IPO株の銘柄分析&予想
2017年11月13日 ザイ・オンライン編集部

「ナレッジスイート」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の営業支援システム開発企業との比較や予想まで解説!

[2017年12月26日 情報更新]

会社名 ナレッジスイート
市場・コード/業種 東証マザーズ・3999/情報・通信業
上場日 12月18日
申込期間(BB期間) 11月30日~12月6日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券マネックス証券むさし証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 5010円(+150.50%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

ナレッジスイートのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 11月28日
ブックビルディング(抽選申込)期間 11月30日~12月6日
公開価格決定 12月7日
購入申込期間 12月11日~12月14日
払込日 12月15日
上場日 12月18日

ナレッジスイートのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2017年11月30日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券
[最短3日で取引可能]
7.0
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
3.5
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短2日後に取引可能]
2.6
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
いちよし証券(主幹事証券) 78.3  
みずほ証券 6.1  
エース証券 0.9  
東洋証券 0.9%  
極東証券 0.9%  

ナレッジスイートのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 2000
仮条件
[予想PER(※2)
1800~2000円
27.4倍~30.5倍]
公募価格 2000円
初値 5010円
初値騰落率 +150.50%
予想トレーディングレンジ(※3) 2000円~6000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2017年11月27日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 27.5倍
ジャストシステム<4686> 30.5倍(連)
日本オラクル<4716> 33.8倍
ソフトブレーン<4779> 18.2倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は妥当と判断できる。

ナレッジスイートの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 237万7400株(予定)
公開株式数 公募24万株  売出5万5000株
(オーバーアロットメントによる売出4万4200株)
想定公開規模(※1) 6.8億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

ナレッジスイートはクラウド関連のマザーズ小型案件

「ナレッジスイート」の公式サイトより

 クラウドコンピューティング形式で提供されるグループウェアを含むSFAやCRM等の営業支援システム開発・販売を行う。顧客企業の成長に応じて利用料が増加する課金モデルとなる。主な製品は「KnowledgeSuite」と「GEOCRM」。KDDI<9433>に対するサービスのOEM卸提供も行っている。

 クラウドサービス関連のIPOは根強い人気があり、公開規模も比較的小さい。いちよし証券主幹事案件の成長企業イメージも追い風となりそうだ。ただ、IPOラッシュに伴い初値買い資金の分散が想定されるほか、ベンチャーキャピタル保有株の存在にも注意する必要がある。

 公開規模については7億円程度となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株は上場後も21万2000株(上場時発行済株数の8.9%)残る。また、12/18は4社が同時上場するが、同社は人気を集めやすいだろう。

◆「ナレッジスイート」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ナレッジスイートの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/9 480
(―)
28
(―)
26
(―)
2015/9 528
(10.1%)
24
-13.3%
22
-15.6%
2016/9 588
(11.3%)
▲ 14
▲ 101
2017/9推 790
(34.2%)
150
147
2018/9予 885
(12.0%)
171
(14.0%)
156
(6.1%)
2017/6 3Q 583
(―)
114
(―)
99
(―)
2018/3 2Q予 424
(―)
83
(―)
75
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:65.62円/0.00円
※予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの。

ナレッジスイートの業績コメント

 2018年9月期の業績は、売上高が前期比12.0%増の8.8億円、経常利益が同14.0%増の1.7億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元では、同社が属するIT/ソフトウェア業界では、企業におけるクラウド利用が一般化したことで、オンプレミス(パッケージソフトウェア)からクラウドへの移行が急速に加速している。また、クラウドネイティブのサービスを提供するSaaS専業ベンダーの増加に伴い、パッケージ製品からの移行需要やパッケージ品の導入が進まなかった中堅・中小企業向け市場の開拓が広がり、同社製品・サービスを展開するSFA/CRM市場についても、クラウドサービスの需要拡大を背景に堅調に推移している。

