ダイヤモンドZAi最新記事
2018年12月28日 ザイ編集部

勝谷誠彦さんの13年間に及ぶ"株式投資"を振り返る!
開始時の"自腹で1000万円"は、リーマンショック後に
半減するも銘柄選びに奮闘し、一時は大台回復も達成

ダイヤモンド・ザイ2月号
楽天ブックスで買う
お得な定期購読の詳細はコチラ!

勝谷誠彦さんが”自腹の1000万円”で挑んだ「株式投資の13年間」をプレイバック!

2018年11月28日午前1時48分。稀代の怪男児、いや快男児がこの世を去った。博覧狂気、いや強記にして直言居士。熱き血潮と冷徹な頭脳を持った男の13年間に及んだ株式投資を振り返る。さらば! 平成の風雲児、勝谷誠彦!

月命日にあたる今日(2018年12月28日)は、発売中のダイヤモンド・ザイ2019年2月号から、勝谷さんの連載企画「自腹で壱千萬円 株投資日記」の最終回を抜粋。連載初代担当・Mが語る、勝谷さんとのエピソードを紹介する。

「自腹で1000万円」は、勝谷さんご本人が言い出した

 私は「週刊ダイヤモンド」編集部の在籍時、食べ物の連載を勝谷さんにお願いしていた。その文章には、いつも艶があり色がある。固有の文体を持っていて、読者を惹きつけた。「ダイヤモンド・ザイ」編集部に異動することを報告すると、「じゃあ、何か書かないとな」と言ってくれたが、マネー雑誌だ。投資に興味はないだろうなと思いつつ、おそるおそる尋ねたら、意外にも「大好き」との答え。ただ、問題は資金をどうするか、だ。

 勝谷さんの方針は明快で、「そんなもん、自腹でやるに決まってるだろ。経費でバクチ打っても面白くないよ」。いや、バクチではなく株投資ですが。その違いを最後まで認識していたのかどうか。

 「では10万円で始めます?」「何をしょぼいこと言ってるんだ。1000万円。そのぐらいでないと面白くない!」

 さすがは雑誌の盛り上げ方を知っている元名編集者。

資産が激減しても面白がる度量に感謝

 かくして連載が始まった。

 その後の推移は皆様ご存じのとおり。ひどいときは1000万円が半分以下の450万円台にまで落ち込んだ。原稿料でマイナス分を埋めきれない(?)というメディア史上、前代未聞の鬼企画だが、私を含め後任の担当達にも怒りもせず、面白がってくれた度量の広さには、感謝しかない。

 勝谷さんがいなくなって寂しいとは思うが、不思議と哀しい気持ちはわいてこない。なぜかというと、ここでの滞在を切り上げて、次の地へと旅立っただけではないか、という気がするからだ。勝谷さんの本質は「旅人」である、と私は思う。(連載初代担当・M)

 ■自称「曲り屋」勝谷さんの激走13年間!奮闘努力で一時は大台回復も達成
西暦 主な出来事
2005年
9月
◆投資をスタート!
当初の銘柄は全日空(9202・現ANAHD)GSIクレオス(8101)アセロスコミュニケーションズ(米・現在は非上場)。「私が買うという情報が流れただけで株価が下落するとまで言われたが、まさかね」。
2006年
12月
◆ニフティでIPOに挑戦!
親指シフト命のカツヤは富士通系のニフティ(現・非上場)が上場すると知り、新規公開に申し込み、見事当選。ところが「年寄りの小便のようにずるずると公開価格を割る。つまらん、実につまらん!」。
2007年
4月
◆突然のベトナム視察
いきなり「ベトナム株を買う!」と言い出した。現地で口座開設まではしたが、銘柄選びをしている間にベトナム株が大暴落。「買わずに済んでよかった~」。
2008年
6月
◆全日空の株主総会に出席!
サングラスの坊主頭で出席し周囲を不安に陥れるも、本人は「原油高や機材に関する専門的な質問をする株主が多かったね」と冷静。
2009年
2月
◆リーマンショックで大暴落!
リーマンショックでパナソニック(6752)や、ソニー(6758)が大暴落、資産は570万円台にまで下落。「金融危機が始まってようやく株が面白くなってきた」と虚勢(?)を張る。
西暦 主な出来事
2009年
6月
◆失地挽回と、ボロ株投資!
ずっと低迷していたアセロス株が回復も、満足できないカツヤは、当時4円だったキムラタン(8107)の50万株もの大量投資を試みるが買えずに失敗!
2012年
10月
◆藤野英人さんに師事して、復活を期す!
5月に「ひふみ投信」のレオス・キャピタルワークス社長、藤野英人氏に師事。10月には450万円台まで資産を減らしたが、徐々に巻き返しへ。
2013年
5月
◆700万円台を回復!
アベノミクス開始以降、急速に資産が復活。特にオリンパス(7733)が大貢献。ただ、軍需株の三菱重工業(7011)は含み損のまま。
2014年
6月
◆川辺の総会に出席。中国脅威論を説く!
ハンカチなど服飾雑貨の専門商社の川辺(8123)の株主総会に出席。質問コーナーで手を挙げて「中国に子会社をお持ちだが、あんな国とは付き合わないほうがいいでっせ」と自説をぶつ。
2015年
8月
◆7年ぶりに900万円台!
セブン&アイHD(3382)KDDI(9433)が大貢献して資産は943万円と、7年ぶりに900万円台に。「おお、ついに奴(1000万円)の背中が見えてきた」。
2016年
7月
◆任天堂を購入!
任天堂(7974)を購入。すでに高値圏で反対の声もあったが「ポケモンGOを踏み台にいろいろな勝負に出られる」と強行。
2017年
7月
◆兵庫県知事選で惜敗!
当初は泡沫候補扱いも、異例の64万票を獲得。選挙後に出版した『64万人の魂』は、尾崎行雄記念財団から表彰された名著。
【関連記事】
⇒勝谷さん、兵庫県知事選挙の出馬に自腹で1億円!? 勝谷誠彦の「自腹で壱千萬円」株投資日記 ~「兵庫県知事選に出てきたぞ!」の巻~
2018年
1月
◆10年ぶりに1000万円台!
2016年後半から2017年にかけて、任天堂が大躍進。買い当時2万3000円の株価は4万9000円台にまで爆騰。「振り出しにやっと戻っただけなのに」とか言いながらも、ご満悦だった。

 13年間本当にお疲れ様でした。(歴代連載担当一同)

2019年「株」全予測&儲け方は、
ダイヤモンド・ザイ2019年2月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ12月号

 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、毎年の年末年始の恒例となった「2019年『株』全予想&儲け方」特集を掲載。投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を紹介している。2019年に株&投資信託で「勝てる銘柄」&「正しい儲け方」が載っているので、年末年始に読んで、2019年の投資戦略を構築してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ2019年2月号では、ほかにも「買っていい×買ってはダメをズバ斬り! 人気の株500銘柄 激辛診断!」「全3710銘柄の最新理論株価」「数字オンチもOK! 5年で資産10倍にした、藤川里絵さんの株入門」「相続税・贈与税を0円にする節税ワザ10」「13年間ありがとう、さらばカツヤ! 勝谷誠彦の自腹で株投資[最終回]」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として桐谷広人さんが表紙の「株主優待カレンダー」を用意! 1~12月ごとの権利確定日や最終売買日はもちろん、日銀短観やFOMCなど、株式投資をするうえで知っておいたほうがいい重要な予定をチェックしたい人には必見の内容だ!

ダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中!