IPO株の攻略&裏ワザ情報!

IPO投資におすすめの証券会社をIPOの達人が伝授!
資金拘束期間やIPOの取り扱い数、抽選割合などを
比較してわかった、IPO投資に強い証券会社を公開!

2017年10月8日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

IPO株の当選確率を上げるコツをIPOの達人が紹介! 申し込み方法や抽選割合など、IPOを取り扱う証券会社を徹底比較する!

ダイヤモンド・ザイの大特集「今買う10倍株 ベスト67」では、株価10倍も夢じゃない、高い成長力を持った有望銘柄を厳選して取り上げている。

今回は、同特集の「IPOで10倍株をゲットせよ!」から一部を抜粋。IPO株を取り扱う証券会社の申込方法を熟知して、IPO株の当選確率アップを狙おう!

「ブックビルディングのときに資金が必要か」、
「抽選が先か後か」が重要!

 「IPO株の抽選に多く参加するには、資金管理が重要」と力説するのが、IPO株をメインに取引する、公務員投資家の三船達也さんだ。

 上の図が、上場が決まってからIPO株を入手するまでの流れ。一律に論じがちだが、証券会社によって、資金が必要になる時期と、ブックビルディング(BB)から後の流れが、違う点に注意したい。ポイントは、「BB時に資金が必要かどうか」と「抽選と申込のどちらが先か」だ。

 そして、その2つのポイントを整理したのが上の図の中にある、A~Dと書かれた表。矢印が長いほど資金拘束が長い。

【申込パターン】
A:ブックビルディング時に資金は不要+抽選が先
B:ブックビルディング時に資金は不要+申込が先
C:ブックビルディング時に資金が必要+抽選が先
D:ブックビルディング時に資金が必要+申込が先

 Aタイプの会社なら、抽選に当たらない限り資金が不要だが、DだとBB時から上場直前まで、ずっと口座に資金を入れておかなければならない。特に10~12月はIPOが集中するので、CやDタイプの会社ばかりだと資金が枯渇しがちだ。

 Aタイプの証券会社としては岡三オンライン証券ライブスター証券があり、CはSBI証券マネックス証券、Dはカブドットコム証券楽天証券がある。

 億超えの個人投資家で、IPOに詳しいJACKさんは、CタイプのSBI証券は「資金力がものを言う会社」と言う。

 「多くの証券会社は、申込者1人に対して、抽選権を1つ与える『1人1票制』だが、SBI証券は申込単元数が多いほど、当選確率が上がる『1単元1票制』を採用。つまり、たくさんの資金をSBI証券に集め、できる限り多くの株数を申し込んだ方が当たる確率が上がる」(JACKさん)

 また、SBI証券に家族名義の口座を持つ三船さんも「一番現金の多い口座が当たりやすい気がする」と言う。

IPOの取り扱い数や、抽選枠の割合などを比較!

 先ほどから説明している、資金の拘束期間や、抽選タイプなどをまとめたのが、下の表だ。

 まず注目してほしいのが、IPOの取り扱い数。当たり前だが取り扱い数が多いほど、申し込めるチャンスが多いということだ。

 次にチェックしたいのが、抽選への配分。店頭証券だと、抽選以外に、優良顧客(頻繁に取り引きしていたり、保有資産が多い客)に優先的に割り当てる枠があり、そちらがメインになる。一方、ネット専業の証券会社は、割り当てられたほとんどの株を抽選に回している。

 ただし、配分の割合だけで判断するのは間違いと三船さんは指摘する。「野村證券大和証券など大手の会社は、主幹事が多く、会社に割り当てられる母数自体が大きい」からだ。

 上場時は主幹事、(平)幹事、委託の順で多く株が割り当てられる。配分割合は会社によるが、多くは半数以上、場合によっては9割近い株数を主幹事が取る。であれば、割り当て5%の委託証券で100%の抽選を選ぶより、主幹事証券で10%の完全抽選枠に賭ける戦略も大アリだ。

 ちなみに主幹事に野村證券大和証券が多いのは事実だが、実はSMBC日興証券もトップ級で、先の2社に勝るとも劣らない取り扱い数だ。

(※関連記事はこちら!)
【IPO株で儲ける方法】IPO株の攻略&裏ワザ情報!
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 もう一つ、当選したらやったほうがお得な技があると三船さんは言う。

