ネット証券会社比較
【第37回】 2012年8月3日 ザイ・オンライン編集部

今から仕込んで利回り7%をゲット!
8月の株主優待に注目銘柄が新登場!

【2017年7月26日更新!2017年8月の最新の株主優待情報はこちら!】
⇒【8月の株主優待の内容と優待利回りを調査!】
壱番屋や吉野家、コメダなど人気の外食系に加えて、イオンやビックカメラなど小売り系の人気銘柄も充実

投資金額8万円で3000円分のQUOカードがもらえる優待が新設!

 株主優待新設のニュースは、優待を重視する個人投資家にとってうれしいもの。特に、投資金額が手ごろで、優待+配当利回りが高く、使い勝手のよい金券類がもらえる優待なら大歓迎だろう。

個別指導塾「明光義塾」の明光ネットワークジャパンが株主優待を新設

 この8月末から株主優待を新設する明光ネットワークジャパン(4668)は、まさにそんな銘柄だ。投資金額約8万円で3000円相当のQUOカードがもらえるので、優待利回りは3%超。配当利回りと併せれば、実質利回りはなんと約7%にもなる。

 また、トライステージ(2178)も今期より優待を新設。こちらは、最低投資金額7万3600円で1000円分のQUOカードがもらえて、優待+配当利回りは4%超となっている。

8月はイオンやビックカメラなど買い物で使える優待も充実

 新設の2銘柄の優待品はどちらもQUOカードだが、8月の優待といえば、ショッピングで使える割引カードや買い物券などがもらえる銘柄がけっこう多いことでも知られている。

 たとえば、ダイエー(8263)イオン(8267)などでは、購入金額が割引になったり一部がキャッシュバックされたりする株主優待カードが発行される。また、ビックカメラ(3048)の場合は、年間3000円分の買い物券がもらえて、長期保有なら買い物券の上乗せもある。

 しかも、ダイエーは1万円以下、イオンは10万円以下、ビックカメラは5万円以下といずれも買いやすい価格。日常よく利用する店であれば、優待を獲得しておいて損はないはずだ。

 一方、吉野家ホールディングス(9861)をはじめ、ワイズテーブルコーポレーション(2798)リンガーハット(8200)など、食事優待券がもらえる人気優待銘柄も見逃せない。

 そんな8月の優待銘柄の中から、15万円以下で買える注目銘柄をピックアップしたのが右の表だ。このうち、新設の2銘柄を除いた7銘柄は、いずれも雑誌『ダイヤモンド・ザイ』の「ザイ編集部と読者1028人が選んだ株主優待ランキング」にランクインした“本当の人気銘柄”ばかり。銘柄選びの参考にしてほしい。

 『ダイヤモンド・ザイ』では、このランキングのベスト100を一挙掲載しているほか、優待投資の裏ワザなど気になる情報を多数紹介しているので、こちらもぜひご覧いただきたい。

 なお、8月31日(金)が権利確定日の銘柄は、28日(火)が権利付き最終売買日。優待を獲得するなら、必ずこの日までに購入を済ませておこう。

【2017年7月26日更新!2017年8月の最新の株主優待情報はこちら!】
⇒【8月の株主優待の内容と優待利回りを調査!】
壱番屋や吉野家、コメダなど人気の外食系に加えて、イオンやビックカメラなど小売り系の人気銘柄も充実