証券会社比較
2020年1月15日 ザイ・オンライン編集部

夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介!
株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能な
ネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

【2021年6月10日更新!】

 「夜間取引」という便利なサービスがあることを知っているだろうか? 夜間取引とは、その名の通り、証券取引所が閉まった15時以降の夕方や夜間でも株式を売買できるサービスのことだ。

 株式市場が閉まった後、株価に影響を与える重大ニュースが発表されたり、海外市場で大きな動きがあったとき、通常なら翌日の株式市場が開くまで待つしかない。しかし夜間取引なら、すぐに株式を売買できるので、その分、昼間しか売買してない投資家より一歩先んじることができるのだ。

 そんな便利な夜間取引は「PTS取引」というサービスを利用して行われるが、PTS取引を利用できるネット証券は限られている。また、取引時間や売買手数料も証券会社によって異なる。そこで、夜間取引(PTS取引)が可能な証券会社とその特徴をわかりやすくまとめてみた!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年6月10日時点】
夜間取引(PTS取引)が可能な証券会社を比較!
◆SBI証券
取引時間 主な売買手数料
(現物/1約定ごと、税込)
現物取引 信用取引
8:20〜16:00
16:30〜23:59
9:00〜11:30
12:30〜15:00
<8:20~16:00>
~5万円:
51円
~10万円:94円
~20万円:110円
~50万円:261円
<16:30~23:59>
0円
【SBI証券のおすすめポイント】
PTS取引には以前から力を入れており、他のネット証券がPTS取引から撤退した際も、唯一サービスを継続してきた実績を誇る。信用取引にも対応。PTS市場のひとつ「ジャパンネクストPTS」はグループ会社のSBIジャパンネクストが運営している。売買手数料が安いのが特長のひとつ。手数料プランは「1約定ごと」のみだが昼間は通常の取引所取引より約5%安く夜間なら売買手数料が無料だ。また、NISA口座での売買もできる。なお、SBI証券はネット証券では最大手。「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、13度目の1位を獲得している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】PTS取引(夜間取引)が可能な証券会社・SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
取引時間 主な売買手数料
(現物/1日定額制、税込)
現物取引 信用取引
8:20〜16:00
17:00~23:59
9:00〜11:30
12:30〜15:00
~100万円/日0円
※夜間取引の分は翌営業日の日中取引と合算
【楽天証券のおすすめポイント】
以前より日中のPTS取引は利用可能だったが、2019年3月より夜間取引の提供をスタート。ジャパンネクストPTSとチャイエックスPTSという2つの市場で売買できるのが特徴。信用取引にも対応。売買手数料は現物、信用ともに通常の取引手数料と同額で、1約定プランと1日定額制プランのどちらも選択可能。NISA口座での取引もできる。楽天証券といえば、売買から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名だが、PTS取引も同じツールから利用できる
【関連記事】
◆楽天証券の「マーケットスピードⅡ」の優れた機能や使い方、具体的な活用方法などをわかりやすく解説! 進化した注文方法、情報ツールで成績アップを狙え!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】PTS取引(夜間取引)が可能な証券会社・楽天証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
取引時間 主な売買手数料
1日定額制、税込)
現物取引 信用取引
8:20~15:30
17:30~23:59
未対応 ~50万円/日0円
※夜間取引の分は翌営業日の日中取引と合算
【松井証券のおすすめポイント】
一時はPTS取引から撤退していたら、2018年3月よりサービスを再開。ジャパンネクストPTSで売買可能だが、取引時間が多少短くなっているのに注意。NISA口座での取引も可能。売買手数料は1日定額制のみで、1日50万円以下なら手数料は0円! ただし、1日の約定代金合計は通常の現物取引と合算される。さらに、SBI証券や楽天証券がPTS取引では指値注文のみなのに対し、松井証券では逆指値注文や追跡指値注文、ICO注文も利用だ。松井証券は、2017年度JCSIの顧客満足度調査・証券業種で第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめの証券会社」と太鼓判を押す
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
【証券会社おすすめ比較】PTS取引(夜間取引)が可能な証券会社・松井証券の公式サイトはこちら
【ザイ・オンライン限定のお得な特典付き!】
松井証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

夜間でも株を売買できる
「PTS取引」ってなに?

