世界投資へのパスポート
【第233回】 2012年10月1日 広瀬 隆雄

オバマ大統領が再選なら、米国株式市場はネガティブ!その2つの理由とは

 【今回のまとめ】
1.米国株式市場は調整色が強まっている
2.市場参加者はスペイン情勢と米国の経済指標の悪化を懸念している
3.大統領選挙戦はオバマ大統領がリードを広げているが、オバマ勝利の際は「ねじれ構造」になる恐れがある
4.「財政の崖」を切り抜けようとする際、「ねじれ構造」は機動的ではなく、株式市場にとってマイナス
5.福祉受給権制度の改革もウヤムヤになる恐れがある

調整の兆しを見せる米国市場

 米国の株式市場は先週(9月24日~28日)の5立会日のうち、4日で下落しました。週間ベースではダウ工業株価平均指数が-1%、SP500指数が-1.3%、ナスダック総合指数が-2%でした。

 現在、市場参加者が最も心配しているのはスペイン情勢です。

 スペイン政府は同国の銀行ならびに地方政府を救済するために、財政赤字削減の目標を達成できなくなるのではないかという懸念があります。

 さらに、先週は米国の経済指標も予想を下回るものが相次ぎました。

 米国の8月の新規住宅販売件数は37.3万件と予想を下回ったほか、第2四半期のGDP成長率確報値も+1.3%と予想より大幅に少ない数字でした。さらに8月の耐久財受注が-13.2%と急減したことは、投資家をかなり驚かせました。

10月3日(水)の大統領TV討論会に注目

 今週、水曜日に共和党のミット・ロムニー候補民主党のオバマ大統領との間で第1回目のTV討論会があります。

 TV討論会は全部で3回(10月3日、16日、22日)計画されており、今回はその第1回目です。

 現在の両候補の支持率はオバマ候補が48.9%ロムニー候補が44.6%(いずれもリアルクリアポリティクス調べ)となっています。

 大統領選挙の結果は各州の選挙人団得票数(Electoral college)によって決まりますが、その基準では現在、オバマ候補が265点に対しロムニー候補は191点を獲得すると見られています。どちらにも転がる可能性のある、いわゆるスウィング・ステートは82点です。

 これはオバマ大統領がリードを広げていることを意味します。

 ロムニー候補は、どちらにでも転ぶ可能性があるオハイオ、バージニア、フロリダの各州で全て勝利することが形勢逆転のために必須となっています。しかし現在のところ、これらの3つの州ではロムニー候補はオバマ候補に10%程度の差をつけられています。