世界投資へのパスポート

「サンガモ・セラピューティックス」は、次世代の
「ゲノム創薬」のカギを握る注目企業! 繊細な
遺伝子編集を可能とする「ジンクフィンガー」とは?

2018年3月5日公開(2018年3月5日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

「ゲノム創薬」とは
DNAの情報を元に薬をつくること

 サンガモ・セラピューティックス(ティッカーシンボル:SGMO)は、今アメリカで続々と新薬が登場している「ゲノム創薬」の分野で、さらに研究を加速させるために欠かせない遺伝子編集技術を持った会社です。

 「ゲノム」とは細胞の核の中にあるDNAの総体を指します。それを研究することで新薬を作ることを「ゲノム創薬」と言います。

 人間は、ひとつの受精卵から成長していきます。受精卵は1個の細胞に他なりません。これが2個に分裂し、次に4個に分裂し、さらに8個に分裂し、16個に分裂する……。そういうことを繰り返すうちに、神経、皮膚、心臓など様々な機能を構成する細胞に分化し、それが集まって人体になるのです。特定の機能を司る細胞は200種類、大人の細胞の数は60兆個あると言われています。

 細胞にはそれぞれ核があり、その中にはDNAと呼ばれるものがあります。DNAとは長い紐(ひも)状の分子であり、細胞が必要とするタンパク質を必要に応じて合成する「指示出し遺伝子」の役割を果たします。つまりDNAは「生命のプログラム」なのです。

 細胞が分裂するにあたり、DNAはタンパク質と結びつき23対の棒状の構造体になります。これが染色体です。

 DNAは、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という、4種類の「ヌクレオチド」と呼ばれる物質の並びによってコード化されています。23対の染色体の文字をすべて合わせると、約30億文字あります。

 しかし、全部のDNAが遺伝情報を持っているわけではありません。つまり余計なDNAがあるわけです。その中には、文字配列がズレてしまったために本来の機能を発揮できなくなってしまった遺伝子や、過去に感染したウイルスの残骸なども含まれています。

 内因性の病気では、DNAが関係している場合が多いです。「がん遺伝子」がその例です。その他にも代表的なところでは、鎌状赤血球症、膿胞性線維症、X染色体脆弱、ベータ・サラミア、テイサック病、フェニルケトン尿症、血友病、デュジャンヌ型筋ジストロフィー、アルファ・アンチトリプシン欠損症、ハンチントン病などが遺伝子にまつわる病気です。

 このように、特定の疾患の原因がDNAにある場合、それを是正することで「生命のプログラム」のバグを排除し、病気を治すことができます。これがゲノム創薬の基本的な考え方です

「ゲノム創薬」の分野では
去年あたりから怒涛の勢いで新薬が登場

 1990年代後半、「ドットコム・ブーム」の陰で、もうひとつ大きな株式市場のテーマがありました。それが「ゲノム・ブーム」です。

 ゲノム・ブームとは、1990年に発足した「ヒトゲノム計画」が人のゲノムの全塩基配列を解析するということで、ゲノム創薬に対する期待が高まり、様々な関連株が急騰したことを指します。ヒトゲノムの解析は2003年に完了しましたが、それが創薬に結実するまでにはさらに長い年月を要しました。

 そして、ついに去年あたりからゲノムのノウハウを駆使して作られた新薬が、相次いで米国食品医薬品局(FDA)から承認を取り付けました。中でも注目度が高いのが難治性のがんを治すキメラ抗原受容体を用いた「遺伝子改変T細胞療法(略してCAR-T療法)」です。

 人の遺伝子は、それぞれユニークです。だから免疫システムの働き方も、ひとそれぞれです。そこで個々の患者に合せたテーラー・メードの治療法が必要になります。

 CAR-T療法では、まず、がん患者から血液を採取します。次に、そのT細胞に遺伝子改変を加え、キメラ抗原受容体を実装します。そうやって作った遺伝子改変T細胞を、今一度、患者の体内に戻してやるわけです。

 そもそもその患者から採った細胞ですから。本人の免疫システムにブロックされることはありません。こうすることでがん細胞が持つ、頑固な腫瘍免疫回避機構を突破するわけです。

 これまでに、ノバルティス(ティッカーシンボル:NVS)のB細胞急性リンパ芽球性白血病治療薬「CTL019」ならびにカイト・ファーマ(ティッカーシンボル:KITE)のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)治療薬「KTE-C19」が承認され、商品化されています。

 さらに、ジュノ・セラピューティックス(ティッカーシンボル:JUNO)は、悪性非ホジキン・リンパ腫治療薬「JCAR017」を開発中です。また、ブルーバード・バイオ(ティッカーシンボル:BLUE)は、再発性多発性骨髄腫治療薬「bb2121」を開発中です。

 CAR-T療法の可能性に気がついた大手バイオ企業は、相次いで買収を発表しています。具体的には、ギリアド・サイエンシズ(ティッカーシンボル:GILD)がカイト・ファーマを買収、セルジーン(ティッカーシンボル:CELG)ジュノ・セラピューティックスを買収しました。

 つまり、CAR-T療法を研究している独立系バイオ企業では、ブルーバード・バイオだけが残っている状態になったのです。

サンガモ・セラピューティックスが持つ
「ジンクフィンガー」の技術とは?

