ふるさと納税おすすめ特産品情報
2020年9月10日 ザイ・オンライン編集部

2020年度版【ふるさと納税ランキング~お米編~】
「ふるさと納税」でお米がもらえる自治体を調査!
コストパフォーマンスが最強の自治体はココだ!

2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」を発表!
「ふるさと納税」で「お米」の返礼品をお得にもらおう!

「ふるさと納税」を申し込めるサイトを比較

 「お米」は、日本人の食生活に欠かせない食材。毎日食べるものだからこそ、おいしいお米をお得にゲットしたいところだ。

 そこでおすすめしたいのが「ふるさと納税」を活用すること。お米は「ふるさと納税」の返礼品の中でも人気が高く、全国のほとんどの自治体がお米の返礼品を用意している。しかし、返礼品の数が多いからこそ、本当にお得なものを見極めるのはなかなか大変だ。

 そこで、ザイ・オンライン編集部では「ふるさと納税」で「お米」がもらえる自治体を徹底的にリサーチ。調査対象は“寄付金額1万円以下”の気軽に申し込める返礼品に絞り、“1万円換算でどれだけ多くのお米がもらえるか”というコストパフォーマンスを基準にランキングにした。

 なお、現在は「返礼品の還元率を寄付金額の3割以下に抑えなかった自治体は、ふるさと納税の控除対象から除外する」といった規定が厳格化されているが、今回紹介する自治体は、すべて「ふるさと納税」の控除対象になっているので安心してほしい。
【※関連記事はこちら!】
「ふるさと納税」は新制度の導入でどう変わったのか?還元率が30%以上&地元産品以外の「返礼品」は禁止でも、“やらなきゃ損する”お得な制度に変わりなし!

 それでは、さっそく、2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」を発表しよう。このランキングを参考にして、ぜひ、2020年も「ふるさと納税」をフル活用してほしい。

【ふるさと納税の基礎知識はコチラ!】
ふるさと納税の8大サイトの特徴やメリットを比較!最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は?ザイがおすすめする「ふるさと納税サイト」を紹介!
ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説!自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介!
ふるさと納税して確定申告が必要になる人とは?「ワンストップ特例」と「確定申告」の違いやそれぞれの注意点、用意すべき書類をまとめて紹介!

【同率1位】1万円の寄付でお米12kg! 
ふっくらしていてモチモチした食感が特徴の
「いすみ米ふさこがね12kg」がもらえる「千葉県いすみ市」!

「千葉県いすみ市」の「いすみ米ふさこがね12kg」

 2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」第1位は、1万円の寄付でお米12kgがもらえる4自治体が同率で並んだ。その同率1位の4自治体の中から、まずは「千葉県いすみ市」を紹介しよう。

 2005年に「夷隅町(いすみまち)」「大原町」「岬町」が合併して誕生した「いすみ市」は、温暖な気候に恵まれていることから、お米の栽培が盛んな地域。特に「いすみ市」の「国吉」という地域で作られていたお米は、皇室献上米になるほど高品質だったことで知られており、現在もそのブランドは「いすみ米」として受け継がれているそうだ。

 そんな「いすみ市」に1万円を寄付すると「いすみ米ふさこがね12kg」がもらえる。この「ふさこがね」は千葉県の独自品種で、ふっくらとした炊き上がりとモチモチの食感が特徴とのこと。そんな「ふさこがね」をお得に味わってみたい人は「いすみ市」への寄付を検討してみよう。

 なお、本記事の最後には「いすみ市」の「ふるさと納税」の担当者に行なったインタビューを掲載している。「いすみ市」に1万円を寄付するともらえる「いすみ米ふさこがね12kg」の特徴や、そのほかのおすすめ返礼品などを聞いたので、ぜひ、最後までお読みいただきたい。

いすみ市の返礼品一覧

【同率1位】1万円の寄付でお米12kg!
発送直前に精米しているので鮮度も抜群な
「無洗米『ほたるの灯り』12kg」がもらえる「熊本県和水町」!

「熊本県和水町」の「無洗米『ほたるの灯り』12kg」

 続いて紹介する同率1位の自治体は「熊本県和水町(なごみまち)」。

 熊本県の北西部に位置する「和水町」は人口1万人ほどで、お米を筆頭に、野菜や果物などの農作物の栽培が盛んな町。また、自然が豊かでありながら、隣接する福岡県の都市部へのアクセス条件も良く、暮らしやすい町となっている。

 そんな「和水町」に1万円の寄付をすると「無洗米『ほたるの灯り』熊本県なごみ町産 12kg」がもらえる。「ほたるの灯り」は粒が立っており、お米の一粒一粒から香りと甘みを感じられる品種とのこと。さらに「和水町」は、よりおいしい状態で届けるために、発送日の当日または前日に精米しているそうだ。

 また「和水町」では、無洗米の返礼品として、1万円の寄付でもらえる「特A受賞2品 無洗米 菊池川流域の米 11kg(ヒノヒカリ5.5kg+森のくまさん5.5kg)」も用意している。ややコスパは落ちるが、それでも今回のランキングで上位に食い込めるほどのお得な返礼品になっているので、無洗米が欲しい人は要チェックだ。

和水町の返礼品一覧

【同率1位】1万円の寄付でお米12kg!
10年の月日を費やして開発したブランド米の
「令和2年産 さがびより12kg」がもらえる「佐賀県上峰町」!

