世界投資へのパスポート

2018年末までに、米国は0.6%の利上げを実施!?
将来的な金利上昇に備え、インフレ局面になっても
株価が上がりやすい「石油関連銘柄」を狙え!

2018年1月15日公開(2018年1月15日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

好スタートを切ったニューヨーク株式市場では
企業業績の見通しが上方修正された

 ニューヨーク株式市場が年初から快調に飛ばしています。先週のS&P500指数は+1.6%でした。年初からでは既に+4.2%となっています。

■S&P500指数チャート/日足・6カ月
S&P500指数チャート/日足・6カ月S&P500指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 投資家は、去年の年末に成立した税制改革法案が米国経済にプラスの影響を及ぼすことを急いで織り込みに行っています。

 そのことは、今年のS&P500指数採用銘柄の1株当たり利益(EPS)のコンセンサス予想にも反映されています。去年の年末に146.17だったのが、今は150.12となっています。つまり+2.7%の上方修正です。

 年初来のS&P500指数上昇率+4.2%とEPS上方修正幅+2.7%の「差」は、株価収益率(PER)の倍率が拡大したことを意味します。

「マルチプル・エクスパンション」が
米国株だけではなく世界で起きていた

 このように投資家が「払っても良い」と考える値段が吊り上ることを、投資の専門用語では「マルチプル・エクスパンション」と言います。ここでマルチプルとは「倍率」の意味で、エクスパンションは「拡大」の意味です。

 実は、2012年から2016年にかけて、世界の株式市場をまるごと含めた株価指数であるMSCIワールド指数は+87%上昇しましたが、そのうちの実に74%は、上で説明したマルチプル・エクスパンションによるものです。

 もう少し簡単な言い方に直せば、企業業績も伸びているけれど、世界株高の主な理由は、投資家が強気になり積極的に上値を買い上がっているからなのです。

 このように投資家が株式全般に強気な背景には、リーマンショック以降、先進国の中央銀行は量的緩和政策を打ち出し、じゃぶじゃぶの流動性をマーケットに提供してきたことがあります。そのような過剰流動性は、株価下押し局面でクッションを提供します。

曲がり角に立つ過剰流動性相場
米国では年初から10年債利回りが上昇!

 しかし、米国は一足先に量的緩和政策の手仕舞いを始めていますし、欧州中央銀行もそろそろ量的緩和政策の縮小に入ろうとしています。つまり、いつまでも中央銀行からの支援を期待することはできないのです。

 実際、米国では年初から10年債利回りがスルスル上昇しています。

 債券利回りと株式は、普通、競争関係にあります。その意味するところは、債券利回りが上昇しているとき(=今です!)は、株式は下がりやすいということです。

 それでは「なぜ債券利回りが上昇しているか?」と言えば、それはインフレ懸念が台頭しているからです。実際、原油価格は、いまスルスル上昇しています。

 去年、税制改革法案が成立して以来、臨時ボーナスを出す米国企業が続出しています。「社員全員に、ひとり1000ドル!」などの気前のいい話が後を絶ちません。

 企業が競ってボーナスを弾む理由は、好景気で労働市場がひっ迫してきており、だんだん人材確保が難しくなっているからです。

 それが何を意味するかといえば、今後賃金の上昇が予想されるということです。

 もちろん賃金が上がることは労働者にとって大歓迎ですが、中央銀行の立場からすれば、賃金がスルスル上がりはじめる局面は注意を要します。なぜなら、賃金インフレは一度火が付くと、なかなか鎮静化しないことが知られているからです。

米国では今年中に2回以上の
利上げが行われる可能性も

 去年の12月に連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されたとき、それに参加したメンバーの今年のフェデラルファンズ・レート予想は2.1%でした。

 現在のフェデラルファンズ・レートは1.5%ですから、今年中は0.6%の利上げがあると予想されているわけです。これまでのように、FRBは0.25%刻みで利上げすると仮定すれば、これは2回分の利上げを意味します

 しかし、ひょっとするとその程度では利上げが足らないかも知れないのです。

 過去にアメリカで金利が下降局面から上昇に転じた場合、最初はたいへんゆっくりと金利上昇が起こることが通例でした。従って、今回も徐々に金利が上がってゆくと言う風に考えた方が良いと思います。

 そうした状況を踏まえると、新年になって以降の10年債利回りや原油価格の上げは意外なほど急ピッチだったので、ある時点で投資家が怖気づく可能性も排除は出来ないと思います。

 こういう場合、株式市場から足を洗うのは未だ早いと思います。ただ、ポートフォリオの中身をインフレ局面で株価が上がりやすい銘柄にシフトする必要を、私は強く感じます

 具体的にはエクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)BP(ティカーシンボル:BP)トランスオーシャン(ティッカーシンボル:RIG)などの石油関連株が良いと思います

【今週のまとめ】
金利上昇による株式市場の原則に注意!
いまはインフレに強い石油株が狙い目

 アメリカの株式市場は好スタートを切っています。株高は経済、企業業績の好調に裏打ちされています。しかしそれに加えて投資家が払っても良いと考えるバリュエーションはだんだんインフレを起こしており、やや慢心が見られます。

 折からの原油高でインフレ懸念も出ており、債券利回りは上昇しています。これは株式には良くない兆候です。

 ただ金利上昇はマイルドなものになる可能性が強いので、株から「全降り」するのは得策ではありません。ここは石油株などでお茶を濁すのがベストでしょう。

【今週のピックアップ記事!】
2018年に入って大きく値上がりした23銘柄を分析! 「ブロックチェーン・仮想通貨」「全固体電池」など新春相場で注目すべき「人気テーマ株」を一挙解説!
「トレードステーション」の多彩な機能や手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【2019年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

山本潤の10年で10倍を目指す超成長株投資の真髄
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報