節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

新社会人&学生におすすめの「キャッシュレス決済」を
紹介! 中高生は交通系電子マネー、大学生は国際ブラ
ンドデビット、社会人はクレジットカードがおすすめ

2023年4月14日公開(2023年6月5日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 新年度がスタートしました。新社会人になったり、中学校や高校、大学に進学したり、異動などで引っ越しをしたりと、環境が大きく変わった人も多いと思います。環境が変わったタイミングで行いたいのが“決済手段の見直し”です。

 生活スタイルや生活するエリアによって、最適な決済手段は変わります。たとえば、引っ越しを機によく足を運ぶ店が変わった場合、ポイントを貯めやすい電子マネーが、WAONからnanacoに変わった――なんてことは、よくある話です。

 学生から社会人になれば、お金を使う機会は増え、金額もまた増えることになります。経費の立て替えなどで、まとまった金額を使う場面もあるかもしれません。そのため、社会人はクレジットカードを持ったほうがベターです。

 また、進学に伴って活動範囲が広がったわが子に対し、どのような形でお小遣いをあげるのがベストか、悩んでいる親御さんもいると思います。住んでいる場所、学校のあるエリアによっては、現金だけだとかえって不便なケースもあるでしょう。その場合、現金と電子マネーなどを組み合わせてお小遣いとするのがよさそうです。

 以下では、中学生・高校生、大学生、新社会人にそれぞれおすすめしたいキャッシュレス決済をピックアップしていきます。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(プラチナカード部門で「三井住友カード プラチナプリファード」が選出)

【中高生におすすめのキャッシュレス決済】
お小遣いの一部を電子マネーやコード決済にすれば、履歴をたどれる!

 まずは、中高生におすすめのキャッシュレス決済を紹介します。

 子どもが中高生になったタイミングで、お小遣いを増額する家庭は多いものです。中高生のお小遣い事情に関しては、さまざまな調査主体がアンケートをとっていますが、それらによると、毎月定額を渡す家庭が一般的で、金額は中学生が1000~3000円程度、高校生は5000円程度のようです。

 子どもが中学生になったばかりの頃などは、お小遣いの使い方について、親が不安を覚えることもあるでしょう。当然ながら、お金を使うことに慣れていない子どもは、金銭感覚が未熟です。月初めにお小遣いをもらい、数日で使い果たしてしまうこともあるかもしれません。お金を使うことに慣れるまでは仕方ないですが、いつまで経ってもその調子で、「何に使ったかよくわからないけど、すぐなくなってしまう」という状態のようでは困ります。

 そんなときにおすすめしたいのが、お小遣いの一部を電子マネーやコード決済(PayPayなど)で渡すことです。

 原則として、お小遣いを使ったら、支出の内訳をお小遣い帳などに記録するのがベスト。そうすれば、何にどれだけのお金を使ったのかがわかります。今は無料のお小遣い帳アプリもたくさん出ています。ただ、固い意志を持って記録し続けることができるのは、恐らく少数派でしょう。大人でも、家計簿を継続できない悩みを持つ人が多いことを考えれば、それも無理のない話だと言えます。

 その点、電子マネーやコード決済は、自動的に利用履歴が記録されるので、自分で記録する手間がかかりません。たとえば、交通系電子マネーのSuicaは、ネット経由やアプリのほか、駅の券売機でも利用履歴を確認できます。WAONであれば、イオン各店に設置の端末などで確認が可能。基本的に、お小遣いは子どもが自由に使っていいものですが、あまりにもすぐにお小遣いを使い果たしてしまう場合、親が利用履歴をチェックし、お金の使い方について子どもと話し合うのも手でしょう。

 なお、お小遣い用の電子マネーとしては、SuicaやPASMOといった交通系電子マネーがもっともおすすめです。利用範囲が幅広く、多くの人にとって使い勝手が良いためです。その他、各自の利便性に合わせてWAONやnanacoなどを選んでもいいでしょう。PayPayのようなコード決済は、親子で持っていると送金が簡単なので、選択肢に入れてもいいかもしれません。