「佐賀県上峰町」の「令和2年産 さがびより12kg」

 同率1位の3つ目の自治体は「佐賀県上峰町(かみみねちょう)」だ。

 佐賀県東部に位置する「上峰町」は人口9000人ほどの町。1989年に「旧・上峰村」から「上峰町」として生まれ変わって以降、農業生産に加えて工場の誘致や住宅の増設にも力を入れ、農工の共存を実現した町だ。

 そんな「上峰町」に1万円の寄付をすると「令和2年産 さがびより12kg(5kgx2袋 2kg×1袋)」がもらえる。「さがびより」は、佐賀県が10年の月日を費やして独自で開発したブランド米。豊かな香りと甘みに自信があるという「さがびより」をこの機会に堪能してみてはいかがだろうか。

 ちなみに「上峰町」は、2019年度の「ふるさと納税」の寄付受入件数のランキングで、全国で2000近くある自治体のうち第6位にランクインするほどの人気自治体。同じく1万円でもらえる「100g×3尾 柳屋の国産うなぎ蒲焼」や「絶品塩もつ鍋12人前(シマ腸1.2kg)」なども人気なので「さがびより」のお供として、これらの返礼品も一緒に申し込むのもよさそうだ。

上峰町の返礼品一覧

【同率1位】1万円の寄付でお米12kg!
お米ハイコスパな自治体の常連として貫禄の2年連続1位!
「茨城県のお米4種食べ比べ12kgセット」がもらえる「茨城県境町」!

「茨城県境町」の「茨城県のお米4種食べ比べ12kgセット」

 同率1位の最後の自治体は「茨城県境町(さかいまち)」。2019年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」でも堂々の第1位に輝いていた自治体だ。

 「境町」は、利根川と江戸川の分岐点に位置しており、江戸時代には利根川沿い有数の町として栄え、人や物の行き交いが盛んだったという。2019年には、新国立競技場のデザインを手掛けた隈研吾氏が設計した「さかい河岸レストラン茶蔵」がオープンし、地元のブランド豚「梅山豚(めいしゃんとん)」や新鮮野菜を気軽に味わえるようになった。

 そんな「境町」に1万円の寄付をすると「茨城県のお米4種食べ比べ12kgセット(3kg×4袋)」がもらえる。4種の内訳は、必ず含まれるコシヒカリに加えて、あきたこまち、ひとめぼれ、ゆめひたち、あさひの夢、チヨニシキ、ふくまる、一番星、ミルキークイーンの中から、その時期に合ったおすすめの3種がもらえるとのこと。さまざまなお米がもらえるので、その日の献立にピッタリのお米を炊くという、贅沢な楽しみ方もできそうだ。

 ちなみに「境町」の「ふるさと納税」では、1万1000円の寄付でもらえる「特選常陸牛A5・A4ももステーキ100g×5枚(チョイス限定)」や、1万円の寄付でもらえる「常陸牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用400g」など、常陸牛の返礼品も人気とのことなので、こちらもチェックしてみては?

境町の返礼品一覧

【同率5位】9000円の寄付でお米10kg!(=1万円で11.1kg)
程よいモチモチ感が楽しめるブランド米の
「茨城県産しきゆたか10kg」がもらえる「茨城県稲敷市」!

「茨城県稲敷市」の「茨城県産しきゆたか10kg」

 2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」第5位は、9000円の寄付でお米10kgがもらえる「茨城県稲敷市(いなしきし)」と「熊本県長洲町(ながすまち)」が同率でランクインした。今回は、そのうち「茨城県稲敷市」を紹介しよう。

 「稲敷市」は、2005年に「江戸崎町」「新利根町」「桜川村」「東村」が合併してできた自治体。利根川、新利根川、小野川、霞ヶ浦といった豊富な水に恵まれた環境にあり、お米づくりが盛んなほか、レジャーやアウトドアの拠点としても親しまれているそうだ。

