株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年6月30日 ザイ編集部

成長期待の「新興株」の中で、アナリストが“買い”と
診断する2銘柄! 海外展開に注力する「オイシックス・
ラ・大地」と“ポスト・ユニクロ”「ワークマン」に注目

ジャスダックやマザーズに上場する「新興株」の中で、業績&株価の大化け期待があり、アナリストが“買い”と診断する2銘柄を紹介!

発売中のダイヤモンド・ザイは、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。

特集内では、「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」などのカテゴリー別に注目銘柄を取り上げている。ここでは「新興株」のカテゴリーから、アナリスト投資判断が「買い」の2銘柄を紹介しよう!
【※関連記事はこちら!】
⇒投資初心者におすすめの「10万円株」で、アナリストの評価が高い2銘柄を紹介! 業績好調な「じげん」、業績&株価がV字回復中の「アクトコール」に注目!

新興市場の個別企業の業績は決して悪くない!
大化け期待の高成長株を見つけよう!

 2019年の東証マザーズ指数は、さえない動きが続いている。2月末からいったんは持ち直すように見えたが、米中貿易摩擦の激化などで株式市場全体が不調となると、また元の水準に戻ってしまった。ただ、新興市場の個別企業の業績は決して悪くない。社会変化の波をとらえ、今期(2020年3月期)以降の高成長が期待できる銘柄も多い。

 発売中のダイヤモンド・ザイでは、ジャスダックやマザーズなどに上場している「新興株」の中から、投資家に人気がある108銘柄をピックアップして、アナリストに銘柄診断をしてもらった。今回はその108銘柄の「新興株」の中から、「買い」と評価された2銘柄を抜粋してみよう!(※銘柄診断は、アナリストなど専門家20名で構成された「ダイヤモンド・ザイ「人気500銘柄分析チーム」が担当。株価などのデータは2019年6月4日時点)

 最初に、積極的なM&Aを実施する食品宅配サービスの「オイシックス・ラ・大地(3182)」。

 「オイシックス・ラ・大地」の主力サービス「オイシックス」は、定期食品宅配の会員数が20万人を突破し、好調だ。大規模な広告宣伝を実施し、来期以降も収益拡大を目指す。有機農産物宅配の「大地を守る会」も堅調で、「らでぃっしゅぼーや」は収益性の改善が進む。米国の同業企業の買収や、食品チェーン店を運営するウェルカム社を関連会社化するなど、海外や実店舗への展開にも注力している。今期はM&Aに伴う費用の影響で営業減益の予想となっているが、中長期で業績拡大が期待できる

 次に、直営・FCの店舗数はすでに「ユニクロ超え」となった作業服チェーン「ワークマン(7564)」。

 「ワークマン」は作業服の専門チェーンだが、近年は一般客にもレインウェアやスポーツウェアなどが人気。2020年3月期の会社予想は10%増収、11%営業増益だが、「やや保守的」とのアナリストの声も。アナリストの観測によると「ある店舗では5月時点ですでに夏物が品切れとなっていた」という。一般客も殺到していることが原因だが、本来の顧客である作業者などのプロはシーズン前に買い込むため、いったん品切れしても再入荷しないといわれる。このようなシーズン中の品切れなどがなくなれば、さらに収益が上がる可能性もある。改善と成長の余地は大きく、アナリストはこの3カ月も「買い」と診断する。

 このほか、新興市場の中には、過去の成長投資がようやく実を結び、赤字から黒字に転換するステージにある銘柄も目立つ。これらの銘柄は、今後、もし景気が悪化しても、時流に乗った成長は続けられる可能性が高い。それぞれの強みを見極めつつ、投資したい。
【※関連記事はこちら!】
⇒東証1部&2部の「大型株」で、アナリストが“買い”と診断した2銘柄を公開! 米中貿易摩擦への懸念が過剰な「コマツ」、業績予想が保守的な「ソニー」に注目

別冊付録には「上場全3736銘柄の理論株価」も
ダイヤモンド・ザイ8月号をチェックしよう!

ダイヤモンド・ザイ8月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイの特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版から、「新興株」の注目銘柄を2つ抜粋した。誌面では、108銘柄の「新興株」を取り上げており、そのうち、「買い」や「強気」と診断されたものは51銘柄にも上る。またほかに、「10万円株」「株主優待株」「大型株」などのジャンルもあり、誌面と併せて注目銘柄をチェックしてみてほしい。

 なお、ダイヤモンド・ザイの大特集は「成長の秘密と底値の拾い方を図解! 10倍株の見つけ方」。一時的な急騰ではなく、じっくり大きく成長していきそうな有望株を、アナリストに54銘柄厳選してもらっている。

 ほかにも「世界を変える米国株ネクスト10」「4大投信アワードから厳選! 好成績投信ZAiアワード」「外貨両替の新常識! 節約するなら手数料格安のデビットカードかFXで!」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録は「おかねが毎月届く教科書」「上場全3736銘柄の理論株価 ─ 儲かる3大ランキング付き」の豪華二本立て。老後資金が不安で、年金の不足分を補う収入を増やしたい人、あの株主優待名人・桐谷さんも愛用している理論株価の最新版をチェックしたい人におすすめだ。

 ダイヤモンド・ザイは、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!