株ニュースの新解釈

投票好きの高齢者が政治を決めちゃう!
大阪都構想は否決されるも、世代別に見ると
60代以下は賛成多数。反対多数は70代だけだった

【第138回】 2015年5月19日公開(2016年7月1日更新)
保田 隆明
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 大阪都構想が否決された。ちょうど投票日の夜から翌日にかけて関西出張だったので、開票の行方および大阪維新の会の敗戦の会見などをテレビで見ることができた。

 そして、翌朝の新聞は現地ですべての主要紙を購入して、その報道内容を比較検討することもできた。新聞はどれも、選挙結果に対して、勝者なき結果、議論が白紙に戻っただけ、今後さらなる議論が必要という論調であった。

 相対感では、読売新聞がもっとも橋下氏、維新に対して批判的である一方で、今後大阪市について何を議論すべきかというポスト住民投票という視点での記事を掲載していた。

 内容は自民党の代替案を紹介するものであったが、それでも他の新聞が結果を報道するにとどまったことに比べると、より建設的な議論を促したいという意図は見えた。もう少し報道の仕方に色が出るかなと期待をしていたのだが、やはり選挙結果が僅差だったことで、どちらかに寄せた書き方をしにくい状況であったのだと想像する。

投票者の5人に1人の70代以上が反対多数だった

 新聞、テレビなど、各種メディアの出口調査による投票の中身を見ると興味深い。

 年代別では、70代以上は反対多数、60代で賛否拮抗、それ以下の世代では賛成多数である。そして、投票者の5人に1人が70代ということで、結局、日々時間があって、寿命まで平穏に過ごしたい、このままの体制で逃げ延びたいという70代以上の民意によって大阪の運命が決定されたわけである。

 これほど明確に世代間の意識格差が表れた事例は、他でもなかなかないのではないかと思われる。若い世代にとっては、自らが投票に行かないと高齢者層にとって都合のいい政策が選ばれてしまう、ということをまざまざと認識することになったわけだ。わが国の選挙が置かれている現状を理解するには非常にいいケーススタディとなった。もっと若い世代が投票に行っていれば、という思いがもたげるが、若い層に投票に行きたいと思わせることができなかった点も、賛成派の大きな敗因の一つでもある。

 また、出口調査では、居住エリア別の得票率のデータを出しているものもいくつかあった。それを見ると、大阪市をザックリと南北で分けると、北側エリアで賛成多数、南側エリアで反対多数という結果であった。北側エリアには梅田などビジネスの中心地が含まれるが、いわゆる下町では反対が多数となったわけだ。

各党を横断して議論をまとめるのは不可能

 また、いくつかの新聞では、大阪都構想は大阪維新の会が主導して作ったものであり、他の党の意見を入れ込むことや超党派ですり合わせができていないことを批判していた。

 この点は、確かに党を横断する形で建設的な議論ができれば理想であろうが、大阪市議会、大阪府議会で野党の立場である維新以外の党にしてみると、手柄を大阪維新の会に渡したくない。ゆえに、この法案そのものに反対の姿勢を取る必要があり、党を横断して議論をまとめていくというのは、現実的には不可能である。

 国会運営においても、多数派である与党が案をまとめる一方、他の野党が反対をするというのは、通常の構図だ。したがって、この構図を敗因の一つとして掲げてみても、あまり意味はない。

 タウンミーティングなど住民に対する説明およびヒアリングの機会をもっと設けるべきであったという主張はもっともであるが、すでに5年以上この議題についやしており、これ以上の時間の空費をさけるべきという意見も納得できる。

 結局、どんなに議論を尽くしても分からないことは残るし、やってみないと分からないことも山ほどある。その意味では、やってみなはれで行くのか、不安がある限り現状維持とするのか、結局、住民は究極の判断を迫られることには変わりなく、時間をかけてもあまり結果は変わらなかったのではないかと思われる。