 そんな「稲敷市」に9000円の寄付をすると「【令和2年産】茨城県産しきゆたか10kg(5kg×2袋)」がもらえる。「しきゆたか」は、モチモチした粘り気や大きめの粒が特徴とのことなので、食べごたえのあるお米が好きな人におすすめだ。多くの自治体が“1万円の寄付でお米10kg”の返礼品を用意しているなか、「稲敷市」は“9000円の寄付でお米10kg”と、お手頃な寄付金額でお得にお米をもらえるのが嬉しいポイントだ。

 ちなみに「稲敷市」は、このほかにも「あきたこまち」「ミルキークイーン」「コシヒカリ」といったお米の返礼品も用意しているので、お米の品種にこだわりがある人は、一度「稲敷市」の返礼品をチェックしてみるといいだろう。

稲敷市の返礼品一覧

 さて、改めて今回紹介した自治体のランキングをまとめると以下のとおり。

ふるさと納税受付終了の自治体ですマークのものは、自治体がその特産品に関する「ふるさと納税」の受け付けを終了、もしくは一時的に中断しています。
※同じ自治体の同じような返礼品でも「ふるさと納税サイト」ごとに自治体が支払う手数料が異なり、返礼品の内容量や寄付額が違う場合もあるので、このランキングで返礼品を上手に選ぼう!

 ◆2020年度
  「ふるさと納税」で「お米」がもらえる自治体のお得度ランキング!
(※2020年8月17日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 備考
寄付金の使い道
1位  千葉県いすみ市
・1万円⇒いすみ米ふさこがね12kg(箱入)
・1万円⇒こしひかり改良種 五百川10kg(箱入)
 ほか、1万2000円で「甘みと酸味のバランスが絶妙♪千葉県いすみ市の豊水梨5kg」などがある
【寄付金の使い道】活力があふれ豊かに生活できるまちづくり事業/健康で安心とやさしさを実感できる住みよいまちづくり事業/輝くいすみっ子と多彩な文化を育むまちづくり事業/豊かな自然と生活が共存するまちづくり事業など
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
1位  熊本県和水町
・1万円⇒無洗米「ほたるの灯り」 熊本県なごみ町産 12kg
・1万円⇒無洗米「ひのひかり」 熊本県なごみ町産 11kg
・1万円⇒ 松村さんちの田んぼで穫れたお米「にこまる」10kg
・1万円⇒旬の特産品詰合せ(野菜、フルーツ、お米)
 ほか、1万円で「本場熊本産!あか牛 切り落とし 1000g」などがある
【寄付金の使い道】「金栗四三」顕彰事業/「あいのりくん」運用事業/町長に一任
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
1位  佐賀県上峰町
・1万円⇒令和2年産 さがびより12kg(5kgx2袋 2kg×1袋)
・1万円⇒10日で発送!さがびより11kg
 ほか、1万円で「100g×3尾 柳屋の国産うなぎ蒲焼」などがある
【寄付金の使い道】10日で発送!さがびより11kg /ずっと住みたいまちづくりプロジェクト/宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト/町長おまかせ
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
1位  茨城県境町
・1万円⇒茨城県のお米4種食べ比べ12kgセット(3kg×4袋)10kg以上
・1万5000円⇒茨城県産コシヒカリ無洗米15kg(5kg×3袋)
・1万円⇒新鮮野菜を盛り沢山&茨城県産コシヒカリ5kgセット
・1万円⇒【令和元年産米】茨城県産こしひかり&ふくまる10kg(5kg×2袋)
 ほか、1万1000円で「特選常陸牛A5・A4ももステーキ100g×5枚」などがある
【寄付金の使い道】教育文化の向上に関する事業/住民福祉の増進に関する事業/都市基盤と生活環境施設の整備に関する事業/農業振興と商工業の育成に関する事業など
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
5位  茨城県稲敷市
《1万円換算/11.1kg》
・9000円⇒茨城県産しきゆた10kg(5kg×2袋)

・1万3000円⇒ふっくらもっちり茨城県産 ミルキークイーン白米10kg
・1万9000円⇒【元年産】稲敷産あきたこまち20kg
 ほか、1万3000円で「ネスカフェ ドルチェグスト リッチブレンド マグナムパック」などがある
【寄付金の使い道】1.産業及び観光の振興に関する事業/2.自然環境の保全に関する事業/3.福祉の充実に関する事業/4.教育、文化活動及びスポーツ振興に関する事業/5.その他、市長におまかせ(その他全般)
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
■以降のランキングはこちら!⇒【ふるさと納税】お米がもらえる自治体ランキング!(2020年度版)人気の「お米」がもらえる自治体を比較して、コスパ最強のおすすめの自治体を発表!