 東京証券取引所をはじめとする株式市場の取引時間は、午前(前場)が9:00~11:30、午後(後場)が12:30~15:00に決まっており、15:00以降の夕方や夜間に取引をすることはできない。そこで、証券取引所に代わって「夜間取引」の仲介をするのが「PTS」というシステムだ。

 「PTS」は「Proprietary Trading System」の略で、日本語では「私設取引システム」と呼ばれている。その名の通り、公の組織に近い証券取引所ではなく、民間の証券会社が運営し、証券取引所と同じように株式の売買ができるシステムのことだ。

 PTSは、証券取引所の取引時間が終わった後でも開いているため、そのシステムを使うことで夜間でも取引ができるのが大きなメリットと言える。

 ちなみに、証券取引所を介した一般的な売買は「取引所取引」、PTSを介した売買は「PTS取引」と呼ばれる。

現在、「夜間取引」ができるのは
SBI証券、楽天証券、松井証券の3社のみ

 今、日本には、SBIジャパンネクスト証券が運営する「ジャパンネクストPTS」と野村HDが出資しているチャイエックス・ジャパン運営の「チャイエックスPTS」という2つのPTSが存在する。

 以前は、その他にも「マネックスナイター」や「kabu.comPTS」、「松井証券即時決済取引」、「ダイワPTS」といった数多くのPTSが存在していたが、残念ながらすべてサービスを終了してしまった。

 つまり、夜間取引ができる証券会社は、「ジャパンネクストPTS」か「チャイエックスPTS」に接続することでPTS取引を行っている。

 そして現在、夜間取引(PTS取引)ができるネット証券は、SBI証券楽天証券松井証券の3社のみとなっている。なお、楽天証券は「ジャパンネクストPTS」と「チャイエックスPTS」の両方を利用可能で、SBI証券松井証券は「ジャパンネクストPTS」のみ利用できる。

PTS取引なら最長で夜23:59までトレード可能!
証券会社によって取引時間がことなるので注意しよう

 「ジャパンネクストPTS」と「チャイエックスPTS」の取引時間は、以下のように決まっている。

■各PTSの取引時間
PTS 取引時間
ジャパンネクストPTS 8:20~16:00(デイタイム・セッション)
16:30~23:59(ナイトタイム・セッション)
チャイエックスPTS 8:20~16:00

 上の表の通り、夜間取引に対応しているのは「ジャパンネクストPTS」だけだ。とはいえ、PTS取引が可能なネット証券はすべて「ジャパンネクストPTS」とつながっているので、安心して欲しい。

 また、同じPTSが利用できてでも、証券会社によって取引できる時間は微妙に異なっているので注意しよう。証券会社ごとの取引時間は以下の通りで、SBI証券が少し長め、松井証券が少し短めとなっている。PTS取引ができる証券会社を選ぶ際は、そのあたりもポイントのひとつになるだろう。

■証券会社ごとの取引時間の違い(現物取引)
証券会社 取引時間
ジャパンネクストPTS チャイエックスPTS
SBI証券 8:20~16:00
16:30~23:59
未対応
楽天証券 8:20~16:00
17:00~23:59
8:20~16:00
松井証券 8:20~15:30
17:30~23:59
未対応

 なお、営業日は「ジャパンネクストPTS」「チャイエックスPTS」ともに、東京証券取引所と同じだ

夜間取引(PTS取引)の取扱銘柄数は約4000銘柄で、
ETFやREITもトレードできる!

 PTS取引では、「ジャパンネクストPTS」「チャイエックスPTS」ともに、東京証券取引所に上場している普通株式とETF、REITが売買の対象となる。

 つまり、東証1部や東証2部、東証マザーズ、JASDAQに上場している約4000銘柄の株式は、基本的にすべてPTSで売買できる

 一方、外国株や外国ETFは売買できず、名古屋証券取引所や福岡証券取引所、札幌証券取引所のみに上場している銘柄も売買することはできない。

 なお、一部の銘柄に関しては、PTSの運営会社や各証券会社が独自に売買停止銘柄に設定している場合があるので注意しよう。

PTS取引でも「信用売買」は可能だが、
取引時間は日中のみで夜間取引はなし

 PTS取引は、現物取引だけではなく信用取引の売買も可能だ。ただし、取引時間は下の表の通りで、現物取引よりかなり短くなっており、夜間取引にも対応していない。また、対応している証券会社もSBI証券楽天証券のみとなっている。

■PTS取引における「信用取引」の対応状況と取引時間
証券会社 取引時間
SBI証券 9:00〜11:3012:30〜15:00
楽天証券 9:00〜11:3012:30〜15:00
松井証券 未対応