 電子マネーの場合、決まったタイミングで定額をチャージして渡すルールにしますが、お小遣い初心者には、週1回ペースで渡すのもおすすめです(ただし、電子マネーの最低チャージ額は、500円単位などと設定されている場合が多いです)。

 一般的に、月1回ペースでお小遣いを渡す家庭が多いですが、子どもがお金を使うことに慣れてきたら、少しずつ間隔を開けていくのもいいでしょう。たとえば、月に1回3000円のお小遣いを渡していたところを、2カ月に1回6000円のお小遣いを渡すようにする。子どもからすると、やりくりする期間が長くなるので、計画的にお金を使わないと、お小遣いがない期間が長くなってしまいます。

 子どものうちからムダ遣いをせず、計画的にお金を使う習慣をつけてもらうために、こうした工夫をしてみるのも一案です。
【※関連記事はこちら!】
「PayPayポイント」の貯め方や還元率を詳しく紹介! PayPayポイントと、TポイントやPontaポイントなどの共通ポイントの比較、ポイ活の今後の展望を解説!

【大学生におすすめのキャッシュレス決済】
国内外で使える国際ブランドデビットでカード決済に慣れよう!

 大学生になると、さらに行動範囲は広がり、お金を使う機会は多様化します。国内外へと旅行する機会も増えるでしょう。そうなると、決済手段は電子マネーのほか、割り勘などの機能が便利なコード決済や、国際ブランド付きのデビットカードを持つのがおすすめです。なかでも、国際ブランドデビットカードは、クレジットカードと同じような感覚で使えるので、クレジットカードを使う予行練習にもなります。

 そもそもデビットカードとは、買い物で利用したお金が、銀行口座からタイムラグなしで引き落とされる決済手段のこと。発行元は銀行です。クレジットカードと異なり、デビットカードはそもそも銀行口座にお金が入っていなければ使えないので、無計画なムダ遣いで身をほろぼすリスクが小さくなります。

 デビットカードには、J-Debitと呼ばれるタイプと、国際ブランドデビットの2種類があります。前者は、銀行のキャッシュカードを決済にそのまま用います。後者はキャッシュカードと一体化したタイプと、デビット単体のタイプがありますが、いずれも紐づけた銀行口座から決済した金額が引き落されます。さらに、Visaのようなクレジットカードの国際ブランドが付帯します。

 J-Debitは利用範囲がかなり限られていますが、国際ブランドデビットは、利用範囲が広いのがメリットです。たとえば、Visa付帯のタイプの場合、クレジットカードのVisaが使える場所であれば、国内外を問わず使えます(一部を除く)。よって、使える場所がわかりやすいとも言えるでしょう。なお、国際ブランドが付帯していても、クレジットカードと違って信用力を問われるものではないので、15歳以上の高校生から持つことができます。

 デビットカードの国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBが一般的ですが、どれでも好きなものを選べばOK。今はメガバンクや主要ネット銀行など、多くの銀行が国際ブランドデビットカードを発行しています。

 すでに利用している銀行でデビットカードを発行してもらうのが早道ですが、銀行によっては、国際ブランドデビットに年会費を設定している場合も。年会費は初年度だけでなく、永年無料の国際ブランドデビットを選ぶようにしましょう。

 また、デビットカードで買い物をするとポイントが貯まりますが、ポイント還元率も、カードごとに異なっています。年会費無料でポイント還元率が比較的高い、ソニー銀行のSony Bank WALLETや、あおぞら銀行 BANK支店のデビットカード(ともに国際ブランドはVisa)あたりがおすすめです。
【※関連記事はこちら!】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Sony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
【あおぞら銀行 BANKの金利・手数料・メリットは?】普通預金金利が「0.20%」と定期預金レベルでお得! ゆうちょ銀行ATMなら、週末でも出金手数料が無料に

 そのほか、カードによっては、特定の場所で割引などの特典が受けられるものも。たとえば、イオン銀行が発行するデビットカードは、お客さま感謝デーに5%割引の優遇が受けられたり、イオンシネマが割引になったり、といった特典があります。よく利用する場所でお得になるかどうか、という観点も、デビットカードを選ぶうえでは重要でしょう。
【※関連記事はこちら!】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須! 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ

【新社会人におすすめのキャッシュレス決済】
年会費無料や高還元など、メリット大のクレジットカード3枚を紹介!

