世界投資へのパスポート

原油価格70ドル突破の今、買うべき米国株はコレだ!
オイルサンド開発の「サンコア・エナジー」など、
オススメの「石油関連企業」3銘柄をズバリ解説!

2018年5月21日公開(2018年5月22日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

原油価格が上昇を続け、
WTIは1バレル70ドルを突破!

 原油価格が着実に上昇しています。米国の代表的な指標銘柄であるウエスト・テキサス・インターメディエート(WTI)は、既に1バレル70ドルを超えています。

 原油価格が上昇している第一番目の理由は、世界経済の好調で需要がしっかりしていることによります

アメリカでは夏の行楽シーズンへ突入し
ガソリンの需要が増加

 米国では、いわゆる「サマー・ドライビング・シーズン」が始まります。

 アメリカ人は、子供の学校が夏休みに入る6月から家族でバカンスに出掛ける人が多いです。その際、飛行機での移動もありますがマイカーで遠出することが圧倒的に多いです。ベッドやキッチンのついたキャンピングカーをけん引してドライブを楽しむファミリーも多いため、夏場はガソリンの需要が増えると言われています。

 下は、全米平均レギュラー・ガソリン価格のチャートです。

西テキサスではパイプライン容量がボトルネックとなり
原油の増産ができない状況に

 さて、供給に目を転じると、ベーカーヒューズ社の集計による北米ロータリー・リグ(採掘装置)数は、じり高を辿っています。

 つまり供給も増えているということです。下は生産高のチャートです。

 しかし、米国を代表するシェールオイルの生産地である西テキサスでは、生産した原油を輸送するパイプラインの容量が目一杯になっており、これ以上増産しても出荷できない問題が持ち上がっています。このため、西テキサスで生産された原油は、市場の実勢価格よりかなり安値で叩き売られています

 株式の投資家は、そのような条件下でシェール企業に増産して欲しくないと感じています。したがって、シェール企業が野心的な増産計画を発表すると、逆に株価が売られるという現象が散見されます。

 また、シェール企業の中には将来の生産分を先物で売りつなぐことで、将来の原油販売価格を確定してしまっている企業が多いです。すると、原油価格が上昇してもその恩恵をこうむることが出来ないわけです。投資家は、そのような企業の株を敬遠しています。

原油の需要に供給が追いつかず
在庫は取り崩され受給はタイトに

 このような理由に加えて、石油輸出国機構(OPEC)は協調して生産調整を続けています

 さらに、メキシコ湾を挟んでアメリカのすぐ対岸に位置するベネズエラでは、経済の混乱で原油の生産にも支障が生じています。歴史的にベネズエラの原油はアメリカの流通インフラストラクチャと緊密に連携していたのですが、近年両国の関係は冷え込んでおり、ベネズエラからの原油がアメリカにあまり入って来なくなった関係で、施設のミスマッチが起こっています

 原油は、硫黄の含有率などにより、「スイート」「サワー」など、いろいろな種類に分かれます。また「APIグラビティ—」と呼ばれる比重によっても、「ライト」「ヘビー」といった等級に分類されます。石油精製施設は、どこの原油を受け入れるかで、あらかじめそのような「クセ」に対応できるように設計されており、その特定の産地からの原油が入って来なくなると設計を大幅に見直す必要が出てきます。ミスマッチとはそういうことです。

 これら諸々の事情で、供給は需要に追い付いておらず、結果として在庫は取り崩されつつあります

 結局、「なぜ原油価格が上昇している?」ということに対する答えは、「在庫の整理が捗り、需給関係がタイトになっているから」ということになるでしょう。

現在の原油高を受けて
買うべき狙い目の3社銘柄とは?

 そこでいよいよ本題に入りますが、「ズバリどの株を買うべきか?」ということを考えてみたいと思います。

 まず上でも述べた通り、アメリカのシェールオイルの主要産地である西テキサスは「ボトルネック」が生じており、上手く出荷できなくなっているので、この地域で操業している企業は敬遠すべきだと思います。

 次に、未だ原油価格が安かったときに慌てて将来の生産分を先物で売りつないでしまった企業は、今後原油価格が上昇してもその恩恵に浴さないので、それらの企業も外すべきです。

 すると、ヘッジを用いず、しかも西テキサス以外の地域で操業している企業が良いということになります。

 コンチネンタル・リソーシズ(ティッカーシンボル:CLR)は、「シェールの父」の1人、ハロルド・ハムという立志伝中の人によって創業された会社です。主に、ノースダコタ州のバーケン油田とオクラホマ州で操業しています。ヘッジを殆ど用いない企業として知られており、最近の原油高の恩恵をたっぷり享受しています。

■コンチネンタル・リソーシズ(CLR)チャート
コンチネンタル・リソーシズ(CLR)チャート/日足・6カ月コンチネンタル・リソーシズ(CLR)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 サンコア・エナジー(ティッカーシンボル:SU)は、カナダのアルバータ州などでオイルサンドから石油を生産しています。

 オイルサンドというのは聞き慣れない用語かもしれません。どろどろしたコールタールの一種だと思っていただければよいです。カナダには莫大な量のオイルサンドが眠っています。それを大がかりなオーブンのような装置で熱してやり、砂と原油を分離するわけです。

 原油価格が上昇する局面では、同社の含み価値はどんどん上がります。

■サンコア・エナジー(SU)チャート
サンコア・エナジー(SU)チャート/日足・6カ月サンコア・エナジー(SU)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 最後に、カリフォルニア・リソーシズ(ティッカーシンボル:CRC)という銘柄があります。同社は、サンフランシスコとロスアンゼルスの間にあるベーカーズフィールドという町の周辺で、昔ながらの首振り型ポンプを使って原油を生産しています。

 すでに100年以上も生産している油田ですので、流量は限られています。ただ、カリフォルニアは新規の油田開発や精油所の建設に対する住民の反対が強く、その分、ガソリンなどの石油製品の価格は全米で一番高いです。

 つまり既にその市場で長年生産しているカリフォルニア・リソーシズのような企業にとっては参入障壁で守られているということです。

■カリフォルニア・リソーシズ(CRC)チャート
カリフォルニア・リソーシズ(CRC)チャート/日足・6カ月カリフォルニア・リソーシズ(CRC)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【今週のまとめ】
原油価格上昇を材料に銘柄を選ぶときは
「避けるべき企業」を把握しよう

 原油価格が70ドル乗せしました。その理由は好景気に伴う旺盛な需要とシェール生産のボトルネック、さらにOPECの生産調整などです。

 銘柄を選ぶ際に気をつけるべきポイントは、西テキサスの企業や、ヘッジにより原油価格のアップサイドを享受できない企業を避けるという事です。

 コンチネンタル・リソーシズ、サンコア・エナジー、カリフォルニア・リソーシズの3社は最も恩恵を受ける企業だと思います。

【今週のピックアップ記事!】
「メルカリ」IPOの初値予想は、公募価格から+30~50%の上昇! フィスコのアナリストの初値予想から業績推移、スケジュールまで「メルカリ」IPOを解説
"株価10倍"が狙える「不人気の優良成長株」に注目! ニッチな市場で稼ぐ「ホシザキ」や、主力の事業を変えた「アイケイ」を例に、10倍株の狙い方を伝授!
【2019年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2200銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2019年12月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報