 今回の記事では紹介しきれなかった同率5位の「熊本県長洲町」を含めた上位の約60自治体は「【ふるさと納税】お米がもらえる自治体ランキング!(2020年度版)」で発表しているので、お目当てのブランド米がある人は、ぜひ、こちらもチェックしてみてほしい。

 ちなみに「ふるさと納税」を実施している自治体数は2000近くあるため、今回の調査でもすべての自治体を調べるのは難しく、あくまで「ザイ・オンライン編集部調べ」となっている。

 この記事を見て「ウチの特典のほうがすごいぞ!」という自治体関係者の方や、「こっちのほうがお得だよ」という情報をお持ちの方は、下記のメールアドレスまで情報をお寄せください。確認のうえ、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!(zol-furusato@diamond.co.jp)

2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」同率1位に輝いた
「千葉県いすみ市」のふるさと納税担当者にインタビュー!

 2020年の「ふるさと納税ランキング~お米編~」第1位は、1万円の寄付でお米12kgがもらえる「千葉県いすみ市」「熊本県和水町」「佐賀県上峰町」「茨城県境町」が同率で並ぶ結果となった。今回は、そのうち「いすみ市」のふるさと納税担当者・大屋さんにインタビューを行なった。

 まずは「いすみ市」に1万円を寄付するともらえる「いすみ米ふさこがね12kg」の特徴について聞いてみた。

 「千葉県の独自品種の『ふさこがね』は、粒が大きく、ふっくらとした炊き上がりが特徴のお米です。また、冷めても硬くなりにくいので、おにぎりやお弁当にもピッタリ。他の自治体では『1万円の寄付でお米10kg』の返礼品を用意しているところが多いようなので、『いすみ市』では『1万円の寄付でお米12kg』のお得な返礼品をご用意しました」

 この「いすみ米ふさこがね12kg」は非常に好評とのことで、実際に申し込んだ寄付者からは「おいしい」や「量が多くて助かる」といった声が届いているそうだ。また、「いすみ市」には、このほかにもおすすめの返礼品があるという。

 「実は『いすみ市』は、全国で1位2位を争う『伊勢エビ』の産地なんです。ちょうど8月初旬に今年の伊勢エビ漁が解禁されまして、『いすみ市』の『ふるさと納税』でも返礼品としてご用意しているので、ぜひ、一度味わってみていただきたいです。また、チーズの返礼品もおすすめです。『いすみ市』には『高秀牧場』と『よじゅえもん』というチーズ工房があるのですが、どちらも国際コンクールやジャパンチーズアワードなどで受賞実績がある実力派。どちらもハイクオリティなチーズを作っているので、食べ比べてみてはいかがでしょうか」

「千葉県いすみ市」の「活き伊勢エビ3~5匹(合計0.7~0.9kg)」

 伊勢エビの返礼品が気になる人は、「いすみ市」に3万4000円を寄付するともらえる「活き伊勢エビ3~5匹(合計0.7~0.9kg)」や、2万円を寄付するともらえる「活〆冷凍伊勢エビ(160~190g×4匹)」などもチェックしてみよう。

 また、チーズの返礼品は、1万5000円の寄付でもらえる「高秀牧場のこだわりセット(モッツァレラ100gなど全6種)」、1万円の寄付でもらえる「よじゅえもんのチーズセット(カチョカバロチーズ170gなど全6種)」を用意している。

 ちなみに、「いすみ市」は「ふるさと納税」の寄付も順調に集まっているそうで、2019年度は寄付件数が2万1160件ほど、寄付金額が3億3000万円ほどだったとのこと。今年度は7月末時点で寄付件数が7000件、寄付金額が9000万円ほどと、昨年の同時期よりも伸びているそうだ。これだけの寄付が集まるのも、「いすみ市」が魅力的な返礼品を豊富に用意しているからだろう。

 最後に「いすみ市」の魅力を聞いてみたところ、やはり、幅広い“食”を提供できる環境がアピールポイントだという。

 「『いすみ市』は、アカウミガメが産卵に訪れたり、コウノトリやコハクチョウが舞い降りたりするほど、美しい自然に囲まれた町です。さらに『いすみ市』の沖合は“親潮”と“黒潮”が交わっており、一流シェフも認める伊勢エビやサザエ、アワビのほか、さまざまな魚が水揚げされています。しかも『いすみ市』は、温暖な気候と肥沃な大地のおかげで、四季折々のおいしい農作物も収穫できます。もちろん、いすみ川の水で育てた『いすみ米』は自慢の一品。今回取り上げていただいたお米を始めとして、ぜひ一度、『いすみ市』自慢の特産品を召し上がっていただきたいです!」

 現地まで行かなくても、全国各地の特産品を自宅で楽しめるのも「ふるさと納税」の醍醐味の一つ。今回の「ふるさと納税ランキング~お米編~」を参考に、お得にお米の返礼品を手に入れたら、そのお米に合う“おかず”も「ふるさと納税」で探してみるのもよさそうだ。

いすみ市の返礼品一覧

(取材・文/A4studio)