 社会人になっても、後払い式のクレジットカードだとムダ遣いが増えそうで不安、ということであれば、国際ブランドデビットカードをメインで使うのもいいでしょう。ですが、前述のように経費の立て替えなどが発生しそうであれば、クレジットカードがあると便利です。

 私が新社会人の方におすすめしたいのは、以下のクレジットカードです。

Oliveフレキシブルペイ
リクルートカード
JCB CARD W

 Oliveフレキシブルペイは、前回のこの連載でも取り上げた、SMBCグループの新しいキャッシュレス決済です。キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード、ポイント払いの機能が1枚に集約されていて、切り替えは連動するアプリで行います。カードの枚数を増やしたくない人にうってつけなので、三井住友銀行のユーザーなら、クレジットカードを選ぶときの本命にするといいでしょう。

 クレジットカードのタイプは一般カード、ゴールドカード、プラチナプリファードの3種類。クレジットカードを使ったことがない新社会人であれば、まずは年会費が永年無料の一般カードからスタートします。

 ちなみに、クレジットカードを使い、遅滞なく返済することを繰り返すと、ユーザーの信用力が上がっていきます。信用力が高くなると、よりハイレベルなクレジットカードを作れるようになっていき、さまざまな特典を享受できるようになります。

 Oliveフレキシブルペイを買い物に使うと、Vポイントというポイントが貯まります。一般カードの場合、ポイント還元率は0.5%と、そこまで高くはありませんが、Vポイントは近々共通ポイントのTポイントと統合する予定で、利便性の高さではほかのポイントに引けを取らないでしょう。

 また、カード表面にカード番号などの重要情報が記載されない、ナンバーレスカードである点も魅力的です。
【※関連記事はこちら!】
3月スタートの「Olive(オリーブ)」の特徴やメリットは? クレカやキャッシュカードが1枚に集約されたフレキシブルペイでTポイントと合併予定のVポイントが貯まる!

 続いて紹介するリクルートカードは、年会費が永年無料で、ポイント還元率が1.2%という高還元で知られる一枚です。じゃらんやホットペッパービューティーといった、リクルートのポイント参画サービスで決済すると、最大4.2%まで還元率がアップ。しかも、貯まったリクルートポイントは、使える場所が多い共通ポイントのPontaと交換できるので、非常に利便性が高いと言えます。

 年会費無料カードの場合、ポイント還元率は1%あれば高いほうなので、1.2%は破格。新社会人になったら、ポイ活したい人におすすめです。
【※関連記事はこちら!】
「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由! nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!

リクルートカード
還元率 1.2%
「リクルートカード」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、nanacoモバイル、ICOCA楽天Edy
※毎月合計3万円のチャージ分まで。ICOCAと楽天Edyへのチャージでポイントが付与されるのはVISA、Masterのみ。
関連記事 「リクルートカード」の2枚持ちが攻守最強の理由!nanacoや楽天Edyのチャージでも還元率1.2%で、年会費無料、ETCカードも無料とメリット尽くし!
「リクルートカード」の公式サイトはこちら

 最後に紹介するのはJCB CARD W。申し込めるのは18歳以上39歳以下という、若い人向けのクレジットカードで、JCBのエントリーカードのような位置づけです。Oliveフレキシブルペイと同じく、スタイリッシュなナンバーレスカードである点も特徴と言えます。

 年会費は無料で、基本の還元率は1%。ただし、セブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2%となり、スターバックスでは「スターバックスカード」へのチャージをすることで、還元率は5.5%までアップします。還元率アップの場所やサービスをよく利用する人には、かなりお得な一枚です。
【※関連記事はこちら!】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~5.5%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!