 さて、上に述べたようにギリアド・サイエンシズはカイト・ファーマを買収したわけですが、ギリアド・サイエンシズは、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫だけでなく、他の様々な病気にもカイト・ファーマのノウハウを応用したいと考えています。

 カイト・ファーマの手法は、患者から採取した細胞に遺伝子改変を加え、それをもう一度患者に戻すというものです。この遺伝子改変の際にどれだけ精密な編集が出来るかが、創薬の際のカギを握ると思われています

 そこで登場するのが、冒頭に紹介したサンガモ・セラピューティックスです。同社は「ジンクフィンガー」と呼ばれるたんぱく質を駆使することで、極めて精密な遺伝子編集をする技術を持っています

 ジンクフィンガーは、特定の塩基配列(たとえばA-T-Aという並び方)を認識し、それと結合するようにデザインされたタンパク質です。これらの人工タンパク質で「切りたくない部分」を保護し、残った箇所で連鎖を切断することができます。

 この方法を使うと、特定の遺伝子をピンポイントで編集できるのです。

 ギリアド・サイエンシズは、サンガモ・セラピューティックスのこの技術に注目し、CAR-T療法を次のレベルに高めるため、今後の創薬の際、ジンクフィンガーによる編集技術を独占的に利用してゆく契約を結びました。

 それによると、まずギリアド・サイエンシズは、サンガモ・セラピューティックスに1.5億ドルの前渡し金を支払う。そして、今後10の新薬ターゲットに関してジンクフィンガー技術を用い、そのそれぞれにつき、プロジェクトの成功度合いに応じて最大3億ドルのマイルストーン・ペイメントを支払うことになります。つまり、合計で最大31.5億ドルの契約総額になります。なお、今回の契約は、CAR-T療法向けの研究だけを対象としています。

 サンガモ・セラピューティックスは、これまでにもファイザー(ティッカーシンボル:PFE)シャイアー(ティッカーシンボル: SHPG)バイオヴェラティブ(ティッカーシンボル: BIVV)の各社とコラボレーション契約を結んできました。しかし、今回のギリアド・サイエンシズとの契約は、今一番ホットな分野で最も尊敬されている企業と提携したという点でサンガモ・セラピューティックスにとってホームランでした。

 同社は、これまで北カリフォルニアのバークレーに近いリッチモンドという町に本社を置いていました。どちらかといえば基礎研究に力を入れ、地味な存在だったと言えるでしょう。

 しかし最近、経営陣を一新し、年内にはバイオテクロノジーのメッカである南サンフランシスコに本社を移す予定です。よりアグレッシブな経営に方向転換するというわけです。

【今週のまとめ】
ゲノム製薬のリーダー企業 ギリアド・サイエンシズが
業務提携したサンガモ・セラピューティックスに注目

 ゲノム創薬は「生命のプログラム」であるDNAを理解し、それに働きかけることで遺伝子がひきおこす内因性の疾患への治療薬を創る試みです。最近ではCAR-T療法という大ヒットが出ています。

 そのリーダー企業のひとつ、ギリアド・サイエンシズが遺伝子編集技術を「次のレベル」まで高めるため、サンガモ・セラピューティックスと業務提携しました。

 サンガモ・セラピューティックスは、これまで地味な存在でしたが、今回、いきなり業界の先頭を走っている企業のパートナーに選ばれた関係で俄然注目を集めています

■サンガモ・セラピューティックス(SGMO)チャート/日足・6カ月
サンガモ・セラピューティックス(SGMO)チャート/日足・6カ月サンガモ・セラピューティックス(SGMO)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【今週のピックアップ記事!】
「米国株」で年間100万円超の配当を得る投資家が成功する投資法を伝授! P&G、コカ・コーラなど50年超の連続増配株や、好業績な高配当株に注目!
業績が好転中の中小型「高配当株」で、値上がり益を狙え! 「ERIホールディングス(6083)」は、買収や人材のレベルの高さで、今後の業績浮上に期待感大!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リードただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと後述だろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
ざんねん家計から脱出
どうなる日米株?!

11月号9月19日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500診断/ざんねん家計からの脱出]

 ◎巻頭特集
日米の株価指数や上がる株を予測!

◎人気の買っていい10万円株は76銘柄!
【2020年秋版】
人気の株500+Jリート14の激辛診断

ザイ独自の業績予想もにも注目!!
儲かる株の見つけ方
[1]旬の3大テーマから見つける!
・DX/デジタル化で
上昇期待の株
・ECの加速で挽回&伸びる株
健康・衛生意識の高まりで注目の株
[2]5大ランキング[3]セクター別
2020年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
気になる人気株
大型株 371/新興株 108/Jリート10

◎第2特集
7人の家計をズバッと診断! 脱赤字体質のノウハウ集も
ざんねん家計からの脱出!
3大出費を見直せ!
住宅ローン・住宅費
「年250万円で賃貸に逆戻り」
教育費
「長女が医学部志望で大ピンチ」ほか


◎第3特集
まだ買う?もう売る?
買い&人気の米国株100
プロオススメ買いの株60銘柄
みんな持ってる人気株60銘柄買い×売り診断

◎第4特集
非課税枠最大1650万円!
NISAを最大限活用するなら年内に始めよ!

●非課税枠をマックスでゲットしよう!
●8つの売買ワザで非課税枠をフル活用!
●運用成績次第でロールオーバーを決断!

●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株バトル
●株入門マンガ恋する株式相場!VOL.49

【別冊付録】
割安株は1680銘柄!
上場全3781社の最新理論株価


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報