ネット証券会社比較
2019年9月8日 ザイ・オンライン編集部

「ポイント運用」と「ポイント投資」の違いを解説!
楽天スーパーポイントや永久不滅ポイント、dポイント
au WALLETポイントでできる「運用」を徹底比較!

「ポイント運用」と「ポイント投資」には、実は大きな違いがある⁉「ポイント運用」の代表的サービスも紹介!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号には、別冊付録「元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資を徹底調査」が付いてくる! クレジットカードの利用などで貯めたポイントを活用して投資をする方法を、基礎的なところから解説。運用&投資できるポイントの種類や、編集部おすすめのポイントなども紹介しているので、ポイントの有効活用に興味がある人なら必見だ!

ひと口に「ポイント投資」と言われがちだが、実は「ポイント運用」と「ポイント投資」の2タイプに分けられる。違いがわかりにくいが、今回はどこがどう違うのかを解説。さらに、「ポイント運用」のほうの代表的なサービスも取り上げるので、参考にしてほしい!

「ポイント運用」と「ポイント投資」、自分に向いているのはどっち?
名前は似ているが、大きく異なる2つのサービスを解説!

 まずは次の質問に回答してみてほしい。

【Q1】ポイントを使ってよく買い物する⇒YES/NO

【Q2】毎月100ポイント以上貯めている⇒YES/NO

【Q3】ポイントの端数もうまく使い切れる⇒YES/NO

【Q4】日常生活で品数が多いと迷うほうだ⇒YES/NO

【Q5】株や投資信託への投資はちょっと怖い⇒YES/NO

 上の質問で、「YES」のほうが多かった人には「ポイント運用」、「NO」のほうが多かった人には「ポイント投資」をおすすめしたい。

 まず「ポイント運用」とは、用意されているコースを選ぶと、株や投資信託などの値動きと連動してポイントが増減するサービス。申込画面や手順が簡単で、選べるコースも絞り込まれている。あくまでポイントを運用するのであって、現金が増減するわけではないので、投資をしたことがない初心者でも利用しやすい仕組みと言える。

 続いて「ポイント投資」は、ポイントを現金化できるのが最大の魅力。ポイントで、株や投資信託といった実際の金融商品を買えるので、本物の投資を体験することになる。証券会社に口座開設する必要があり、ポイントで購入した金融商品を売却したときには現金を受け取る。選べる金融商品の種類が多彩で、普通に現金で投資をしているのと変わらない感覚で投資ができる。

「ポイント運用」は投資に抵抗を感じる人にもおすすめ!
現金も証券口座も必要なし! 4つの注目サービスを紹介

 ここからは、「ポイント運用」の魅力をおさらいしつつ、注目のサービスを見ていこう。

ポイント運用のサービスを紹介!

「ポイント運用」の一番の魅力は、買物などでもらえたポイントさえあれば、元手0円から始められる気軽さだ。現金投資ではないため、証券会社で口座開設する手間も、取引手数料も発生しない。各社のサービスのIDとパスワードを持っていればすぐに始められる。迷いすぎないように運用コースは1ケタで収まる数に抑えられ、投資初心者への配慮が至るところで感じられる。

 最近は、サービスの種類が増えているが、なかでも注目のサービスは、以下の表で紹介している「永久不滅ポイント(クレディセゾン)」「dポイント(NTTドコモ)」「楽天スーパーポイント(楽天)」「au WALLETポイント(KDDI)」だ。

注目の「ポイント運用」サービス、4種類を比較!
永久不滅ポイント
(クレディセゾン)
dポイント
(NTTドコモ)
楽天スーパーポイント
(楽天)
au WALLET ポイント
(KDDI)
・運用対象のポイント
永久不滅ポイント
 
dポイント
(※1)
楽天スーパーポイント
(※2)
au WALLET ポイント
(※1)
・ポイントの有効期間
なし 4年間
(それぞれのポイント獲得月から起算)
1年間
最後にポイントを獲得した時から起算
4年間
(それぞれのポイント獲得月から起算)
・ポイントを貯める主な方法
セゾンカード払い/
1000円ごとに1ポイント
●dカードやd払い(ネット)/100円ごとに1ポイント
●dカード プリペイド払い/200円ごとに1ポイント
●通信サービス利用/1000円(税抜)ごとに10ポイント
楽天市場の利用、楽天ペイ、楽天カード払い(投信積立のカード決済含む)/サービスによって100~200円ごとに1ポイント ●au WALLET カード払い/200円ごとに2ポイント
●au PAYやau WALLET プリペイドカード払い/200円ごとに1ポイント
●通信サービス利用/1000円(税抜)ごとに10ポイント
・運用コース
【投信】2本
・アクティブコース
・バランスコース
【ETF】2本(※3)
・米株(VOO)コース
・日本株(TOPIX)コース
【株式】3銘柄(※4)
・カルビー
・日清食品HD
・ホンダ
【投信】2本
・アクティブコース
・バランスコース
【ETF】5本
(テーマ別)

