世界投資へのパスポート

米国で山場を迎える決算発表シーズンの重要銘柄を
チェック! アップルやフェイスブック、アマゾン、
テスラ、ゼネラル・エレクトリックなどが要注目!

2019年1月28日公開(2019年1月28日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

米国の第4四半期決算発表シーズンは今週が山場!
注目銘柄のスケジュールは?

 今週、2018年第4四半期決算発表シーズンは、最大の山場を迎えます。

 その理由は、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)テスラ(TSLA)ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)といった重要な企業が続々と決算発表するからです。

■今週の主な決算発表の予定とコンセンサス予想
銘柄
(ティッカーコード)
発表日 予想EPS
(ドル)
予想売上高
(ドル)
アップル(AAPL) 1/29(火)引け後 4.19 840.6億
フェイスブック(FB) 1/30(水)引け後 2.20 164.1億
マイクロソフト(MSFT) 1/30(水)引け後 1.09 324.9億
テスラ(TSLA) 1/30(水)引け後 2.23 70.8億
ゼネラル・エレクトリック(GE) 1/31(木)引け後 0.24 321.5億
アマゾン(AMZN) 1/31(木)引け後 5.70 719.1億

 各決算発表の見どころは、以下の通りです。

●アップル

 このうちアップルは、既に1月2日に利益警告しています。「アップル・ショック」と呼ばれるこの悪いニュースで、その翌日、アップル株が-10%下げたのみならず、アップルに部品を提供している半導体株などが軒並み売られました。

アップル(ティッカーシンボル:AAPL)の最新株価はこちら!

●フェイスブック

 フェイスブックも過去2回の決算発表で連続して悪い決算を出しています。フェイスブックは、いつの間にか、ちっともちゃんとした決算を出せない銘柄に成り下がった観があります。

フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)の最新株価はこちら!

●マイクロソフト

 アップルフェイスブックとは対照的なのがマイクロソフトで、このところずっと良い決算を出し続けています。

マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)の最新株価はこちら!

●テスラ

 テスラは、先日、リストラを発表しました。人員整理によりコストを下げ、「モデル3」の販売価格を一段と引き下げる試みです。その発表の際に、今回の決算に関しても警告を発しているので、数字が悪くなることは織り込み済みです。

テスラ(TSLA)の最新株価はこちら!

●ゼネラルエレクトロニクス

 ゼネラル・エレクトリックは、発電タービンのビジネスの低迷が続いている関係で、酷い決算が続いています。しかし、ウォール街に影響力を持つJPモルガンのアナリストがGE株を格上げしました。今回の決算発表では、いよいよ業績の底打ちが見られるか注目したいと思います。

ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)の最新株価はこちら!

●アマゾン

 アマゾンは、過去2回の決算発表で、それぞれ今後の売上高ガイダンスを大幅に引き下げました。つまり、売上成長モメンタムの鈍化が著しいのです。今回の決算発表は、小売業にとって重要なクリスマス商戦期間を含んでいるため、とりわけ注目されます。

アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)最新株価はこちら!

先週の決算発表を総まとめ
スターバックスの既存店売上は好調だが、値上げに依存?

 さて、先週の決算発表ですが、まちまちな内容でした。

●プロクター&ギャンブル

 プロクター&ギャンブル(以下P&G、ティッカーシンボル:PG)の第2四半期(12月期)決算は、EPSが予想1.21ドルに対して1.25ドル、売上高が予想171.6億ドルに対して174.4 億ドル、売上高成長率が前年同期比+0.2%でした。

 オルガニックな売上高成長率は+4.0%で、うちボリュームが+2%、価格が1%、ミックスの改善が+1%でした。ミックスの改善に関しては、前期に続きプレミアムのスキンケア製品「SK-Ⅱ」が力強く成長したことが寄与しました。

 P&Gに関しては、これで2期連続で良い決算が続いたことになります。しかし、同社の好決算は「SK-Ⅱ」という流行に左右されやすい商品に依存しているため、懐疑的な投資家も多いです。

プロクター&ギャンブル(ティッカーシンボル:PG)の最新株価はこちら!

●スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)

 スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)の第1四半期(12月期)決算は、EPSが予想65セントに対して75セント、売上高が予想64.9億ドルに対して66.3億ドル、売上高成長率が前年同期比+9.2%でした。

 グローバル既存店売上比較は、予想+3%に対し+4%で、うち来店客数は+1%、価格は+3%でした。米州既存店売上比較は+4%で、うち来店客数は±0%、価格が+4%でした。中国既存店売上比較は+1%で、うち来店客数は-2%、価格は+3%でした。

 つまり、スターバックスの好調な既存店売上比較は、値上げに依存している部分が大きいのです。

スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)の最新株価はこちら!

