闇株新聞[2018年]

北朝鮮の核実験強行はほぼ確実にある!
米軍が軍事行動に出たら日本株はどうなる闇株新聞が予測する北朝鮮危機と株式相場

2017年4月24日公開(2022年3月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

4月25日は朝鮮人民軍創建の日「建軍節」です。北朝鮮が6度目の核実験を行うのではないか――緊迫の度合いが高まっています。核実験は一度準備を始めると簡単には止められないため「どこかで北は核実験を強行する」と、世界の政治経済に精通した金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が報じています。その場合、米国はどう出るのか、日本にはどんな被害が及ぶのか、そしてマーケットはどう動くのか!?

露軍部隊が北朝鮮国境に移動!?
状況はますます複雑になってきた

 これまでは習近平がトランプの要望をある程度受け入れて金正恩を自重させてきましたが、ここへきてロシアが北朝鮮に接近しており、状況がさらに複雑になってきました。

 もともと北朝鮮とは、第二次世界大戦直後にソビエト連邦(当時)共産党がでっちあげた傀儡の金日成王朝のことです。「抗日戦線の英雄」とのフレコミで朝鮮軍の前に現れた金日成は当時33歳で、実際には抗日戦線どころか実戦経験すらない若造でした。

 ところがそんな「絵に描いたような傀儡」は、ソビエト連邦が消滅した後も中国共産党の保護を受けながら3代にもわたる独裁王朝を築き上げ、現在に至ります。

北朝鮮の核実験はほぼ確実にある
日本株は瞬間的に大混乱に陥る

 北朝鮮の核実験は「ほぼ確実にある」と考えるべきで、それをきっかけに米軍が軍事攻撃に出る可能性も高くなります。日本は真っ先に北朝鮮ミサイルの標的となるだけでなく、多数の北朝鮮工作員とその協力者(大半が日本人です)による破壊活動も予想されます。

 そうなれば(被害状況にもよりますが)日本の金融市場は大混乱となるでしょう。が、さすがにそうなれば米国は容赦なく北朝鮮を攻撃しますから、戦闘は短期間で終結。日本の株式市場は一気に「あく抜け」となるはずです。

 逆に何もないまま米韓合同軍事演習が終わり(4月末までの予定)、5月9日の韓国大統領選で文在寅(親北派)が選ばれてしまうと、なかなか「あく抜け」できないことになります。それでも、そのうちそんな状況にも慣れっこになり、誰も気にしなくなるという最近の株式市場の傾向に戻るような気もします。

投資家は4月いっぱいは要警戒
それを過ぎれば強い相場が戻るか

 大半の日本人は「いくら何でもそんな極端なことにはならない」と考えているはずですが、朝鮮情勢そのものは朝鮮戦争時以来の危機であり、日本への影響となると第二次世界大戦後最大の危機であると考えておくべきです。

 警戒モードは4月いっぱい、それを過ぎると(問題は何も解決していませんが)日経平均も世界の株式市場と同様、悪材料への耐性がさらに備わってくると考えます。

闇株新聞は一貫して「今年はバブル元年」と言っています。株価だけ見るとその気配は感じませんが「悪材料が出てもいつの間にかそれを消化してしまう」相場の耐性はどんどん強くなってきています。北朝鮮危機に動きがあって一気に「あく抜け」するのか、何事もなくこれも消化してしまうのか――少なくともあと1週間、投資家は気の抜けない日々が続きそうです。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」では世界の政治経済にアンテナを張り巡らせ、時々刻々と変化する情勢を読者の皆さんにお伝えしています。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報