株ニュースの新解釈

イギリスのEU離脱の国民投票は
7月の参院選で18歳、19歳の投票を促す可能性も!
~現役女子大生は英国の国民投票をどう見たのか?~

【第142回】 2016年6月28日公開(2022年3月29日更新)
保田 隆明
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 イギリスによるEU離脱問題は、大学生の間でも関心が高く、学生からはイギリスがEUを離脱することで円高や株安になる理由について、「こういう理解で合ってるでしょうか?」という問い合わせが直接LINEでやってきたりした。

 ちょうど開票のあった先週の金曜日に、昭和女子大学のゼミがあったので、急遽このテーマを扱うことにし、学生たちに様々な議論をしてもらった。結論から言うと、学生たちが選挙や政治に対して積極的に関心を持つ大きなキッカケになった。

 今月、参院選が行われるが、初めて18歳、19歳が選挙権を持ち、学校教育現場では政治や選挙をどう取り扱うか、最近メディアでも注目を集めているがまだまだ手探り状態だ。それら若い世代に選挙あるいは政治に関心を持ってもらう、そして投票という行動に結びつけてもらうには、今回のイギリスのEU離脱という問題は、非常にわかりやすい題材となった。

自分が投票に行かないとどうなるか

 メディアでも報じられているように、今回のイギリスのEU離脱に対する国民投票の結果は、若者、ロンドン在住者、知識階級、富裕層は残留支持、高齢者、ロンドン以外の地域(ただし、スコットランド、北アイルランドは除く)、労働者階級は離脱支持という投票結果となっている。若者v.s.高齢者、都市部v.s.地方、知識層v.s.労働者層、富裕層v.s.一般層のような分かりやすい構図が見て取れる。実際に中身を見ていくと、もちろんこれほど単純な構図ではないので、単純な対立軸を作り出すことは危険でもあるが、選挙、投票では、利害の異なる人たちが異なった投票をするという当たり前のことをこれほど如実に見せられる事例は、あまりないだろう。

 若者世代では残留派が過半数を占めたのに、年齢層の高い世代の投票によって全体の結果が引きずられたというのは、大阪都構想での住民投票と同じ構図である。しかし、「この構図と結果は、大阪都構想と同じだよね?」と学生に問いかけても、東京の学生たちは、「大阪都構想自体よく分からないし、あまり興味もなかったので、そう言われても・・・」だそうだ。

 むしろ、同じ日本での出来事よりも、遠く離れたイギリスの国民投票の方がよりインパクトがあり、また、残留か離脱かという簡単さゆえに身近に感じる、あるいは、わかりやすいように感じるのかもしれない。

 いずれにせよ、余命の長い若者世代の意見が、余命の短い上の世代の意見によって通らなかったというのはショッキングだったようである。若者世代と上の世代では利害が異なり、投票に行かないと上の世代にとって都合のいい世の中になりうるということを疑似体感したわけだ。

 もっとも、いたずらに世代間闘争みたいなものを煽っても意味はないし、あまり生産的ではない。ゆえに、教育現場で政治や投票について議論する時に、世代間での利害不一致は扱いにくいと思うが、今回のイギリスのEU離脱は、教室では教えにくい側面をまざまざと見せてくれた。そして、何よりも、投票しないとダメなんだ、と若い世代が思うきっかけとなったであろう。

なぜ選挙が存在するのか

 ゼミでは、なぜ国民投票はあまり実施されないのか、と投げかけてみた。

 「国民投票をするほどの大きな出来事がないから」「莫大な費用がかかるから」などの意見が出てきた後、他に促すと「国民は判断できないから」となった。

 市町村単位にせよ、国単位にせよ、地域での決めごと、解決ごとは、相応の情報と専門的な知識が必要なので、住民全員でそれらに取り組むのは非効率的だし、そんな時間もない。そこで、それを専門に考える人、議論する人を選挙によって作り出し、我々住民の代表として代わりに議論してもらう、それが政治家、議員だよね、という話になっていく。すると学生たちは、なるほど、だから選挙が存在し、必要なのか、という理解につながっていく。

 こういうことは、当然高校までの社会の授業で学んでいる内容であるが、実体験や実感を伴わないまま教科書の暗記で終わっているにすぎない。今回、学生たちは選挙を通じて誰かを選出することの意義をきちんと感じ取ったようである。

国民投票はやるべきではなかった?

