世界投資へのパスポート

日経平均株価2万円とアベノミクスを
アメリカの投資家はどう見ている? 
いまゼネラル・エレクトリックが買いの理由とは?

【第362回】 2015年4月12日公開(2017年11月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

【今回のまとめ】
1.米国投資家にとって日経平均株価2万円に違和感は無い
2.世界的な株高とM&Aの隆盛はFRBの利上げがしやすくなったことを意味する
3.ゼネラル・エレクトリックのGEキャピタル処分は、そういう好環境だからこそ出来た
4.ゼネラル・エレクトリック株は買いだ!

アメリカから見た日本株市場

 日経平均株価が15年ぶりに一時2万円をつけました。

 そこでアメリカの投資家は海の向こうの日本で起きていることをどう見ているのか? という点について、まず論じたいと思います。

 その前にアメリカの投資家が、なぜ日本株にとって関係あるのかを、ちょっとだけ復習しておきます。下は世界の投資信託の資産の所在を登記国ベースで示したものです。

 なお投資信託が組み込んでいる株式の比率は44%程度です。後はマネー・マーケット(16%)、債券(15%)などになります。いずれにせよ、米国の存在が圧倒的であることがお分かり頂けると思います。

 米国の投資信託は主にフィナンシャル・アドバイザーとよばれる資産運用の助言をする専門家たちの意見で売ったり、買ったりされます。彼らは半年に一度の割合でお金を預かっている個人投資家と面談し、その度ごとにポートフォリオのアロケーション(=資産配分)を決めてゆきます。

 現在はドル高局面であり、普通、米国のフィナンシャル・アドバイザーたちはそういう局面で海外の資産の配分を増やすと為替で損をするので海外投資には慎重です。

 幸い、近年は為替ヘッジされた日本株へ投資するファンドなどの新しい投資機会が増えているので、円安を心配せずに日本株により多くの資産を配分することが出来るようになっています。

 ひるがえってアメリカ企業を見た場合、昨今のドル高で決算が悪くなっている企業が続出しています。いまは2015年第1四半期の決算シーズンがはじまろうとしているわけですが、今回の決算シーズンは最近では初めて全体としてマイナス成長になると予想されています。これは円安で企業業績が伸びている日本と好対照をなしています。

日本株は向こう12ヵ月の利益予想に対して15倍程度の株価収益率(PER)で取引されており、これに対してアメリカ株は18倍程度となっています。

 つまりバリュエーション的にも日本株にムリは無いのです。

 日本では量的緩和政策に対しては懐疑的な見方も多いですが、一足先に量的緩和政策に踏み切ったアメリカはすでに不況を脱し、いよいよ利上げを試みる段階に来ています。この「成功体験」があるので、アベノミクスに対する否定的な意見はアメリカの方がずっと少ないように感じます。

世界株高がFRBの金融政策にどう影響する?

 連邦準備制度理事会(FRB)は表向きには「外国の経済や金融市場のことを心配するのはFRBの仕事じゃない」という立場を堅持しています。

 しかしそれではFRBが外国経済や海外のマーケットで起きていることを全然気にしないか? と言えば、それは気にしています。

 実際、先日もベン・バーナンキ前FRB議長が「欧州各国の金利がマイナスになっているような局面でアメリカが利上げするのは良くない」という意味の発言をして注目されたばかりです。つまり海外市場が元気の無いうちは、FRBも安心して利上げ出来ないというわけです。

 しかしここへきて欧州株式市場も、中国・香港市場も、そして日本株も好調です。つまり世界的な株高になってきているわけです。

 それはFRBが利上げのタイミングを模索するにあたって「心の重し」が取れたことを意味します。

 また最近は怒涛の如くM&A(企業買収・合併)が発表されています。2015年第1四半期のグローバルM&A総額は8871億ドルで、去年の第1四半期に比べ+23%でした。これは2007年の1.1兆ドルに次ぐ高水準です。

 ここ数週間の主なディールを振り返っただけでもHJハインツによるクラフト・フーズの買収(454億ドル)、アッヴィーによるファーマサイクリックス買収(210億ドル)、ロイヤルダッチシェルによるBGグループの買収(700億ドル)など大型案件が目白押しです。

 企業の経営者のマインドが委縮しているときは、M&Aは活発ではありません。M&Aが物凄い勢いで戻ってきているということは、経営者が景気の先行きに自信を持っていることのあらわれです。

 しかしM&Aの隆盛はマーケットの過熱、バブルの醸成と紙一重であるという見方も出来ます。つまりそろそろ冷やしにかからないと景気拡大局面が逆に短命で終わってしまうリスクが増加しはじめているわけです。

 FRBがそろそろ重い腰を上げ、利上げに取り組まないといけないのはこのためです。

ゼネラル・エレクトリックの金融ビジネス撤退

 そこで先週の金曜日に飛び込んできたビッグ・ニュースはゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)が金融ビジネスから撤退するという発表です。

 ゼネラル・エレクトリックの金融ビジネスはGEキャピタルという名称で投資家に知られてきました。GEキャピタルはゼネラル・エレクトリックの去年の利益の42%を稼ぎ出した、同社最大の部門です。もっと簡単な言い方に直せば、「全米第7位の銀行に相当する金融サービス会社が、売りに出される」ということです。

 これは資産売却の総額にして1650億ドルにも上る、巨大な案件というわけです。

 それだけの資産を一度に買える企業は無いので、GEキャピタルは事業内容ごとにバラバラにされ、部分的に買い手を見つけてゆくことになります。すでに南カリフォルニアを中心としたオフィスビル・ポートフォリオはウェルズファーゴとブラックストーン・グループに265億ドルで売却されると発表されました。

なぜGEキャピタルは今、処分する必要がある?