 「当選したIPO株はNISA口座に入れられるんです。値上がり益が非課税になるメリットは大きい」

 NISA口座は一つしか開けないので、都合よくそこで当たるとは限らないが、運よく当たったら、忘れずNISA口座を指定しよう。

【IPO株の取り扱い証券会社を徹底比較!】
  IPO取り扱い実績(※1) 申込
パターン
NISA
利用
2015年 2016年 2017年




◆SBI証券
81 76 46 C
※2
【抽選への配分】抽選70%、ポイント抽選30% 【抽選方式】1単元1票 【優遇抽選】落選ポイント
口座開設はこちら
◆岡三オンライン証券
10 6 5 A
【抽選への配分】抽選10%以上、優遇抽選90%未満(※3) 【抽選方式】1人1票 【優遇抽選】取引実績
口座開設はこちら
◆カブドットコム証券
18 20 15 D
【抽選への配分】抽選100%(100%でない場合は事前にHPで公表) 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆GMOクリック証券
1 2 0 B
【抽選への配分】抽選100% 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆松井証券
16 11 10 B
【抽選への配分】抽選70%、その他30% 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆マネックス証券
65 52 30 C
【抽選への配分】抽選100% 【抽選方式】1単元1票
口座開設はこちら
◆ライブスター証券
0 0 3 A
【抽選への配分】抽選100% 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆楽天証券
10 8 5 D ×
【抽選への配分】抽選100% 【抽選方式】1単元1票
口座開設はこちら
  IPO取り扱い実績(※1) 申込
パターン
NISA
利用
2015年 2016年 2017年



◆岩井コスモ証券
41 25 25 B ×
【抽選への配分】抽選(ネット)10%、店頭&電話90% 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆SMBC日興証券
72 62 45 C
【抽選への配分】抽選10%、その他90% 【抽選方式】1人1票
口座開設はこちら
◆大和証券
39 34 22 C
【抽選への配分】抽選15%、優遇抽選5%(※4)、その他80% 【抽選方式】1人1票 【優遇抽選】取引実績
大和証券の詳細サイトはこちら
野村證券
44 30 23 A
【抽選への配分】抽選10%以上、その他90%未満 【抽選方式】1人1票
野村證券の詳細サイトはこちら
◆みずほ証券
65 52 37 C
【抽選への配分】抽選10%以上、その他90%未満 【抽選方式】1人1票
※五十音順。※1 2017年の取り扱い実績は、9月末上場の銘柄まで。※2 正確には、BB時には不要だが抽選までには入金が必要。※3 預かり資産や取引実績でSとAの2階級あり。Sのみの抽選約45%、S+Aの抽選約45%。※4 取引実績や株主優待でもらえるポイント、または預かり資産などで分類のステージがいい人を優遇。

(※関連記事はこちら!)
⇒IPO銘柄で「資産10倍」を目指す銘柄発掘法を伝授!「社会の構造変化が追い風になる事業」など、初値で買っても株価が10倍になるIPO成長株の条件を公開!

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2023年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2023年1月4日時点】


【2022年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2022 2021 2020
24社
47社
26社
80社
16社
52社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
380万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2022年の主幹事数は全証券会社中で堂々のトップ! また、国内五大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねることも多い。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2022 2021 2020
13社
89社
21社
122社
15社
85社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
919万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2022年は全91社中89社と約98%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、ほとんどのIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。また、スマートフォン専用サイトでIPOの申し込みや情報確認ができるのも便利。
※SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIOの口座数を含んだSBIグループ全体の口座数。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2022 2021 2020
17社
42社
16社
49社
15社
43社
10%:1人1票の平等抽選 304万
【ポイント】
国内五大証券の一角を占める大手証券で、毎年、安定して数多くのIPOで主幹事を務めており、取扱銘柄数も毎年トップクラスなので、本気でIPO投資に力を入れる個人投資家には必須の証券会社と言えるだろう。申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、当選確率が資金量に左右されないのも資金に限りのある個人投資家にとってはメリット
※ 残あり口座数
【関連記事】
◆【証券会社比較】大和証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
大和証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2022年9月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPOの主幹事数が業界トップクラスで
2022年には24社のIPOの主幹事を務める
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天モバイル債(新発債)楽天グループ株式会社第22回無担保社債(社債間限定同順位特約付) マネックス証券の公式サイトはこちら ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード! SBI証券の公式サイトはこちら!
楽天モバイル債(新発債)楽天グループ株式会社第22回無担保社債(社債間限定同順位特約付) 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報