経済の地盤沈下が続く大阪圏、相対的に上昇する中京圏

 大阪圏、関西圏の地盤沈下は著しい。大阪に本社があった企業は軒並み東京に本社を移している。

 東日本大震災で第2本社の必要性を実感する企業が増えたが、それすら関西圏はビジネスチャンスに変えることがなかなかできていない。この20年ほどの間に、東京は空路、鉄路、陸路とすべてにおいて交通インフラが整備されてきた一方、関西は空路が空港間で綱引きを続けており、それを受けて鉄路もあまり発展しない。

 人口変化率を見ても、首都圏はプラスの一方、関西圏はすべてマイナスである。そのように、なんらかの変化が必要な時期に出てきた大阪都構想であったわけだ。ただ、どうにかしないといけないのは経済である。

 今回の大阪都構想は、まず行政の無駄を省いてスリム化し、その上で経済発展をして行こうという趣旨だったが、経済発展のところがやや見えにくかったということはあろう。「アベノミクス」という標語や、そこでの「3本の矢」のような分かりやすい経済政策があればもう少し話は変わっていたかもしれない。

 毎週、関西に出張しているがとにかくアクセスが悪い。新幹線だと、新大阪で乗り換えが必要だし、空路では伊丹空港に乗り入れている鉄道はなく、関空、神戸空港では大阪の中心地からやや遠い。

 それに対して、名古屋圏はリニアの開通が控えている。現状ではますます大阪圏の地盤沈下と相対的な中京圏の上昇が進んでいくと考えられ、何らかの大胆な手を大阪は打つ必要がある。その代替案は、どの党も提示できていないし、各種メディアもノーアイデアである。残された時間はあまり多くはないと考えるべきであろう。

東京と大阪、朝刊1面の橋下氏の写真が表すもの

 出張から東京に戻って各種新聞を見ると、使用している写真が違うことに気付いた。東京では、1面の橋下氏の写真に苦虫をつぶしたような苦渋の写真を使用している。大阪での朝刊はどれも清々しい、ややもすると笑顔に見える橋下氏の写真を用いていた。実際記者会見での橋下氏は、きれいさっぱりした表情で受け答えしていた。清々しい表情の写真を用いたところに、在阪メディアによる橋下氏への一定の功績をたたえる思いを見た気がした。

 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年10月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.03%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.015% 0.015% 0.015%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.12%(※) 0.05% 0.03% 0.03%
【じぶん銀行おすすめポイント】
KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたネット銀行。コンビニATMからの出金手数料が最大月11回まで無料のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ! また、スマホ取引の使い勝手にも注力している。
※ カブドットコム証券口座保有者の「じぶん銀行自動引落(口座振替)※リアル版」のキャンペーン金利適用時。キャンペーン期間は11月30日まで、優遇金利の適用期間は12月31日まで。通常時は0.01%。
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.02% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%(※1) 0.20% 0.50%(※2)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
※1 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。※2 新規に口座を開設した人向けの「ありがとうキャンペーン」適用時。キャンペーン期間は10月25日まで。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆あおぞら銀行 BANK支店
0.20% 0.25%
※2019年10月21日より0.20%
0.15% 0.15%
【あおぞら銀行 BANK支店のおすすめポイント】
普通預金金利は0.20%で業界トップクラス! いつでも好きなタイミングでお金を引き出せるという普通預金のメリットはそのままに、メガバンクの定期預金と比べても20倍の金利でメリット大! 1年もの定期預金も十分魅力的な金利だが、使い勝手を考えると普通預金に預けるのが正解だろう。。また、コンビニATMでは出金手数料が発生してしまうが、郵便局や一部のファミリーマートなどに設置されている「ゆうちょ銀行ATM」なら、365日いつでも手数料無料でお得
【関連記事】
【普通預金の金利を徹底比較!】普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!
あおぞら銀行BANK支店の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年10月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報