世界投資へのパスポート

トランプ大統領誕生で米国株に投資チャンスが到来!
「銀行」「建設」「百貨店」などが狙い目の一方、
トランプ就任がネガティブ要因になる意外な銘柄も!

2016年11月14日公開(2017年11月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

大統領選挙結果を受けた
先週の相場の総括

 先週火曜日、11月8日に米大統領選挙が実施され、共和党のドナルド・トランプが次期大統領に選ばれました。

 このニュースが伝えられると、一旦、ダウ工業株価平均指数などの先物は急落しました。ところが水曜日から金曜日にかけてのマーケットは、トランプ大統領を歓迎するカタチで、堅調な展開となりました。

 結局、先週1週間のパフォーマンスは、ダウ工業株価平均指数が+5.34%、S&P500指数が+3.79%、ナスダック総合指数が+3.76%でした。

ダウ工業株価平均指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 セクターでは、銀行、建設、ヘルスケア、百貨店などが買われました。目立ったところでは、JPモルガン・チェース(ティッカーシンボル:JPM)、マーチン・マリエッタ・マテリアルズ(ティッカーシンボル:MLM)、アムジェン(ティッカーシンボル:AMGN)メイシーズ(ティッカーシンボル:M)などが買われました。

 このうちヘルスケアが買われた理由は、薬価高騰でヘルスケア・セクターに対し厳しく責任追及すると思われていたヒラリー・クリントンが負けたことに対する安堵の表れです。だからヘルスケア株は、厳密な意味ではトランプ関連株ではありません。

 ヘルスケア・セクター以外で先週、値を飛ばした銘柄は、いずれもトランプ関連銘柄です。そこでそれらの銘柄、ないしはセクターに少し行数を割いて説明したいと思います。

【銀行】
5兆ドル規模の超大型減税と
金融機関の規制緩和が追い風に

 トランプは大統領就任後、真っ先に税制改革に取り組むと見られています。

 具体的には、これまで7段階に分かれていた所得税率を、一挙に3段階に簡素化することを提唱しています。新税率は12%、25%、33%です。現在の最高税率は39.6%ですから、裕福層にとっては大きな減税となります。法人税も現行の35%を15%にすると言っています。

 実際、一連の税制改革を実施すると5兆ドル前後も減税になるそうです。

 このことは、足らない分を国債の増発で補わなければいけないことを意味します。それは国債の需給悪化を招き、国債価格の下落、ひいては利回りの上昇を引き起こすでしょう。

 債券の利回り上昇は、銀行にとって純金利マージン(調達金利と運用金利の差)の拡大を意味します。

 加えて、トランプは「リーマンショック以降に民主党が主導して成立させたドッド・フランク法は、金融機関をがんじがらめに縛る悪法なので、これを緩めることでもっと銀行が貸出できるようにする」と言っています。

 これらのことから、銀行の収益機会は拡大すると見込まれるのです。

 銘柄的には、前出のJPモルガン・チェースが本命です。加えてバンク・オブ・アメリカ(ティッカーシンボル:BAC)も良いでしょう。

【建設】
1兆ドル規模のインフラストラクチャ投資の恩恵を
ダイレクトに受ける企業とは?

 トランプは、1兆ドルにものぼるインフラストラクチャ投資を行うとしています。高速道路、橋梁などがその主な投資対象です。このことは建設機械メーカーやエンジニアリング会社に追い風が吹くことを意味します。

 しかし、それらの企業の多くは米国だけでなくグローバルに事業展開しています。その分、利益を押し上げる効果が薄まってしまいます。

 むしろ建設骨材を扱っている企業の方が、売上高の100%が米国内であることに加え、売上のかなりの部分を高速道路に依存しているので、直接、恩恵に浴します。

 具体的な銘柄としては、前出のマーチン・マリエッタ・マテリアルズのほか、ヴァルカン・マテリアルズ(ティッカーシンボル:VMC)が関連銘柄になります。

【百貨店】
裕福層を厚遇する減税政策が
高級百貨店の売上げアップにつながる

 投資家が選挙前に予想していなかったものの、よく考えてみれば当然、恩恵をこうむるセクターとして、百貨店を挙げることが出来ます。

 上で説明したように、5兆ドルの減税になるということは、消費者の手元にお金が残るわけなので、それが消費に回るに違いない……そういう論法です。

 ここで重要なのは、トランプの税制はとりわけ裕福層を厚遇する点です。

 だから、低所得者向け量販店ではなく、もっと高級な百貨店、具体的には前出のメイシーズに加えてノードストローム(ティッカーシンボル:JWN)やジュエリーのティファニー(ティッカーシンボル:TIF)が最も恩恵を受けます。

トランプ当選で損するセクターも
フェイスブックやアマゾン、グーグルは要注意!

 最後に、トランプが大統領になることで不利になるセクターにも言及しておきます。

 それはフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)、ネットフリックス(ティッカーシンボル:NFLX)、グーグルの親会社アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)に代表されるネット株です。

 その理由は、上に書いたように、今後、米国債は需給関係の悪化から売られることが予想されるからです。

 債券が売られると市中金利は上昇します。金利上昇局面では高いバリュエーション(株価評価)の企業ほど評価の低下がきつくなる傾向があります。

 ネット株はこれまでチヤホヤされてきただけに、バリュエーションが高く、そのような評価下落の最大の犠牲者になるというわけです。これらの株を保有している人は、今後、より慎重な判断が必要となるでしょう。

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年連続株
コロナ時代の株主優待
株主総会事件簿

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[10年連続株&コロナ時代の株主優待]

震災もコロナもへっちゃら!
継続こそ企業の実力!10年連続株

●今まで&この先減配しない株!
10年配当株ベスト50銘柄
●配当が増え続ける株はコロナ禍で圧勝!
10年増配株全52銘柄
●10期以上売上を伸ばし続けるスゴイ株!
10年成長株全63銘柄
●現金を持つイザという時強い株!
10年金持ち株全62銘柄

●上場10年以内で5年以上連続増配の未来の10年増配株を探せ!
●10年連続でROEが2ケタの稼ぎ方が上手い株を探せ!

Withコロナ時代の株主優待ー新常識カタログ47
優待投資家たちのぶっちゃけ座談会7銘柄
●勝ち負けが鮮明に!
外食優待157銘柄
Withコロナで大活躍優待カタログ327銘柄
食品/買物/日用品
●必見!桐谷さんのコロナ籠城生活

2020年株主総会事件簿
●お騒がせ株
・日産自動車/日本郵政
●注目のM&A株
・大戸屋HD/Zホールディングス
●気になる人気株
・ソフトバンクG/オリエンタルランド

●10年ずっと成績がいい投信ベスト15

【別冊付録】
●データで判明!勝つための秘策!?
自分でやらないFX


【重要なお知らせ】
>>西日本を中心とする大雨の影響による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報