 このような状況下において、同社は、「企業内に眠るビッグデータを可視化させ、生涯その企業において知識の変化に対応した脳の記憶補助装置」と定義する中堅・中小企業向けSFA/CRMクラウドサービスの製品強化に注力し、顧客ニーズに即した新機能をリリースしてきた。また、クラウドサービス拡販に向け、機能強化のPR、展示会・セミナーの開催、及び全国の中堅・中小企業に対応するためエリア制を敷いた効率的な販売体制構築を図り、クラウドサービス導入社数の拡大に注力してきた。

 一方で、足元では更なる成長に向けた営業・開発体制の拡充や上場準備に伴う費用も増加した。

ナレッジスイートの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都港区海岸三丁目9番15号
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 稲葉 雄一(昭和43年4月29日生)
設立 平成18年10月23日
資本金 3億7682万円(平成29年11月13日現在)
従業員数 49人(平成29年10月31日現在)
事業内容 クラウドコンピューティング形式で提供されるグループウェアを含むSFAやCRM等の営業支援システム開発・販売
■売上高構成比率(2016/9期 実績)
品目 金額 比率
クラウドサービス 429 百万円 73.0%
ソリューションサービス 158 百万円 27.0%
合計 588 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 稲葉 雄一 69万株 32.28%
2 KDDI株式会社 35万株 16.38%
3 スターティア株式会社 22万6000株 10.57%
4 ジェイズ・コミュニケーション株式会社 16万6000 7.77%
4 ジャフコ・スーパーV3共有投資事業有限責任組合 16万6000 7.77
6 岡原 達也 10万株 4.68%
6 柳沢 貴志 10万株 4.68%
6 稲葉 貴美子 10万株 4.68%
9 飯岡 晃樹 9万株 4.21%
10 DBJキャピタル投資事業有限責任組合 6万6000株 3.09%
合計   205万4000株 96.10%
■その他情報
手取金の使途 ・「ナレッジスイート」を中心としたクラウドサービスの追加機能開発に係る開発の人件費
・企業の知名度向上、見込み客獲得を目的とした広告宣伝費
・クラウドサービスのサーバー等増強に係る設備費用
・オフショア開発拠点の準備費用
・営業の機動力向上を目的とした本社移転費用
に充当する予定
関係会社
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2013年5月15日
割当先 (株)ビットアイル(現 エクイニクス・ジャパン・エンタープライズ(株))
発行価格 600円 ※株式分割を考慮済み
◆「ナレッジスイート」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ナレッジスイートの銘柄紹介

 同社は、「Change The Business~中小企業のビジネスを変え、日本経済の活性化に貢献する~」を経営理念に掲げ、日本経済を支える中小企業が常に時代をリードするビジネスを展開し、収益力を高めることで、日本経済の更なる発展と活性化に貢献するためのサービスを、ユーザーファーストの姿勢で運営している。

 また、同社は「企業内に眠るビッグデータを可視化させ、生涯その企業において知識の変化に対応した脳の記憶補助装置」を開発することを企業ビジョンとし、社員が持つ知識や経験を共有することで、営業活動における効率化を目的としたクラウドサービスの開発及び販売を主たる事業としている。

 なお、同社の事業は「法人向けクラウドサービス/ソリューション事業」の単一のセグメントであり、営業活動の可視化、営業活動の自動化を目指す法人向けマルチテナント型クラウドサービスとして開発した統合型営業・マーケティング支援クラウドサービスの開発・販売、また、中堅・中小企業の営業・マーケティング課題を解決支援する導入コンサルティング、クラウドインテグレーション、WEBマーケティング支援からなるソリューションサービスの2つのサービスを軸に事業を展開している。

(1)クラウドサービス

 クラウドサービスは、売り切り型のオンプレミス(パッケージソフトウェア)販売モデルと異なり、顧客企業に、常に最新のアプリケーションを提供するものである。

 同社のクラウドサービスは、主にビジネスに必要なCRM/SFAを軸にグループウェア、マーケティングオートメーション、名刺管理サービスなどが全て連携統合された、中堅・中小企業向けの営業・マーケティング支援アプリケーションをクラウドにて提供している。

