節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

【2018年最新版】食費を節約するテクニックを公開!
パンなどの小麦粉製品や納豆、ビールetc.の値上げで
増え続ける「食費」の節約テク&便利なツールを紹介

2018年8月7日公開(2018年8月7日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

2018年は食卓に欠かせない食品・飲料が値上げされている!

 今回は「食費」の節約がテーマです。

 近年、さまざまな食品の価格が、じわじわと上昇しています。単純に商品価格が上がるだけでなく、価格はそのままでも内容量が減る形で、値上げが行われる例も増えています。その一方で、サラリーマンの給与水準は、大幅に上昇しているわけではないので、多くの家庭において「エンゲル係数(消費支出に占める食費の割合)」が高くなってきている、との指摘もあります。

【※「食費の節約」の関連記事はこちら!】
⇒食費の節約で目指すのは、世帯月収の15%以内!予算の決め方、使い方から買い物に行く前の準備まで簡単に実行できる、具体的な食費節約のコツを伝授!
⇒食費を大幅に減らすことができた簡単な節約術とは?多忙な人、自炊をしない人でもネットスーパーを活用することで、便利に、簡単に節約できる!

 それでは、具体的にどんな食品が値上げされているのでしょうか。一例は、以下のとおりです。

【2018年に値上げされた(または、これから値上げ予定の)食品】
●小麦粉
●冷凍食品(冷凍うどん、お好み焼き、たこ焼き)
●パックご飯
●米菓
●納豆
●アイスクリーム
●ヨーグルト
●ビール
●ワイン
●コーヒー

 どれも生活に欠かせない食品・飲料ばかりですが、多くの人にとって、特にインパクトが大きいのは「小麦粉」の値上げではないでしょうか。すでに、この6~7月から値上げされており、当然ながら、パンなどの小麦粉を使う製品も、値上げの対象となっています。

 ちなみに、パン以外にもコーヒーやヨーグルト、納豆といった、朝の食卓に上りやすい食品・飲料が、軒並み値上げされているのも特徴的です。いつのまにか“普段の朝食”がコスト高になってしまった、というご家庭も急増しているかもしれません。

 お酒好きの人にとっては、ビールやワインの値上げも痛手でしょう。なかでも、ワイン価格の上昇は顕著です。原材料価格の高騰や世界的なワイン価格の上昇を背景として、この4月よりサントリーなどの大手メーカーが、輸入ワインや国産ワインの一部を、従来より3~6%値上げしています。

「天丼てんや」など、外食産業も続々と値上げを実施!

 こうした値上げは、もちろん外食産業にも多大な影響を及ぼしており、すでに提供メニューの値上げに踏み切っている企業もあります。たとえば、天丼てんやでは、2018年1月から主力商品を値上げしていますが、その理由として原材料価格の高騰、人件費の高騰、物流コストの上昇を挙げています。

【※関連記事はこちら!】
⇒ケンタッキーフライドチキンが30%オフになる日は?毎月○日に天丼てんや、丸亀製麺で得する方法と年1回の天下一品、ロッテリアのお得な日にも注目!

 天丼てんやが値上げの理由として挙げている「原材料価格の高騰、人件費の高騰、物流コストの上昇」という3つの要素は、いずれも一時的なものではなく、長期的に続いていくものと見なされています。つまり、今後も原則として、値上げ基調は続いていくことが予想されるのです。

 さらには、2019年10月から消費税の引き上げも予定されており、家計にのしかかる重圧は、ますます強まることになります。

 こうした状況を踏まえると、現時点で「食費が高いと感じている」「まだあまり節約しているとは言えず、削りどころがありそう」という人は、何らかの対策を講じたほうがいいでしょう。

出費の把握と予算決めをして、買い物の仕方を調整してみよう

 それでは、これから食費を節約するにあたって、まずは何から始めればいいのでしょうか? 

 基本的な話になりますが、「月々の食費の予算」を決めておらず、食費に毎月いくら使っているかわかっていない場合は、出費を把握することが先決です。食材を買ったら必ずレシートをもらい、金額をノートや手帳などに書きとめ、1カ月にどれくらい使っているか把握したほうがいいでしょう。必ずしも、きっちり家計簿をつけなくてもOKです。

 1カ月間で使っている金額が大体わかったら、そこから“守れそうな予算”を設定します。まったく節約せずに月8万円なのだとしたら、節約を意識して7万5000円の予算に食費を収める――といった具合です。予算を余裕で守れるようになったら、少しずつ厳しめに予算設定を変更していくといいでしょう。

 予算を守るにあたって重要なのは、これまた当たり前の話ですが、ムダなものを買わないことです。買った食材は、必ず使い切るように心掛けたいもの。しかし、これができていない人はかなり多いようで、日本における“食品ロス(食べ残しなど)”は膨大な量に及びます。その量がどれくらいかと言えば、国民1人ひとりが毎日「ご飯1杯分程度」の食材をムダにしているのと、大体同じくらいなのだそうです。

 経験則ですが、食材をムダにしがちな人は、日頃からまとめ買いをしているケースが多いと感じます。週末にまとめ買いをしたり、宅配システムやネットスーパーなどを利用してまとめ買いをしたりする人は、今の時代、多数派だと思われます。