・日経225
・新興国

・コミュニケーション
・生活必需品
・ヘルスケア

 

【投信】2本
・アクティブコース
・バランスコース
【投信】1本
・auスマート・プライム(高成長)
・連動商品の詳細
アクティブコースは外国株式、債券が中心の積極運用。バランスコースは国内債券を中心とした安定運用。米株コースは米国市場の主要500銘柄(大型株)の株式指数に連動するETFに合わせて動く。 アクティブとバランスコースはTHEOグロース・AIファンド(世界の株式中心)とTHEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)の組み合わせ。アクティブは80:20、バランスは45:55の配分。 アクティブコースは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」、バランスコースは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」に連動する。どちらもバランス型投信。 国内外の債券、株式などに分散投資するバランス型投信に連動する。内訳は、株式が65%、債券が35%の配分となっている。株式は国内株式よりも外国株式の割合が高い積極運用タイプ。
・運用口座チャージ
必要 必要なし 必要なし 必要なし
・必要最低ポイント数
100ポイント(※5) 100ポイント 100ポイント 100ポイント
・運用可能なポイント単位
1ポイント 100ポイント 100ポイント 100ポイント以上
1ポイント単位
・イチオシポイント
ポイントの積立機能がある。ポイント運用口座の「つみたて」より、積み立てたいコースとポイント数を決めておくと、毎月25日に自動で買付が行われる。1ポイント単位で運用できて便利。株式コースも加わり、選択の幅が広がった。 ドコモユーザー以外も利用できる「d払い」は実店舗よりもネット払いのほうが還元率が高い。当初からある投信2コースにETF5コースが加わった。ETFのコースにはそれぞれテーマがあり、NTTドコモが指定する運用会社の金融商品に連動する。 2018年10月に始まったサービス。連動商品はすべて投信だ。ポイント獲得のたびに保有ポイントすべての有効期限が更新されるため、コンスタントに利用する人であれば失効の心配は少ない。楽天カードを利用すると、通常の還元率が1%と高めだ コースが一つなので、迷うことなくすぐに運用をスタートできる。100ポイント以上の追加なら、端数になっても問題ない。いまのところIDがオープン化されていないが、今後auユーザー以外もIDを作り、ポイントを貯められるようになる予定。
※1 有効期限や用途が限定されたポイントは対象外。 ※2 期間限定ポイントと他のポイントから交換したポイントは対象外。 ※3 日本株コースは指数そのものに連動。 ※4 ストックポイントへの交換必須。 ※5 永久不滅ポイントは1ポイント5円相当なので、100ポイントは500円の価値。


 まずチェックしたいのは、各社で運用できるポイントの種類だ。「ポイント運用」では、運用後に受け取る時も、ポイントで受け取ることになる。普段からよく利用しているポイントを選ぶようにしよう。

 また、「運用コース」もサービス選びの際に確認しておきたい項目だ。クレディセゾンは「ポイント運用」のパイオニア的存在で、機能面や運用コースの種類で他サービスの一歩先を行く。クレディセゾンに続き、NTTドコモも「ポイント運用」に力を入れており、合計7つのコースから運用先を選べる。その一方で、楽天とKDDIは1~2本のコース選択となっており、非常にシンプルなのが特徴的だ。

 「ポイント運用」にチャレンジすると、気軽に資産運用の疑似体験ができる。慣れてきたら、実際に現金の増減を体感することになる「ポイント投資」のほうも検討してみるのがおすすめだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒SBIネオモバイル証券は“10円”でも“Tポイント”でも株が買える、株初心者にもおすすめの「新世代ネット証券」! その売買手数料やメリットをズバリ解説!

波乱相場でも注目の日本株や、サラリーマンの副業トレード術など
今月も情報満載のダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ10月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の別冊付録「元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資を徹底調査」から、「ポイント運用」と「ポイント投資」の違いの解説、さらに「ポイント運用」の注目サービスを4つ紹介した。別冊付録では、「ポイント投資」の注目サービスも紹介している。また、本誌の人気連載「恋する株式相場!」でも、マンガでわかりやすく「ポイント投資」について解説しているので、併せてチェックしてほしい。

 なお、ダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」。波乱含みの相場でもアナリストなどのプロが注目している銘柄を、「高配当株」「10万円株」「5万円株」「大型株」「新興株」「株主優待株」などのジャンル別に紹介しているので必見だ!

 ほかにも「最新決算でわかった好スタート株12銘柄」「忙しいサラリーマンの副業トレード術」「そろそろ仮想通貨をはじめよう」「毎月分配型投信100本の利回り」「老後のおかねの設計図を作ろう」「10月からの消費税増税後はどうなる⁉」など、今月もお役立ち情報が満載!

 ダイヤモンド・ザイ10月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!