JCB CARD W(ダブル)
還元率 1.0~10.5%
※貯まったOki Dokiポイントを「JCB PREMO」に交換した場合の還元率。
「JCB CARD W(ダブル)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~10.5%のJCBの入門カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W(ダブル)」の公式サイトはこちら

 お店やサービスごとに、お得になるクレジットカードはさまざまなので、気づくとクレジットカードが増えていた、なんて事態も起こりがちです。保有するクレジットカードはメインカードとサブカードの2枚程度に抑え、使わなくなったら解約して持ちすぎないようにすると、無駄に年会費を払ったり、紛失に気付かず、いつの間にか悪用されてしまったり――といったリスクを回避できるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(プラチナカード部門で「三井住友カード プラチナプリファード」が選出)

(取材/元山夏香)

風呂内亜矢(ふろうち・あや)[ファイナンシャル・プランナー]
一級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士。会社員だった26歳のとき、貯蓄80万円でありながら自宅用としてマンションを衝動買い。物件価格以外にも費用がかかることを知り、あわててお金の勉強と貯蓄を開始。年間貯蓄額を一年で6倍まで増やす。その後、自身の体験を活かしてマンション販売会社に転職。年間売上一位の実績を上げる。2013年、ファイナンシャル・プランナーとして独立。著書は『超ど素人がはじめる資産運用』(翔泳社)、『デキる女は「抜け目」ない』(あさ出版)、『ケチケチせずにお金が貯まる法見つけました!』(王様文庫)など多数。日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中⇒https://www.youtube.com/c/FUROUCHIvlog/