 しかし、まとめ買いをして食材をムダなく使い切るためには、高い計画性が求められます。また、冷蔵庫を上手に整理整頓するスキルも必要です。冷蔵庫がパンパンになるほど買い物をして、庫内に何が入っているか忘れてしまい、結果的に食材をダメにしてしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

 定期的な宅配も、とりわけ共働きなどで食事の予定が変わることの多い家庭では、予定どおりに食材を消費できないこともありがち。毎回、使いきれない食材が出てしまう場合は、その宅配システムが生活に合っていない可能性が高いので、いったん止めることを検討したほうがベターでしょう。

 まとめ買いをやめてしょっちゅう買い物に行くのは大変ですが、目先で必要なものだけを買う方式にすれば、冷蔵庫に空きスペースができて、食材の管理は格段にしやすくなるはずです。

 ほかにも、食費のムダをなくすためにできる工夫はあります。

「チラシアプリ」の活用で安売り情報をチェック!

 まず、いつも買い物する場所から見直してみましょう。

 たとえば、会社帰りなどに、ついコンビニに立ち寄って、お菓子や飲み物などを買ってしまう人も少なくないかもしれません。しかし、コンビニは原則としてモノを定価で売るところ。同じものが、大型スーパーなら割安価格で買える例は多いです。コンビニやデパ地下、一部の高級スーパーなどでは、基本的に買い物しない、といったルールを決めてみるのもいいかもしれません。

 また、各種アプリを活用するのもおすすめです。

 たとえば、「トクバイ」というアプリは、地元のスーパーやドラッグストアなどの特売情報をチェックできる優れもの。買い物に出かける前に、事前にチェックする習慣にすると、お得に買い物ができます。

 また、「Shufoo!」は、近所のスーパーなどのチラシをチェックできるアプリで、こちらもやはり特売情報をキャッチするのに便利。会員登録して利用するごとにポイントを貯めることができます。

トクバイとshufooチラシアプリ「トクバイ」とチラシサイト「Shofoo!」は、ともに近所のスーパーやドラッグストアなどのお得情報をチェックできて、食費節約に頼れる存在。
拡大画像表示

 スーパーのプライベートブランドや冷凍食品に注目

 いつも買っている定番品を見直してみるのもおすすめです。誰しも、納豆はこのブランド、牛乳はこのブランドなどと、こだわっているものがあるのではないかと思いますが、それをPB(プライベートブランド)製品に替えることで、節約できる場合があります。

 セブンアンドアイホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」など、大手スーパーのオリジナルPB製品は、メーカー製品(ナショナル・ブランド)に比べると価格が安く設定されています。これは、問屋を通さず直接小売店が買い取り、商品パッケージにロゴを入れて、特別な宣伝をかけないといった企業努力のなせる業です。

 PB製品というと、品質が気になる人も多いようですが、メーカー製品に企業ロゴをつけたOEM製品も多く、実質的にクオリティはメーカー製品と遜色ありません。

 また、食品購入の際にぜひ選択肢に入れたいのが、冷凍食品です。ひと口に冷凍食品といっても、小麦粉を多く使う冷凍うどんやお好み焼き、たこ焼きなど、一部商品は値上がり傾向にありますが、ここでおすすめしたいのは、冷凍ブロッコリーやスライス玉ねぎなどの冷凍野菜です。

 日常的に料理をする方は、業務用の安売りスーパーなどで、冷凍野菜の大型パックをぜひチェックしてみてください。冷凍野菜というと、洗浄やカットなどの下処理がされているぶん、割高なイメージを持つ人も多いですが、実際には生野菜よりも安くつくものもたくさんあります。保存がきくため、野菜が高い時期に上手に取り入れると、食費を安く抑えつつ、十分に野菜を摂ることができます。

「ふるさと納税」で食品をお得にゲットする手も!

 今や常識になりつつありますが、「ふるさと納税」を活用するのも、楽しくムリなくできる食費の節約方法としておすすめです。

 ふるさと納税では、日頃なかなか買わないぜいたく品を返礼品として受け取る人も多いですが、節約という観点で考えるなら、おすすめは「お米」です。寄付する日を調節し、毎月お米が届くようにすれば、家計に占めるお米代を大幅に減らすことも可能です。

【※関連記事はこちら!】
⇒【ふるさと納税】お米がもらえる自治体ランキング!(2018年度版)人気の「お米」がもらえる自治体を比較して、コスパ最強のおすすめの自治体を発表!

 また、前述したように、ビールやワインなどのお酒、アイスクリームなども値上がりしているので、お酒をよく飲む人やデザート好きな人も、ふるさと納税を活用してみるといいでしょう。

【※関連記事はこちら!】
⇒【2017年度版】お得な「ふるさと納税」ランキング~ビール編~特産品でもらえる「ビール」で得する自治体は?

 家族の健康や日々の生活の満足度に直接関わるだけに、食費はただ節約して安く抑えればいいというものではありません。情報をチェックして、できるだけ底値で購入すること、無理やムダのない献立で食品ロスを防ぐことを意識して、おいしくお得に食費を節約することを心がけてください。

(取材/麻宮しま)

【※「ふるさと納税」するなら、このサイトがお得!】
⇒ふるさと納税の8大関連サイトを徹底比較!最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は?ザイがおすすめするサイトはここだ!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報