート入門」がついている。今回はこの中から、株価チャートのローソク足のサインについて紹介しよう。

 株価チャートとは、株価のこれまでの動きを記録したグラフのことです。ちなみに「チャート(chart)」とは、もともと「海図、水路図」という意味で、航海にはなくてはならないモノ。株式投資の大海原に繰り出すアナタにとってはマストアイテムであり、頼もしい味方なのです。

 「でも、なんだかめんどくさそう。見なくてもいいでしょ?」

というモノグサな人もいるでしょうが、株価チャートを見ないで株の売買をするのはオススメできません。というのも、ここに示したように、株価チャートには実に多くのメリットがあるからです。

 

 どんな投資家がどういう態度(売りとか買いとか)で売買してきたのか、その売り買いの強さはどのくらいだったのか、その結果として現状はどうなっているのかなどの情報が詰まっているのです。しかも、ここが最も大切なのですが、「株価の未来」までわかってしまうのです。

 「でも、株価チャートって過去の情報でしょ。未来がわかるわけがない」と懐疑的なアナタ、「歴史は繰り返す」とか「二度あることは三度ある」という諺はご存知でしょう。そう、株の売買でも、過去に起きたことはまた起こる可能性が高いのです。

 株価チャートで過去に起きた値動きを検証し、そこから導き出された売買サインを使えば、100%とはいかなくても高い確率でトレードを成功させることができる。

 これが株価チャートの最大の魅力なのです。

始値、終値、高値、安値の4つを1度に表現!
上昇や下落の力や投資家心理も一目瞭然

 ローソク足は江戸時代に日本で発明されました。その優秀さが評価され、今では海外でも「キャンドルチャート」という名前で幅広く用いられています。

 ローソク足のどこが優秀なのか。それは1本の棒を見れば、トレードに大切な4つの株価(始値、高値、安値、終値)と、値上がったのか値下がったのかがすぐわかる点です。

 図はローソク足の基本図形を示したもの。ローソク足には2種類あり、白いローソク足を「陽線」、黒いローソク足を「陰線」といいます。ローソク足は「胴体(長方形の部分、本体ともいう)」と、胴体から上下に伸びている線(ヒゲといいます)の部分からできています。陽線と陰線とでは始値と終値の位置が逆になります。

 つまり、陽線は下辺から上辺に上昇している動きを示し、陰線はその逆になるのです。上のヒゲの最上端がトレード期間中の高値、下ヒゲの最下端が安値を示すのは陽線も陰線も同じです。

 ローソク足で最も注目すべきは、その胴体の長さ。ローソク足の胴体が長いほど、投資家の関心が高く、上昇(または下落)のエネルギーが強くなっていることを示します。逆に、ローソク足が短くなってくるほど、投資家の関心は弱まり、上昇や下落の勢いは弱まってきます。

 ヒゲも胴体同様に売り買いのエネルギーや、投資家の心理(驚きや嘆きなど)を示します。ただ、それが一時的なものだったから胴体にならず、ヒゲになっている点は心得ておくべきでしょう。買いや売りのサインなどの代表的なローソク足の形を示したので覚えておきましょう。