 次に半導体セクターに目を転じると、決算は総じて悪かったです。

●テキサス・インスツルメンツ

 テキサス・インスツルメンツ(ティッカーシンボル:TXN)の第4四半期決算は、EPSが予想1.24ドルに対し1.27ドル、売上高が予想37.5億ドルに対し37.2億ドル、売上高成長率が前年同期比-0.9%でした。売上高成長率の内容を見ると、アナログICが+4%、エンベッデッド(組み込みプロセッサ)が-12%でした。

 第3四半期から見られ始めた需要の減退は、第4四半期も続きました。特にスマホ向け半導体が弱かったです。中国のスマホ・メーカーからの受注も弱かったです。卸業者は、米中貿易戦争で在庫を取ることに対し用心深くなっています。自動車向け半導体、工業向け半導体も需要が減退しました。その反面、5Gに向けてコミュニケーション半導体は好調でした。現在の在庫水準は、目標より未だ高目です。

 第1四半期のEPSは予想1.21ドルに対して新ガイダンス1.03〜1.21ドルが、売上高は予想36.1億ドルに対して新ガイダンス33.4億〜36.2億ドルが提示されました。

テキサス・インスツルメンツ(ティッカーシンボル:TXN)の最新株価はこちら!

●インテル(ティッカーシンボル:INTC)

 インテル(ティッカーシンボル:INTC)の第4四半期決算は、EPSが予想1.22ドルに対して1.28ドル、売上高が予想190.2億ドルに対して186.6億ドル、売上高成長率が前年同期比+9.4%でした。

 PCセントリック・ビジネス(CCG)の売上高は、+10%の98億ドルでした。ビジネス向け、ゲーム向けプロセッサが好調でした。次の主力商品となる第9世代コア・マイクロプロセッサ「アイスレイク」は、10ナノメーター線幅の微細加工技術を駆使した最新鋭のチップで、これを搭載したパソコンが店頭に並ぶのはクリスマスシーズンになると思われます。

 データ・セントリック・ビジネス(DCG)の売上高は、+9%でした。そのうち、クラウド向けは+24%、コミュニケーション向けは+12%、エンタープライズ向けは-5%でした。

 またインテルは、CPU「ゼオン」のハイパフォーマンス機種「カスケードレイク」を最近発表しました。これは、AIやメモリ機能を強化した製品で、すでに出荷が始まっています。

 インターネット・オブ・シングス・グループ(IoTG)の売上高は、-7%でした。ただし、第2四半期に他社へ売却したウインドリバー部門を除いた比較では、+4%でした。

 メモリ・ビジネス(NSG)の売上高は+25%、プログラマブル・ソリューションズ・グループ(PSG)の売上高は+8%でした。さらに、モービルアイ部門の売上高は、+43%の1.83億ドルでした。2018年中、モービルアイは28のデザイン・ウイン(他社製品の部品に採用されること)を獲得しており、現在78車種に採用されています。

 そんなインテルの第1四半期のEPSは予想1.01ドルに対して新ガイダンス87セントが、売上高は予想173.8億ドルに対して新ガイダンス160億ドルが提示されました。さらに、2019年度のEPSは予想4.54ドルに対して新ガイダンス4.60ドルが、売上高は予想732.2億ドルに対して新ガイダンス715億ドルが提示されました。

 これは、いまひとつ冴えないガイダンスだったと思います。

インテル(ティッカーシンボル:INTC)の最新株価はこちら!

【今週のまとめ】
アップルやフェイスブック、アマゾンなどは悪い決算の可能性も。
ひきつづきアトラシアンに注目!

 今週はアップルフェイスブックマイクロソフトテスラ(TSLA)ゼネラル・エレクトリックアマゾンなど、重要な企業の決算発表が相次ぎます。これらの銘柄は悪い決算を出すクセがついてしまっているので、注意が必要です。

 先週決算発表した企業の中で「これは買いたい!」と思わせるような銘柄はありませんでした。引き続きアトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)を一押しとしたいと思います。
【※アトラシアンに関する詳細はこちら!】
⇒米国株の決算発表シーズンは、滑り出しから不調で市場のEPS予想も下落! そんな中、好決算を続けるテンバガー(10倍株)候補のアトラシアンに注目!

■アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月
アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株初心者におすすめの「10万円株」2銘柄を紹介! AI翻訳機・ポケトークで好業績の「ソースネクスト」、利回り3.85%と高配当が魅力の商社「双日」に注目!

「NISA」で儲けるための「5カ条」をマンガで解説! 投資の目的の明確化、損切りや利益確定の徹底など、2019年に「NISA」で勝つために必要な戦略を伝授!

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。


ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法
------------------------------------------
【お知らせ】
定期購読者の皆様へ
台風10号の影響による定期購読誌お届けの遅れについて

------------------------------------------

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報