世界投資へのパスポート
2018年11月7日公開(2018年11月7日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

米中間選挙の結果の「ねじれ状態」を市場関係者は
好感!? 「中間選挙後は景気敏感セクターを買え!」
というアノマリーは、今年も成り立つのか!

2018年11月6日(日本時間7日)に実施された米国の中間選挙の結果を受け、ザイ・オンラインでも連載を持つ米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが緊急寄稿!

米中間選挙は「ノー・サプライズ」な結果に
株式市場は下院・上院の「ねじれ状態」を好感

 11月6日に実施された米中間選挙の結果は、大方の予想通り、下院は民主党が過半数を奪回、上院は共和党が過半数を維持しました。ノー・サプライズなので市場は大きく動かないはずです。

 株式市場の投資家は下院・上院の「ねじれ状態」を好感するはずです

 投資家のフォーカスは2年後の大統領選挙へと移ってゆきます。株式にとっては支援的な環境が出来上がったと言えます。

「中間選挙の年の10月に株を買え!」
というアノマリーは今年も有効?

 例年、中間選挙の年は、春先から10月にかけて相場がモタモタします。しかし10月が大底になるケースが多いです。

 今年は2月に急落があった後、相場が10月まで安定していました。しかし10月に急落が来たので、「中間選挙の年のジンクス」が今回も現実になったというわけです。そのことは、裏を返せば「中間選挙の年の10月に株を買え!」という経験則が今年も当てはまることを意味します。

 さて、もうひとつ経験則の話をすれば、向こう半年間はIT、消費循環、素材、金融、工業などの景気に敏感なセクターを買った方が良いです。過去7回の中間選挙後のセクター・パフォーマンス平均を見ても、そのような結果になっています。

 どうしてこのような動きをするかといえば、大統領選挙に向けて景気をテコ入れするため、政府支出は前倒しになることが多いことが知られているからです。特に、共和党の大統領にその傾向が顕著です。

 実際、1950年以降、過去16回の中間選挙の年の平均では、10月頃に到来する大底で株を買うと半年間で+22%儲かりました。

 つまり、相場のアノマリー的には、今は積極的になるべき局面なのです。

【今回のまとめ】
米中間選挙が終わった今は、積極的に
IT、消費循環、素材、金融、工業などのセクターを買え!

 米中間選挙の結果はノー・サプライズだったので、市場は大きく動かないはずです。株式市場の投資家は、この結果を好感しています。

 相場のアノマリー的には、中間選挙後は積極的になるべき局面です。セクターとしては、向こう半年間はIT、消費循環、素材、金融、工業などの景気に敏感な銘柄に期待できます。

【今週のピックアップ!】
底入れを模索する米国株式市場で、フェイスブック、アマゾン、アップル、グーグルなどの決算が全滅! 「FAANG」を持っていれば儲かる時代は終わった!?
日経平均は「25日移動平均線」が強力な抵抗線に! 通期の企業業績が「3年ぶりの減益」に転じた場合、株式相場はしばらくの間、下落基調を辿る!
【2019年1月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 投資初心者必見!桐谷さんおすすめの証券会社はココダ! http://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「株」予測&儲け方
人気の株500診断
優待カレンダー

2月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年「株」全予測&儲け方 】

予測高値:2万5000円、予測安値:2万500円!
波乱相場に負けない5つの心得!
日経平均&マザーズ指数プロ100人が予測
NYダウ&ナスダックの見通しや注意点は?
読者100人に聞いた勝ち戦略を大公開
・ドル・ユーロ・新興国通貨を大予測
2019年に上がる株!
2019年の投資信託の儲け方

2019新春!人気の株500診断
・買っていい10万円株は88銘柄!
・2019年新春のイチオシ株
儲かる株の見つけ方 

全銘柄掲載はザイだけ!
・日経平均の理論株価は2万3866円!
全3710銘柄の最新理論株価

シングルマザーが5年で資産を10倍にした方法!
藤川里絵さん株入門

【別冊付録1】
株主優待2019年カレンダー
・各月に
・利回り&少額の2大ランキング

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!お年玉キャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング