闇株新聞[2018年]

思ったより早く出てきたトランプ大統領の円安批判。
熾烈な通商交渉となりそうな日米首脳会談の行方は?

2017年2月9日公開(2017年2月9日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

就任1カ月、トランプ大統領が選挙中の勢いそのままに飛ばしています。金融・経済政策では日本も名指しされています。今後の通商交渉では様々な攻撃・口撃を仕掛けてくることは必至。このやっかいな大統領に日本はどう対峙すべきか!? 経済のプロも愛読しネタ元にしていると評判の刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が徹底的に掘り下げて考えます。

強硬な通商交渉と通貨安誘導批判
いきなり「切り札」を切ってきた

円安誘導批判は「いずれ出てくる」とは考えられていましたが、2月10日の日米首脳会談を控えて「思ったよりずっと早く」仕掛けてきました。

「今後の通商協定には通貨安誘導に極めて強い制限を導入していく」(1月26日)「中国や日本は何年も通貨安誘導を繰り広げている」「米国の貿易赤字は他国の資金供給と通貨切り下げが原因である」(1月31日)等々。

 本紙は当初、トランプ大統領は第一弾として各国との通商競争を強硬な姿勢で臨み、それが行き詰まったら第二弾として相手国の通貨安誘導をやり玉に挙げる「二段作戦」に出てくるだろうと考えていました。しかし、上記の発言を見るに最初から通商政策と通貨政策を「セット」で臨むようです。

 これはあまり「得策」とは思えません。なぜなら、中国、日本、それからドイツ、韓国、台湾、さらにはカナダ、メキシコと各国の通貨安政策を順番に批判していって、それでもドル高が止まらなかったら次に打つ手がほとんどなくなってしまうからです。一連の発言は今後の通商交渉で有利に立つためですが、将来の有効な為替(ドル高)対策のカードを1つ無駄に切ってしまったことになります。

 結局はさらに将来の中国や日本に対する通貨安誘導批判が大きくなるだけですが、さすがにトランプもいきなり中国と対峙することは避けるでしょう。うまい具合に2月10日に日米首脳会談が予定されていますので、まずは熾烈な日米通商交渉の火蓋が切って落とされるはずです。

 さらに1月31日のトランプ発言では、資金供給(Money Supply)も槍玉に上げています。これは(必ずしも明確ではありませんが)日銀の量的緩和を指しているはずです。現在で量的緩和を行っている中央銀行は、日銀、ECB、イングランド銀行だけであり、どう考えても最初の槍玉は日本であると身構えておくべきです。

通商交渉は「弾を使わない戦争」だ
日本はトランプ政権とどう戦うべきか

 ここは日銀の量的緩和を含む通貨安誘導批判に対する「しっかりした反論」と、妥協する場合の優先順位を決めて交渉に臨まなければなりません。昔から通商交渉とは「弾を使わない戦争」であり、理屈を主張しても何の役にも立ちません。

 日本の通貨安誘導批判には過去の為替介入(ドル買い介入)が含まれていることは間違いなさそうです。確かに円高を和らげるための介入もありましたが、同時多発テロ後の低迷から抜け出せない米国に35兆円ものドル買い介入を強行し、米国の金融システムとドルの信認を補強した「溝口介入」もあります。感謝こそされ批判される謂れのない介入もありますが、この期に及んではそんな主張もまた無意味です。

 介入の結果1兆2000億ドル以上に積みあがった外貨準備高は国債の発行(つまり国民負担)が原資であり、最近の低金利で以前ほど利鞘も稼げなくなっています。幸か不幸か現在のドルの水準は、外為資金特別会計のトータルコスト(1ドル=100円近辺)を上回って含み益となっています。

 2~3年先には大幅なドル安になっている可能性もあるので、ここでトランプの通貨安誘導批判に対して「外貨準備をいつでも減らせるフリーハンド」を得ておくべきと考えます。

 同時に、国内的にも全く意味がなくなっている量的緩和の縮小スケジュールも用意しておくべきでしょう。一時的に日本の金融市場にショックをもたらすかもしれませんが、今やっておかないと将来もっと大きなショックがやってくることになります。

闇株新聞が「将来もっと大きなショックがやってくる」と分析する理由は何か? ならば量的緩和縮小は具体的にどのように行うべきか!? 等は、本連載の本編である金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」で徹底的に解説しています。今、世界で何が起こっているのか、その裏側にはどんな闇が潜んでいるのか? 日々のニュースを闇株新聞と一緒に考えていきましょう。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報