 ゼネラル・エレクトリックがGEキャピタルを処分する決断をした背景には、リーマンショックで投資家が巨大金融コングロマリットを見る目が変わったことがあります。

 つまり巨大金融機関は、安心感を醸し出すというより、逆に「大きくて、潰せない」などの不都合を生みやすい存在と見做されるようになり、厳しい監視下に置かれるべきだと言う風潮になったのです。

 GEキャピタルの場合、親会社がゼネラル・エレクトリックという事業会社であることから資金調達コスト面では専業の銀行よりどうしても不利にならざるを得ません。金融サービス業が成長産業だと見做され、チヤホヤされる環境では、それでも続けるメリットはあるわけですが、メガバンク全体がうさんくさいビジネスだとう目で見られている昨今、ゼネラル・エレクトリック全体の企業評価の足を引っ張る存在に成り下がったGEキャピタルを保有し続けるメリットは大幅に薄れたのです。

 幸い、今は世界的に超低金利であり、不動産ビジネスやリース事業は好景気です。それらの事業を売却するなら、今が好機というわけです。

 さらにGEキャピタルは世界中で金融サービス業を展開しています。するとその事業の買い手は、日本のメガバンクなどを含めた、世界中の企業が参加しなければいけないのです。

 その点、昨今の株高で日本や欧州の金融機関のトップのマインドは、積極的になっています。この面からもゼネラル・エレクトリックがGEキャピタルから「足抜き」するなら、今がベストなのです。

ゼネラル・エレクトリック株は買いだ!

 さて、ゼネラル・エレクトリックはGEキャピタルを売却した後、その売却益の大半を株主に還元することを公約しています。資産の処分は向こう2年間のうちに完了し、900億ドルを自社株買戻し、配当、その他のカタチで株主に還元するとしています。

 このうち自社株買戻しに割り振られる資金は500億ドル程度であり、現在の株価で計算するとゼネラル・エレクトリックの発行済み株式数が17%程度減ることになります。

 またゼネラル・エレクトリックは現在の配当を維持すると約束しています。

 さて、GEキャピタルを売却した後のゼネラル・エレクトリックはどのような姿になるのでしょうか?

 下は2014年のゼネラル・エレクトリックの部門別売上高から金融サービスと、既に売却された白物家電のビジネスを除いた事業構成を示したものです。

 実際にはジェット・エンジンのファイナンス、風力発電のファイナンス、医療機器のファイナンスなど、ゼネラル・エレクトリックが事業会社としてビジネスを進めてゆく上でどうしても必要となる与信業務はGEキャピタルの売却時にも温存されますので、金融サービスがゼロになるわけではありません。従って上のパイチャートは、あくまでも大まかな目安ということになります。

 ゼネラル・エレクトリック株ですが、同社のバリュエーションの足を引っ張ってきた金融サービスのビジネスが無くなるので、投資家は同社の現在の19倍という株価収益率(PER)に対して抵抗感が薄れると思います。

 しかも配当利回りは3%を超えており、配当水準は本業の業績に関係なくとうぶん維持されると会社側が約束しているわけですから、安心して投資できます。

 さらにGEキャピタルの事業を小刻みに処分したお金で、どんどん自社株を買い戻してゆくわけですから下値には自社株買戻しのビッドがびっしり詰まっていることになります。

 つまりこの先、大きなキャピタルゲインは望めないかも知れないけれど、配当を取ってゆくという戦略なら、ゼネラル・エレクトリック株は好適な投資対象になるということです。
 

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1000銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リードただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと後述だろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
ざんねん家計から脱出
どうなる日米株?!

11月号9月19日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500診断/ざんねん家計からの脱出]

 ◎巻頭特集
日米の株価指数や上がる株を予測!

◎人気の買っていい10万円株は76銘柄!
【2020年秋版】
人気の株500+Jリート14の激辛診断

ザイ独自の業績予想もにも注目!!
儲かる株の見つけ方
[1]旬の3大テーマから見つける!
・DX/デジタル化で
上昇期待の株
・ECの加速で挽回&伸びる株
健康・衛生意識の高まりで注目の株
[2]5大ランキング[3]セクター別
2020年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
気になる人気株
大型株 371/新興株 108/Jリート10

◎第2特集
7人の家計をズバッと診断! 脱赤字体質のノウハウ集も
ざんねん家計からの脱出!
3大出費を見直せ!
住宅ローン・住宅費
「年250万円で賃貸に逆戻り」
教育費
「長女が医学部志望で大ピンチ」ほか


◎第3特集
まだ買う?もう売る?
買い&人気の米国株100
プロオススメ買いの株60銘柄
みんな持ってる人気株60銘柄買い×売り診断

◎第4特集
非課税枠最大1650万円!
NISAを最大限活用するなら年内に始めよ!

●非課税枠をマックスでゲットしよう!
●8つの売買ワザで非課税枠をフル活用!
●運用成績次第でロールオーバーを決断!

●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株バトル
●株入門マンガ恋する株式相場!VOL.49

【別冊付録】
割安株は1680銘柄!
上場全3781社の最新理論株価


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報