世界投資へのパスポート

景気に左右されない米国の防衛関連銘柄に注目!
売上総額6.4兆円につながる米空軍60年ぶりの
次世代主力爆撃機開発契約を受注した企業とは?

【第407回】 2016年2月29日公開(2017年11月17日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

<今回のポイント>
1.60年ぶりに米空軍の主力爆撃機が交代する
2.ノースロップ・グラマンがその開発契約を落札した
3.防衛関連の契約は一度獲得すると長年売上が見込める
4.このプログラムはゆくゆく6.4兆円規模になる可能性がある
5.景気に左右されない銘柄を探しているのなら検討に値する

60年ぶりの主力爆撃機開発契約を受注、
最大6.4兆円の契約になる可能性も

 現在、米国が使用している主力爆撃機はB-52です。これは60年も前に開発された古い爆撃機で、アメリカ国防総省は、これを新しい機種に入れ替えることを望んでいます。

 その次期主力爆撃機開発契約を巡る入札が去年行われたのですが、今日紹介するノースロップ・グラマン(ティッカーシンボル:NOC)が落札しました。

 請負業者の選定に際しては、価格だけでなく、技術力、過去の実績、納期を守れるかどうか? などのポイントが考慮に入れられます。ノースロップ・グラマンはB-2ステルス爆撃機を開発・納入した実績があり、それが有利に働いたと思われます。

 今回の入札で敗退したロッキード・マーチン(ティッカーシンボル:LMT)はアメリカ国防総省の決断を不服とし、選定のやり直しを訴えていましたが、先々週、それが正式に却下され、ノースロップ・グラマンの勝利が確定しました。

防衛産業では業者に選定されると
数年から数十年にわたって安定的な売上が見込める

 さて、株式市場の投資家の目線から、防衛産業が魅力的な理由は、ひとたび業者に選定されると、数年から数十年に渡って、比較的安定的な納入が見込める点にあります。

 もちろん納入した製品に性能や構造上の大きな欠陥があり、プログラム自体が縮小、ないしはキャンセルされる場合が無いとは言えません。しかしそうでない限り、長年に渡って確実に売上を見込むことができるのです。

 なお今回ノースロップ・グラマンが落札した次期主力爆撃機開発契約は、あくまでも開発契約であり、量産契約ではありません。つまり新型機をデザインし、実際にそれを完成させるところまでが契約の範囲なのです。

 量産体制に入る際には、また別の契約で、他の業者と仕事を分担することになる可能性もあります。

 次世代主力爆撃機の契約は、どのくらい大きくなる可能性があるのでしょうか?

 現時点では1機の値段は643億円と試算されています。アメリカ国防総省は80機から100機分の予算を確保したいとしていますから最大で6.4兆円ほどになるわけです。当然、議会の承認が必要になります。

 米国はここ数年安定的に経済が成長しているので、国家予算の一斉削減などの切詰めは、もはや必要ではありません。2016年の防衛予算は66兆円でした。2017年度もその水準が維持される見込みです。

 つまりマクロ経済の面からは防衛予算へのプレッシャーは余り存在しないということです。

ノースロップ・グラマンの売上の80%超は米国政府
一株当りの売上も右肩上がりに伸びている

ノースロップ・グラマンは1929年にリロイ・グラマンによって設立されたグラマンと、1939年にジャック・ノースロップによって設立されたノースロップが1994年に合併して出来た企業です。

 グラマンはアポロ計画の月面着陸モジュールを製作した会社です。

 現在、同社の航空機部門は無人偵察機グローバル・ホーク、F/A-18(スーパー・ホーネット)などを作っています。

 同社はまた次世代レーダー・システムでも定評があります。これは電子システム部門に分類されます。

 3番目の部門は情報システム部門で、ここは主にコマンド&コントロール・システムを製作・納品しています。

 それぞれの部門の営業マージンは、下のグラフのようになっています。

 通常、防衛産業の利幅は政府の方針によって厳格に管理されています。従って余り儲かり過ぎるとダメですし、逆に不健全なほどの不採算プロジェクトも少ないです。

 同社の顧客は米国政府が8割を占めています。

 下は一株当たりの業績です。

 DPSは一株当たり配当、EPSは一株当たり利益、CFPSは一株当たり営業キャッシュフロー、SPSは一株当たり売上高を示しています。

 もし皆さんの中に(世界経済の見通しが今後悪化した場合でも、それに影響されにくい銘柄は無いか?)と思案している人がいるのなら、ノースロップ・グラマンは研究に値する銘柄だと思います。

【2019年4月1日更新!】


「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上
個別株:4400銘柄以上
ETF:1400銘柄以上
ADR:約30銘柄
約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。中国株も約2000銘柄と多い。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 「三井住友カード」の最大10,000円プレゼントキャンペーン! じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

億り人が教える
「株」入門
人気株の激辛診断

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【億り人が教える「株」入門】

230億円作ったcis先生が登場!
・「株っておもしろくて止められない! 」
株主優待株で成り上がる方法
元手
40万円2億円を稼いだまつのすけ先生
高配当株を狙うリスト作成法 
年600万円配当受け取る藤田先生
好業績株を楽々チャートで発掘 
1勝4敗でも達成したDUKE。先生
2年で2倍になる割安株の放置ワザ
・割安株で
資産7億円に到達した本田武先生
失速IPOの効率のいい拾い方
IPO投資2億5000万円を作ったJACK先生

買っていい10万円株は95銘柄!
買い:ソニー、ワークマン、メルカリ、など
ダメ:ヤフー、マツキヨ、ホンダ、など
・2019春/
人気株500の激辛診断! 

確定拠出年金のキホンがわかる資産づくりガイド
・まず公的年金を知ろう
・企業型DCってナニ?
iDeCoってやるべき?
・投資商品をサクサク理解! 
老後のお金以外に貯めておくべきお金

iDeCoで扱う投信201本の成績&コスト比べ
・口座管理手数料0円の9社を紹介!

【別冊付録】
全上場3715銘柄の最新理論株価

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報