 同時に、国民投票は本当に実施すべきだったのかについても議論をした。

 「本当にこのタイミングで実施すべきだったのか」「もっと他に方法はなかったのか」「結局、国を分裂に追い込み、混乱を巻き起こしただけで、勝者不在、混乱のみが残る結果になりはしないか」などの意見が出てきた。

 議会で議論を重ねて最適解を導きだすことが重要であることも、これで認識することができた。もっとも、本当に日々の議会でそのような有益な議論が交わされているかはまた別問題ではあるが。いずれにせよ、国民投票は、国民に政治マターに関心を持ってもらうにはいい機会であるが、得るものと失うものを勘案すると、最後の最後の手段にすべきなのではないか、という認識に学生たちはなったようである。

 もっとも、これらも、もし今後5年、10年でイギリスがどうなっていくかによって意見も変わってくるであろうが、今の混沌な状況を見る限りはそういう認識になるということだ。

なぜ事前報道は残留と読んでいたのか

 投票の前まで、メディアでは残留という予測が大方を占めていた。それが蓋を開けてみると離脱という想定外の結果。なぜ、こういうことが起きたのだろう、という点も議論した。

 すると、誰かが「直前に心変わりした人もいたんじゃないですか?」と発言した。「心変わりしたならなぜだろう?」「えーと、まさか本当に離脱になると思っていなくて離脱に投票してみたかった??」というようなやり取りがなされた。

 これらは、実際の投票でもしばし起こることだ。どちらかの陣営が有利と報道されれば、まだどちらにするか決めかねている人は、負けている方を応援しようというような気分になり、実際にそういう投票を起こすことがある。今回、どの程度、このような浮動票の心変わり的な行動があったかはわからないが、そういうこともありる、と議論し、体感することが学生たちにとっては重要である。

 また、ロンドンでは残留派が過半数を占めたが、主要メディアの多くはロンドンに拠点を構えていることも影響したかもしれない、という意見も出た。つまり、メディアはロンドン以外の意見を完全には汲み取れなかった可能性がある、ということだ。メディアが、都市v.s.地方の溝を読みきれなかったならば、これは在京の学生達にとっては注意しておくべき点である。

 欧州の各国政治、そして、世界中の株式市場、為替市場はしばらく混沌とする。当然、日本もその影響を受ける。混沌は歓迎できないことではあるが、起こってしまったことなら、せめてのこと、若者世代にとって生きた教材として学びの機会とすることが重要ではないかと、今回のイギリスのEU離脱問題を見ながら思うのである。早速ゼミのLINEでは、ゼミ後にイギリスの離脱問題についての追加の情報や意見が出てくるなど、活発な議論となっている。
 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2023年1月16日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.01% 0.01% 0.01%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に!「ゴールドステージ」になるには、イオン銀行スコアが100点必要なので、「イオンカードセレクト」の保有(+10点)、インターネットバンキングの登録(+30点)、最低1000円からの投信自動積立の口座振替(+30点)、最低500円からの外貨普通預金積立の口座振替(+30点)といった条件をクリアするのがおすすめ。さらに、「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆SBI新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.30%
(※1)
0.01% 0.03%
【SBI新生銀行のおすすめポイント】
新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」なら、3カ月もの定期預金の金利が1.00%、1年もの定期預金の金利が0.30%に大幅アップ! 短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用。「ステップアッププログラム」で「シルバー」以上になれば、提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日いつでも何回でも無料!
※1 新規に口座開設した人限定の「スタートアップ円定期預金」適用時の金利。
【関連記事】
【SBI新生銀行の金利・手数料・メリットは?】振込入金などでTポイントやdポイントが貯まる!新生ゴールド以上は出金手数料や振込手数料がお得に
新生銀行の口座開設はこちら!
【1年もの定期預金も「年利0.3%」のお得な金利に!】
新生銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(※1)
0.002% 0.002% 0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込や年金受取の口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(インターネット限定、50万円以上)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
※1
0.15%
(※2)
0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
※1「楽天証券」保有者の「マネーブリッジ」適用時。300万円を超えた分の普通預金は金利0.04%の適用。※2 2023年1月31日までの「円定期預金 冬のボーナスキャンペーン」適用時の金利。
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.17%
(※1)
0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
※1 2023年2月28日までの「円定期特別金利」適用時の金利。 
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2023年1月16日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報