 主に法人営業向け企業における販売活動を、潜在顧客の発掘(コンタクト)から、見込み客(リード)の獲得、見込み客の育成、該当担当者へのアプローチ、商談、案件化、解決策提案、受注といった一連のマーケティング・営業プロセスを個別定義し、各プロセスで効率化、標準化するための業務改善を支援する、個別最適化されたアプリケーションをオールインワンで提供している。

 顧客企業のニーズをタイムリーにサービスに反映させることにより、2010年のリリース以来、着実に顧客企業数を伸ばしてきた。また、ユーザー数無制限かつ蓄積データ量に応じて月額利用料が変動する、「ユーザー数無制限/蓄積型ストレージモデル」を採用することで、顧客企業の成長に応じて利用料が増加する料金設定となっており、主として2つのアプリケーションを提供している。

(2)ソリューションサービス

 ソリューションサービスは、主に同社のクラウドサービスを利用する企業や代理店を通じた企業の営業及びマーケティング課題を解決するサービスである。

 クラウドサービスの開発・マーケティングを通じて得たノウハウ、経験をもとに導入コンサルティング、クラウドインテグレーション、WEBマーケティング支援の3つのサービスを提供している。

ナレッジスイートの投資のポイント

 クラウドサービス関連のIPOは根強い人気があり、公開規模も比較的小さい。また、いちよし証券主幹事案件の成長企業イメージも追い風となりそうだ。今年のいちよし証券主幹事案件の初値パフォーマンスを見ると、10月上場のSKIYAKI<3995>が公開価格比+147.1%、8月上場のトランザス<6696>が同+170.0%、11月上場のサインポスト<3996>が同+287.7%という高い初値を付けている。

 また、今年のIPOで公開規模が8億円未満だった19社の公開価格に対する初値上昇率は平均+184.9%となっており、同社への期待も高まりそうだ。ただ、今回はIPOラッシュに伴い初値買い資金の分散が想定されること、またベンチャーキャピタル保有株が存在し、見た目ほどの軽量感がない点には注意する必要がある。

 同社は、主にビジネスに必要なCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援システム)を軸にグループウェア、マーケティングオートメーション、名刺管理サービスなどが全て連携統合された、中堅・中小企業向けの営業・マーケティング支援アプリケーションをクラウドにて提供している。課金モデルは「ストック型×機能・ストレージ従量課金」となっており、顧客企業の成長に応じて利用料が増加する。

 主な製品は「KnowledgeSuite(ナレッジスイート)」「GEOCRM(ジオシーアールエム)」の2つ。また、クラウドサービスを利用する企業や代理店を通じた企業の営業及びマーケティング課題を解決するソリューションサービスも提供している。KDDI<9433>に対してサービスのOEM卸提供を行っており、2016年9月期実績で売上高の39.2%がKDDI向けとなっている。

 業績面について、2018年9月期は売上高が前期比12.0%増の8.8億円、経常利益が同14.0%増の1.7億円と増収増益の見通しとなっている。市場拡大を追い風にクラウドサービスの利用企業増加を見込む。サービスの機能強化に係る開発、営業体制の強化、本社移転や上場関連の費用が発生するものの、これらを吸収して増益を確保する。

 想定仮条件水準の今期予想PERは29~32倍程度となる。営業支援ソフト大手のソフトブレーン<4779>は18倍程度だが、類似のソフトウェア会社では30倍前後となっているケースが多い。

 公開規模については7億円程度となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株が上場後も21万2000株(上場時発行済株数の8.9%)残り、上場日後90日経過または公開価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるため、需給面の懸念材料として意識される可能性はある。しかし、初値で売り急ぐ既存株主は限定的だろう。なお、大株主にはKDDIやスターティア<3393>の名前も見られる。また、12/18は4社が同時上場するが、同社は事業内容と公開規模の軽量感で人気を集めるだろう。

◆「ナレッジスイート」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
むさし証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