世界投資へのパスポート
【第372回】 2015年6月28日公開(2017年11月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

ギリシャ救済プログラム延長交渉が
クライマックスへ! 7月5日に国民投票。
投資家は一件落着後に注意せよ!

【今回のまとめ】
1.ギリシャの国民投票が7月5日に設定された
2.切詰め疲れが出ているので、結果は予断を許さない
3.土壇場でトロイカから譲歩が出る可能性も
4.ギリシャの方が交渉は一枚上
5.相場は不安の壁を駆け上る
6.ユーフォリア的な買いが殺到したら、売り

ギリシャ政府が7月5日に国民投票を設定

 ギリシャ政府が7月5日に国民投票を実施します。欧州委員会(EC)、欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)から成るトロイカから提案された救済条件を呑むべきかどうかを、直接国民に問うためです。

ギリシャ国民の間には切詰め疲れが出ている

 今回、提示された条件には、一層の財政切詰め、年金のカット、増税などが含まれています。

 2009年にギリシャの財政問題が発覚して以来、同国はずっと財政削減と増税に取り組んできました。下のグラフにみられるように、あと少しで財政は均衡するところまで来ています。


 しかしギリシャの国民の間には「切詰め疲れ」が出ています。国民投票を実施すれば、たぶんトロイカの条件を呑み、EU残留を希望するという意見が勝つと思われますが、不満を持っている国民も多いので、予断を許しません。

欧州連合は国民投票が大嫌い

 今回、ギリシャ政府が直接、この条件を呑むかどうか国民に問うのは、トロイカに対しプレッシャーをかける意味があります。

 なぜなら欧州連合(EU)は国民投票が大嫌いだからです。

 それぞれ国民性や言語の違う欧州の国々が、共通通貨を使用し、ひとつの経済圏を作るに際しては、高度な利害の調整が必要だし、各国の国民が、しぶしぶ譲歩している問題も数多くあります。それらの大半は、民意から少し距離を置いたところ、すなわちブリュッセルに集まった官僚たちの、高度に専門的で、政治的な駆け引きによって調整されているわけです。

 だから、ひとつの国が国民投票をすると、それは連鎖的に他の国でも「わが国も国民投票を実施してEUに加盟し続ける意義を直接国民に問うべきだ」という世論の高まりを招き、場合によってはEUそのものが瓦解しかねません。

「イングランド銀行を破産させた男」のエピソードを思い出せ

 実際、1992年に欧州各国で相次いで国民投票を実施する羽目に陥った際、市場に不安が走り、英国は欧州為替相場メカニズム(ERM)と呼ばれる為替変動幅を一定のレンジ内に抑え込む協定から脱退を余儀なくされました。ジョージ・ソロスはその時、ポンド売りを仕掛け、「イングランド銀行を破産させた男」という評判を取ったのです。

 この時の苦い経験は、まだ欧州連合の関係者には鮮明に記憶されています。つまり土壇場で「対決は避けたい」という譲歩が、トロイカ側から出る可能性が高いのです。

IMFはすでに実質的な譲歩を余儀なくされている

 譲歩の話をすれば、国際通貨基金(IMF)は、実質的に、もう譲歩を余儀なくされています。IMFは6月5日、12日、16日、19日に支払期限が来たギリシャの借金について「それは月末一括払いで良いです」と大目に見てきました。

 しかし今回、ギリシャが7月5日に国民投票を設定したということは、6月30日の支払期限には当然、お金を払わないことを意味するので、これは本来であればデフォルトです。しかしIMFはすでに「6月末になっても支払が無かった場合でも、それはデフォルトとは認識しない。話し合いによって支払スケジュールを策定しなおす」と発表しています。

ギリシャは交渉上手であることを知っておく

 われわれ投資家が理解しないといけないことは、ギリシャ政府は極めて交渉上手だという点です。

 ギリシャのヤニス・バルファキス財務相は、「ナッシュ均衡」の理論を打ち立て、ノーベル経済学賞を受賞したプリンストン大学のジョン・ナッシュ教授と同じ、ゲーム理論の専門家であり、二人は研究を通じて交友関係を結んでいました。

 ギリシャは小国であり、経済的にも行き詰っているから、駆け引きも洗練されていないに違いないという先入観を持つ市場関係者が多いですが、それは投資家の無知です。

ギリシャ問題が一件落着した後が重要

 さて、交渉が行われている間は、欧州中央銀行やアメリカの連邦準備制度理事会(FRB)は市場を刺激するような発言は一切、控えると思います。

 アメリカの格言に「相場は不安の壁を駆け上る」というのがありますが、むしろ懸念材料は、あった方が、相場は長持ちするのです。

 むしろ怖いのは、ギリシャ問題が一件落着した後です。

 なぜならギリシャ問題が片付けば、FRBは市場に対して利上げをシグナルし始めると予想されるからです。

 米国株はギリシャ問題が解決したというニュースが出ると、ユーフォリア的な買いが入ると思われますが、そこがド天井になるリスクもあるのです。

【2019年2月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待」を大公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング