株初心者向け!株式投資のはじめ方
2017年8月28日 ザイ・オンライン編集部

「危険な銘柄」を株初心者が見抜く2つのポイントは?
「自己資本比率」と「営業キャッシュフロー」で、
借金が多すぎないか、現金が潤沢かをチェックしよう

ゼロから始める株入門【第17回】

桐谷さんお墨付きの証券会社は?

株を買うときに注意すべき「危険な銘柄」を見抜く方法を紹介!

前回は、儲ける株を買うために知っておきたい「いい会社」を見抜く「会社の業績」の見方を解説しましたが、株初心者が投資で失敗しないためには株価が大きく下がったり、会社が倒産したりするリスクの高い「危ない会社」の株を買わないことが大切です。では、そんな「危険な銘柄」はどう見抜けばいいのでしょうか。

そこで今回は、株初心者が手を出すと失敗する可能性が高い「危険な銘柄」の見抜き方を、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門』より抜粋してわかりやすく解説します!

【目次】ゼロから始める株入門
◆基本編◆

「株式投資」って何ですか?
「儲かる株」の探し方
「儲かる株」を見極める方法
株式投資でやってはいけないこと

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
注文画面で株を買う方法
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

「PER」の意味をサクッと学ぶ
「PBR」の意味をサクッと学ぶ
「会社の業績」の見方
「危ない銘柄」を見抜く方法


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の見方
「株価チャート」の詳しい見方&使い方
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
「三角保ち合い」の見方を解説
「出来高」の使い方


◆株の買い方・売り方編◆

損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
「株で儲ける」3つの方法


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「配当利回り」って何ですか?
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
株式投資にかかる「税金」
株で「損」したときの税金対策
「NISA」と「つみたてNISA」を解説

「自己資本比率」が低い会社には要注意!

 株式投資において「儲かる会社」を見つけることはとても大切ですが、もう1つ重要なことがあります。それは、その会社が「倒産するリスクが高くないか」を考えることです。

 具体的には、まず借金が多すぎないかどうか、を考えましょう。上場企業には、ほとんど借金していない会社もあれば、たくさん借金している会社もあります。

 もちろんチャンスがあれば借金をしてビジネスを拡大するのは悪いことではありません。しかし、「チャンスだ!」と思ってたくさんの借金をしてまで事業を拡大したのに、それが上手くいかなくなったら経営は傾いてしまいます。たとえば、これまでも景気が大きく悪化した際には、売れない在庫の山、使われない生産設備の山、それらを買うためにした借金の山を抱えて倒産した企業がたくさん出ました。

 借金が多すぎないかどうかを簡単にチェックするのに役立つのは「自己資本比率」です。これは、会社の総資産のうち負債以外の部分がどのくらいの割合あるのか、を見る指標です。

 下の図を見てください。会社の総資産から負債を引いた部分を「純資産」といいます。これは返さなくてもよくて、自分自身に属している資産であることから自己資本(※)と呼ばれます。この自己資本が資産のうちどのくらいを占めるのか、その割合を見るのが自己資本比率なのです。(※厳密に言うと、純資産からいくつかの項目を除いたものが自己資本になります。ただし、ほとんどのケースでほぼ同額になるので、ここでは「純資産≒自己資本」と考えます)

 自己資本比率が高いほどその会社の安全性も高いと言えます。業種によっても異なりますが、一般的に50%以上ならば安全性が高いと判断できます。

 例として任天堂(7974)の自己資本比率を見てみましょう。下の表は、楽天証券のサイトで見られる「任天堂」の財務データです。「任天堂の自己資本比率は、85.2%ととても高い水準です。また、有利子負債(利子をつけて返さなければならない負債)の総額もゼロとなっています。

 自己資本比率が50%未満ならダメだということではありませんが、その中には「危険な会社」も少し交ざってきます。20%未満になると、「危険な会社」が随分と交ざってきてしまいます。

 金融や不動産など特殊な業種では、自己資本比率が10%前後でも通常の姿といえますが、金融は1ケタ台前半、不動産は1ケタになると危険性が高くなってきます

 いずれにしろ、たとえ売上高や利益が順調に伸びていても、自己資本比率が低すぎる会社にはよく注意し、原則として投資対象から外すのがいいでしょう。

【※関連記事はこちら!】
「低位株(=ボロ株)」の選び方&売買方法の秘訣を好成績を残す「低位株投信」の運用責任者が伝授! 2万円台で投資できるおすすめ低位株2銘柄も紹介!

危ない会社は「営業キャッシュ・フロー」で見抜け!

 株式投資の情報を見ていると目にすることの多い「営業キャッシュフロー(営業CF)」も「危ない会社」を見抜くのに役立ちます。

 キャッシュ・フローというのは現金の流れのことで、営業CFが1億円の黒字という場合は、本業の活動によって現金が1億円増えたということを意味します。逆に1億円の赤字という場合は、1億円現金が減ったということです。営業CFは本業の活動で実際に入ってきた現金収入から支払った現金を引いて求めます。

 営業CFは黒字が望ましいのですが、商品だけ納品して支払いは数ヵ月先といったように、現金の出入りはズレることもあるので、1年くらい多少赤字になったからといってすぐに「危ない会社」と判断することはありません。

 しかし、あまりにも大きな赤字であったり、2年も3年も赤字が続いたりするようだと、これは資金の流れに異常が出ている可能性があります。たとえば、不良在庫をたくさん抱えていたり、取引先からの現金回収が滞っていたりしているかもしれません。

 粉飾決算、黒字倒産(経常利益が黒字なのに倒産すること)などがときおり起こりますが、そうしたケースのほとんどは、営業CFの大きな赤字が続いていたケースです。

 営業CFは企業の決算短信の1ページ目や、会社四季報のデータなどで確認できます。下の表は、楽天証券のサイトで見られる任天堂の2017年3月末時点でのキャッシュフローの金額です。()内は、前期末(この場合は2016年3月末)のキャッシュフローの金額になります。

任天堂の2017年3月末時点での営業CFは191億円と黒字の状態です。また投資CF(主に固定資産の取得や売却で増減した現金の量)が675億円の黒字で、2017年3月末時点での現金及び現金同等物は、前期末より728億円増加の3309億円と、2017年3月末時点での任天堂のキャッシュは潤沢であることがわかります。

 このように、気になる会社があればキャッシュフローの状況をチェックして、「危ない会社」に投資するリスクを抑えましょう。

理解できない会社の株には投資するな!

 最後に、“株の神様”ピーター・リンチの言葉を紹介します。それは、「理解できない会社の株に投資するな」というものです。リンチ自身はハイテクが苦手で、どんなにすごい技術が開発されたと聞いても投資しなかったそうです。

 難しい技術や複雑で難解なビジネスモデル……人はそういうものに対して、なんとなくすごいと思ってしまいます。しかし、そんな「なんとなくすごそう」という知識しかない状態ならば、株を買うのには慎重になったほうがいいと、リンチは言っています。投資において、わからないことほど危険なことはありません。

 何事もそうですが、銘柄を選ぶときも、自分の好きな分野、自分の得意な分野で勝負することが勝つ秘訣です。

【※関連記事はこちら!】
株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは「営業利益」と「経常利益」にあった!

【目次】ゼロから始める株入門
◆基本編◆

「株式投資」って何ですか?
「儲かる株」の探し方
「儲かる株」を見極める方法
株式投資でやってはいけないこと

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
注文画面で株を買う方法
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

「PER」の意味をサクッと学ぶ
「PBR」の意味をサクッと学ぶ
「会社の業績」の見方
「危ない銘柄」を見抜く方法


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の見方
「株価チャート」の詳しい見方&使い方
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
「三角保ち合い」の見方を解説
「出来高」の使い方


◆株の買い方・売り方編◆

損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
「株で儲ける」3つの方法


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「配当利回り」って何ですか?
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
株式投資にかかる「税金」
株で「損」したときの税金対策
「NISA」と「つみたてNISA」を解説