【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2024年5月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBI新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.15%
(※1)
0.40%
(※2)
0.35% 0.50%
【SBI新生銀行のおすすめポイント】
「ステップアッププログラム」のステージが「ダイヤモンド」の場合は普通預金金利が0.15%に大幅アップ! しかも「ダイヤモンド」は、SBI証券との口座連携サービス「SBI新生コネクト」を利用するだけで簡単に到達でき、他行あて振込手数料が月50回まで無料になる特典なども受けられてお得! そのほか、新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」なら、3カ月もの定期預金の金利が1.00%、1年もの定期預金の金利が0.40%に大幅アップ! また、2023年10月2日からは、他行からの振込入金などで現金がもらえる「キャッシュプレゼントプログラム」もスタート。
※1「ステップアッププログラム」でダイヤモンドの場合の金利。なお、SBI証券との口座連携サービス「SBI新生コネクト」を利用すると翌々月からダイヤモンドに到達可能。※2 新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利。
【関連記事】
【SBI新生銀行の金利・手数料・メリットは?】SBI証券との口座連携「SBI新生コネクト」の利用で、普通預金金利アップ&振込手数料が月50回まで無料!
「SBI新生コネクト」を利用すれば、SBI新生銀行の金利や手数料がお得に! SBI証券と口座を連携して、最上位「ダイヤモンド」ステージの特典を活用しよう!
SBI新生銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.25%
(※1)
0.45%
(※2)
0.45%
(※3)
0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
東京スター銀行を給与(バイトやパートも含む)または年金の受取口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.25%」に大幅アップするのが大きなメリット! さらに、コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与または年金の受取口座に指定した場合。※2 新規に口座開設した人限定の「新規口座開設優遇プラン スターワン円定期預金」適用時の金利。※3「スターワン円定期預金プラス(インターネット限定)」適用時の金利。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が250倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆あおぞら銀行 BANK  ⇒詳細ページはこちら!
0.20% 0.21% 0.30% 0.45%
【あおぞら銀行 BANKのおすすめポイント】
普通預金金利は0.20%と業界トップクラスなうえに、ほかのネット銀行とは違って「証券会社の口座と連携する」や「給与の振込口座に設定する」といった条件もなく金利0.20%が適用されるのがメリット! また、コンビニATMでは出金手数料が発生してしまうが、郵便局内に設置されている「ゆうちょ銀行ATM」なら365日いつでも手数料無料なほか、一部のファミリーマートなどに設置されている「ゆうちょ銀行ATM」も平日8:45~18:00、土曜日9:00~14:00は手数料無料!
【関連記事】
定期預金に匹敵する“業界No.1の普通預金金利”を実現する「あおぞら銀行 BANK」に注目! 年0.2%の普通預金金利の高さを実現できる理由が取材で判明!
【あおぞら銀行 BANKの金利・手数料・メリットは?】普通預金金利が「0.20%」と定期預金レベルでお得!ゆうちょ銀行ATMなら、週末でも出金手数料が無料に
あおぞら銀行の口座開設はこちら!
【あおぞら銀行 BANKは普通預金金利が0.20%と好金利!】
あおぞら銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆商工組合中央金庫 商工中金ダイレクト
0.02% 0.35%
※1
0.40%
※1
0.205%
【商工中金のおすすめポイント】
2024年6月28日までの期間限定で、定期預金「マイハーベスト(1年・2年・3年)」に預け入れると金利が大幅アップするキャンペーンが実施中!(※1)また、平日8~18時と土曜9~14時の時間帯は、コンビニATMでの出金手数料が何回でも無料
※1 2024年3月29日までの「定期預金キャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
定期預金の金利が高い銀行ランキング[最新版]貯金をするなら、メガバンクの100倍以上も高金利でお得な銀行を選ぶのがおすすめ!
ネット銀行おすすめ人気ランキング!【2024年版】この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
商工中金の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.05% 0.10% 0.20%
【ソニー銀行のおすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆UI銀行
0.10% 0.30% 0.35% 0.20%
【UI銀行のおすすめポイント】
2022年に東京きらぼしフィナンシャルグループが新たに開業した銀行。1年~5年もの定期預金の金利はネット銀行の中でもトップクラスに高いほか、普通預金も口座を保有している人なら誰でも金利0.10%と高金利! また、セブン銀行ATMの出金手数料は最大で月20回まで無料、他行あて振込手数料も最大で月20回まで無料でお得! 
【関連記事】
定期預金の金利が高い銀行ランキング[最新版]貯金をするなら、メガバンクの15倍以上も高金利でお得な銀行を選ぶのがおすすめ!
ネット銀行おすすめ人気ランキング!【2024年版】この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
UI銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
最大0.10%
(※1)
0.45%
(※2)
0.60%
(※2)
0.70%
(※2)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブン(セブン銀行)やミニストップ(イオン銀行)、ファミリーマート(E-net)のATMなら、出金手数料が最低でも月10回まで無料でお得なほか、他行あて振込手数料も最低で月5回まで無料なので、月に何回も振込をする人にもおすすめ!
※1 通常の0.02%分の利息に加えて、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息を受け取れる「普通預金プラス」の場合。※2「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
【関連記事】
SBJ銀行が業界No.1水準の“定期預金金利”や“手数料の安さ”を維持できる理由とは?「外資系の銀行に預金しても大丈夫?」という疑問や不安をSBJ銀行に直撃!
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.15% 0.25% 0.50%
【イオン銀行のおすすめポイント】
「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に! しかも「イオンカードセレクト」で年間50万円以上を利用するなど、一定の条件を達成すると入手できる年会費無料のゴールドカード「イオンゴールドカードセレクト」を保有すれば、無条件で「ゴールドステージ」に到達できる特典が2024年3月にスタート。「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になってお得!
※1 2024年5月9日までの「春の定期預金金利引上げキャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!普通預金金利などがアップしてさらにお得に使える!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
※1
0.02% 0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利が0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
※1「楽天証券」保有者の「マネーブリッジ」適用時。300万円を超えた分の普通預金は金利0.04%の適用。
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天銀行の口座開設はこちら!楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2024年5月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月5回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報